Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

140兆円の巨大市場、小売業界の再発明に挑む開発プロジェクト #ca_base_next / retail-dx-project

140兆円の巨大市場、小売業界の再発明に挑む開発プロジェクト #ca_base_next / retail-dx-project

2020年5月28日にCA BASE NEXTで発表する資料です
https://ca-base-next.cyberagent.co.jp/sessions/retail-dev-project/

1f745ff900e1be51aedae18cae76593c?s=128

Kurochan

May 27, 2021
Tweet

Transcript

  1. None
  2. 黒崎 優太 2015年度 新卒⼊社 AI事業本部 ⼩売DX領域 アプリ運⽤センター エンジニア @kuro_m @kurochan

  3. • 2015年: 新卒⼊社 (Dynalyst) • 慣れないScala, AWSで開発をはじめる • 2018年: 最優秀ベストエンジニア賞

    • エンジニアリングで成果が出せた • 2019年: Dynalyst開発責任者 • 責任者というポジションにチャレンジ • 2021年: ⼩売DX領域 • 新しい領域にチャレンジ 経歴
  4. ⽬次 Contents ⽬次 Contents ⽬次 Contents ⽬次 Contents ⽬次 Contents

    1. 140兆円市場、⼩売業 2.なぜ、今サイバーエージェントがやるのか 3. どんなことをやるのか 4. 技術的な挑戦 5. ⽬指す組織 INDEX
  5. 140兆円市場、⼩売業

  6. • ⽇本の⼩売業の市場規模は約140兆円 • 140兆円とは… • 1万円札だと、1万4000トンくらい…💸 • ⼩売業とはどのような業界なのかみてみましょう 140兆円市場、⼩売業

  7. • 百貨店 • スーパー • コンビニエンスストア • ⼤型家電量販店 • ドラッグストア

    ⼩売業の分類 • ホームセンター • 医療専⾨店 • ⾃動⾞⼩売店 • 燃料⼩売店 • その他 経済産業省: 2020年⼩売業販売を振り返る https://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/kako/ minikeizai.html
  8. • ⽣産者や卸売業者を経由して、 最終消費者に販売する業種すべてのこと • ⽣きていく上で必ず必要な業界 140兆円市場、⼩売業とは 経済産業省: 2020年⼩売業販売を振り返る https://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/kako/ minikeizai.html

  9. • ⽣産者や卸売業者を経由して、最終消費者に販売する業種すべてのこと • ⽇本の家計消費の約半分 • ⾮常におおきな業界 140兆円市場、⼩売業とは 消費者庁: 消費者を取り巻く社会経済情勢の動向 https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/white_paper/pdf/

    hakusho_ - .pdf
  10. なぜ、今サイバーエージェントがやるのか

  11. サイバーエージェントの3本柱

  12. • ABEMA、Ameba、タップルなど多くのユーザに使われるメディアを 開発し運⽤してきた実績 メディア事業 「クリエイティブで勝負する。」 サイバーエージェントのミッションステートメントのひとつ

  13. インターネット広告事業 サイバーエージェント統合報告書 https://d utiq et vl .cloudfront.net/files/user/pdf/ir/library/annual/cyberagent_IR_ _jpn.pdf • 成⻑しつづける市場で国内トップシェア

    • 運⽤x技術で広告効果を最⼤化するのが強み • AI事業本部は広告配信システムも内製 • データ基盤を活⽤した機械学習アルゴリズムの開発 • AI Labによる最先端の研究
  14. • クオリティの⾼いメディアの開発 • 事業の特性に合わせたデータ基盤の構築 • データに基づいたマーケティングの意思決定 • 広告商品の企画 • ユーザ体験のアップデートから⾃社プラットフォーム上での

    広告配信による収益化までセットで提供できる ⼩売業界に応⽤するとどうなるのか
  15. ⼩売業界に応⽤するとどうなるのか EC 協働販促 即⽇配送 ⾃社販促 ID-POS 在庫予測 ⾃動発注 BOPIS 来店前‧来店後(店外)

    来店中(店内) スーパーアプリ ⽀えるデータ基盤 必要なパーツが揃った今、踏み込むべき
  16. どんなことをやるのか

  17. • 140兆円、⾮常に⼤きな市場であることは分かった • 海外に⽬を向けてみる • アメリカ、中国など… • インターネット‧デジタルにより成功している⼩売企業たち ⼩売業界にインパクトを起こしたい

  18. • ECサイトのデータと実店舗のデータを統合しマーケティング • ロボットが⾃動で店舗の棚の様⼦を撮影して周り、⾃動で在庫補充 • ブロックチェーン技術により⽣産者の⾒える化 • テクノロジーに年間1兆円近く投資する企業も 海外の⼩売のDX先⾏事例

  19. • ⽇々の買い物の中で「もっとこうだったらいいのに」と思ったことは ありませんか? • レジでの待ち時間 • 在庫状況をすぐ知りたい • • オンラインだけではなく、オフラインも統合して

    ⽇々の購⼊体験をよりよいものにしていきたい ⽇本の⼩売には⼤成功を収めるチャンスが眠っている!
  20. インパクトを起こすためのステップ イマココ 各⼩売企業ごとに向き合い それぞれの企業の理想状態を作る ??????? 完全に新しい ⽇本型の購買体験の進化

  21. • サイバーエージェントの⼩売DX領域では様々な事業が展開されています • 私の所属する「アプリ運⽤センター」での直近の取り組みを紹介します どんなことをやるのか

  22. CDP

  23. • Customer Data Platform • 顧客に関するデータを収集し、活⽤するためのプラットフォーム • POS(Point of Sale)システムのログ

    • ポイントカードのログ • 会員アプリのログ • ECサイトのログ • CDP
  24. • ヤマダデンキ様との取り組み • CDPを中⼼に様々な施策を実⾏ • 販売促進の広告商品も展開 CDP ヤマダデンキとサイバーエージェント、販促DXにおいて業務提携を締結し 広告事業参⼊へ オンライン広告から棚前サイネージ、アプリ連携と購買 データまで⼀貫した販促データ基盤を共同開発、公式広告メニュー「ヤマダ

    デジタルAds」をリリース https://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/kako/ minikeizai.htmlhttps://www.cyberagent.co.jp/news/detail/ id=
  25. アプリ開発

  26. • 公式アプリ系 • ポイント • スタンプカード • クーポン • 決済

    • EC • BOPIS アプリ開発など
  27. • Buy Online Pick-up In Store • コロナ禍での店舗滞在時間短縮にも貢献可能 BOPIS オンラインで事前注⽂

    店舗でピックアップ
  28. • OMO分析運⽤プラットフォーム開発に向けたデータ収集、PDCAによるノウハウ蓄積 • デジタルサイネージによる購買の⾏動変容 • AIカメラやPOSなどで取得可能なデータを活⽤した販促施策 • ⾃社アプリの販促メディア化と販促施策 • デジタル広告を活⽤した店舗への集客最適化

    サイネージ‧AIカメラなど AWLとの資本業務提携及びサッポロドラッグストアーとの広告開発契約のもと、リテール向けAIカメラ ソリューションを活⽤した店舗のデジタルトランスフォーメーション実証実験‧共同商品開発を開始 https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id= AWL様、サッポロドラッグストアー様との取り組み
  29. ヘッドレスコマース

  30. • EC(Electronic Commerce, 電⼦商取引) • ⽇本では1997年に楽天が、2000年にはAmazonが事業を開始 • サイバーエージェントは1998年創業 • インターネット上で商品の売買ができるということが最新の技術だった

    • 現代では • 使いやすさ(UI) • 欲しい物が⾒つかるか(レコメンド) • 最新技術への追従(電⼦マネー, AR等) • 技術だけでなく「ユーザ体験」という捉え⽅でシステムを改善しつづける時代 ECの歴史
  31. • サービス開始から10年以上経過しているものも珍しくない • 基幹システムは頻繁な変更を想定して設計されていないことが多い • 商品の仕⼊れ • 在庫管理 • 実店舗との連動

    • 売上管理 • 顧客管理 • ユーザ体験を改善するためのウェブやアプリの変更は頻繁に⾏いたい 従来型のECサイト
  32. • ECシステムを「バックエンド」と「フロントエンド」に分離する • バックエンド • 基幹システムとも呼ばれる部分。業務ロジックを担う。APIを提供する。 • フロントエンド • アプリやWebサイトと呼ばれる部分。APIと通信し情報を取得する。ユーザ体験を提供する。

    ヘッドレスコマース
  33. • ECシステムを「バックエンド」と「フロントエンド」に分離する ヘッドレスコマース

  34. 技術的な挑戦

  35. • 紹介した事業をいくつも⽴ち上げるにあたって挑戦しなければならないこと • 直近取り組んでいるプロジェクトの事例ベースで紹介します 技術的な挑戦

  36. CDP

  37. • ⼩売企業のデータを分析/活⽤できるプラットフォームを開発 • 定型的なレポーティングにとどまらず、様々な施策を実⾏できるようにする • 基幹システムとのデータ連携 • セキュリティ要件のクリア • システムに合わせたデータ転送プロトコルの選択

    • 企業の特性や要件に合わせてクラウドも選択 • AWS, GCP, Azureの導⼊実績あり CDP
  38. シンプルなCDPの実装例

  39. CDPとアプリを連携させる例

  40. ヘッドレスコマース

  41. • 先⽇プレスリリースにて発表 次世代ヘッドレス開発室 柔軟なECサイトやアプリ開発が可能な「ヘッドレスコマース」を実現  UI/ UXデザインから開発‧運⽤まで⼀貫して⼩売企業を⽀援する「次世代ヘッド レス開発室」を設⽴ https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=

  42. さきほどの図 ヘッドレスコマース

  43. • 「フロントエンド」と 「バックエンド」に分離 すること • 平たく⾔うと「SPA」 • Single Page Application

    ヘッドレスコマース html API (基幹システム) クライアント UIの取得 データの取得
  44. • 理想としてはUIとAPIだけで構成したい • 現実的には部分的にサーバ側でレンダリングしたい需要もある • 中間にBFFを設置して解決する場合も • Backends for Frontends

    現実的にAPIのみで構成できるのか? API (基幹システム) クライアント データの取得 BFF API + HTML
  45. 公式アプリ開発

  46. • 何よりもUI/UXが肝 • DXデザイン室がUI/UXの設計を⾏う • ⼩売のアプリやWebに特化したデザインチーム • 「テクノロジーと⼈がなめらかに繋がる⽣活を当たり前にする」 • iOS/Android/Webのマルチプラットフォーム開発

    公式アプリ開発
  47. LINE ミニアプリ

  48. CA スマートPOP

  49. • iBeaconやLINE Beaconの通信規格に 対応 • 数万台のビーコンを店舗に設置 • 管理‧運⽤ • ⼤量調達

    Bluetoothビーコンの⼤量管理 市販のビーコンを分解してみた
  50. 求められる技術

  51. • ⾃社プロダクトではないので、顧客を徹底理解する必要がある • 実店舗調査 • 既存アプリの使い込み • サービスの使い込み • ドメイン知識

    • 店舗オペレーション • 物流 • 基幹システム 顧客を理解する技術
  52. • 「運⽤」と聞くと保守や障害対応と いったイメージが多い • 我々の⽬指す運⽤は、「常に顧客体験 をアップデートし続ける」こと • 運⽤で勝負する⼟台づくりの新規開発 フェーズ そして「運⽤」へ

  53. ⽬指す組織

  54. • 完全なる⾃社開発でもない、受託開発でもない特殊なプロジェクト • お客様と⼀緒にデジタルを社会実装していく • 「サイバーエージェントらしさ」をどうやって武器にするのか • 詳しい話はこの後のLTセッションに注⽬…! ⽬指す組織

  55. : 〜 @Studio E

  56. We're Hiring!

  57. We're Hiring! • ⼩売企業の変⾰に覚悟のある仲間を募集します。 • https://www.cyberagent.co.jp/careers/special/ retaildxrecruit /

  58. タイトル title