JAWS-UG Morning #11 About Honeycode

JAWS-UG Morning #11 About Honeycode

Ad5c154f422a9204af738d173aad4d4c?s=128

Masanori Yamaguchi

July 22, 2020
Tweet

Transcript

  1. Amazon Honeycodeについて 5分間で概要と所感を語ってみる JAWS-UG 朝会 #11 フォージビジョン株式会社 ⼭⼝ 正徳

  2. ⾃⼰紹介 ⽒名:⼭⼝ 正徳 - AWS認定 SA Pro、Security、Networking - PMP、認定スクラムマスター -

    CISSP Japan APN Ambassador 2020 2019/2020 APN AWS Top Engineers Fin-JAWS 、JAWS-UG千葉 好きなAWSサービス: AWS Lambda ECS Fargate
  3. 今⽇説明する内容はここで勉強できます Honeycode Courses https://honeycodecommunity.aws/c/Courses/17

  4. Amazon Honeycodeとは チームの作業、業務効率を向上されるための アプリケーションをノーコードで開発できるサービス。 例えば、タスク管理、リソース管理、簡単なワークフロー、 プロジェクト管理などのアプリケーションを作ることに 向いている。 ※ 2020年7⽉22⽇現在ベータ提供

  5. Amazon Honeycodeの構成要素 ・Honeycode Teams︓ Honeycodeの各リソースにアクセスできる権限が付与された⼈ ・Honeycode Workbook︓ Honeycode Tables, Honeycode

    Builders, Honeycode Automations をまとめた⼊れ物 ・Honeycode Tables︓ Honeycodeであつかうデータの格納場所 DBでありスプレッドシート ・Honeycode Builder︓ Honeycodeで構成するアプリケーション ・Honeycode Automations︓ ⾃動化する処理の定義
  6. Amazon Honeycode所感 ・社内(20名程度のチーム)やクローズドな環境向け ・⼤規模な環境での利⽤には向いていない(理由は後述) ・複雑さをもとめずにシンプルに作成・運⽤することに向いている ・スプレッドシートやエクセルで管理していた業務/データが対象 ・プログラミングの知識は不要(エクセル関数知ってるほうが強い) ・LambdaなどからHoneycodeを呼び出す事は可能だが、 逆はいまのところ難しい

  7. Amazon Honeycode所感 ・社内(20名程度のチーム)やクローズドな環境向け ・⼤規模な環境での利⽤には向いていない(理由は後述) ・複雑さをもとめずにシンプルに作成・運⽤することに向いている ・スプレッドシートやエクセルで管理していた業務/データが対象 ・プログラミングの知識は不要(エクセル関数知ってるほうが強い) ・LambdaなどからHoneycodeを呼び出す事は可能だが、 逆はいまのところ難しい

  8. ・各プランはデータ件数(row)、メンバー数で段階的になっている ・workbookあたりBasicプランで 2,500件まで、Proでも100,000件まで ・メンバーは20⼈までがデフォルト、21名以上は追加費⽤が必要

  9. Amazon Honeycode所感 ・社内(20名程度のチーム)やクローズドな環境向け → 利⽤者 = メンバーという登録が必要なため、 不特定多数を対象としたアプリケーション開発⽤途ではない ・⼤規模な環境での利⽤には向いていない(理由は後述) →

    最⼤でもデータ件数は10万件/workbook なので数百⼈が使うような 環境ではデータ件数は溢れてしまう可能性がある (チームを分けて、workbookを分離する)
  10. Amazon Honeycode所感 ・社内(20名程度のチーム)やクローズドな環境向け ・⼤規模な環境での利⽤には向いていない(理由は後述) ・完璧を求めて複雑にせずシンプルに作成・運⽤することに向いている ・スプレッドシートやエクセルで管理していた業務/データが対象 ・プログラミングの知識は不要(エクセル関数知ってるほうが強い) ・LambdaなどからHoneycodeを呼び出す事は可能だが、 逆はいまのところ難しい

  11. Amazon Honeycode所感 Honeycode の良いところは、 「プログラミングの経験がなくても、Amazon Honeycodeを使⽤して、 ⾃分でアプリケーションを作れること」 すなわち、同じ業務でデータを扱うとしても各々にフィットした形で カスタマイズしたり、業務の変化に対して⾮エンジニアもアプリケー ションを作れることで業務効率を実現できること。

    (Honeycode Teamで複数段階の権限を付与できる)
  12. Amazon Honeycode所感 ・完璧を求めて複雑にせずシンプルに作成・運⽤することに向いている → 複雑に構成し、特定に⼈しかメンテナンスできない状況を作るのでは なく、最低限をベースにシンプルに作成し、Teamによるアプリケー ションの最適化、業務効率化の機会を与えることを考慮する

  13. Amazon Honeycode所感 ・社内(20名程度のチーム)やクローズドな環境向け ・⼤規模な環境での利⽤には向いていない(理由は後述) ・完璧を求めて複雑にせずシンプルに作成・運⽤することに向いている ・スプレッドシートやエクセルで管理していた業務/データが対象 ・プログラミングの知識は不要(エクセル関数知ってるほうが強い) ・LambdaなどからHoneycodeを呼び出す事は可能だが、 逆はいまのところ難しい

  14. Amazon Honeycode所感 Honeycodeでは、プログラミングの知識は必要ないが、データを どう扱うかという知識と考慮は必要になる。 Honeycodeで扱うデータは、「Honeycode Table」に集約される。 「Honeycode Table」は、スプレッドシート(+α)の集合体。 スプレッドシートには存在しないHoneycode独⾃の機能や、 データ整理のための機能が存在するが、もちろん関数も使える。

  15. Amazon Honeycode所感 ・スプレッドシートやエクセルで管理していた業務/データが対象 → Honeycodeで扱うデータ特性上、スプレッドシート、エクセルで 管理していたデータが存在していた⽅がアプリケーションを作りやすい (存在しない場合にも最終的にはHoneycode Table化しないといけない) ・プログラミングの知識は不要(エクセル関数知ってるほうが強い) →

    アプリケーションからデータをどのように扱いたいのか、 業務で⼊出⼒するデータ、⼊出⼒の⽅法などが必要になる。 アプリケーションはHoneycode Builderで簡単に作れるため、 データの扱いに⻑けている⼈の⽅が業務効率化を⾏える可能性が⾼い
  16. Amazon Honeycode所感 ・社内(20名程度のチーム)やクローズドな環境向け ・⼤規模な環境での利⽤には向いていない(理由は後述) ・完璧を求めて複雑にせずシンプルに作成・運⽤することに向いている ・スプレッドシートやエクセルで管理していた業務/データが対象 ・プログラミングの知識は不要(エクセル関数知ってるほうが強い) ・LambdaなどからHoneycodeを呼び出す事は可能だが、 逆はいまのところ難しい

  17. Amazon Honeycode所感 HoneycodeはAPIが⽤意されているため、外部からHoneycodeと 連携する事は可能。 しかしながら、Honeycodeでデータの変更が発⽣した場合に実⾏できる アクション(Automation)は下記の5つのみ。 Notificationはメール通知でAPI実⾏などできないため、まだ連携は難し そう。

  18. 今⽇説明する内容はここで勉強できます Honeycode Courses https://honeycodecommunity.aws/c/Courses/17 再掲