Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

SmartHRにおけるスクラムマスターへの道

Sho Nagata
June 20, 2022
240

 SmartHRにおけるスクラムマスターへの道

2022.06.18 Sat. SCRUM FEST OSAKA 2022@ONLINE 広島トラック で発表したスライドです。

Sho Nagata

June 20, 2022
Tweet

Transcript

  1. • 概要 ◦ 座学1回+課題6回(1h/回、週1ペース) ◦ プロダクト開発に関わる人なら誰でも参加OK ▪ PdE, PM, QA,

    UXW, ドメインエキスパート, etc. ▪ これまで6期開催して、期ごとに10~50人弱が参加 • 目的 ◦ スクラムマスターを養成することで、各開発チームで開発プ ロセスの改善活動を回せるようにする スクラムマスター養成講座
  2. • 概要 ◦ 各開発チームから1人スクラムマスターを選出 ▪ 自薦・他薦問わず、職能問わず ◦ 2~4ヶ月スクラムマスターとしても活動する • 目的

    ◦ スクラムマスターとして振る舞える人を増やし、各チームの 改善、チーム間連携、開発組織全体の改善などの活動を 自律的に行なえるようにしていく 交代制スクラムマスター
  3. • やってみて ◦ スクラムマスターは孤独 ▪ それを解消するのに役立っている ◦ スクラムマスター同士で各々の取り組みや悩みを共有・相談 できる場は大事 ◦

    自律的にチーム改善する人が増え、特定の人に依存しなくな るチームが出てきた 交代制スクラムマスター
  4. • 概要 ◦ 30minの週次MTGを開催 ◦ 誰でも参加OK ◦ 各チームのアジャイルな取り組みやスクラム改善事例など を共有 •

    目的 ◦ 継続的にチーム改善していく文化を醸成する アジャイルやっていきの集い