Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

シン・モブプログラミング 第三形態

 シン・モブプログラミング 第三形態

サイボウズでは2018年に、kintoneの開発部隊からモブが部分的に始まり、それが、チームの拡大とともにkintoneの開発チーム全体に広がった。そのモブは、高い心理的安全性をベースに、チームにおける認知活動が行われていた。チームメンバー同士の多様性による創発と、高いレビュー効果があいまって、モブ・プログラミングの効果を出していた。
とそこで、最近、モブに対する反発の行動が一部にでてきた。以前もあった一過性のものと思っていたが、今回は思いのほか深く、あるチームの運用にも影響を与えることがあった。HunterのChrisにも意見を聞き、我々はそれに今向き合い、新たな形を模索しながら、今でもモブの活動は行われている。

Atsushi Nagata

May 30, 2022
Tweet

More Decks by Atsushi Nagata

Other Decks in Technology

Transcript

  1. アジェンダ
    第一形態 起
    第二形態 承
    第三形態 転
    第四形態‥ 探

    View full-size slide

  2. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブの導入
    2017/9 モブ・プログラミングの改善、毎月リリース開始
    2018/1 2チーム体制
    2018/2 Devの全作業ペア・モブ化
    2018/4 Sprint 2のプロセスの改善
    2018/5 1週間スプリント、 Sprint 2にQAがモブで参加
    2018/7 Woody Zuill ; Agile Japan Keynote
    2018/8 1個流し開始、3チーム体制
    2018/10 モバイルチーム
    2018/11 4チーム体制
    2019/1 Chris Lucian RSGT2019 keynote
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  3. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  4. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブ・プログラミングの導入
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  5. 比較的早い時期からモブ・プロは入っていた
    そして、今でも使われている

    View full-size slide

  6. 2017年6月には、リアルでのモブ・プロを試していた
    ”他人のやり方が勉強になった“
    ”コードを書いてて見落としていた点を素早く指摘できた“
    ”楽しいだけでなく有用な手法であると実感できてよかった“
    ”今後ももうちょっとモブプロを探求してみたい“
    ”普段の業務でもペアっぽいことができたらいいのかなと思いました“

    View full-size slide

  7. 前提条件
    もうこのころからリモートでの多拠点での開発が行われていた
    つまり、モブ・プログラミングはこのころからリモートで行われていた

    View full-size slide

  8. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブ・プログラミングの導入
    2017/9 モブ・プログラミングの改善、毎月リリース開始
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  9. 2017/9 モブ・プログラミングの改善
    P: ペアプロやモブプロの良いやり方をあまり知らずに、やっているところがある。
    ペアやモブに向いているタスク、そうでないタスクがある気がする
    ペアやモブの良いところと課題の認識
    どういう時にペア(モブ)を組むべきか
    • 複雑な問題を解決したい時
    • 教育・スキル伝達が目的のとき
    • 一人でやるのは不安な時
    交代の時間はどうするか
    コードに集中しづらい時どうするか
    集中しづらい時は一人で作業したり確認の時間をとってOK
    ペア(モブ)を組むべきでない時
    • 集まっても問題が解決しない時
    • 教育or効率アップに繋がらない作業
    +集まってやるほどの複雑な作業じゃない場合
    レビューの必要性
    コードに集中しづらい

    View full-size slide

  10. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブ・プログラミングの導入
    2017/9 モブ・プログラミングの改善、毎月リリース開始
    2018/1 2チーム体制
    2018/2 Devの全作業ペア・モブ化
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  11. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブ・プログラミングの導入
    2017/9 モブ・プログラミングの改善、毎月リリース開始
    2018/1 2チーム体制
    2018/2 Devの全作業ペア・モブ化
    2018/4 Sprint 2のプロセスの改善
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  12. スプリント
    PBI
    Done
    Sprint
    Planning 2
    仕様書作成
    プロダクトバックログアイテム
    設計・実装・テスト
    Sprint
    Review
    Sprint
    Planning 1
    バックログ
    説明
    割り当て
    タスク実行
    モブ・アクティビティ
    Kintone 開発プロセス
    Sprint
    Planning 2
    受入テスト
    設計
    仕様書変更
    プロダクトバックログアイテム
    設計・実装・テスト

    View full-size slide

  13. バックログ
    QA
    設計 レ







    PM
    デザイン
    QAをプランニングに呼ぶ













    システムテスト
    設計・実装
    受入テスト
    実装実施
    設計・実装
    システムテスト
    実施
    スプリントプランニング2

    View full-size slide

  14. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブ・プログラミングの導入
    2017/9 モブ・プログラミングの改善、毎月リリース開始
    2018/1 2チーム体制
    2018/2 Devの全作業ペア・モブ化
    2018/4 Sprint 2のプロセスの改善
    2018/5 1週間スプリント、 Sprint 2にQAがモブで参加
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  15. タスク設計
    モブ
    テスト仕様
    タスク実行
    実装モブ








    QA
    設計















    PO
    UIデザイン
    リスクリスト 仕様書 受入テスト
    試験設計書
    ゴールの共有
    共有の
    形式化
    品質の
    埋込み
    ビルド・CI
    品質の
    確認
    リリース
    テスト実装
    テスト
    仕様書
    テスト実行
    品質の
    確認
    スプリントプランニング2
    バックログ

    View full-size slide

  16. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブの導入
    2017/9 モブ・プログラミングの改善、毎月リリース開始
    2018/1 2チーム体制
    2018/2 Devの全作業ペア・モブ化
    2018/4 Sprint 2のプロセスの改善
    2018/5 1週間スプリント、 Sprint 2にQAがモブで参加
    2018/7 Woody Zuill ; Agile Japan Keynote
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  17. Agile Japan 2018/7
    モブプログラミングと
    “フロー”の力
    Woody Zuill 氏

    View full-size slide

  18. Team Flow:チームフロー

    View full-size slide

  19. リーン・フロー
    ”モブプログラミングでは
    何を最適化するかというと、
    個人のアウトプットではなく、
    仕事のフローを最適化していきます”

    View full-size slide

  20. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブの導入
    2017/9 モブ・プログラミングの改善、毎月リリース開始
    2018/1 2チーム体制
    2018/2 全作業ペア・モブ化
    2018/4 Sprint 2のプロセスの改善
    2018/5 1週間スプリント、 Sprint 2にQAがモブで参加
    2018/7 Woody Zuill ; Agile Japan Keynote
    2018/8 1個流し開始、3チーム体制
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  21. 1個流し
    結果として、
    チームで1個のバックログを
    モブ・プログラミングで行うパターンとなる

    View full-size slide





  22. ● ●


    ● ●





    ● ■




    ● ●

    ● ●



    ● ■

    ● ●





    ● ●










    ● ●







    ● ●

    ● ■



    ● ●








    ● ■
    ● ●

    ● ●




    ● ●
    ● ● ●

    ● ●


















    ● ●









    ● ●

    ● ●
    ● ●





    ● ●


    ● ●




    ● ●

    ■ ●
    ● ●

    ● ■




    ● ●
    ● ■
    ● ■ ●
    ● ●
    ● ●

    ● ● ■

    ● ●
    ● ■

    ● ● ●
    ● ■

    ● ●
    ■ ●
    ● ●
    ● ●
    ● ● ● ●
    ● ● ●
    ● ●

    スプリント





    フローグラフ

    View full-size slide

  23. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブの導入
    2017/9 モブ・プログラミングの改善、毎月リリース開始
    2018/1 2チーム体制
    2018/2 全作業ペア・モブ化
    2018/4 Sprint 2のプロセスの改善
    2018/5 1週間スプリント、 Sprint 2にQAがモブで参加
    2018/7 Woody Zuill ; Agile Japan Keynote
    2018/8 1個流し開始、3チーム体制
    2018/10 モバイルチーム
    2018/11 4チーム体制
    2018/12 品質保証部がなくなる
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  24. モブ・プログラミングの拡散
    他のプロダクトの開発に広がる
    ◆ Galoon
    ◆ Clara
    ◆ Yakumo

    View full-size slide

  25. モブ・プログラミングから、モブ・アクティビティへ
    プログラミングだけじゃない
    プランニング
    ドキュメント作成・修正・保守
    テスト計画、設計、実装、実行
    バックログ開発、リファインメント
    開発以外の部署にも広がる

    View full-size slide

  26. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブの導入
    2017/9 モブ・プログラミングの改善、毎月リリース開始
    2018/4 Sprint 2のプロセスの改善
    2018/5 1週間スプリント、 Sprint 2にQAがモブで参加
    2018/7 Woody Zuill ; Agile Japan Keynote
    2018/11 4チーム体制
    2019/1 Chris Lucian RSGT2019 keynote
    2019/5 モブ・メトリクスの測定
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  27. 0
    5
    10
    15
    20
    25
    30
    35
    40
    45
    50
    つぶやき あいづち 質問 説明 コメント 依頼 回答 提案 気づき 学び 言い換え 合意 改善変更 確認 感謝
    モブメトリクス やり取りの分布
    Driver Nav1 Nav2 Nav3
    モブ・プログラミング分析
    専用キーボート

    View full-size slide

  28. モブ・メトリクス:自系列分析

    View full-size slide

  29. モブ・チーム認知モデル
    次のステップ
    対象
    次のステップ
    ドライバ
    つぶ
    やき
    自信
    質問 相槌
    改善
    学び
    提案
    議論
    返答
    ナビゲータ ナビゲータ
    説明
    促進ループ
    改善ループ

    View full-size slide

  30. 2016/11 スクラム導入 1チーム体制
    2017/7 モブの導入
    2017/9 モブ・プログラミングの改善、毎月リリース開始
    2018/4 Sprint 2のプロセスの改善
    2018/5 1週間スプリント、 Sprint 2にQAがモブで参加
    2018/7 Woody Zuill ; Agile Japan Keynote
    2018/11 4チーム体制
    2019/1 Chris Lucian RSGT2019 keynote
    2019/5 モブ・メトリクスの測定
    2019/8 Agile 2019, Mob Mentality Showに出演
    2019/9 Hunter Industry社訪問
    サイボウズ Kintoneのモブ・プログラミング

    View full-size slide

  31. Mob Mentality Show @mob__mentality
    Mob Programming in Japan!
    @martin_lover_se @kawaguti @kohzas @nagworld
    on the Mob Mentality Show https://youtu.be/Pu_zpVQrv70 #モブプロ
    @ChristophLucian

    View full-size slide

  32. Hunter Industry 訪問
    2019年9月30日

    View full-size slide

  33. Hunterでのモブメトリクス

    View full-size slide

  34. タイピング
    ドライバ

    タイピスト
    お頼み
    ファシリテーション
    タイピング
    ナビゲータ
    Restricted ナビゲータ
    お頼み
    お頼み
    ファシリテーション
    Hunter(モブ本)のモブ・認知モデル
    サイボウズのモブは“変異”していますが、問題はありません
    私は、サイボウズのモデルが好きです

    View full-size slide

  35. Code with the Wisdom of the Crowd:
    Get Better Together with Mob Programming
    2018/7/24
    モブプログラミング・ベストプラクティス
    ソフトウェアの品質と生産性をチームで高める
    2019/2/23

    View full-size slide

  36. モブ・チーム認知モデル
    次のステップ
    対象
    次のステップ
    ドライバ
    つぶ
    やき
    自信
    質問 相槌
    改善
    学び
    提案
    議論
    返答
    ナビゲータ ナビゲータ
    説明
    促進ループ
    改善ループ

    View full-size slide

  37. モブ・プログラミングは
    なぜ、このように導入され
    使い続けられているのか
    やっていて楽しい
    しかも、結構いい結果が得られる

    View full-size slide

  38. なぜモブは楽しいのか

    View full-size slide

  39. Agile Japan 2018/7
    モブプログラミングと
    “フロー”の力
    Woody Zuill 氏

    View full-size slide

  40. 3つのフロー
    個人のフロー チーム・フロー
    リーン・フロー

    View full-size slide

  41. Flow:フロー
    https://www.ted.com/talks/mihaly_csikszentmihalyi_flow_the_secret_to_happiness?language=ja
    個人のフロー

    View full-size slide

  42. 自分の最高の状態のときにどのように感じていたか
    “流れている(floating)ような感じだった”
    “私は、流れ(flow)に運ばれたのです”
    時も忘れて、夢中になる状態、その達成感
    ウェルビーイング、楽しい、面白い

    View full-size slide

  43. チャレンジ
    スキル
    退屈
    無関心
    心配
    不安
    覚醒
    フロー
    コントロール
    リラックス
    高い
    低い
    低い 高い
    体験の質は、チャレンジとスキルの関係によって決まる
    最適な体験、
    つまりフローは、
    両方の変数が高いときに
    起こる
    Sources: Adaptive from Massimini & Carili 1988, Cshikzentmihalyi 1990.
    Finding flow, Chsikszentmihalyi, 1997

    View full-size slide

  44. Team Flow:チームフロー

    View full-size slide

  45. チームでの最高の状態、フローもあるのでは
    チームで、集中し、時も忘れて、夢中になる状態、その達成感
    Team Flow:チームフロー
    一人では解決できない複雑なことをやり遂げる
    楽しさ、やりがい、ウェルビーイング

    View full-size slide

  46. 7つの必要条件と4つの性質
    Team Flow:チームフロー

    View full-size slide

  47. Team Flowの7つの必要条件
    • Collective Ambition: チームの志、強い思い
    • Common Goal: チームの皆が認める共通のゴール
    • Aligned Personal Goals: 共通のゴールにも貢献する個人のゴール
    • High Skill Integration: 個々の長所を総合的な力にアレンジする
    • Open Communication: オープンなコミュニケーション
    • Safety: 心理的安全性
    • Mutual commitment: 相互に行動とその効果を認識している
    組織文化やメンタリティに強く関係している

    View full-size slide

  48. Safety
    • 心理的安全性
    • 失敗を学習と成長の機会として受け入れる
    • 失敗を心配することなく受け入れられサポートされる
    • 互いに信頼しあう
    信頼 : 弱い立場になることをいとわないこと
    • 偏見のないフィードバック
    オープンなコミュニケーション、情報共有
    対立を解消するための行動

    View full-size slide

  49. Team Flowの7つの必要条件
    • Collective Ambition: チームの志、強い思い
    • Common Goal: チームの皆が認める共通のゴール
    • Aligned Personal Goals: 共通のゴールにも貢献する個人のゴール
    • High Skill Integration: 個々の長所を総合的な力にアレンジする
    • Open Communication: オープンなコミュニケーション
    • Safety: 心理的安全性
    • Mutual commitment: 相互に行動とその効果を認識している
    PO
    組織文化
    メンタリティ

    View full-size slide

  50. モブ・プログラミングは
    なぜ、このように導入され
    使い続けられているのか
    この、チームフローの必要条件が満たされている
    この、チームフローが体験できているから

    View full-size slide

  51. Team Flowの4つの特長 = モブ・プログラミングで体感していること
    • Sense of Unity: 一体感
    • Sense of joint progress: 一緒に進んでいるという感覚
    • Mutual trust: 相互の信頼関係
    • High Skill Integration: 全体的な集中状態を共有する
    ”チームフローは、個人が、自分のタスクや裁量で行う自律性と能力の体験を通じて
    自己決定を行い、チームでの交流を通じて個人的なつながりを持つという形で幸福
    を体験することができる”
    Team Flow: The psychology of optimal collaboration, 2019, Jeff J.J. vam dem Hout, Orin C. Davis

    View full-size slide

  52. いや、モブ・プログラミングはすごい!!
    最強の開発形態だ!!!
    いいよ、モブ・プログラミングは!!

    View full-size slide

  53. モブ・プログラミングへの感想 : ある振り返りにて
    • モブプロはチームに入ってすぐの右も左もわからない時はすごく助かる
    • ある程度時間が経つと成長が感じられなくなる
    • できる人やわかる人に頼ってしまう
    • 自分ひとりではいつまでもできないと感じる
    • わからないところは深く理解できないままになる
    • スキルや経験の豊富な人との差がどんどん広がるように感じる
    • その人たちが難しいことを解決してしまう
    • 自分が貢献したという感覚が得られない
    • 休み明けの時のキャッチアップで質問しづらい
    • ソロだと、どうにかしないといけない分、できることが増えている・成長している・貢献
    していると実感できる
    この人のモブ・プログラミングを観察し分析することはあったが、このように感じて
    いるようには思えなかった。

    View full-size slide

  54. 共感する人は結構いた
    • ソロだと「この機能は自分が作った」という感覚が強くなるが、モブだとそういう感覚が薄くなる
    • 達成感が弱い
    • 経験に差があると、経験豊富な人が全部進めてくれちゃって自分が成長できていないと感じるのは
    すごく共感する
    • 成長できない
    • 設計や命名の議論にはモブは効果的だが、成長していく上ではソロでやるほうが良さそう

    View full-size slide

  55. ソロ・コーディングと
    モブ・プログラミング
    Solo Coding vs Mob Programming
    Chris Lucian, Hunter Industry
    https://www.chrislucian.com/2018/09/mob-programming-and-personal.html

    View full-size slide

  56. Chrisも、モブプログラミングを始めたとき、
    同じようなことを感じてた
    コードの問題を一人で逆境を超えて解決したときの勝利感がない
    「簡単」に問題が解けると感じ、それにより退屈を覚える
    一人でプログラミングしていたときの楽しさは、
    一人だからこそ味わえたものなのか、
    もはや、モブではもう味わえないのか。

    View full-size slide

  57. チャレンジ
    スキル
    退屈
    無関心
    心配
    不安
    覚醒
    フロー
    コントロール
    リラックス
    高い
    低い
    低い 高い
    体験の質は、チャレンジとスキルの関係によって決まる
    最適な体験、
    つまりフローは、
    両方の変数が高いときに
    起こる
    Sources: Adaptive from Massimini & Carili 1988, Cshikzentmihalyi 1990.
    Finding flow, Chsikszentmihalyi, 1997

    View full-size slide

  58. 今、私たちのモブチームでも同じような問題に直面しています。
    チームに貢献できていない」「達成感がない」という理由で自信を失い、「ソロでや
    りたい」という話がありました。このことを振り返りの場で話題にしたところ、同じ
    問題を感じている人が他にもいることがわかりました。
    あるチームでは、バックログをモブ・プログラミングでやるのは割に合わないと判断
    し、ソロでやろうとしたメンバーもいました。
    みんなモブプログラミングの良さを理解し、感じてはいるのですが、同じように悩
    んでいます。
    Chrisへの質問

    View full-size slide

  59. アツシさん、コメントありがとうございます。また、簡単な作
    業があまりにも「簡単」に思える場合は、自動化することも有
    効です。ちょうどいいバランスを見つけられるといいですね。
    すべての人を幸せにすることはできませんが、レトロスペク
    ティブや、個人ではなくチームを改善することにフォーカスす
    ることで、環境を良くすることはできます。
    Chris Lucian

    View full-size slide

  60. わたしは、このような微妙な心理の内側に気づかず、品質面からしか見ていなかった orz
    Try
    いくつかのサブチームで試行錯誤して、良さそうな方法に少しずつ乗り換えていくと良さそう
    モブはフロー効率とか品質の観点からやっているけど、
    やりがいとかメンタルの部分も重視していきたい

    View full-size slide

  61. 多様性
    モブ・プログラミングは、多様性により、効果を上げている
    違う気づき・シナジー・化学変化
    多様性:人それぞれ、モブを行うに際して感じ方が違う
    モブという認知活動がポジティブにもネガティブにも人間の精神の営みに直接影響する
    幸福感、達成感を生む つらい感情、退屈、達成感がない

    View full-size slide

  62. とりあえずのトライ
    ソロとモブ
    いつ、どのような開発をするか、選択できる
    個人でフローを楽しむ
    チームでフローを楽しむ
    ハイブリッドでフローを楽しむ

    View full-size slide

  63. 最高のチームでは、メンバーはお互いに耳を傾け、感情やニーズに敏感である
    プロジェクト・アリストテレス
    What Google Learned From Its Quest to Build the Perfect Team
    The New Yoke Times Magazine, 2026

    View full-size slide

  64. 募集
    多様性 求む!
    サイボウズ ブースにも遊びに来てください!

    View full-size slide