$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

コードを見る!書く!見てもらう!で爆速ステップアップ!!

 コードを見る!書く!見てもらう!で爆速ステップアップ!!

Sho Nagata

July 06, 2019
Tweet

More Decks by Sho Nagata

Other Decks in Programming

Transcript

  1. コードを見る!書く!見てもらう! で爆速ステップアップ!! 2019.7.6 (Sat) Tama Ruby会議01 @s_naga03

  2. コードレビューしてますか?

  3. 自分一人で出せる成長速度には限界がある

  4. コードレビューは 自分が至っていないレベルへ “ジャンプ” できるチャンス

  5. • 自分が持っていない知識、技術、経験を踏まえての指摘やアドバイス • 自分と他者との思考の共有

  6. case1:ネストを作らない / 戻り値を明確に • 指摘 • 自分ならこんな風に書く → return nil

    unless review_id.present? • ネストができない • nilが返ることが明記できる
  7. case1:ネストを作らない / 戻り値を明確に レビュー前 レビュー後

  8. case1:ネストを作らない / 戻り値を明確に • 教訓 • ネストは悪。フラットこそが正義! • 早めの return

    で戻り値をわかりやすく!
  9. case2:TPOに合わせよう • 指摘 • whereの引数が異なるだけなら2行書くのは冗長じゃない? • return もやや可読性を下げている気がする

  10. case2:TPOに合わせよう レビュー前 レビュー後

  11. case2:TPOに合わせよう • 教訓 • 良い悪いはケースバイケース • 大事なのは “読みやすいか” “メンテしやすいか”

  12. case3:既存コードが最適解とは限らない • 指摘 • match マッチャ使おうぜ!

  13. case3:既存コードが最適解とは限らない レビュー後 レビュー前

  14. case3:既存コードが最適解とは限らない • 教訓 • 既存コードが最適解とは限らない • より良い書き方がないか常に追求せよ

  15. RSpecといえば… ※ࣸਅ͸ຊਓͷྃঝΛಘͯ࢖༻͍ͯ͠·͢

  16. より “たくさん” の “効果的な” レビューのために

  17. コードを見る! • 他の人はどんな書き方をしているのかな? • 会社 / システムのコーディング文化、作法 • 解答例の一つがそこにある

  18. コードを書く! • 思いついたらまず書いてみる • とりあえず動くものをアウトプット • ブラッシュアップ

  19. コードを見てもらう! • 恥を捨てる • 気になっている箇所はあらかじめコメントしておこう • 思考を言語化できるか

  20. まとめ • 自分一人で出せる成長速度には限界がある • 周りの力を借りて爆速でステップアップしよう • 今回はレビューイの視点だったが、レビュアーもステップアップのチャンス

  21. Who am I? • Sho Nagata • Backend Engineer@カカクコム •

    食べログのマイクロサービス化を推進中 • Ruby / Rails(歴は10ヶ月) ˏs_naga03 Sho Nagata nagata03
  22. Thank you!!