Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Tech Meetup By Money Forward

makiton
May 26, 2016

Tech Meetup By Money Forward

2016/05/12に開催したTech Meetupの資料です

makiton

May 26, 2016
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 自動家計簿・資産管理サービス 「マネーフォワード」の開発 2016/05/12 Tech Meetup by Money Forward PFM本部 サービス推進部

    鈴木 信太郎
  2. 自己紹介 • PFM本部 Railsエンジニア ◦ マネーフォワード使ってたら入社してた ◦ 家計簿の機能開発や改善 ◦ 最近では銀行APIの認証まわりやりました

    • 10年くらいWeb業界にいます ◦ PHPでソーシャルゲーム作ってたり ◦ Railsでブラジャーを作って売ってみたり • 普通のWebエンジニア = 金融系の経験一切なし
  3. PFMとは • 個人資産管理(Personal Financial Management)のこと • 銀行, 証券口座から住宅まで、あらゆる資産を管理 • 米国だとMintが有名

    ◦ 金融商品を広告する → 管理すべき資産が増える → Mintを使う 好循環
  4. アジェンダ • Fintechと金融系IT、そしてマネーフォワード • マネーフォワードは何をやっているのか • Techっぽい話 • まとめ・質疑応答

  5. Fintechっぽさ • Bitcoin(ブロックチェーン) • AIによる自動取引 ◦ その他タブ → マネーフォワードApps →THEO

    by お金のデザイ ン • 個人間送金 ◦ LINE Pay ◦ タダで貸し借りを相殺できるサービス なんとマネーフォワードはいずれも やっていない
  6. 金融系IT企業っぽさ • 昔からあるシステムを頑張って保守している ◦ 60年代にすでに勘定系は存在した(wikipedia: 銀行のオンライン システム) ◦ 80年代に活躍した伝説みたいな人がいる •

    とにかく色んな意味で固い ◦ オフィス内で携帯電話が使えないとか • 何かあるとヤ◦ザみたいな人に死ぬほど怒られる ◦ こわい なんとマネーフォワードはいずれにも 当てはまらない
  7. ではマネーフォワードは何をしているのか • アカウントアグリゲーションをコアとした周辺サービスの展開

  8. ではマネーフォワードは何をしているのか • アカウントアグリゲーション自体は昔からある概念 ◦ 技術的に新しいことをしているわけではない ◦ 電子証明書連携とか銀行APIとかはちょっと新しいかも “我々の使命は、集約した膨大な情報を便利に扱えるようにすること”

  9. どうやってやってるの? • ユーザアンケートなどでユーザのニーズを調査する • 小さく作って繰り返し改善 • 主要KGIそれぞれで施策を企画 ◦ 新規登録ID数 ◦

    銀行アグリ率(離脱率に大きく影響) ◦ プレミアム化率 ◦ etc... “普通のことを普通にやっている”
  10. KPIの一例 曜日/時間別プレミアム入会数

  11. どういう技術でやってるの? • 言語 ◦ アグリゲーション: Java ◦ Web: Ruby on

    Rails ◦ スマホ: Swift, Java • Webとアグリゲーションでレイヤが分かれていて、Web側はセンシティ ブな情報に直接触れない代わりに比較的自由 ◦ GitHubにコードがあったり ◦ 割とOSSをふんだんに使っている -> 貢献しよう!
  12. 最近の技術的トピック • OSSへの貢献 • 銀行API • 機械学習 ◦ 昔やってたらしいが、分類が多種多様なので人間がやるのが結 局満足度が高かった

    ◦ セキュリティに応用しようという動きも • キャパシティ管理 • セキュリティ
  13. まとめ • マネーフォワードはいたって普通のウェブサービス ◦ こんなFintechもあるんだと思っていただければ • 技術的に先進的なことをしているわけではない ◦ 先進的でなくても、ユーザ体験をより良くしていくことが大事 “お金を前へ。人生をもっと前へ。”

  14. Thank you!