Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【TechDo#12】品質保証の世界/QA World for TechDo number 12

mkwrd
February 08, 2019

【TechDo#12】品質保証の世界/QA World for TechDo number 12

[In Japanese] Short introduction of QA world for non-QA engineers

mkwrd

February 08, 2019
Tweet

More Decks by mkwrd

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 2 0 1 9 / 0 2 / 0 8
    F O R T E C H D O I N M E D I A D O C O . , L T D .
    品質保証の世界

    View full-size slide

  2. 本講演はソフトウェア開発業務における品質保証(以下QA)に関する一般
    知識・技術知識の紹介を目的としており、当社が提供するサービスの勧誘
    等を目的としたものではありません。
    また、本講演における発言内容はQAに関するスピーカーの個人的研究・見
    解を含むものであり、当社の公式見解ではございません。
    当社の手がける仮想通貨交換業および各種サービスに関するご質問につき
    ましては、スピーカーは一切受け付けておりません。当社のお問い合わせ
    窓口にお問い合わせいただけますようお願い申し上げます。

    View full-size slide

  3. はじめまして
    河原田政典
    QAエンジニア
    テストオートメーター
    SeleniumConf Tokyo運営メンバー
    本の虫の端くれ
    3

    View full-size slide

  4. はじめまして
    河原田政典
    QAエンジニア
    テストオートメーター
    SeleniumConf Tokyo運営メンバー
    本の虫の端くれ
    4

    View full-size slide

  5. はじめまして
    河原田政典
    QAエンジニア
    テストオートメーター
    SeleniumConf Tokyo運営メンバー
    本の虫の端くれ
    5

    View full-size slide

  6. 参加した国際カンファレンス
    • 2017/10 ドイツ・ベルリン
    • 2018/03 ウクライナ・キエフ
    • 2018/04 イギリス・ロンドン
    • 2018/12 ロシア・モスクワ

    View full-size slide

  7. つづき
    河原田政典
    QAエンジニア
    テストオートメーター
    SeleniumConf Tokyo運営メンバー
    本の虫の端くれ
    7

    View full-size slide

  8. 現代の読書家の友
    8

    View full-size slide

  9. 縦向きでも読める
    画像はイメージです
    出典:『ピープルウェア
    第3版』
    (トム・デマルコ、ティ
    モシー・リスター[著]
    日経BP社、2013)

    View full-size slide

  10. 横向きでも読める
    画像はイメージです
    出典:『ピープルウェア
    第3版』
    (トム・デマルコ、ティ
    モシー・リスター[著]
    日経BP社、2013)

    View full-size slide

  11. スリープボタンを押す

    View full-size slide

  12. 縦向きにする

    View full-size slide

  13. スリープを解除する

    View full-size slide

  14. *おおっと*
    画像はイメージです
    出典:『ピープルウェア
    第3版』
    (トム・デマルコ、ティ
    モシー・リスター[著]
    日経BP社、2013年)

    View full-size slide

  15. 品質とはなにか?
    QUALITY means… what?

    View full-size slide

  16. 品質の定義(一例)
    • Crosby (1979)
    • Deming (1950)
    • Weinberg (1994)
    • Martin(1994)
    • Juran(1998)
    • Glass(1998)
    • Pressman(2005)
    • 石川(1981)
    • 狩野(1984)
    • 飯塚(2009)
    • IEEE Std 610(1990)
    • ISO 9000(2005)
    • ISO/IEC 25000シリーズ(2011)
    etc.

    View full-size slide

  17. 「品質は誰かにとっての価値である」
    Gerald M. Weinberg
    • ソフトウェアを1日8時間使うユーザー
    ➢ 使い勝手の良さが高品質
    • 故障のたびに批判されるシステム管理者
    ➢ ゼロ故障が高品質
    • 厳しい予算の制約下にあるプロジェクト
    管理者
    ➢ 開発費用が少ないことが高品質

    View full-size slide

  18. 魅力的品質・一元的品質・当たり前品質
    狩野紀昭
    出典:
    https://www.juse.
    or.jp/departmenta
    l/point02/08.html

    View full-size slide

  19. 品質は
    ⚫人
    ⚫組織
    ⚫対象
    などによって異なる。

    View full-size slide

  20. 品質を定義する王道
    ©『ソフトウェア品質知識体系ガイド -SQuBOK Guide-
    (第2版)』SQuBOK策定部会、オーム社、2014年11月
    「品質の本質の理解のためには、
    • 顧客の要求把握
    • 要求の実現
    • 結果として得られる顧客満足
    という三つの要素から考えるとよい。」

    View full-size slide

  21. 品質の定義に基づいて
    (ときには定義そのものを行って)
    テスト(検証)技法を用いて
    ソフトウェア品質を保証する活動

    View full-size slide

  22. 現代のQAを取り巻く環境
    Environment for QA

    View full-size slide

  23. ソフトウェアおよび開発プロセスに関する
    2つの大きな変化

    View full-size slide

  24. プロダクトライフサイクルの変化
    時間
    品質

    View full-size slide

  25. プロダクトライフサイクルの変化
    従来の
    製品
    時間
    品質
    リリース
    ※一般的な
    傾向です

    View full-size slide

  26. プロダクトライフサイクルの変化
    現代の
    製品
    時間
    品質
    Ver. 1.0
    ※一般的な
    傾向です

    View full-size slide

  27. プロダクトライフサイクルの変化
    現代の
    製品
    時間
    品質
    Ver. 1.0 Ver 1.1
    ※一般的な
    傾向です

    View full-size slide

  28. プロダクトライフサイクルの変化
    現代の
    製品
    時間
    品質
    Ver. 1.0 Ver 1.1 Ver 2.0
    ※一般的な
    傾向です

    View full-size slide

  29. プロダクトライフサイクルの変化
    現代の
    製品
    時間
    品質
    Ver. 1.0 Ver 1.1 Ver 2.0 Ver 3.0
    ※一般的な
    傾向です

    View full-size slide

  30. プロダクトライフサイクルの変化
    時間
    品質
    リリース
    時間
    品質
    リリース
    リリース
    リリース
    リリース
    ※一般的な
    傾向です

    View full-size slide

  31. ツール・開発プロセスの変化
    • テスト自動化
    ➢ Selenium/Appiumなどのライブラリを使う
    ➢ プログラミングに抵抗があるQAエンジニアもいる

    View full-size slide

  32. ツール・開発プロセスの変化
    • テスト自動化
    ➢ Selenium/Appiumなどのライブラリを使う
    ➢ プログラミングに抵抗があるQAエンジニアもいる
    • CI/CD
    ➢ テスト自動化必須+改修部分が少なければNo Look Releaseも

    View full-size slide

  33. ツール・開発プロセスの変化
    • テスト自動化
    ➢ Selenium/Appiumなどのライブラリを使う
    ➢ プログラミングに抵抗があるQAエンジニアもいる
    • CI/CD
    ➢ テスト自動化必須+改修部分が少なければNo Look Releaseも
    • DevOps
    ➢ Dev=開発
    ➢ Ops=運用
    ➢ あれ?

    View full-size slide

  34. Agile開発っていうのもあるし。
    出典: https://codeable.io/agile-approach-
    outsourced-wordpress-developer/

    View full-size slide

  35. 誰もがテストする時代の品質
    Test of the people, for the people, by the people

    View full-size slide

  36. 誰もがテストする時代の品質
    • 製品の特性・プロセス・KPI等に合う品質を定義しよう
    ➢ 要件定義から品質を意識する
    ➢ 合理的にテストする
    ➢ リリースごとに判定を行う

    View full-size slide

  37. 誰もがテストする時代の品質
    • 製品の特性・プロセス・KPI等に合う品質を定義しよう
    ➢ 要件定義から品質を意識する
    ➢ 合理的にテストする
    ➢ リリースごとに判定を行う
    • 2回以上繰り返すことは自動化しよう
    ➢ ただし、自動化には制限がつきもの(PoC必須)
    ➢ 人間の頭脳が最高のテストツール

    View full-size slide

  38. 誰もがテストする時代の品質
    • 製品の特性・プロセス・KPI等に合う品質を定義しよう
    ➢ 要件定義から品質を意識する
    ➢ 合理的にテストする
    ➢ リリースごとに判定を行う
    • 2回以上繰り返すことは自動化しよう
    ➢ ただし、自動化には制限がつきもの(PoC必須)
    ➢ 人間の頭脳が最高のテストツール
    • 社外・国外・書籍に学ぼう
    ➢ QA向けカンファレンスの「開発者」の参加率は高い
    ➢ QAも開発・運用・マネジメントのナレッジを学びたい!

    View full-size slide

  39. 2019年の
    世界のテスト
    カンファレンス
    (一部)
    出典:https://testingconferences.org/

    View full-size slide

  40. ソフトウェアは世界を良くします。
    高品質なソフトウェアは世界を素晴らしい
    場所にします。

    View full-size slide