チームをよしなにする立場を経験して学んだこと / Things I have learned in leading the team

チームをよしなにする立場を経験して学んだこと / Things I have learned in leading the team

kanazawa.rb meetup #88 年末 LT 大会
https://meetup.kzrb.org/88/

Da3a49345e96851b38d3a7ce33b6bd95?s=128

Kentaro Matsushita

December 21, 2019
Tweet

Transcript

  1. チームをよしなにする⽴場を
 経験して学んだこと Kentaro Matsushita kanazawa.rb meetup #88 年末 LT ⼤会

    2019/12/21
  2. ⾃⼰紹介 ⾦沢市内のゲーム会社で働くフロントエンドエンジニア ゲームプラットフォームのリプレイス開発に従事 Kentaro Matsushita kentaro-m _kentaro_m

  3. 突然チームをリードしていく動きが必要になった私が
 何を⾏い、何を学んだかを発表します 今⽇のトピック

  4. 2019年もあとわずかですね!

  5. 今年の私の⼤きな変化

  6. はじめての転職転籍 グループ会社に異動
 Webサービス -> ゲーム

  7. フロントエンドエンジニアへの転⽣

  8. 職場環境が変化
 ⾃分に求められることも変化

  9. フロントエンドの代表者 やってもらえませんか? フロントエンドの代表者 ってなんですか? 上司 私

  10. ディレクター デザイナー フロントエンドA フロントエンドB バックエンド 機能チーム 各職能が効率よくコミュニケーションを図り、
 開発を進めるための窓⼝を設置 (東京と⾦沢でわかれて開発) 代表者

  11. 機能チーム内の各職能との
 相談窓⼝になって欲しい 承知しました 私 上司

  12. 代表者になったことで、相談に乗ることが増えた • 仕様相談 • 機能の実現可否の確認、画⾯やAPI仕様の確認 • タスク割り当て • 着⼿すべきタスクの確認、チケット作成 •

    進捗確認 • 作業⾒積もり、成果物確認 • 実装相談 • 実装や設計の問題の相談
  13. 代表者になったことで、相談に乗ることが増えた • 仕様相談 • 機能の実現可否の確認、画⾯やAPI仕様の確認 • タスク割り当て • 着⼿すべきタスクの確認、チケット作成 •

    進捗確認 • 作業⾒積もり、成果物確認 • 実装相談 • 実装や設計の問題の相談 ⾃分の作業ができる時間 ⼤幅に減る
  14. 代表者はどんな動きをしたら良いのか (窓⼝以外は何も⾔われていないので) 想定以上に⾊々なことが求められて困惑

  15. 代表者はどんな動きをしたら良いのか これまでのメンバーとしての働き⽅から
 チームをリードする動きが
 求められているように感じた

  16. ロールの定義がないので、⾃分で考えてみた プロジェクト成功のために、 チームをよしなにして、
 開発を進めるのがミッションだ (多分)

  17. よしなに【良しなに】 《副》よろしく。いいぐあいになるように。

  18. チームを良い具合にして、
 開発を進めるぞ!

  19. やったこと • タスクの割り当て • 完了の定義を明確化し、メンバーにタスクを割り当てる • コード・資料レビュー • メンバーの成果物をレビューする •

    仕様策定 • 関係者と仕様を決める際に、フロントエンドチームの意⾒をまとめて相談する • スクラムイベントの運⽤ • デイリースクラム・ふりかえり・プランニングのファシリテーション
  20. チームをよしなにするために
 ⼤切な3つの学びを得た

  21. コミュニケーション

  22. コミュニケーション • 相⼿の⽴場に⽴って、わかりやすい⾔葉で話す • 専⾨⽤語は多⽤しない • 個別最適化ではなく、全体最適化を意識する • ⾃分の担当領域 (フロントエンド)

    だけでなく、他職能の担当領域 (UI/UX、マイクロサービ ス)の観点も考慮し、機能全体としてのあるべき姿を⼀緒に考える • メンバーの困りごとを拾う • 作業進⾏上の困ったことを検知・解決する仕組みを作る • デイリースクラムで困りごとを聞いて、適切にハンドリングするようにしている
  23. 委譲

  24. 委譲 • 「次にどうしたらいいですか」という質問がたくさんくる • ⾃分の作業時間がなくなっていくので、ある程度のチームメンバーの⾃⾛が必要 • 作業の⽅針が分からないゆえの問題なので、⽅針を可視化することにした • メンバーに⽅針資料を作ってもらい、どの順番で作業すべきかを 考えてもらった

    • 作業⽅針資料 (アプリケーション完成までのタスク消化優先度) をチームメンバーに 作ってもらう • プランニングの進⾏をチームメンバーにお願いする
  25. 俯瞰

  26. 俯瞰 • 先々に潜む落とし⽳を⾒つけて対処する • メンバーが安⼼してタスクを進められるように懸念点に対処する • 仕様策定のリード (決まっていないことを決める動き) • コードの品質確認

    (すべてのPRに⽬を通して、機能の実装状況確認) • 技術調査 (実装の懸念点を解消する) • プロジェクトを進めるために全体を⾒る動きが必要 • 必要な作業の洗い出しや優先順位付けを⾏う
  27. さいごに • チーム開発は楽しいけど、難しい • メンバー視点からリード視点へのマインド転換 • チームをよしなにするために⼤切なことを学んだと は⾔ったが、それができているとは⾔えない • 来年は学んだことを⽣かして、チームとしての成果

    を上げていきたい