$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

Code4Lib JAPANカンファレンス10周年振り返り / 10 years of Code4Lib JAPAN conference

Masao Takaku
September 06, 2022
19

Code4Lib JAPANカンファレンス10周年振り返り / 10 years of Code4Lib JAPAN conference

Code4Lib JAPANカンファレンス2020特別セッション
https://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2022/presentation#special
2022年9月4日(日)

Masao Takaku

September 06, 2022
Tweet

More Decks by Masao Takaku

Transcript

  1. • Code4Lib 2010 (ノースカロライナ州アッシュビル)  LT発表:ふわっと検索(高久) • Code4Lib 2011(イリノイ州ブルーミントン) 

    LT発表:NDLサーチ(田辺)  LT発表:図書館システム(林賢)  LT発表:プロジェクトShizuku(小野) • Code4Lib 2012(ワシントン州シアトル)  LT発表:saveMLAK(岡本)  LT発表:カーリル(吉本)  LT発表:プロジェクト Shizuku (常川)  LT発表:Project Next-L南三陸支援(江草、高久) • Code4Lib 2013(イリノイ州シカゴ)  LT発表:saveMLAKプロジェクト(高久)  LT発表:図書館クラウドファンディング(岡本) • Code4Lib 2014(ノースカロライナ州ローリー) • Code4Lib 2015(オレゴン州ポートランド)  LT発表:Code4Lib JAPAN(田辺) • Code4Lib 2016(ペンシルベニア州フィラデルフィア)  LT発表:OSSドキュメントでの参加Project Next-L(江草)
  2. コミュニティの振り返りと今後に向けて • 大きなお土産 海外でも国内でも「面白いこと」はどこでも共感 / 評価される • 2000年代後半からの国内の図書館界(+技術系界隈) Web 2.0,

    Library 2.0, OPAC 2.0, etc. Librahack事件 機関リポジトリ業界 – DSpace, Eprints, OJS, etc. • 2010年代後半からの印象 海外との関心の乖離? マイノリティ, インクルーシブ, プライバシー 牧歌的な時代の終わり!? セキュリティの厳しさ • 国内の図書館:技術的な面白いことやってる人はどこに?
  3. Code4Lib JAPANカンファレンス2013 @南三陸