Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

必ずうまくいくオンボーディングのはなし

 必ずうまくいくオンボーディングのはなし

s-dev talks 〜サービス開発勉強会〜「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc

1ad4136dd7285d01b528c8b7a9af8f7b?s=128

motohirock

July 30, 2019
Tweet

Transcript

  1. 必ずうまくいく オンボーディングのはなし s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 1

  2. About Me Name ishii motohiro (id:motohirock, motohirock_81) Like 靴集め (NIKE

    党) エオルゼア 魔法同盟 s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 2
  3. About Me ② WebApplicationEngineer (at Valus Inc.) s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」

    2019/07/30@Cookpad Inc. 3
  4. # 注 何に対してのオンボーディング? サービス開発チームへの加入するEngineer へのオ ンボーディングでした。 が、全社員⑳名程度の規模なので" 会社へのオンボ ーディング" の要素が強いです。

    s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 4
  5. # 注② 必ずうまくいく? えっt、必ずうまくいきました ( 実績: 被験者1 名中1 名) s-dev

    talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 5
  6. 必ずうまくいく (※当社比) オンボーディングのはなし s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 6

  7. オンボーディングって? 本来は船や飛行機に新しく乗り込んできたクルーや乗客に対して、 必要なサポートを行い、慣れてもらうプロセスのことを指します。 人事用語としては、企業が新たに採用した人材を職場に配置し、組織の一員として定着させ、 戦力化させるまでの一連の受け入れプロセスを意味します。 そのほかにも、企業が提供するサービスなどの新たなユーザーとなった顧客に対し、 そのサービスで得られる体験の満足度を高め、 継続的な利用を促すための一連のプロセスもオン・ボーディングと呼ばれます。 ↓ 今日話させていただくのは前者です↓

    企業が新たに採用した人材を職場に配置し、 組織の一員として定着させ、戦力化させるまでの一連の受け入れプロセス s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 7
  8. # オンボーディングをアシストする仕組み メンター制度 しかるべき目標設定 あれこれ相談(なにすればいんだっけ、だれに聞けばいんだ っけ) 期待値合わせ、5 ストレングスファインダーで強みや個性の周 知 革命体験

    s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 8
  9. # 革命体験 s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 9

  10. # 革命体験のあらまし 新しいエンジニアメンバー選考を経て内定 が、当時9:00-18:00 で就労していたエンジニアチーム 改めて既存メンバーと認識合わせ あれ?今の就労ルールって誰が決めたんだっけ? いまのルールって誰にとっていいものだっけ? etc s-dev

    talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 10
  11. # 革命体験のあらまし あれやこれやと、紆余曲折ありながらも → 入社してもらったほうがメリットが大きく、 就業ルールを見直してでも入社してもらう為の 交渉と決断をしました。 s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」

    2019/07/30@Cookpad Inc. 11
  12. # 革命体験を思いつく s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 12

  13. # 革命体験を思いつく 僕たちは、 O/S を持った人間は必要に応じてS/H からの助言プロセスを経て意思 決定をする 必要だと思う仕組みは作れるし既存のルールは変えていける エンジニアだろうがCS だろうがSales

    だろうがサービス関係者として みんなと連携する 「全部通るし、新しい就業制度を作ってもらう過程でをオンボー ディングとしてやってもらおう」 s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 13
  14. # 革命体験を伝える s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 14

  15. # 革命体験を伝える 全員から就労時間のルールを変えてOK という最低限の合意をとりま した。 ルール運用までの間は出社できる時間に出社でOK です。 でも他のチームとの連携方法などは、" よしなに" お願いします

    困った時や迷ったときは当然サポートします! s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 15
  16. # 結果 s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 16

  17. # 結果 # 制度について 入社から3 ヶ月後から全社合意で試用はじまる 9:00 - 18:00 ->

    フレックス有+裁量労働 全社的に誰のためでもなかった" 働き方" を改善し ていく足がけとなった s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 17
  18. # 結果 # オンボーディング 良かった点 自分で制度やルールを変えて行けるということを身を持って知った 業務だけだとコミュニケーションとるのがもう少し先になりそうな 人とも初日から仕事ができた もちろん働きやすくなった s-dev

    talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 18
  19. # 結果 # オンボーディング 改善点、課題 こういう機会がなかなかない( 制度充足) ↓↓↓ 得たナレッジやエッセンスをサービス開発チームのオンボーディ ングに落とし込んでいく必要がある

    s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 19
  20. # (自分のためにも)まとめ s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 20

  21. # (自分のためにも)まとめ 新しく加入する人が自分ごとにできる課題と解決 ( ・∀ ・) イイ!! 成す為に多くの人と関わる必要があるもののほう が多分( ・∀

    ・) イイ!! 無茶振り(ではないようにしている)を成しても らうことは近道感ある 既存課題の解決って既存メンバーも嬉しい s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 21
  22. 聞いて頂きありがとうございました s-dev talks ~サービス開発勉強会~「チームビルディング」 2019/07/30@Cookpad Inc. 22