Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

伝わらないUI/UXの正しい伝え方

kimukei
October 01, 2020

 伝わらないUI/UXの正しい伝え方

段取り、関係構築、知識量

kimukei

October 01, 2020
Tweet

More Decks by kimukei

Other Decks in Design

Transcript

  1. 伝わらない UI/UX の 正しい伝え方
    株式会社ラクス クリエイティブ課
    木村 圭

    View full-size slide

  2. 【自己紹介 】
    • これまで数多くのWebサイトやプロダクト、アプリなどのUIUXに携わる
    └ Y!在籍中、Y!ショッピングのモバイル、Y!タブレットアプリケーションなどのUI責任者 など
    • ラクスでは、グループ全体の製品サイト・サポートサイトなどの運用。マネージャーを担う
    • 趣味は発明。特許やUI意匠を複数登録
    株式会社ラクス クリエイティブ課
    木村 圭
    高卒 → 配管工 → 色々 → Yahoo! → さらに色々 → ラクス
    ▼職歴 ざっくり
    ▼概要 ざっくり

    View full-size slide

  3. テーマ
    本日は、
    「伝え方の基本」にフォーカス
    「伝わらない
    UI/UX の正しい 伝え方」

    View full-size slide

  4. UI/UXデザイナーとして
    プロジェクトメンバーに
    伝えるべき内容 を
    きちんと、伝えること ができていますか

    View full-size slide

  5. 関係者に説明をしていて
    例えば
    • 思うように相手に伝えられず、しどろもどろになってしまう
    • UI刷新をはかろうとしたが、最初から無理だよと言われる
    • 思いが伝わらず、承認されない
    など

    View full-size slide

  6. UI/UXの重要性について
    どうしてわかってくれないんだ
    モチベーションは 低下

    View full-size slide

  7. まじか
    アホか と思ったこと
    ありませんか?

    View full-size slide

  8. 僕は
    すご~く
    たくさんありました

    View full-size slide

  9. ただそれは、
    • うまく伝えられていなかった
    • 理解されていなかった
    • 自身がきちんと把握できいなかった

    View full-size slide

  10. 説明力が圧倒的に不足していたから
    説明が足りていれば、理解に近づけた

    View full-size slide

  11. 説明が得意な人は
    段取りと関係構築がうまい

    View full-size slide

  12. 説明は
    順番次第 で決まる

    View full-size slide

  13. 課題に対して
    どう解決できるか
    そのために何をしたいと思っているか

    View full-size slide

  14. きちんと、整理した上 で
    コンパクト に伝えていくことが重要

    View full-size slide

  15. UI/UXを説明していると
    これくらい当たり前だろうと
    上から目線 で
    説明しがちになってしまったりする

    View full-size slide

  16. 相手のレベル にあわせて話をする
    相手がわかるような言葉 にして説明

    View full-size slide

  17. 何がどう変わったのか
    どんな操作に対して、どう良くなったのか
    お客様に対して
    どんな価値を提供できるのか
    → 要約した内容を用意しておく
    モックやプロトタイプを使い丁寧に説明

    View full-size slide

  18. 段取りのポイントは
    ・説明内容がきちんと整理ができている
    ・説明する相手のレベルを意識している
    ・簡潔に丁寧に伝える

    View full-size slide

  19. 関係構築は、場を支配することが最優先

    View full-size slide

  20. 相手に合わせて、説明の順番を変更
    ・順序通りいく
    ・結論からいう
    相手の状況 や 表情 を見て判断
    場を支配するのがうまいと
    そのMTGは自分のペースに持っていきやすい

    View full-size slide

  21. また、アイスブレイク を入れる
    直近の時事ネタや自分の出来事など振って、
    場を和ませる
    これは、自身の緊張をほぐすことにもつながる

    View full-size slide

  22. 関係構築のポイントは
    ・場を支配する
    ・相手を観察する ( 動き・表情など )
    ・自分のペースを崩さない・慌てない

    View full-size slide

  23. 段取り、関係構築の他に、
    もうひとつ、重要なことがあります
    それは、知識量 です

    View full-size slide

  24. 担当するWebサイトやプロダクトの知識

    View full-size slide

  25. どんなお客様 が、
    どう利用される → 想定
    あるいは、
    どう利用されている → 事実
    誰よりも、パターンを把握しておく

    View full-size slide

  26. UI/UXデザイナーとして
    大事だと思っていることは、
    お客様視点

    View full-size slide

  27. UI/UXデザイナーは
    アーティストではない

    View full-size slide

  28. 例えば、
    誰もが当たり前に使っている道路
    通勤やプライベートなど
    道路を使わない人は、いないはず

    View full-size slide

  29. 日々、
    道路の効率化をかんがえている人
    道路をつくっている人
    道路を整備している人がいるからこそ
    ほぼ不自由なく
    通勤やどこかに出かけることができている

    View full-size slide

  30. 道路工事も
    利用者視点 = お客様視点

    View full-size slide

  31. WebサイトやプロダクトのUI/UXも同様で
    UI/UXをきちんと提供していくことで
    その当たり前を提供する必要がある

    View full-size slide

  32. ひとりよがりUI/UXではなく
    利用されるユーザーのことを
    より理解することが必須

    View full-size slide

  33. そのために、圧倒的な知識量 が 重要

    View full-size slide

  34. UI/UXデザイナーは
    お客様の代弁者

    View full-size slide

  35. さらに
    世の中の情報をより早くキャッチアップし
    そのWebサイトやプロダクトの将来を
    数年先の未来を見据えた
    UI/UXの設計が重要となってくる

    View full-size slide

  36. 段取り、関係構築、知識
    を正しく行えば、
    ものごとが円滑に進む

    View full-size slide

  37. UI/UXデザイナーが
    自分たちの使命感をもち
    Webサイトやプロダクトの
    ベストな体験を提供していくことで
    顧客満足度の向上につながっていくと
    確信しています

    View full-size slide

  38. というわけで、、、

    View full-size slide

  39. クリエイティブ課では
    2020年4月より、一部のプロダクトに携わる
    そのサービスの体験をより良くしていきたい
    お客様、サービス関係者が思う課題を解決に導くため
    サービスデザインチーム を立ち上げました

    View full-size slide

  40. 現在、サービスデザインチームは
    UI/UXデザイナー(楽楽精算担当)リーダー候補を
    募集中!!

    View full-size slide

  41. ご興味をもって頂いたら、
    弊社、中途採用サイトから、ご応募・お問い合わせください
    https://career-recruit.rakus.co.jp/
    以上 ありがとうございました
    ラクス クリエイティブ課 木村 圭

    View full-size slide