Linux Security Summit 2019 Report

C5fb840ed173bd016d543163af340d91?s=47 OMO
September 30, 2019

Linux Security Summit 2019 Report

OSSセキュリティ技術の会第六回「Linux Security Summit 2019 Report」のスライドです。

C5fb840ed173bd016d543163af340d91?s=128

OMO

September 30, 2019
Tweet

Transcript

  1. Linux Security Summit 2019 Report 面 和毅

  2. 2019/08/19-08/21

  3. None
  4. None
  5. LSSのプレゼン資料は下記から ダウンロードできます https:/ /lssna19.sched.com/

  6. さらに動画も見えるようになってます https:/ /www.youtube.com/playlist?list=PLb zoR-pLrL6owE2_U94_g0gmuiq4iePVr

  7. 今年の傾向 CPU/Boot/TPM 3 Kernel 9 Container 2 seccomp 3

  8. 感想 1. seccomp/bpfは、もう「基礎/基本」の部類 a. 「bpfに比べて・・」で新技術の前ふり。枯れてる扱い 2. Container技術は「使われてる前提」 a. 「Containerでこうなるから、こうした」レベル b.

    「Containerにはコレが必要」の話も合った 3. TPM系が意外に熱かった a. これはLSS2019だから?(AMDとかIntelがスポンサー)
  9. 特に面白かったもの 1. fapolicyd 2. Stackable LSM 3. libseccomp2 4. Syzkaller

  10. 1. fapolicyd

  11. 1. fapolicyd (fanotifyを利用)

  12. 1. fapolicyd (fanotifyを利用) アプリケーションのホワイトリスト化で実行できるものを指定する( RedHatのSteve Grubb氏だよ) fanotify、皆さん知ってますよね?(私は AntiVirusベンダに居たので知ってる)

  13. 1. fapolicyd

  14. 1. fapolicyd (fanotifyを利用)

  15. 1. fapolicyd (fanotifyを利用)

  16. 1. fapolicyd (fanotifyを利用) ・実は(個人的に)ランサムウェア防止で、以前同様のものを考えて実装を少し やってたが、fanotifyだと引っ掛けられない所( sys_write「後」じゃなく「前」を取り たかった)で悩んで、 LSMで作っていた。 ・fapolicydの方が、fanotifyを元にしているので筋が良いので、こっちを掘ってい く予定。

    ・openSCAPでもスキャン対象に「 fapolicydの設定」とかのスキャンが入ってきて るので、ある意味将来有望。
  17. 2. Stackable LSM

  18. 2. Stackable LSM

  19. 2. Stackable LSM ようやく5.1からは使えるようになるみたい・・・・中を見たいね これぞStack!! らしい・・・

  20. 2. Stackable LSM Auditの所とか色々変わるらしいので注意が必要。この辺は未だ開発中。。。

  21. 2. Stackable LSM 5.4(?で笑いが出てた)からはAppArmorも使えるようになるみたい

  22. 2. Stackable LSM 5.5(では終わらないということだな )で、完全対応を目指してます、と。

  23. 2. Stackable LSM ちなみに、2018年のスライドから

  24. 2. Stackable LSM ちなみに、2018年のスライドから

  25. 3. libseccomp

  26. 3. libseccomp これからはlibseccompらしい!! ので、要チェック+今からやると嬉しいかも

  27. 3. libseccomp

  28. 3. libseccomp ま、所謂bpf

  29. 3. libseccomp

  30. 3. libseccomp

  31. 3. libseccomp

  32. 4. syzkaller/syzbot

  33. 4. syzkaller/syzbot

  34. 4. syzkaller/syzbot

  35. 4. syzkaller/syzbot

  36. 4. syzkaller/syzbot 実は昔纏めたことがある (2017年)

  37. 4. syzkaller/syzbot こういうメールを見たことないですか?

  38. 4. syzkaller/syzbot

  39. 4. syzkaller/syzbot

  40. 4. syzkaller/syzbot という事で、次回辺り(?) syzkaller/syzbot周りの勉強会を 企画中です。(^o^)/

  41. 結論

  42. 感想 1. seccomp/bpfは、もう「基礎/基本」の部類 2. Container技術は「使われてる前提」 この辺の情報がお座なりな日本。。。 やっぱり日本オワタ??

  43. 今後流行りそうだから今やると面白いよー 1. fapolicyd 2. Stackable LSM 3. libseccomp2 4. Syzkaller

  44. Q&A