$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

Next-L Enju概要 / Next-L Enju Overview (2020-11-04)

Next-L Enju概要 / Next-L Enju Overview (2020-11-04)

図書館総合展2020 Project Next-L チュートリアル
2020年11月4日(水)
オンライン開催

Masao Takaku

November 04, 2020
Tweet

More Decks by Masao Takaku

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Next-L Enju概要 Project Next-L 2020年11月4日(水) 図書館総合展2020 @ オンライン企画

  2. Next-L Enjuの概要 • Next-L Enju : 統合図書館システム • 特長 モダンでシンプルな構成

    Ruby on Rails 安価なサーバでも運用可能 仮想マシンの配布:個人用のPCでも試用可能 機能面でもさほど不足はない 中小規模の図書館であれば十分に対応可能 検索性能などは業界でも高い水準にある オープンソースソフトウェアとコミュニティ ボランティアベースでの開発とマニュアル整備など
  3. 統合図書館システムNext-L Enju • オープンソースソフトウェア  MITライセンス  Ruby on Rails

    + Apache Solr + PostgreSQL • 最新バージョン:1.1.3  ウェブOPACでの高速・高性能な検索機能  基本的な図書館管理機能: 受入、目録、所蔵管理、利用者管理、書架管理、所蔵検 索、分館管理、予約、貸出返却など • いくつかの導入事例  2009- 国立国会図書館サーチ  2011- 物質・材料研究機構図書館  2011- 環境省図書室  2011- 南三陸町図書館  2012- 笹川スポーツ財団  2013- 気象庁図書館  ほか 3
  4. Project Next-Lの歴史 (1) 4 OPACを作ろう. Mixi [司書]コミュニティ, http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3232 8&id=4898972

  5. Project Next-Lの歴史 (2) • 背景 いくつかの根強い不満 機能性、性能、ソフトウェアの拡張性、カスタマイズ データポータビリティの低さ 価格 Web

    2.0, Library 2.0, 次世代OPAC • 2007年にプロジェクト開始 プロジェクト代表:原田隆史(同志社大) • 当初の目標:UMLによるオープンな仕様書 ソフトウェア無しに仕様書のみ書く苦しさから挫折… • プロトタイプソフトウェアとしての開発 5
  6. Project Next-Lの現状 (1) • リリース履歴 バージョン1.0.0 (2011-11-11) バージョン1.1.0 (2015-11-11) バージョン1.2.0

    (2016-11-11) バージョン1.3.0 (2018-10-30) バージョン1.3.4 (2020-07-24) [最新版] • 毎月の定期ミーティングを通じた開発 Enjuワークショップ 6
  7. Project Next-Lの現状 (2) • Githubでの課題管理 2020年10月現在 349 Open issues •

    開発体制:メイン開発者2名+PM 1名 2020 2019 2018 2018 2017 2016 2015 2014 2013 バグ報告・機能要望等の 件数の時系列変化
  8. Project Next-Lの現状 (3) 8

  9. Project Next-Lの現状 (4) • 実運用の導入件数から見れば「失敗」 使えるモノにするには:導入・カスタマイズ・運 用する図書館+サポート企業が必要 サポートいただける企業はぜひ! • 一方で、次世代OPAC的なソフトウェアモジュー

    ルとして、あるいは、書誌情報管理モジュール としてはそれなりに使い勝手がある 書誌情報構造をそのまま扱ったり、複本等の特殊 な扱いが必要な資料を扱ったりする必要がある場合 ※宮城県図書館:地域資料寄贈のためのシステム プロトタイプ的な存在意義 新しい機能要件の提案やプロトタイプによる実証実験等 9