Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

2020-12-16 Mackerel and DevOps

F09bb6dd6372cfada941e132f6662d7f?s=47 mackerelio
December 16, 2020

2020-12-16 Mackerel and DevOps

2020/12/16 事例で学ぶ!Jira/ Opsgenie × Mackerelで実践するDevOps

チームの壁を取り払い、コラボレーション文化を根付かせる監視サービス「Mackerel」

F09bb6dd6372cfada941e132f6662d7f?s=128

mackerelio

December 16, 2020
Tweet

Transcript

  1. mackerel.io チームの壁を取り払い、コラボレーション文 化を根付かせる監視サービス「Mackerel」 2020/12/16 事例で学ぶ!Jira/ Opsgenie × Mackerelで実践するDevOps 株式会社はてな 渡辺 起

  2. 自己紹介 • 渡辺 起 (わたなべ たつる) ◦ id:wtatsuru @tatsuru • 略歴

    ◦ 2011年、インフラエンジニアとして入社 ◦ 基盤開発部門のマネージャー、責任者を経て ◦ 現在はMackerelプロダクトマネージャー
  3. 本日の内容 チームの壁を取り払い、コラボレーション文化を根付かせる監視サービス「Mackerel」 • DevOpsと監視 • DevOps実現に向けたMackerelの取り組み 3

  4. 4

  5. Mackerel チームの壁を取り払い、コラボレーション文化を根付かせる監視サービス • 監視の敷居を下げ、すぐに始められる。 • 素早く始められる。 • 育てていく監視。

  6. DevOpsと監視 6

  7. 開発と運用 • 「開発」と「運用」の目的の一例 ◦ 「開発」は機能を実現すること。 ◦ 「運用」はシステムを安定させること。 ◦ 自然に対立構造が生まれる。 •

    ツールや技術の違いが分断を促進することも ◦ 情報格差があると、同じ目線を持つことができない。 ◦ 変更を専門家に「依頼」する。一部の人の役割となる。
  8. DevOps • 速度を上げたい、という要求から ◦ クラウドの登場。システム調達が不要に。 ◦ システムの売り切りモデルからSaaSなどリテンションモデルへ。 ◦ 開発と運用で連携、チーム全体で取り組む DevOps

    が重要。 • チームで連携する。目線を揃え、問題に立ち向かう ◦ 同じ目線を持って、目的 = 価値の提供に向きあう。 ◦ 問題に対してチームで取り組み、改善していく。 ◦ チームの目線を揃えるため、情報の透明性が重要。 • ツールの後押しも ◦ Slack、Confluence などの情報共有で透明性を高める。
  9. 監視とDevOps • 監視 ◦ システムは動いていてこそ価値を提供できる。 ◦ システムは放っておくと壊れる。 ◦ 価値を提供できていることを、監視により常に確認し続けることが重要。 •

    DevOpsの実現に向けて ◦ チームで取り組む。監視を一部の専門家の役割にしない。 ◦ 情報の透明性を高める。監視の情報をチームで共有し、改善に取り組む。 「監視とは役割ではなくスキルであり、チーム内の全員がある程度のレベルに至っておくべき。」 『入門 監視』 2019年1月 日本語訳出版(1.2 アンチパターン2:役割としての監視)より     
  10. 監視から改善につなげる • DevOps ◦ 同じ目線を持って、目的 = 価値の提供に向きあう。 ◦ 問題に対してチームで取り組み、改善していく。 ◦

    監視も同様。チームで取り組んでいく。 • 監視から改善につなげる ◦ システムの情報を共有し、チームで改善する。監視ツールは情報共有ツールでもある。 ◦ トラブルは同時に、問題発見と改善のチャンス。一部の人で独占するのはもったいない。
  11. DevOps実現に向けた Mackerelの取り組み 11

  12. Mackerel チームの壁を取り払い、コラボレーション文化を根付かせる監視サービス • 監視の敷居を下げ、すぐに始められる。 • 素早く始められる。 • 育てていく監視。

  13. 監視の敷居を下げる:すぐに始められる • ガイドにしたがってコマンドを実行するだけ。数分で始められる。 • エージェントが死活監視とメトリック取得を自動で開始 • メトリックは自動的にグラフで可視化 13

  14. 監視の敷居を下げる:直感的なユーザー体験 14

  15. 素早く始められる:クラウド時代の管理モデルを迷わず導入 • サービス・ロールを使った動的な管理モデル。 • サーバーを役割で管理する。 • 迷わず、自然に導入できる。

  16. 素早く始められる:マルチクラウド対応 AWS、Azure、Google Cloudなどのクラウドサービ スから様々なメトリックやイベントを可視化。 複雑なサービス環境も全体を俯瞰してシンプルに 管理できます。 16

  17. 素早く始められる:豊富な外部ツール連携 • 様々な外部ツール連携。 • 日々の開発・運用サイクルにすぐに組み込むことができる。

  18. 育てる監視:豊富な監視機能 • コンテナ、マネージドサービスなど多くの環境へ対応 • URL外形監視、機械学習による異常検知など様々な監視機能 • 運用の中で改善できる、育てていける監視

  19. 育てる監視:API と Infrastructure as Code • CLIツールmkr や充実したAPI • Infrastructure

    as Code による管理。 • 自動化、改善を回す助けとなる。 GUI API CLI User App
  20. Mackerel チームの壁を取り払い、コラボレーション文化を根付かせる監視サービス • 監視の敷居を下げ、すぐに始められる。 • 素早く始められる。 • 育てていく監視。

  21. まとめ 21

  22. 本日のまとめ チームの壁を取り払い、コラボレーション文化を根付かせる監視サービス「Mackerel」 • DevOpsと監視 ◦ 速度を高めるため、チームで連携して問題に取り組むDevOps。 ◦ 情報の透明化で目線を揃える。 ◦ 監視も同様に、チームで取り組んで改善につなげることが重要。

    • DevOps実現に向けたMackerelの取り組み ◦ 監視の敷居を下げ、すぐに始められる。 ◦ 素早く始められる。 ◦ 育てていく監視。 22
  23. Mackerelをぜひお試しください mackerel.io から 「無料で試してみる」をクリック!