The Future of Node-RED

Ab105a906be119156fcacd5cd940f8a4?s=47 Nick O'Leary
October 10, 2020

The Future of Node-RED

A talk delivered at Node-RED Con Tokyo 2020, looking at the roadmap for the Node-RED project beyond 1.0.

Ab105a906be119156fcacd5cd940f8a4?s=128

Nick O'Leary

October 10, 2020
Tweet

Transcript

  1. @knolleary The Future of Node-RED Node-REDの未来 Nick O’Leary Node-RED Project

    Lead Node-REDプロジェクトのリーダー @knolleary
  2. @knolleary Getting to Node-RED 1.0 Node-RED 1.0に到達 2

  3. @knolleary Getting to Node-RED 1.0 Node-RED 1.0に到達 Workflow Collaboration Extensibility

    Scaling API Stability how an individual developer can be more productive ワークフロー - 個々の開発者が、より生産性を高めることができる方法 working within a team of developers コラボレーション - 開発者のチーム内での作業 providing the right extension points and APIs to adapt Node-RED 拡張性 - Node-REDを適応させるための適切な拡張ポイントとAPIを提供 making it easier to create flows that can scale to handle workloads of increasing size スケーリング - サイズが増加するワークロードを処理するため、スケーリングできるフローの作成容易化 providing a stable base that can be developed against for the long-term APIの安定性 - 長期的に開発できる安定した基盤を提供
  4. @knolleary Getting to Node-RED 1.0 Node-RED 1.0に到達 Projects and Version

    Control of flows プロジェクトとフローのバージョン管理 Splitting the editor and runtime packaging エディタとランタイムのパッケージ分離 Subflow instance properties サブフローインスタンスプロパティ A new node messaging API 新しいノードメッセージングAPI Persistable context 永続コンテキスト
  5. @knolleary A new roadmap for the project プロジェクトの新しいロードマップ 5 1.0

    0.20 2.0 3.0
  6. @knolleary 1.2.0 6 Backward compatible fixes Backward compatible features Breaking

    changes Semantic Versioning セマンティックバージョニング
  7. @knolleary Node.js release schedule Node.jsのリリース計画 7

  8. @knolleary Node-RED release schedule Node-REDのリリース計画 8 Publish Node-RED 2.x in

    April 2021 Dropping support for Node 8 and Node 10 Feature releases every 3 months Publish Node-RED 3.x in April 2022 Node-RED 2.x in maintenance mode 2021年4月にNode-RED 2.xを公開 Node 8とNode 10のサポートを除外 3ヵ月毎の機能リリース 2022年4月にNode-RED 3.xを公開 メンテナンスモードのNode-RED 2.x
  9. @knolleary Who are our users? 私たちのユーザは誰でしょうか? 9 Students 学生 Retired

    Engineers 引退したエンジニア Professional Developers プロの開発者 Laptop ラップトップ In the cloud クラウド上 Raspbery Pi ラズベリーパイ
  10. @knolleary Companies that integrate Node-RED into their own products and

    services Node-REDを自社の製品やサービスに統合している企業 10
  11. @knolleary Understanding the different needs of these groups of users

    is vital to getting the priorities right in the roadmap これらユーザの様々なニーズを理解すること は、ロードマップ上の優先順位を正しく設定 するために不可欠です 11
  12. @knolleary Making Node-RED a sustainable project Node-REDを持続可能なプロジェクトにする 12

  13. @knolleary Technical content of the roadmap ロードマップの技術コンテンツ 13 Increase commercial

    adoption of Node-RED Node-REDの商用での採用を増やす Improve the path to production for anyone wanting to use Node-RED Node-REDを使いたいユーザのためにプロダクショ ンへのパスを改善する Continue to improve the experience for the individual developer 個々の開発者のエクスペリエンスを改善し続ける
  14. @knolleary Testing テスト 14 payload: 1 payload: 2 payload: 3

    payload: A payload: Z payload: C
  15. @knolleary Testing テスト 15 “beforeNode” “testNode” “afterNode” triggered when a

    node receives a message ノードがメッセージを受け取った時にトリ ガされる replaces the behaviour of a node ノードの動作を置き換える triggered when a node sends a message ノードがメッセージを送る時にトリガされ る
  16. @knolleary Flow Linter フローリンター 16 Improve the quality of a

    flow before the deploy button is pressed デプロイボタンが押される前に、フローの品質を向上させる
  17. @knolleary Flow Debugger フローデバッガ 17 A:1 B:2 A:5 B:7 A:2

    B:3 Pause the runtime and inspect messages at different points in a flow ランタイムを一時停止し、フロー内の様々なポイントでメッセージを検査します
  18. @knolleary Flow Debugger フローデバッガ 18 Visualise the performance of a

    flow フローのパフォーマンスを可視化する
  19. @knolleary Exportable Subflow Modules 19

  20. @knolleary Projects 20 Simple git workflow (in 1.2.0) シンプルなgitワークフロー Managing

    project dependencies プロジェクトの依存関係の管理 Access earlier versions of a project プロジェクトの以前のバージョンへアクセスする Add settings to a project プロジェクトに設定を追加する Add a Dockerfile to build a container コンテナをビルドするためにDockerfileを追加します
  21. @knolleary Standalone installer スタンドアロンインストーラ 21

  22. @knolleary Increase commercial adoption of Node-RED Node-REDの商用での採用を増やす 22

  23. @knolleary Multi-tenancy of the runtime ランタイムのマルチテナンシー 23

  24. @knolleary Developing architectural patterns to help adopters learn how it

    can be done 採用者が実現方法を習得することを支援する アーキテクチャパターンの作成 24
  25. @knolleary Customising the Node-RED Appearance Node-REDの外観のカスタマイズ 25

  26. @knolleary Customising the Node-RED Appearance Node-REDの外観のカスタマイズ 26

  27. @knolleary Longer Term Ideas より長期的なアイデア 27

  28. @knolleary Distributed Node-RED 分散Node-RED 28

  29. @knolleary Distributed Node-RED 分散Node-RED 29

  30. @knolleary Distributed Node-RED 分散Node-RED 30 Grouping nodes in the editor

    (1.1.0) エディタでのノードのグループ化 Custom message routing (1.2.0) カスタムメッセージルーティング Group meta-data メタデータをグループ化する Custom deploy code カスタムデプロイコード Smaller device runtimes より小さなデバイスのランタイム
  31. @knolleary Technical content of the roadmap ロードマップの技術コンテンツ 31 Improving the

    Developer Experience 開発者のエクスペリエンスを向上 Testing テスト Flow Linter フローリンター Flow Debugger フローデバッガ Exportable Subflow Modules Projects Standalone installer スタンドアロンインストーラ Increase commercial adoption of Node-RED Node-REDの商用での採用を増やす Developing architectural patterns to help adopters 採用者が実現方法を習得することを支援するア learn how it can be done ーキテクチャパターンの作成 Customising the Node-RED Appearance Node-REDの外観のカスタマイズ Longer Term Ideas より長期的なアイデア Distributed Node-RED 分散Node-RED
  32. @knolleary The Future of Node-RED Node-REDの未来 Please share your feedback

    on these ideas Help make Node-RED a sustainable project - get involved with the core project これらのアイデアに関するフィードバックを共有してください Node-REDを持続可能なプロジェクトにすることを手助けしてください - コアプロジェクトに参加してください 32 https://discourse.nodered.org https://nodered.org/slack
  33. @knolleary The Future of Node-RED Node-REDの未来 ご清聴ありがとうございました 主催者の方々、ありがとうございました 来年は私たちが直接会えることを願っています 33

  34. @knolleary The Future of Node-RED Node-REDの未来 Nick O’Leary Node-RED Project

    Lead Node-REDプロジェクトのリーダー @knolleary