GraphQL Serverをつくる・つなぐ / GraphQL Server: constructing and bonding API

GraphQL Serverをつくる・つなぐ / GraphQL Server: constructing and bonding API

12/18に開催されたFROKAN × UIT #2 「年忘れLTバトル」での発表資料です
https://uit.connpass.com/event/152518/

53850955f15249a1a9dc49df6113e400?s=128

LINE Developers

December 18, 2019
Tweet

Transcript

  1. GraphQL Serverをつくる・つなぐ 2019/12/18 FROKAN × UIT #2 @spring_raining

  2. About Me • Tamada Akihiro • Twitter: spring_raining / GitHub:

    spring-raining • フロントエンドエンジニア at LINE株式会社 UIT • 普段はLINE公式アカウントを担当 Follow me! >
  3. Agenda • 新規社内サービス立ち上げとGraphQLに出会うまで • GraphQL Serverをつくる • GraphQL Serverをつなぐ

  4. LINE Design System (LDS) • LINEファミリーアプリ横断で用いる次世代のデザインシステム • #linedevday でたくさん情報が出てます LINEのデザインシステム:一貫性を損なうことなくLINEのサービスの速度を上げる


    https://linedevday.linecorp.com/jp/2019/sessions/A2-2 デザインシステムにおけるフロントエンド https://linedevday.linecorp.com/jp/2019/sessions/A2-3
  5. https://linedevday.linecorp.com/jp/2019/sessions/A2-2

  6. https://linedevday.linecorp.com/jp/2019/sessions/A2-2

  7. アイコン管理ツール LAICON • LINE社内のアイコン資産を共有するFont Awesome的なやつ • LDSに合わせてトーンを統一したアイコンにリニューアル中

  8. 宣伝っぽい導入終了

  9. 現状の問題点 • LAICONのリリースにエンジニアが関与しなければならない • ValidなSVGかチェック • アイコンの命名 • アイコンフォントのビルド・デプロイ

  10. LAICON CMS 作るぞ! • アイコンを登録・管理するための社内サービス • プランナー・デザイナー自身がアイコンを追加する • 追加されるアイコンのレビュー・承認作業を行うフォーラム •

    サービス毎にアイコンフォントのサブセットを管理できるとなお良さそう
  11. • データ取得/操作をクライアントサイドで制御する言語・実行環境 • GraqhQLサーバーにクエリを投げると、そのとおりのデータが返る GraphQLについて query { user(id: "123") {

    id name } } { "data": { "user": { "id": “123", "name": “spring-raining" } } }
  12. なぜGraphQLを使うのか • フロントエンド側にとって、REST APIにはないメリットがいっぱい • APIリクエスト数の削減 • 余分なレスポンスの削減 • 社内サービスではすでに採用事例もたくさん

    • 普段業務でサーバサイドを触ることが無いので興味本位で
  13. GraphQL Serverをつくる

  14. • 別途APIサーバーなどのBackendを持つBFFの構造ではなく、DB接 続、Session管理、GraphQLエンドポイントが一体のシンプルな構成 LAICON Backend CLI CMS web page Backend

    GraphQL API 社内認証基盤 Session (Redis) DB (MySQL)
  15. DBと接続 • TypeORMを使い、DB (MySQL) と TypeScriptのclassとマッピング • DecoratorでColumn等を定義 • DB関連はTypeORMに全ておまかせ

    @Entity('users') class User { @PrimaryColumn() id: string; @Column({ nullable: true }) name?: string; @OneToMany( type => Icon, icon => icon.user ) icons: Icon[]; } @Entity('icons') class Icon { @PrimaryColumn() id!: string; @ManyToOne( type => User, user => user.icons ) user: User; }
  16. GraphQL SDLとTypeScriptの同期 • GraphQL SDL(APIで取得できるデータ構造の定義言語)と TypeScriptは互換性があり、(だいたい)相互変換できる GraphQL SDL TypeScript graphql-codegen

    type-graphql
  17. @Entity('users') class User { @PrimaryColumn() @Field() id: string; @Column({nullable: true})

    @Field( type => String, {nullable: true} ) name?: string; @OneToMany( type => Icon, icon => icon.user ) @Field(type => [Icon]) icons: Icon[]; } Entityの定義 @Resolver(User) class UserResolver { @Query(() => User, {nullable: true}) async user( @Arg('id') id: string ): Promise<User | null> { // implement } @Mutation(() => User) async updateName( @Arg('id') id: string, @Arg('name') name: string ): Promise<User> { // implement } } Query/Mutationの定義 type Query { user(id: String!): User } type Mutation { updateName( id: String! string: String! ): User! } type User { id: String! name: String icons: [Icon!]! } できあがるSDL
  18. フォーラム機能の実現は少し大変 ユーザーがアイコンを アップロードして申請 デザイナー・エンジニアが レビュー リテイク要求 LAICON アイコンを追加されると 自動でアイコンフォントを リリース

  19. フォーラム機能の実現は少し大変 ユーザーがアイコンを アップロードして申請 デザイナー・エンジニアが レビュー リテイク要求 LAICON アイコンを追加されると 自動でアイコンフォントを リリース

    このワークフロー どこかに見覚えはありませんか…?
  20. Pull Request

  21. GitHubのPull Requestと同じ! • 都合の良いことにGitHub API v4はGraphQLで提供されている • 社内のGitHub Enterprise APIをそのまま使ってしまえばいいので

    は?? • GitHub上にあるコメント等の情報がそのまま利用できる
  22. GraphQL Serverをつなぐ

  23. Apollo Federation • Apollo Serverが用意する機能 • 複数のGraphQL APIをまとめあげ、APIの連合を作る • それぞれのSchemeのtypeを関連付けることができる

  24. 複数のGraphQL Schemeの関連付け • LAICONのユーザーとGitHubアカウントを相互に参照したい • GitHub v4 APIにはUserやBotを抽象化したActorという概念がある ので、Actorのアカウント名からユーザーのObject Typeを引けるよう

    にする API Endpoint GitHub v4 API LAICON API
  25. Federated schemaの作成 type User @key(fields: "name") { id: String! name:

    String @external icons: [Icon!]! } extend type Actor { user: User @provides(fields: "name") } GitHub側のActor objectに @provides directiveを与える const schema = buildFederatedSchema({ typeDefs, resolvers: { ...resolvers, Actor: { user(parent, args, context, info) { return findUsersByGithubName(parent.login); }, }, }, }); Resolversに実際の取得処理を書く LAICON側のSDL
  26. Apollo Gateway • 用意したApollo serverの立ち上がっ ているURLを指定 • Apollo Federationに対応していれ ば、勝手にQueryやMutationをマージ

    してくれる const gateway = new ApolloGateway({ serviceList: [ { name: 'laicon', url: 'http://localhost:5001', }, { name: 'github', url: 'http://localhost:5002', }, ], });
  27. None
  28. まとめ • GitHub v4 APIの利用はいろいろ考えるべき点はあるが、すでにある GraphQL APIを拡張して利用するアイディアは便利 • 世の全てのAPIがGraphQLで提供されてほしい…