Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

楽しく働けるチームを作り出せ!-生産性も高いチームへと成長した4か月-

Miho Fujita
September 18, 2023

 楽しく働けるチームを作り出せ!-生産性も高いチームへと成長した4か月-

Miho Fujita

September 18, 2023
Tweet

More Decks by Miho Fujita

Other Decks in Business

Transcript

  1. 楽しく働けるチームを作り出せ!
    -生産性も高いチームへと成長した4か月-
    Scrum Fest Mikawa 2023
    CTC
    藤田 実歩
    @walk_fruitfully

    View full-size slide

  2. 藤田 実歩(@walk_fruitfully)
    • SE気づけば7年目
    • ローコード開発
    • ScrumFest
    • チームでの経験談(主に失敗談)

    View full-size slide

  3. • スクラムの価値原則をやってみた
    • 大切にしたこと
    • 当たり前で大切なこと(再)
    今日の内容

    View full-size slide

  4. • やりたいことは探し中 という方
    • 今日のセッションを聞いて、自分は何が好きなのか
    何がやりたいかを考えるきっかけになれば嬉しい
    • やりたいことに向かって走っている方
    • 自分のやりたい事/好きなことをぜひ教えてください
    セッションを聞いていただいて

    View full-size slide

  5. • Scrum Fest Mikawa 2022
    • 当たり前で大切なこと
    発表するにあたって

    View full-size slide

  6. • Scrum Fest Mikawa 2022
    • 当たり前で大切なこと
    発表するにあたって
    スクラムをやめた。
    それで良いんだ、とは思わない。
    悔しい。
    でも、目的を見失わない大切さを知った。
    けど、システムを届けることは出来た。

    View full-size slide

  7. • Scrum Fest Mikawa 2022
    • 当たり前で大切なこと
    発表するにあたって

    View full-size slide

  8. たった4か月。
    短くて濃い、
    チームビルドのお話し。

    View full-size slide

  9. ※チームビルドを主にしたお話しをします。
    スクラムPJではありません。

    View full-size slide

  10. • 開発未経験者1人
    • 開発難易度の高い機能が多数ある
    • 想定外タスクが降ってきてモチベーション低下
    • PLのおかげで最終的に回避したものの、
    開発難易度の高さ+タスクの多さ で辟易としてた状態…
    最初の状態

    View full-size slide

  11. • PL 1人、TL兼開発者 1人(自分)、開発者4人
    開発者 1か月目 :2人
    2か月目 :4人
    3か月目 :4人
    4か月目 :3人
    メンバー構成

    View full-size slide

  12. • 分報を活用して、困ってそうだったら声掛け
    • 分報とは:社内版X (旧Twitter)のこと
    分報
    まるで社内SNS!「分報」でメンバーの状況をハイブリッドワークでも感
    じられるようにしよう
    https://hybridwork.cybozu.co.jp/articles/times-lp/
    なんか困ってそう ここの実装
    悩んでて… うんうん、
    難しいね…
    TechLeadに聞いてみる?

    View full-size slide

  13. • 分報を活用して、困ってそうだったら声掛け
    • 分報とは:社内版X (Twitter)のこと
    分報
    なんか困ってそう
    まるで社内SNS!「分報」でメンバーの状況をハイブリッドワークでも感
    じられるようにしよう
    https://hybridwork.cybozu.co.jp/articles/times-lp/
    ここの実装
    悩んでて… うんうん、
    難しいね…
    TechLeadに聞いてみる?

    View full-size slide

  14. • 積極的にTechLeadへ開発の相談にいく
    • 聞いてきた内容を展開する
    生徒と先生のループ
    どんな実装が最適か
    わからない…
    相談しよう! ふむふむ…
    こうした方が
    いいみたい

    View full-size slide

  15. • 積極的にTechLeadへ開発の相談にいく
    • 聞いてきた内容を展開する
    生徒と先生のループ
    どんな実装が最適か
    わからない…
    相談しよう! ふむふむ…
    こうした方が
    いいみたい

    View full-size slide

  16. • メンバーと1回/週 30分ずつ1on1
    • 雑談から困りごと、このPJを通してどうなりたいか など
    1on1
    お菓子会
    • コンビニで買ったチョコをみんなでもぐもぐ
    • いつの間にかみんな日替わりでお菓子を買ってきてもぐもぐ

    View full-size slide

  17. • メンバーと1回/週 30分ずつ1on1
    • 雑談から困りごと、このPJを通してどうなりたいか など
    1on1
    お菓子会
    • コンビニで買ったチョコをみんなでもぐもぐ
    • いつの間にかみんな日替わりでお菓子を買ってきてもぐもぐ

    View full-size slide

  18. • とある機能の実装方針をわいがや
    • こうした方が良い、とぶつかりあえる関係になっていた
    わいがや会
    ふりかえり
    • Timeline + KPT を2週間に1回実施

    View full-size slide

  19. • とある機能の実装方針をわいがや
    • こうした方が良い、とぶつかりあえる関係になっていた
    ふりかえり
    • Timeline + KPT を2週間に1回実施
    わいがや会

    View full-size slide

  20. • 開発初期と後でベロシティアップ
    最終的に
    -50
    0
    50
    100
    150
    200
    250
    300
    350
    400
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
    見積ポイント

    View full-size slide

  21. スクラムの価値基準を実践してみて
    結論:楽しい!!
    • チームの成長を見れた
    • チームで働く
    • 1+1=5や10になる世界を知った
    • 課題vs私たち
    • 楽しいに決まってる

    View full-size slide

  22. 楽しく働けるチームって?
    周りを楽しませることが目的ではない。
    自分が楽しく働いた
    結果、周りにも良い影響があったのかも
    バグだー!
    集まれー!
    この実装
    何が良いかな…ワイガヤ

    View full-size slide

  23. スクラムの価値基準を実践してみて
    結論:楽しい!!
    • チームの成長を見れた
    • チームで働く
    • 1+1=5や10になる世界を知った
    • 課題vs私たち
    • 楽しいに決まってる
    自分が楽しいと思うのは
    チームでいること/働くこと
    なのだと気づけた。

    View full-size slide

  24. • 課題より上手くいってることに目を向ける
    • 課題 < 今発見できたこと
    • 課題 < こうすれば良い!(解決策を考える)
    重きを置いたこと
    • 観察する
    • 人が違えば対応が違う
    • 積極的に話しかけた

    View full-size slide

  25. • システムを届ける:目的
    • チームで働く:やりたかったこと
    当たり前で大切なこと(再)
    • やってみて、楽しかった
    知識がある人は、それを好きな人には敵わない。
    それを好きな人は、楽しんでいる人には敵わない。

    View full-size slide

  26. • システムを届ける:目的
    • チームで働く:やりたかったこと
    当たり前で大切なこと(再)
    • やってみて、楽しかった
    • じゃあその次は?
    之れを知る者は之れを好む者に如(し)かず。 之れを好
    む者は之れを楽しむ者に如(し)かず。
    之れを知る者は之れを好む者に如かず。
    之れを好む者は之れを楽しむ者に如かず。
    「論語」孔子
    ある事柄に対して知識がある人は、それを好きな人には敵わない。
    ある事柄を好きな人は、それを楽しんでいる人には敵わない。

    View full-size slide

  27. • システムを届ける:目的
    • チームで働く:やりたかったこと
    当たり前で大切なこと(再)
    • やってみて、楽しかった
    • 好き から 楽しい になれた

    View full-size slide