元インフラエンジニアのガチAlexaスキル開発/alexa-skill-gachi-20190312

 元インフラエンジニアのガチAlexaスキル開発/alexa-skill-gachi-20190312

下記の発表資料になります。
Mar 12th, 2019 -- 個人開発 Night #1 @ギフティ
https://giftee.connpass.com/event/119934/

8d0803aa4572615f7bce5f5288e6b716?s=128

mochan-tk

March 12, 2019
Tweet

Transcript

  1. 〜元インフラエンジニアのガチAlexaスキル開発(個人)〜 1 Mar 12th, 2019 -- 個人開発 Night #1 @ギフティ

  2. 2018年8月頃のことです Alexaスキルをガチで開発することに。。 (諸事情でスキルの内容には触れません) 2

  3. 個人開発事情 3 • 本業があるので片手間、空いた時間にやるしかない • 実は僕インフラのエンジニアどす/(^o^)\ ◦ (当時もDRサイト側のDBの復旧作業とかやってました。。) • メンバー1人(It's

    me!) 時間が、、リソースとかが圧倒的に足りない。。
  4. 開発に伴うタスクどうする? 4 • 設計をしなければならない -> ノンコーディングのツール活用 • コードを書かないといけない -> Webブラウザで使えるIDEを活用

    • デプロイまでの様々な作業が都度発生する -> AWSを活用してCI/CD • 品質を担保しなければならない -> 静的コードチェックとテストコード • ドキュメントを書かなければいけない -> ドキュメント自動生成とGoogleのサ ービス
  5. 設計どうやったの? 5 • ノンコーディングでAlexaスキルが作れるサービス使った ◦ 最初からコード書かない ◦ 固定の動作なら実装〜動作確認が早い ◦ VUI/VUXの確認を行う

    ◦ 作業を進めながら視覚的な設計図も残せる ◦ プロトタイプ作りに注力できる ノンコーディングのサービスで設計を高速に固め た
  6. どこでコードを書いたの? 6 • AWS Cloud9使った ◦ Webブラウザがあれば/場所/PC/時間に依存せず作業で きる ◦ デフォルトで必要なソフトウェアがインストールされて

    いる ◦ CLI叩ける ◦ 環境の作り直しが容易(やり直しが簡単) ◦ 安価 着手が早くスキマ時間も有効に使えた
  7. CI/CDは? 7 • AWS CodePipline使った ◦ コード修正後~デプロイまで自動化 ▪ build/静的Codeチェック/Test Code実行/デプロイ

    ◦ Git Pushをトリガーに発動 ◦ dev環境の実績が人間系のミスなく本番環境に適用でき る コードを修正するだけ(まるで自分がスケールし かのよう
  8. どうしても自動化できない部分が! 8

  9. CI/CDは? 9 • Alexa Developer Consoleで設定した対話モデルの定義

  10. CI/CDは? 10 • Alexa Developer Consoleで設定した対話モデルの定義 ◦ ダイアログモデルはコードで更新しないGUIでやる ▪ Developer

    Consoleが高機能なので ◦ ASK CLIで定義はダウンロード ◦ git のバージョン管理に入れるよう構成した いったん定義ファイルをバージョン管理するだけ とした
  11. 品質の担保はどうしたの? 11 • 静的コードチェック • テストコードを書いた

  12. 品質の担保はどうしたの? 12 • 静的コードチェック ◦ TSLint使った ▪ 書いたコードを定義したルールに従って静的に解析 して問題を検出してくれる •

    可読性の良いコードになる • バグっぽいコードが事前にわかる 静的コードチェックは入れといて損はないので入 れるべし
  13. 品質の担保はどうしたの? 13 • テストコードを書いた ◦ テスト書いてないとか言えないので。。 でもAlexaのテストコードってどう書くのん?

  14. 品質の担保はどうしたの? 14 • テストコードは下記を採用した ◦ Jest ◦ Virtual Alexa UnitTest系(JUnitなど)やE2E(Geb,Selenium)は経

    験があるものの音声アプリのテストって。。
  15. 品質の担保はどうしたの? 15 • Jest ◦ facebook製のJavascript ユニットテストのためのツール ◦ ユニットテストを作成するのに必要な機能はコレ1つで 揃う

  16. 品質の担保はどうしたの? 16 • Virtual Alexa ◦ プログラムでAlexaスキルの会話テストが行えるテスト フレームワーク ◦ DyanamoDBの処理部分もモック化できて非常に便利だ

    った
  17. ドキュメントはどうしたの? 17 • TypeDoc • Google ドキュメント

  18. ドキュメントはどうしたの? 18 • TypeDoc ◦ TypeScriptのソースを解析してドキュメントを自動で作 ってくれるツール 簡単に成果物を1つ増やすことに成功♪

  19. ドキュメントはどうしたの? 19 • Google ドキュメント ◦ ブラウザさえあればドキュメントが作成できる ドキュメントを作る上で充分な機能を有してい る!

  20. 見事にミッションをクリア! (もちろん時間の兼ね合いで妥協した部分もあります) 20

  21. ちなみにお気づきでしたか? 21

  22. 個人開発を支える技術 22 • 設計をしなければならない -> ノンコーディングのツール活用 • コードを書かないといけない -> Webブラウザで使えるIDEを活用

    • デプロイまでの様々な作業が都度発生する -> AWSを活用してCI/CD • 品質を担保しなければならない -> 静的コードチェックとテストコード • ドキュメントを書かなければいけない -> ドキュメント自動生成とGoogleのサ ービス 個人開発の大部分を支えているのはAWSのサービ ス達! AWS Cloud9 AWS CodePiplineなど
  23. 個人開発がとっても捗る そうAWSならね。。 23

  24. ご清聴ありがとうございました! 24