$30 off During Our Annual Pro Sale. View details »

ふりかえりとチームクレドが僕らにもたらしてくれたもの

 ふりかえりとチームクレドが僕らにもたらしてくれたもの

採用ページはこちら:
https://corp.yourmystar.jp/recruit

masyus_work

March 22, 2021
Tweet

More Decks by masyus_work

Other Decks in Programming

Transcript

  1. ふりかえりとチームクレドが 僕らにもたらしてくれたもの ユアマイスター株式会社 @masyus-work

  2. 社員, 業務委託, インターン合わせて 17名いるエンジニアチームのリーダーをやってます。 プロダクトの開発計画の組み立てと遂行、 エンジニアチーム内のフォローやふりかえりの体制作り等。 Hobby: 銭湯巡り, 筋トレ 自己紹介

    @masyus_work 2
  3. 3 本日の献立 1. 「ふりかえり」をするようになった経緯 2. 「個人のふりかえり」から「チームとしてのふりかえり」へ 3. チームとしてふりかえるためには「クレド」が必要だった 4. 期待を超えた成果を出せるチームへ向けての取り組み

  4. 4 本日の献立 1.「ふりかえり」を するようになった経緯

  5. 5 1.「ふりかえり」をするようになった経緯 1. 月次の締め会での総合的なふりかえり 2. 隔週1on1による個人レベルのふりかえり からスタート。だが、「できなかったこと」に目 が向きがちになる課題あり

  6. 6 1.「ふりかえり」をするようになった経緯 カンバンの右横に「FUN/DONE/LEARN」という領域を作り、 そこに完了チケットをプロットしてカテゴライズして 学びや気付きをシェアし始める

  7. 7 1.「ふりかえり」をするようになった経緯 「retrospective」と銘打って、各自がGitHub上に 開発する中で学んだことや日々のアウトプット・受賞歴をまとめてみたり

  8. 8 僕らがやってきた「ふりかえり」は正しいのか? 外部から講師の方を招き勉強会を開催 引用:https://www.amazon.co.jp/dp/4798168793/ 1.「ふりかえり」をするようになった経緯 引用:https://note.com/aika_murakami/n/naf6a185d8bc1

  9. 9 本日の献立 2.「個人のふりかえり」から 「チームとしてのふりかえり」へ

  10. 10 1. プロダクトロードマップの策定および遂行 2. 社員エンジニア4人 → 6人 → 8人と増加 βリリース(MVP)

    ・A機能 ・B機能 ・C機能 正式リリース ・D機能 ・E機能 ・F機能 HOGEHOGE ・G機能 ・H機能 ・I機能 1月 7月 11月 参考:「プロダクトマネジメントのすべて」及川卓也 曽根原春樹 小城久美子 著 2.「個人のふりかえり」から「チームとしてのふりかえり」へ
  11. 11 引用:https://yourmystar-engineer.hatenablog.jp/entry/2017/03/28/101822 2.「個人のふりかえり」から「チームとしてのふりかえり」へ

  12. 12 エンジニアチームクレドを策定 「ユアマイスターエンジニアのValueを言語化し、 未来のエンジニアがjoinした時に伝承するため」 2.「個人のふりかえり」から「チームとしてのふりかえり」へ

  13. 13 本日の献立 3.チームとして ふりかえるためには 「クレド」が必要だった

  14. 14 3.チームとしてふりかえるためには「クレド」が必要だった チームでふりかえりを始めたら こんな課題が出てきた:

  15. 15 「チームでふりかえりを する意味ってなんだっけ?」 3.チームとしてふりかえるためには「クレド」が必要だった 「リリース数を最大化 できてるかの確認?」 「いや、今まで通り個人 のふりかえりを続ければ よいのでは?」 「そもそもチームって

    何?」 「僕らがチームを組んでる 意味ってなんだっけ?」
  16. 16 3.チームとしてふりかえるためには「クレド」が必要だった 引用:https://www.amazon.co.jp/dp/4798163635/ 成果 時間 形成期 混乱期 統一期 機能期 タックマンモデル

    参考:チーム・ジャーニー 市谷聡啓著
  17. 17 「僕らが一番成果を出せていた時、 自分たちは何ができていたか?」 3.チームとしてふりかえるためには「クレド」が必要だった

  18. 18 3.チームとしてふりかえるためには「クレド」が必要だった 「クレドを実践していた時だ!」

  19. 19 「僕らはクレドで定めた、 個々人のとるべき姿勢と振る舞いが できているか?」 を再確認すること 3.チームとしてふりかえるためには「クレド」が必要だった

  20. 20 本日の献立 4.期待を超えた成果を出せる チームへ向けての取り組み

  21. 21 4.期待を超えた成果を出せるチームへ向けての取り組み 1. 開発フローの改善 a. コードレビュー方針見直し b. 動作確認フローの最適化 2. 近い将来選定予定の技術学習

    3. ...etc.
  22. ユアマイスターでは、一緒に働く仲間を絶賛採用中! 22 <主な募集職種> • フロントエンドエンジニア • バックエンドエンジニア • アプリエンジニア(iOS/Android) •

    プロダクトマネージャー • アソシエイトプロダクトマネージャー • UI/UXデザイナー ...etc
  23. ユアマイスターでは、一緒に働く仲間を絶賛採用中! 23 ピンときた方は 採用ページ にて 詳細をご覧ください!