sshで快適テレワーク

 sshで快適テレワーク

今まで:最強のSSH踏み台設定
これから:-J
温故知新:ワイルドカードマッチ
自宅サーバ活用:autossh&systemd

27b9fb2c6ad269533e8a5e45fd6b7c9f?s=128

koedoyoshida

March 28, 2020
Tweet

Transcript

  1. SSHで快適テレワーク 吉田@板橋

  2. ネタ • 今まで:最強のSSH踏み台設定 • これから:-J • 温故知新:ワイルドカードマッチ • 自宅サーバ活用:autossh

  3. 今まで:最強のSSH踏み台設定 .ssh/config: # https://qiita.com/kawaz/items/a0151d3aa2b6f9c4b3b8 Host */* ProxyCommand ssh -W "$(basename

    "%h")":%p "$(dirname "%h")" #ホスト鍵無条件に受け入れて、ファイルを更新 StrictHostKeyChecking no Host *+* ProxyCommand ssh -W "$(sed -E 's/.*¥+//'<<<"%h")":%p "$(sed -E 's/¥+[^¥+]*//'<<<"%h")" StrictHostKeyChecking no # ssh hoge.com/192.168.x.x #会社gateway+自席サーバ # ssh hoge.com+192.168.x.x #会社gateway/自席サーバ
  4. これから:-J openssh-7.3 以降 # ssh -J hoge.com 192.168.x.x #会社sshgateway 会社サーバ

    Configなしでやれる! 参考: https://qiita.com/kawaz/items/a0151d3aa2b6f9c4b3b8
  5. 温故知新:ワイルドカードマッチ .ssh/config: Host desk01* HostName 192.168.x.x Host desk02* HostName 192.168.x.x

    ProxyCommand=ssh -W %h:%p sshgateway Match originalhost *-ofwd dynamicForward 8080 LocalForward 65422 localhost:22 $ ssh desk01-ofwd #直接接続 $ ssh desk02-ofwd #外部接続、shellscript 等で順番にtryする等でより省力化、高度化 詳細は実用SSH 第二版 P288 多重マッチ
  6. さて • 「SSHのgatewayサーバやVPNサーバなんてうちの会社には準 備されてないよ!」

  7. そんなあなたにautossh • autosshとは • sshクライアントを自動起動するプログラム • https://packages.debian.org/buster/autossh • リモートのsshサーバに(リバース: -R)ポートフォワード等が可能

    • 後述のデフォルト設定はローカルフォワード(-L)なので書き換える • リバースポートフォワードで自宅サーバをssh踏み台に! • 使用例 • 会社サーバ(autossh)から自宅サーバ(sshd)に接続することにより自宅サーバポート に会社サーバのsshportへ転送するportを作ることができる • 自宅サーバにDDNS等でsshアクセスできれば、会社サーバはNAT下でもOK • セキュリティ • sshdのデフォルトは自宅サーバのlocalloopbackのみ許可(GatewayPorts=no)なので 使用時は自宅サーバからssh clientで接続 (つまり踏み台) • デフォルト(GatewayPorts=no)ではパブリック(0.0.0.0)には公開されていない • 御社のセキュリティ要件はご確認ください! • At your own risk. 自宅サーバ 会社サーバ sshdport へ転送 会社サーバ 作業PC ssh client sshd sshd autossh
  8. さらにautosshをsystemdでサービス化し てssh接続を安定化 • https://remoteroom.jp/diary/2019-07-18/ • https://gist.github.com/ttimasdf/ef739670ac5d627981c5695 adf4c8f98 • 要両サーバのroot •

    相互にssh専用ユーザを作成してポートフォワード専用にする • systemd設定 • autosshの死亡時に自動で再開 • 会社サーバの再起動時に自動で再開 • 安定性向上!
  9. 構成 • NAT下にある会社PC • sshdが動いていること • systemdが動いていること • sshで自宅サーバに接続できること •

    rootを持っていること • (DDNS等で)インターネットからsshアクセス出来る自宅サーバ • sshdが動いていること • rootを持っていること • 自宅サーバにアクセス出来る作業用PC(自宅サーバと同じでも よい) • sshクライアントが動いていること 自宅サーバ 会社サーバ sshdport へ転送 会社サーバ 作業PC ssh client sshd sshd autossh
  10. 手順 • systemdひな形取得 • curl -sSL https://gist.githubusercontent.com/ttimasdf/ef739670ac5d627981c5695adf4c8f98/raw/autossh@host1 | ¥ •

    sudo tee /etc/default/autossh@example • curl -sSL https://gist.githubusercontent.com/ttimasdf/ef739670ac5d627981c5695adf4c8f98/raw/autossh@.service | ¥ • sudo tee /etc/systemd/system/autossh@.service • 専用ユーザ作成(自宅サーバ、会社サーバ両方)、公開鍵作成、ssh接続 • sudo useradd -g nogroup -s /bin/false -m tunnel • sudo -u tunnel mkdir -p ~tunnel/.ssh • sudo -u tunnel nano ~tunnel/.ssh/config • sudo -u tunnel ssh remote.example.com #自宅サーバ • (設定ファイル名変更:オプション) • cp /etc/default/autossh@example /etc/default/autossh@hoge • 設定変更 • sudo nano /etc/default/autossh@example • /etc/default/autossh@example内の次の2行を編集する • TARGET_HOST=remote.example.com • 接続サーバ(自宅サーバ) • FORWARDS=-R 10022:127.0.0.1:22 • -Rオプション:リバースポートフォワード 、10022(任意:自宅サーバ側の空ポート番号)、22(会社サーバでの既存sshポート番号) • 接続 • sudo systemctl start autossh@example.service • 永続化 • sudo systemctl enable autossh@example.service 自宅サーバ 会社サーバ sshdport へ転送 会社サーバ 作業PC ssh client sshd sshd autossh systemd 制御監視
  11. SSHで快適テレワーク! • 参考URL • 最強のSSH踏み台設定 • https://qiita.com/kawaz/items/a0151d3aa2b6f9c4b3b8 • autossh&systemd •

    https://remoteroom.jp/diary/2019-07-18/ • https://gist.github.com/ttimasdf/ef739670ac5d627981c5695adf4c8f 98