$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

UI/UXデザイナーになるには

kimukei
March 25, 2021

 UI/UXデザイナーになるには

UIデザイナー、Webデザイナー、UI、UX

kimukei

March 25, 2021
Tweet

More Decks by kimukei

Other Decks in Design

Transcript

  1. UI/UXデザイナーになるには 株式会社ラクス クリエイティブ課 木村 圭

  2. 【自己紹介 】 • これまで数多くのWebサイトやプロダクト、アプリなどのUIUXに携わる └ Y!在籍中、Y!ショッピングのモバイル、Y!タブレットアプリケーションなどのUI責任者を担う • ラクスでは、グループ全体の製品サイト・サポートサイトなどの運用。マネージャーとして在籍中 • 趣味は発明。特許やUI意匠を複数登録してたりします。最近、取り組めてませんが。。

    株式会社ラクス クリエイティブ課 木村 圭 高卒 → 配管工 → 色々 → Yahoo! → さらに色々 → ラクス ▼職歴 ざっくり ▼概要 ざっくり
  3. テーマ 本日は、 「ユーザーファースト」にフォーカス 「UI/UXデザイナーになるには」

  4. 僕は、元々Webデザイナーでした。 Webデサインの場合、作成するページにもよりますが レイアウトを決めて、デザインするという流れが主流だと思います。 ECサイト(ネット通販サイト)であれば、 ページデザインの商品訴求だけでなく、 サイト利用者やストア出品者などの事も考えた設計を考えていました。

  5. 2000年代に入り、 フィーチャーフォンのキャリア公式サイトが増えてきたあたりから、 モバイルにおけるUI設計をかわきりに、 2008年頃、スマートフォン・タブレットが登場して、 デバイスごとの解像度や操作性が変わり、 よりUI/UXを意識したサイト制作をすることになりました。 当時の就業先では、インタラクションデザイナー(ID)と呼ばれていましたが、 UI/UXデザイナーにつながっていったと思います。

  6. UIデザイナーとUXデザイナーについて

  7. [ UIデザイナー ] UIとは「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略。 「使いやすい」デザインを実現すること ユーザーと製品・サービスとの接触がスムーズにいくデザイン [ UXデザイナー ]

    UXとは「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略。 ユーザー体験に焦点をあて、「使って楽しい、心地いい」 と思われるデザインを作ること ユーザーが製品やサービスを使った際に得られる体験
  8. UI/UXデザイナーをわけて記載してますが、 企業によっては、 UXデザイナーがすべてを担っていることもあるかもしれません。 UI UX

  9. 戦略 情報デザイン 要件 構造 骨格 表層 ビジュアルデザイン インターフェースデザイン ナビゲーションデザイン インタラクションデザイン

    情報構造 機能要件 コンテンツ要求 ユーザーニーズ サイト・サービスの目的 評価 ユーザー調査 サイトやアプリの目的は何か、そして利用者はそれを使うこ とで何を得ることができるのかを設計 利用者の目的を満たすため必要な機能やコンテンツを設計 様々な操作を経て目的の情報や機能へ辿り着くための全体構 造の設計 画面に表示される情報の優先順位や配置の設計 情報や、操作できるものを表す視覚的なデザイン 利用者の目的を満たすことができたのか検証 引用『The Elements of User Experience』 2002年 Jesse James Garrett(ジェシー・ジェイムス・ギャレット) UI UX UX+UIを構成する概念図 ➡ ➡ ➡ ➡ ➡
  10. 「使いやすい」「使って楽しい、心地いい」を 実現していくために、どんなスキルが必要か

  11. UXデザイン コミュニケーション UIデザイン グラフィックデザイン エンジニアリング インタビュー ストーリーテリング ガイドライン 引用『UIデザイン みんなで考え、カイゼンする。』(株式会社エムディエヌコーポレーション

    2019年) ファシリテーション 論理的思考 アートディレクション カラー タイポグラフィティ ブランディング マーケティング 定性/定量分析 観察 ユーザビリティ評価 情報設計 プロトタイピング ライティング 命名規則 データ フロントエンド スキルマップ
  12. UI/UXデザイナーとしての役割

  13. そのサービスやサイトは誰のためにあるのか

  14. どんなサービスやサイトにも、 必ず、 その先に人がいます

  15. ユーザーが求めていること 現状を正しく把握する必要がある

  16. ペルソナやカスタマージャーニーマップだけでなく、 ユーザーインタビューやユーザーテストなど ユーザーの声を拾い上げていくことが重要

  17. UI/UXデザイナーは ユーザーの代弁者

  18. 拾い上げたユーザーの声を UI/UXデザイナーがhubとなり、 関係者間で共有し、全員が課題を認識する

  19. 全員が同じビジョンを共有しているときには、 製品、会社、将来の顧客のために、 変革を成し遂げるチャンスをつかんでいる 引用 Jaime Levy 『UX戦略』(オライリー・ジャパン 2016年)

  20. UI/UXの終わりはない ユーザー調査やアンケートなどを実施 改善がどうだったのか検証し、 改善は続いていく

  21. さらに 世の中の情報をより早くキャッチアップし そのWebサイトやプロダクトにおける 数年先の未来を見据えた UI/UXの設計が重要となってくる

  22. ユーザーファーストを意識する 未来を見据えたUI/UX設計 ➔

  23. [おまけ] 昨年12月に、子供向けの書籍ですが、 新しい仕事の紹介に、「UIデザイナー」が追加されてました。 書籍名 : 『こども手に職図鑑』(株式会社誠文堂新光社) --- 6章 新しい仕事 ユーチューバー/ライバー/AIプランナー/機械学習エンジニア/

    データサイエンティスト/RPA開発者/ホワイトハッカー/ UIデザイナー/ロケット開発エンジニア/カジノディーラー/ 社会活動家/自伐型林業/CEO(最高経営責任者)/ CFO(最高財務責任者)/投資家 ---
  24. [おすすめ書籍] ◦UI/UXデザイン ・UIデザイン みんなで考え、カイゼンする。 ・オブジェクト指向UIデザイン──使いやすいソフトウェアの原理 ・UI/UXデザインの原則 ・UXデザインの教科書 ・UX原論 -ユーザビリティからUXへ- ・ノンデザイナーでもわかる

    UX+理論で作るWebデザイン ・ウェブデザインの思考法 (Business×Design×IT) ・続・インタフェースデザインの心理学 ─ウェブやアプリに新たな視点をもたらす+100の指針 ・「ついやってしまう」体験のつくりかた 人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ ・UX戦略 ◦コミュニケーション ・問いのデザイン: 創造的対話のファシリテーション ・This is Service Design Doing サービスデザインの実践 ・問いこそが答えだ! 正しく問う力が仕事と人生の視界を開く
  25. 最後に、、、

  26. 1つ告知をさせてください

  27. クリエイティブ課では 2020年4月より、一部のプロダクトに携わり サービスの体験(UX)をより良くしていきたい お客様、サービス関係者が思う課題を解決に導くため サービスデザインチーム を立ち上げました

  28. そんなクリエイティブ課サービスデザインチームは 絶賛、UI/UXデザイナーを募集中!!

  29. もし、ご興味ある方いましたら、 弊社、中途採用サイトから、ご応募・お問い合わせください カジュアル面談も大歓迎です。 ぜひ、UI/UXについて語りましょう。 ※スライドにリンク貼ります 以上となります。ありがとうございました 株式会社ラクス クリエイティブ課 木村 圭