Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【エンタープライズアジャイル勉強会Ver】丸井グループが取り組むエンタープライズアジャイルと プロダクトマネージャーの役割

Muture
June 05, 2024
110

【エンタープライズアジャイル勉強会Ver】丸井グループが取り組むエンタープライズアジャイルと プロダクトマネージャーの役割

▼イベント概要
エンタープライズアジャイル勉強会
https://easg.smartcore.jp/C22/notice_details/MzY0NjU2AwA

▼登壇者
株式会社Muture
プロダクトマネージャー
兼原 佑汰
https://twitter.com/yukagil

---Mutureについて---
▼X
https://twitter.com/MutureCorp
▼📕 note
https://note.com/muture
▼🏠 muture.jp
https://muture.jp
▼🎧 Podcast
https://open.spotify.com/show/7kloXRiYzRzcQqGPktakbf?si=3e9989396abb4da5

Muture

June 05, 2024
Tweet

More Decks by Muture

Transcript

  1. © Muture Corp. All Rights Reserved. 2 ݉ݪ༎ଡɹɹ 1SPEVDU.BOBHFS גࣜձࣾσΟʔɾΤψɾΤʔ

    ɾUP$޲͚ΞϓϦ։ൃ 48&  ɾ֎෦ڠۀҊ݅ 48& 1. גࣜձࣾ4IPXDBTF(JH ɾҿ৯ళ޲͚ϞόΠϧΦʔμʔ4BB4 ɾ0.0ϓϥοτϑΥʔϜ 71PG1SPEVDU גࣜձࣾ.VUVSF ɾؙҪάϧʔϓʹ͓͚Δ%9ࢧԉશൠ ɾϓϩμΫτάϩʔεࢧԉ 4/4ΦϯϥΠϯ໊ࢗ
  2. © Muture Corp. All Rights Reserved. 3 ⾃⼰紹介 ・株式会社丸井グループに新卒⼊社後、 接客販売、バイヤー、コーポレートブランディング、

    ⼈事等を経験し、23年4⽉より現職 株式会社丸井グループ DX推進室 課⻑ 伊藤 真 ・これまでシステム部⾨での経験は無く DXを推進する⽴場なのですが…めっちゃ⽂系⼈材です
  3. © Muture Corp. All Rights Reserved. 5 731万⼈ 0 100

    200 300 400 500 600 700 800 業績の概要 0 100 200 300 400 500 600 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 フィンテック ⼩売関連サービス ⼩売 カード会員数 (万⼈) 営業利益 ▪営業利益とカード会員の推移 営業利益の構成 8:2 FinTech Retailing (億円) (予測) 487万⼈ 営業利益の⼤半はフィンテックセグメントによって占められる
  4. © Muture Corp. All Rights Reserved. 6 お客さまとの出会い 利⽤の促進 MARUI

    department stores メインカード化 LTV(⽣涯利益) 店頭即時カード発⾏ ・エポスカードアプリ 定期払い等の利⽤促進 分割払い等のご案内 投資関連や保険メニュー ・継続来店 収⼊等ではなく、利⽤・⽀払実績に応じて与信を実施 お客さまと共に創る信⽤(=信⽤の共創)により、低い貸倒率を実現 当社独⾃の与信モデル メインカード化 (⻑いお付き合い) 体験型テナント イベント 来店 マルイ店舗を通じて若年層を中⼼にカード会員を獲得、当社独⾃のノウハウでカードLTVを拡⼤し収益に ⼩売・フィンテック⼀体の独⾃のビジネスモデル
  5. © Muture Corp. All Rights Reserved. 8 オンラインを前提とした顧客接点でお役に⽴つ / アフターデジタルの世界で実現しなければならない

    お客さまへのお役の⽴ち⽅ これまで これから リアル中⼼ オンライン前提 顧客接点 考え⽅ 画像出典:https://markezine.jp/article/detail/32736
  6. © Muture Corp. All Rights Reserved. 9 デジタルの良さを活⽤し、⾼速で仮説検証を繰り返す(アジャイル)ことでめざす姿とのギャップを埋める 丸井グループがめざす姿とのギャップ 現状

    めざす姿 デジタル 限られた資源で 最⼤効率を発揮 レバレッジ スピード ⾼速に仮説検証を 繰り返せる ギャップ 不確実性が⾼い中で仮説検証を繰り返し、 結果に応じて⽅向転換を素早く⾏う アジャイル 画像出典:https://markezine.jp/article/detail/32736
  7. © Muture Corp. All Rights Reserved. 10 アジャイルに実⾏するためには現状の丸井グループ内の“当たり前”を変えていかなければならない デジタルの良さを活⽤しアジャイルに進める上でのギャップ デジタルの良さを

    フル活⽤できている状態 現状 めざす姿 デジタルの良さを 活かしきれていない状態 ギャップ レバレッジ スピード Muture ⼟屋CDXO アジャイル 各グループ会社 DX推進室
  8. © Muture Corp. All Rights Reserved. 11 Mutureの伴⾛により⾒えてきた課題の解決 / グループ内に波及すべき考え⽅を適切な部⾨に横展開

    ギャップを埋める上でのDX推進室の役割 Muture LSアプリ OMEMIE DX推進室 他プロダクト ⼈材関連 組織⾵⼟ … グループ全体 めざす姿に向けた取り組み DX推進室が間に⽴ち、 グループ内の課題解決を推進 ・経営企画・⼈事・システム部⾨の メンバーが兼務所属 ・グループ代表直轄組織
  9. © Muture Corp. All Rights Reserved. 12 アジャイルに慣れていないことによる様々な障壁 スピーディに実装する上で 開発部⾨との距離が…

    プロダクト開発体制 業務環境 ⼈材 共創先と同じツールが 使えない… アジャイルに進める上での 基本知識が無い… … … … アジャイル 開発チーム & Muture
  10. © Muture Corp. All Rights Reserved. 13 業務領域問わずビジネスパーソンとして活かせる学びが多く、プロダクト開発以外への転⽤可能性 アジャイルな仕事の進め⽅・働き⽅へのチャレンジ 透明性

    検査 適応 プロセスや作業は⾒える化する 進捗は頻繁かつ熱⼼に確認する 上⼿くいっていない時は できるだけ早く調整する スクラム三原則 ・⼤きな課題や抽象的なタスクには、 週次で進捗確認できる粒度に分解して取り組む ・変化や遅れに気づくために、計画を⼤事にする ・不確実性に向き合い次につなげるために、 フィードバックや振り返りを重要視する 「仕事」の進め⽅ プロダクト開発に限らず全ての仕事において持つべき考えなのでは ≒
  11. © Muture Corp. All Rights Reserved. ಛ௃δϣΠϯτϕϯνϟʔͷಛੑΛੜ͔ͨ͠ಠࣗͷࢧԉελΠϧ 18 ΫϥΠΞϯτϫʔΫͱ͸ҟͳΔࢧԉελΠϧ େاۀσδλϧ૒ํͷจԽΛ౿·͑ͨมֵਪਐ

    ゴール ⽀援内容 推進主体 શࣾԣஅͨ͠૊৫มֵ ൐૸ϑΝγϦςʔτ ΫϥΠΞϯτ σδλϧاۀͷจԽ ೔ຊͷେاۀจԽ ʷ ૒ํͷݴޠ΍จԽΛཧղ͠ͳ͕Β ৽͍͠૊৫ɾจԽ΁ͷҠߦΛਪਐ͢Δ ՝୊ղܾ ઓུࡦఆ࣮ߦ ίϯαϧ
  12. © Muture Corp. All Rights Reserved. %9ਪਐࣨ˱.VUVSFؒ͸ͭͷ#BDLMPHΛ༻͍ͯ࿈ܞΛߦ͍ͬͯΔ 24 %9ͷͼ͠Ζ ΢ΣΠςΟϯάϦετ

    ؙҪ(.VUVSF૒ํͷ؍఺͔Β ৽ͨʹϓϩδΣΫτԽͯ͠औΓ૊ΜͰ͍͘΂͖ ՝୊ྖҬΛҰཡԽͨ͠όοΫϩά ϓϩδΣΫτ΁ͷ൐૸ࢧԉΛ௨ͯ͡ ݦࡏԽ͓ͨ͠ࠔΓ͝ͱΛ؅ཧ͢ΔͨΊͷόοΫϩά ʮ੍౓ʯʮنఆʯʮπʔϧʯ౳ͷ࿩͕த৺ͱͳΔ ىථऀϓϩδΣΫτϝϯόʔ ਪਐऀ%9ਪਐࣨ ىථऀ%9ਪਐࣨ.VUVSF ਪਐऀ.VUVSF
  13. © Muture Corp. All Rights Reserved. ʮେखࣄۀऀ޲͚%9$SJUFSJBʯΛ༻͍ͨΞηεϝϯτ݁Ռͱͯ͠΋ண࣮ʹείΞ͸վળ 25 0% 25%

    50% 75% 100% 初級編 中級編 63.6% 75.0% 27.3% 59.4% 12.1% 28.1% Muture⽀援前 1年後 2年後 େखࣄۀձࣾ޲͚%9$SJUFSJB
  14. © Muture Corp. All Rights Reserved. ຊ೔ͷςʔϚ 27  

     %9ਪਐਓࡐͱͯ͠ͷϓϩμΫτϚωʔδϟʔͷ໾ׂ ΤϯλʔϓϥΠζΞδϟΠϧͷ͸͡Ίํͱɺ 
 େاۀಛ༗ͷ೉͠͞ʹର͢Δ޲͖߹͍ํ มֵͷػӡΛৢ੒͢ΔͷͨΊͷऔΓ૊Έͱࠓޙͷ՝୊
  15. © Muture Corp. All Rights Reserved. ຊ೔ͷςʔϚ 28  

     %9ਪਐਓࡐͱͯ͠ͷϓϩμΫτϚωʔδϟʔͷ໾ׂ ΤϯλʔϓϥΠζΞδϟΠϧͷ͸͡Ίํͱɺ 
 େاۀಛ༗ͷ೉͠͞ʹର͢Δ޲͖߹͍ํ มֵͷػӡΛৢ੒͢ΔͷͨΊͷऔΓ૊Έͱࠓޙͷ՝୊
  16. © Muture Corp. All Rights Reserved. େاۀʹ͓͍ͯ#5$͸෼அ͞Εͨ཭Εݽౡঢ়ଶʹ͋Δ 31 ࣄۀ؍఺ʹภͬͨ ҙࢥܾఆʹͳΓ͕ͪ

    ίετ΍εέδϡʔϧͷ࿩͕த৺Ͱ ٕज़త؍఺΍Ϛωδϝϯτ͸ෆ଍ؾຯ 69Ϧαʔν΍෼ੳΛ௨ͨ͡ ސ٬ղ૾౓Λ্͛Δ༨஍͸େ͖͍ ֎෦΁ͷґଘ౓͕ߴ͍ طଘࣾһͷଟ͘͸͜͜ ਓࡐɾ؍఺ͱ΋ʹෆ଍
  17. © Muture Corp. All Rights Reserved. 32 Technology UX Business

    🤔 69͸େࣄͩΑͶ ৘γεࢠձࣾ։ൃύʔτφʔ ࣄۀձࣾ 69͸େࣄͩΑͶ ։ൃҊ݅ͨ·ͬͯΔΑ େاۀʹ͓͍ͯ#5$͸෼அ͞Εͨ཭Εݽౡঢ়ଶʹ͋Δ
  18. © Muture Corp. All Rights Reserved. <5˱#>ϏδωεͱςΫϊϩδʔͷߔΛຒΊɺ૒ํతͳܗʹͳΔΑ͏ϑΝγϦςʔτ͍ͯ͘͠ 33 Technology Business

    ৘γεࢠձࣾ։ൃύʔτφʔ ࣄۀձࣾ 🗣 ϏδωεͱςΫϊϩδʔͷߔΛຒΊ ૒ํతͳٞ࿦΁ͷస׵ΛϑΝγϦςʔτ͢Δ UX
  19. © Muture Corp. All Rights Reserved. <$˱#5>69ͷྖҬʹ͍ͭͯ͸ɺࣗΒ͜ͷྖҬΛϦʔυ͍ͯ͘͜͠ͱ͕ඞཁ 34 Technology UX

    Business ৘γεࢠձࣾ։ൃύʔτφʔ ࣄۀձࣾ Ϣʔβʔ૾ͷݴޠԽΛϦʔυ 🔎 🗣 ϏδωεͱςΫϊϩδʔͷߔΛຒΊ ૒ํతͳٞ࿦΁ͷస׵ΛϑΝγϦςʔτ͢Δ
  20. © Muture Corp. All Rights Reserved. <$˱#5>Ϣʔβʔཧղ͚ͩʹཹΊͣɺϏδωεςΫϊϩδʔྖҬ΁ͷ઀ଓʹ·Ͱ੹೚Λ࣋ͭ 35 Technology UX

    Business ৘γεࢠձࣾ։ൃύʔτφʔ ࣄۀձࣾ 🗣 ࣄۀࢦඪͱ઀ଓ͠ اըͷਫ਼౓Λ ߴΊΔͨΊʹඞਢͰ͋ΔೝࣝΛৢ੒ 🗣ຊ౰ʹඞཁͳػೳ͸ͳʹ͔ʁ ͲͷΑ͏ʹ࢖͍ͬͯΔͷ͔ʁ ͳͲΛ໌Β͔ʹ͠είʔϓΛదਖ਼Խ͢Δ Ϣʔβʔ૾ͷݴޠԽΛϦʔυ 🔎 🗣 ϏδωεͱςΫϊϩδʔͷߔΛຒΊ ૒ํతͳٞ࿦΁ͷస׵ΛϑΝγϦςʔτ͢Δ
  21. © Muture Corp. All Rights Reserved. ຊ೔ͷςʔϚ 37  

     %9ਪਐਓࡐͱͯ͠ͷϓϩμΫτϚωʔδϟʔͷ໾ׂ ΤϯλʔϓϥΠζΞδϟΠϧͷ͸͡Ίํͱɺ 
 େاۀಛ༗ͷ೉͠͞ʹର͢Δ޲͖߹͍ํ มֵͷػӡΛৢ੒͢ΔͷͨΊͷऔΓ૊Έͱࠓޙͷ՝୊
  22. © Muture Corp. All Rights Reserved. リリース テスト 実装 設計

    େاۀʹਂࠜ͘͟͢ʮαϓϥΠνΣʔϯࢥߟʯ 40 ʮαϓϥΠνΣʔϯࢥߟʯʹ͓͍ͯ͸ɺϓϩηεຖͷ୲౰෦໳ʹΑͬͯ෼ۀ͢Δ͜ͱ͕౰ͨΓલͰ͋Γɺϓϩηε୯ҐͰ͜ΕΛޮ཰Խ͍ͯ͘͠ɻ ͦͷͨΊɺϦϦʔεޙʹ͓͚Δ໌֬ͳ੹೚ॴࡏ͸ϓϩηε୲౰ऀʹ͸ଘࡏͤͣɺ͋͘·ͰϓϩηεϦϦʔεͷ׬͕ྃͦ͜ΰʔϧͱͳΔɻ 企画 計画 設計 実装 テスト サプライチェーン思考 バリューチェーン思考 ✅ ✅ ✅ ✅ ✅ 企画 計画 アウトカム リリース 🎉 🎉 ✅ ✅
  23. © Muture Corp. All Rights Reserved. ଐ͢Δձࣾ૊৫ͷ؀ڥʹΑͬͯɺ1E.ʹٻΊΒΕΔۀ຿ൺ཰͸େ͖͘ҟͳΔ 41 1SPEVDU0QT &OUFSQSJTF"HJMF

    1SPEVDU.BOBHFNFOU ࣮ࡍʹ ߦ͏΂͖ ۀ຿ൺ཰ Ϧιʔεޮ཰ Λॏࢹ ϑϩʔޮ཰ Λॏࢹ
  24. © Muture Corp. All Rights Reserved. ଐ͢Δձࣾ૊৫ͷ؀ڥʹΑͬͯɺ1E.ʹٻΊΒΕΔۀ຿ൺ཰͸େ͖͘ҟͳΔ 42 1SPEVDU0QT &OUFSQSJTF"HJMF

    1SPEVDU.BOBHFNFOU 1SPEVDU$PBDI ࣮ࡍʹ ߦ͏΂͖ ۀ຿ൺ཰ Ϧιʔεޮ཰ Λॏࢹ ϑϩʔޮ཰ Λॏࢹ ͍ΘΏΔେاۀ͸͜͜Β΁Μ *5ܥʹͯ૝૾͞ΕΔ 1E.૾͸͜͜Β΁Μ େ͖ͳ(BQ͕ଘࡏ
  25. © Muture Corp. All Rights Reserved. େاۀͷτϥϯδγϣϯΛଅ྆͢໘ͰͷΞϓϩʔν 44 ϓϩμΫτνʔϜͷ੒௕ࢧԉ 1SPEVDU$PBDI

    696* ֎෦ύʔτφʔ શһ૯߹৬ͳνʔϜΛ৬ೳԣஅܕνʔϜʹ࠶ߏஙɻ Ұา໨ͱͯ͠͸Ձ஋୳ࡧػೳͷ಺෦ԽΛ໨ࢦ͍ͯ͘͠ɻ #VTJOFTT 5FDI 1SPEVDU0QT 1E. ૊৫ɾ੍౓ ࣄۀઓུɾܭը ܾࡋߏ଄ εςʔΫϗϧμʔ େاۀಛ༗ͷʮܭըॏࢹʯͳ૊৫ߏ଄΍੍౓ɾϓϩηε͔Βɺ ݱ৔ओಋͷʮ୳ࡧɾదԠʯ͕Մೳͳߏ଄΁ͱస׵Λ͍ͯ͘͠ɻ ϓϩμΫτ͕ҭͭߏ଄΁ͷస׵ ؙҪ( .VUVSF
  26. © Muture Corp. All Rights Reserved. 45 ૊৫ɾ੍౓ ࣄۀઓུɾܭը ܾࡋߏ଄

    εςʔΫϗϧμʔ େاۀಛ༗ͷʮܭըॏࢹʯͳ૊৫ߏ଄΍੍౓ɾϓϩηε͔Βɺ ݱ৔ओಋͷʮ୳ࡧɾదԠʯ͕Մೳͳߏ଄΁ͱస׵Λ͍ͯ͘͠ ϓϩμΫτ͕ҭͭߏ଄΁ͷస׵ 1SPEVDU0QT
  27. © Muture Corp. All Rights Reserved. ؅ཧ֊૚Ͱ෼அ͞ΕΔʮॎͷนʯ 47 େاۀͷ֊૚ߏ଄͸ɺҙࢥܾఆ૚ʹ৘ใΛޮ཰Α͘ू໿͠ɺҙࢥܾఆΛߦ͍ͬͯ͘͜ͱΛલఏͱͨ͠ߏ଄ɻ ͦͷͨΊɺͳʹΛ͢Δʹ΋্Ґऀʹର͢Δใࠂ΍ঝೝ͕ٻΊΒΕͯ͠·͏ͨΊɺݱ৔ओಋͰͷՁ஋୳ࡧΛߦ͏͜ͱ͸ݱ࣮తͰ͸ͳ͍ɻ

    ͔͜͜Βస׵Λ͍ͯ͘͠ʹ͋ͨͬͯ͸ʮݖݶʯ͚ͩͰ͸ͳ͘ʮ৘ใʯ΋߹Θͤͯಁ໌ԽΛ͍ͯ͘͜͠ͱ͕ॏཁͱͳΔɻ ʮߟ͑Δਓʯͱʮ࡞ۀ͢Δਓʯ ্Ґऀʹରͯ͠ޮ཰Α͘৘ใΛू໿͠఻ୡ͢ΔͨΊͷߏ଄ ϝϯόʔ͸্Ґऀ͕ٻΊΔ৘ใΛूΊ ใࠂ͢Δ͜ͱ͕໾ׂ νʔϜશମͰͷڞ૑ νʔϜ૊৫શମͰಉ͡৘ใ΍ސ٬૾Λ༗͢Δ͜ͱͰ ଟ༻ͳ؍఺ʹج͍ͮͨҙࢥܾఆΛՄೳͱ͢Δ 現場主導での 価値探索へ
  28. © Muture Corp. All Rights Reserved. ্ҐऀؒͰͷ࿈ܞ͕ෆे෼ʹͳ్ͬͨ୺ʹαΠϩԽͷ᠘ʹ͸·ͬͯ͠·͏ಀΕΒΕͳ͍Ҿྗ͕͋Δ ձࣾ෦໳ؒͰ෼அ͞ΕΔʮԣͷนʯ 48 ࣄۀձࣾ

    ࣄۀ اը Ϛʔέ ςΟϯά ɾɾɾ ΞϓϦ اը ৘ใγεςϜܥձࣾ 8FC ୲౰ ΞϓϦ ୲౰ ɾɾɾ جװ γεςϜ ϓϩμΫτ͸ ෦໳Λԣஅͯ͠ ࡞ΒΕΔ΋ͷ ιϑτ΢ΣΞϏδωεͷෳࡶ౓͕૿͍ͯ͠ΔதͰશମ؍Λ࣋ͭ͜ͱ͸ͦ΋ͦ΋೉͍͠ ʮॎͷนʯͷ໰୊΋૬·ͬͯɺݱ৔ϨϕϧͰଞ෦໳ͱ࿈ܞ͍ͯ͘͜͠ͱ͸ݱ࣮తͰ͸ͳ͍
  29. © Muture Corp. All Rights Reserved. ૊৫ͷมԽΛଅ͍ͯͨ͘͠Ίͷͭͷ؍఺ 49  

     มԽͷى఺ͱͳΔಛ۠Λ࡞Γɺطଘ૊৫ͱͷઁཧ໘ΛσβΠϯ͢Δ ܧଓతͳՁ஋୳ࡧͷͨΊͷ৽ͨͳϓϩηε੍౓Λઃܭ͢Δ ίϛϡχέʔγϣϯͱφϨοδΛಁ໌Խ͢Δ
  30. © Muture Corp. All Rights Reserved. ᶃมԽͷى఺ͱͳΔಛ۠Λ࡞Γɺطଘ૊৫ͱͷઁཧ໘ΛσβΠϯ͢Δ  50 શࣾΛҰؾʹม͑Δ͜ͱ͸ݱ࣮తͰ͸ͳ͘ɺ·ͣ͸໨తʹԊͬͨܗͰͷಛ۠Λ੾Γग़͠ɺ੒ޭࣄྫΛੜΈग़͍ͯ͘͠ඞཁ͕͋Δɻ

    ͜ͷͱ͖ಛ۠ͷ੾Γग़͠ํʹ͸͍͔ͭ͘ͷύλʔϯ͕͋Γɺࣾ಺؀ڥ΍࣮ߦମ੍ͳͲΛ౿·͑ͯద੾ʹબఆ͍ͯ͘͜͠ͱ͕ॏཁɻ 半島型 孤島型 ʷ 出島型 新規領域 既存領域 ʷ 0→1 1→10 10→100 ग़యσδλϧɾτϥϯεϑΥʔϝʔγϣϯਪਐਓࡐͷػೳͱ໾ׂͷ͋Γํʹؔ͢Δௐࠪ 組織設計 事業領域 事業フェーズ
  31. © Muture Corp. All Rights Reserved. ᶃมԽͷى఺ͱͳΔಛ۠Λ࡞Γɺطଘ૊৫ͱͷઁཧ໘ΛσβΠϯ͢Δ  51 ͍͘Βಛ۠Ͱ͋ͬͯ΋ɺେͳΓখͳΓطଘ૊৫ͱͷίϛϡχέʔγϣϯ͸࢒Γଓ͚Δɻ

    ͜ͷͱ͖ͷطଘ૊৫ͱͷؔ܎ੑΛద੾ʹઃܭ͓͔ͯ͠ͳ͍ͱɺ࣌ؒͱͱ΋ʹطଘͷ૊৫͕࣋ͭྗֶ͕ڧ͘ͳΓҾ͖໭͞Ε͍ͯͬͯ͠·͏ɻ ͦͷͨΊɺಛ۠ͷ੾Γग़࣌͠ʹ͸ࣥߦମ੍ؚΊͨطଘ૊৫ͱͷઁཧ໘΋ؚΊͯઃܭ͓ͯ͘͜͠ͱΛ๨Εͳ͍ɻ /FX$VMUVSF $VMUVSF"EBQUFS ,FZQFSTPO 4QPOTPS .BJO$VMUVSF ͜͜ͷઃܭΛ๨Εͳ͍
  32. © Muture Corp. All Rights Reserved. ウォーター フォール アジャイル ᶄܧଓతͳՁ஋୳ࡧͷͨΊͷ৽ͨͳϓϩηε੍౓Λઃܭ͢Δ

    52 ैདྷతͳ։ൃϓϩηεͰ͸ɺը໘ઃܭ΍࢓༷ͳͲͷʮ࡞Δ΋ͷʯΛఆΊͨ͏͑Ͱɺ͜Εʹର͢Δݟੵ΋Γͱڞʹܾࡋ͕ߦΘΕΔɻ ͜Ε͸։ൃ୯ҐͰߦ͏΋ͷͰ͋Γɺۃ୺ͳྫͱͯ͠ಈઢҰͭม͑Δ։ൃΛ͢Δ৔߹Ͱ΋͜ͷϓϩηεΛ౿Ήඞཁ͕͋Δɻ ͜ͷ؀ڥͰ͸࣮ݧස౓্͕͕Δ΄Ͳ಺෦ίετ͸ංେԽ͠ɺ͜ΕΛݮΒͨ͢Ίʹػೳ੝Γ੝ΓͷܾࡋΛऔΔෛͷαΠΫϧʹؕΔɻ Մมͷ৚݅ ݻఆͷ৚݅ ظؒ ༧ࢉ είʔϓ είʔϓ ظؒ ༧ࢉ ͪ͜ΒͷϧʔϧͷΈͰશͯͷܾࡋ͕ߦΘΕͯΔ ͪ͜Βଆͷϧʔϧʹ͍ͭͯ΋੔උ͢Δඞཁ͕͋Δ Ձ஋୳ࡧʹదͨ͠ʮϓϩηε੍౓ʯΛ৽ͨʹઃܭ͍ͯ͘͠ඞཁ͕͋Δ
  33. © Muture Corp. All Rights Reserved. 54 1SPEVDU$PBDI ϓϩμΫτνʔϜͷ੒௕ࢧԉ 696*

    ֎෦ύʔτφʔ શһ૯߹৬ͳνʔϜΛ৬ೳԣஅܕνʔϜʹ࠶ߏங Ұา໨ͱͯ͠͸Ձ஋୳ࡧػೳͷ಺෦ԽΛ໨ࢦ͍ͯ͘͠ #VTJOFTT 5FDI 1E. ؙҪ( .VUVSF
  34. © Muture Corp. All Rights Reserved. %JTDPWFSZܰࢹʹΑͬͯҾ͖ى͜͞ΕΔʮ΢ΥʔλʔlεΫϥϜzϑΥʔϧʯ 56 ग़యΞδϟΠϧΤϯλʔϓϥΠζ Ծઆ

    ແବͳ։ൃΛ͠ͳ͍ͱ͍͏ -FBOͷशಘ͔Β࢝ΊΔํ͕ ݁Ռͱͯ͠Ձ஋͕ग़ΔͷͰ͸ͳ͍͔ʁ ՝୊ ։ൃϓϩηε͚͕ͩΞδϟΠϧʹͳͬͯ΋ ্ྲྀͷ'V[[ZGSPOUFOE͕ղܾ͞Εͳ͍ݶΓ શମͱͯ͠ͷֶश଎౓͸Ұ޲ʹ্͕Βͳ͍
  35. © Muture Corp. All Rights Reserved. ҎԼͷॱংͰϓϩμΫτϚωδϝϯτͷΠϯετʔϧΛਐΊ͍ͯ͘ 57  

     ૊৫Λԣஅ͢ΔετϦʔϜΞϥΠϯυνʔϜΛ૊੒ Ϣʔβʔ΍ఏڙՁ஋΁ͷཧղΛਂΊΔʮՁ஋୳ࡧʯͷ࣮ફ 
 -FBO69-FBO4UBSUVQ ࡞ֶͬͯͿͱ͍͏ʮՁ஋ݕূʯͷ࣮ફ 
  "HJMF4PGUXBSF%FWFMPQNFOU
  36. © Muture Corp. All Rights Reserved. ᶃ૊৫Λԣஅ͢ΔετϦʔϜΞϥΠϯυνʔϜΛ૊੒ 58 اը͔Β։ൃ·ͰͷόϦϡʔετϦʔϜʹԊ͏ܗͰɺ෦໳ԣஅͷετϦʔϜΞϥΠϯυνʔϜΛ૊੒͢Δɻ ͜ͷͱ͖ձࣾ಺ʹઐ໳ਓࡐ͕ෆࡏͰ͋Δέʔε͕ଟ͘ɺ֎෦ύʔτφʔͷखΛआΓͳ͕Β#5$ͷόϥϯευνʔϜΛ࣮ݱ͍ͯ͘͠ɻ

    ैདྷతͳϕϯμʔબఆͱ͸ߟ͑ํ͕ҧ͏఺΋ଟ͍ͨΊɺύʔτφʔબͼؚΊͯνʔϜͰֶΜͰ͍͘͜ͱ͕ॏཁͱͳΔɻ 696* ֎෦ύʔτφʔ #VTJOFTT 5FDI 1E. ؙҪ( .VUVSF ग़య͋͑ͯඇ*5ܥͷେاۀͰσϡΞϧτϥοΫΞδϟΠϧΛ࠾༻ͨ͠ཧ༝ͱͦͷݱࡏ஍
  37. © Muture Corp. All Rights Reserved. ᶄϢʔβʔ΍ఏڙՁ஋΁ͷཧղΛਂΊΔʮՁ஋୳ࡧʯͷ࣮ફ -FBO69-FBO4UBSUVQ ΠϯλϏϡʔ΍ΞϯέʔτΛ͢Ͱʹ࣮ࢪ͍ͯ͠Δέʔε΋͋Δ͕ɺ࣮ଶͱͯ͠lखஈઌߦzͳl໨తෆࡏzͷϦαʔν΋ࢄݟ͞ΕΔɻ ಛʹʮ୳ࡧతϦαʔνʯ΍ʮϓϩτλΠϐϯάʯͷ׆༻͸े෼Ͱ͸ͳ͘ɺ·ͨʮఆྔ෼ੳʯ΋ಛఆ෦໳ͷ໾ׂͰ͋Γ׆༻Ͱ͖Δࣾһ͸ݶΒΕΔɻ

    ݁Ռͱͯ͠ɺҙࢥܾఆ૚ʹΑΔʮաڈͷܦݧʯʹج͍ͮͨҙࢥܾఆ͕த৺ͱͳ͓ͬͯΓɺ͔͜͜Β୤٫Λ͍ͯ͘͠ඞཁ͕͋Δɻ 仮説の探索 仮説の検証 定量調査 ʷ リサーチ⼿法 プロトタイプの 忠実度 -P'J )J'J ࢴࣳډ 'JHNB ΞϓϦ։ൃ ⽬的 ⼿段 定性調査
  38. © Muture Corp. All Rights Reserved. ᶅ࡞ֶͬͯͿͱ͍͏ʮՁ஋ݕূʯͷ࣮ફ "HJMF4PGUXBSF%FWFMPQNFOU 60 ࣮ࡍʹࢢ৔౤ೖͯ͠ԿΛֶͼ͍ͨͷ͔ʁֶͼʹ͋ͨͬͯͷϦϦʔεεϥΠε͸ద౰Ͱ͋Δ͔ʁΛ։ൃલʹ໌֬Խ͢ΔϓϩηεΛઃ͚Δɻ

    ʮ࡞Δ͜ͱ͕໨తʯͰ͸ͳ͘ʮֶͿͨΊʹ࡞Δʯͱ͍͏จԽΛࠜ෇͔͍ͤͯ͘͜ͱͰɺ·Δͬͱཁ݅ఆٛͯ͠Ұؾʹ࡞ͬͯग़͢Ͱ͸ͳ͘ɺ ʮ࣮૷ͤͣݕূ͸Ͱ͖ͳ͍͔ʁʯʮίετ͸ద౰͔ʁʯʮϦϦʔεεϥΠεʹແବ͸ͳ͍͔ʁʯͱ͍ͬͨҙࣝ෇͚Λ͓͜ͳ͍ͬͯ͘ɻ ग़య.71ΩϟϯόεW೔ຊޠ൛ ग़య؆୯ʂָ͍͠ʂ෼ͰΘ͔ΔϢʔβʔετʔϦʔϚοϐϯά
  39. © Muture Corp. All Rights Reserved. 1SPEVDU0QTʷ1SPEVDU$PBDIͷ྆໘ͰऔΓ૊Ή͜ͱͰ࣮ݱͰ͖Δ޷॥؀ 61 Product Coach

    Product Ops ݱ৔ʹର͢Δߴ͍ղ૾౓Λ΋ͬͯ ΦϖϨʔγϣϯΛվળ͢Δ ΦϖϨʔγϣϯΛ࠷దԽ͢Δ͜ͱͰ ϓϩμΫτνʔϜ͕ΑΓ׆༂Ͱ͖Δ؀ڥʹ
  40. © Muture Corp. All Rights Reserved. ຊ೔ͷςʔϚ 62  

     %9ਪਐਓࡐͱͯ͠ͷϓϩμΫτϚωʔδϟʔͷ໾ׂ ΤϯλʔϓϥΠζΞδϟΠϧͷ͸͡Ίํͱɺ 
 େاۀಛ༗ͷ೉͠͞ʹର͢Δ޲͖߹͍ํ มֵͷػӡΛৢ੒͢ΔͷͨΊͷऔΓ૊Έͱࠓޙͷ՝୊
  41. © Muture Corp. All Rights Reserved. 63 アジャイルな仕事の進め⽅・働き⽅へのチャレンジ デジタル 限られた資源で

    最⼤効率を発揮 レバレッジ スピード ⾼速に仮説検証を 繰り返せる 不確実性が⾼い中で仮説検証を繰り返し、 結果に応じて⽅向転換を素早く⾏う アジャイル 透明性 検査 適応 プロセスや作業は⾒える化する 進捗は頻繁かつ熱⼼に確認する 上⼿くいっていない時は できるだけ早く調整する 透明性によって検査が可能になり 検査によって適応が可能になる ・開発現場でチャレンジし始めたがプロダクト開発以外にも転⽤・拡⼤していきたい ・そもそもスクラム三原則とかって、ビジネスパーソンとして当たり前のようなこと(でもできてないのが実情) スクラム三原則
  42. © Muture Corp. All Rights Reserved. 65 現状と要因 ・スクラム三原則に基づいて丸井グループ各組織・各個⼈が⾏動できているかというと…まだ道半ばな状況 ・「要因」はネガティブな要素だけではない

    /「やり⽅」を学び「継続」することができれば広めやすいのではないか? ⼤きな課題や抽象的なタスクに対して 進捗確認できる粒度に 分解・⾒える化できていない 分解できていないことで 変化や遅れに気づけずそのまま進⾏ どこが要因だったのか不明瞭なため 改善⾏動につなげにくい 現状 上司とメンバーの関係性 要因 *あくまでも個⼈の⾒解です ⼤きな課題から咀嚼されるのを待ちがち 組織 / 個⼈共にクローズドな情報管理 やるべきことが定まった時のパワーはすごい ⼀致団結感が強い 適応 検査 透明性 同じことを継続することへの価値認識が弱い 振り返り⽅/振り返りやすい仕掛けを知らないだけ? コツコツよりも⼤胆が好き
  43. © Muture Corp. All Rights Reserved. 67 アジャイルな仕事の進め⽅・働き⽅に向けた施策 経営層からの意識変⾰ 取り⼊れやすい環境づくり

    Muture伴⾛組織の拡⼤ ・最初はムーブメント的に動き出すことが有効で経営層・管理職層へのアプローチは不可⽋ ・「アジャイルにやって何が良かったの?」を定性・定量共に表現していくことで仲間を増やしていきたい アジャイルワークショップの実施 「アジャイルって何?」状態から 価値創造する上で 有益な⼿法・考え⽅であると認識 決裁フローやセキュリティ規定等の⾒直し ⽀援ツール導⼊・諸規定変更 スクラム三原則に則しやすいツール導⼊ 事業影響度を考慮した拡⼤先検討 「⼩さく始めやすい場所」を選定 成果をわかりやすく発信
  44. © Muture Corp. All Rights Reserved. 68 プロダクト開発以外へのアジャイルな考え⽅の浸透ステップ 知 識

    ⾏ 動 気 づ き 技 術 習 得 分配 (教えられる) いまここ 丸井グループだけでは苦⼿な部分なので Muture等の外部⽀援 ここまでいけば アジャイルな考えが当たり前に?
  45. © Muture Corp. All Rights Reserved. 69 企業⽂化としての定着 経営層からの意識変⾰ 取り⼊れやすい環境づくり

    Muture伴⾛組織の拡⼤ アジャイルワークショップの実施 ⽀援ツール導⼊・諸規定変更 事業影響度を考慮した拡⼤先検討 ・DX推進室の取り組みは⼟壌づくり(=企業⽂化醸成) / Mutureは⼟壌づくりの⼿助けをしてくれる関係みたいな ・表舞台には出にくい取り組みだが、エンタープライズ規模の企業においては不可⽋な役回り …
  46. © Muture Corp. All Rights Reserved. 70 回り道かもしれないが中⻑期的には有益(なはず) 企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、 データやデジタル技術を活⽤して顧客や社会のニーズを基に、

    製品やサービス、ビジネスモデルを変⾰するとともに、 業務そのものや組織、プロセス、 企業⽂化・⾵⼟を変⾰し、競争上の優位性を確⽴すること DXの定義(DX銘柄評価委員会) 戦略を実⾏するのは「⼈(無形資産)」 ⼈が集まって企業⽂化・⾵⼟が構築される 戦略実⾏⼒に影響