Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Agile Testingのエッセンス #devlove / Agile Testing Essence 20201117

706ff501573a736401aa4de5adc88e05?s=47 nihonbuson
November 17, 2020

Agile Testingのエッセンス #devlove / Agile Testing Essence 20201117

以下のイベントの投影資料です。
https://devlove.doorkeeper.jp/events/112966

実際の発表で説明した「実例マッピング」の部分は、別スライドにしています。こちらもどうぞ。

事例から学ぶ実例マッピングのやり方
https://speakerdeck.com/nihonbuson/example-mapping

【発表資料中のURL】
「第○章 P△△より」という記述は全て、書籍『Agile Testing Condensed Japanese Edition』( https://leanpub.com/agiletesting-condensed-japanese-edition )の記載

その他の記載内容については下記の通り

P4 Agile Testing: A Practical Guide for Testers and Agile Teams
https://www.amazon.co.jp/dp/B001QL5N4K/

P4 実践アジャイルテスト
https://www.amazon.co.jp/dp/4798119970/

P5 Appendix A: What We´ve Learned Since Agile Testing
https://www.youtube.com/watch?v=FIJQPHNS5Jc

P6 More Agile Testing
https://www.amazon.co.jp/dp/B00O27V8DA

P7 Agile Testing Condensed
https://leanpub.com/agiletesting-condensed

P7 Agile Testing Condensed Japanese Edition
https://leanpub.com/agiletesting-condensed-japanese-edition

P10 『Agile Testing Condensed』感想ツイート by Mass Kaneko
https://twitter.com/masskaneko/status/1278704201929908225

P10 『Agile Testing Condensed』感想ツイート by ぱいん
https://twitter.com/pineapplecandy/status/1257283412353667072

P11 『Agile Testing Condensed』読書会の感想( メディアマックスジャパン株式会社様の企業ブログ)
https://www.mmj.ne.jp/mmjblog/agile-testing-condesed/

P12 マンガでわかるソフトウェアテスト入門 テスターちゃん Vol.1 (日本語) 単行本
https://www.amazon.co.jp/dp/4863543026

P12 TESTER CHAN English Edition vol.1
https://testerchan.booth.pm/items/1478233

P12 Lisa、Janetとの3ショット写真
https://twitter.com/nihonbuson/status/1191722675162537984

P17 継続的テストモデル
https://danashby.co.uk/2016/10/19/continuous-testing-in-devops/

P18 継続的テストモデル(改)
https://lisacrispin.com/2020/11/01/shifting-left-right-in-our-continuous-world/

P19 TESTING Manifesto
http://www.growingagile.co.za/2015/04/the-testing-manifesto/

P19 テストマニフェスト(日本語版)
https://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/TestingManifesto

P23 Example Mapping
https://cucumber.io/blog/bdd/example-mapping-introduction/

P23 実例マッピング(日本語版)
https://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/ExampleMapping

P25 事例から学ぶ実例マッピングのやり方
https://speakerdeck.com/nihonbuson/example-mapping

P27 Explore It!: Reduce Risk and Increase Confidence with Exploratory Testing
https://www.amazon.co.jp/dp/B00I8W50T8/

P27 探索的テストはじめの一歩 #wacate
https://www.slideshare.net/tosikawa/wacate-56868585/27

P39 テスト自動化のピラミッド by Martin Fowler
https://martinfowler.com/bliki/TestPyramid.html

P61 テスト活動の納得感を持ってテストケース数を激減させた話(スライド)
https://speakerdeck.com/nihonbuson/improving-convinced-testing-activities

P61 テスト活動の納得感を持ってテストケース数を激減させた話(講演動画)
https://youtu.be/981d3Sdm6o4?t=408

P61 効果を維持しつつテスト工数を削減した話 〜テスト設計改善の質問回答編〜
https://engineering.visional.inc/blog/166/d3qa202009/

P61 効果を維持しつつテスト工数を削減した話 〜テストマネジメント改善の質問回答編〜
https://engineering.visional.inc/blog/196/d3qa202009-testmanagement/

P61 効果を維持しつつテスト工数を削減した話 〜改善結果の質問回答編〜
https://engineering.visional.inc/blog/197/d3qa202009-testimprovementresult/

P62 TODOリストの整理を通じて実行すべきテストを考える
https://speakerdeck.com/nihonbuson/tddbc-2020-online-lt

P62 TDDBC
http://devtesting.jp/tddbc/

P63 開発者にテストの考え方を浸透させる話
https://confengine.com/regional-scrum-gathering-tokyo-2021/proposal/14747/scrum

P64 Agile Testing Days 2019 参加報告
https://speakerdeck.com/nihonbuson/report-on-agile-testing-days

P64 Agile Testing Night #3
https://wingarc1st-spqi.connpass.com/event/195442/

P65 WACATE
https://wacate.jp/

706ff501573a736401aa4de5adc88e05?s=128

nihonbuson

November 17, 2020
Tweet

Transcript

  1. 日本の開発者・経営者に 特に伝えるべき Agile Testingの エッセンス (2020年11月版) ブロッコリー (@nihonbuson)

  2. 自己紹介 • 風間裕也(ブロッコリー) • @nihonbuson • 所属 ◦ 株式会社ビズリーチ ◦

    QA基盤推進室 QA Evangelist • 社外活動 ◦ JaSST Review実行委員長 ◦ WACATE実行委員 ◦ 書籍『Agile Testing Condensed』 翻訳
  3. JanetとLisaによる Agile Testingの歴史

  4. 2008年…書籍『Agile Testing』を刊行 • 日本語翻訳版『実践アジャイルテスト』も翌年に刊行 https://www.amazon.co.jp/dp/B001QL5N4K/ https://www.amazon.co.jp/dp/4798119970/

  5. 2011年…Agile Testing Daysにて講演 https://www.youtube.com/watch?v=FIJQPHNS5Jc 日本語字幕が 付きました!

  6. 2014年…『More Agile Testing』を刊行 • 日本語翻訳版はまだ刊行されていない https://www.amazon.co.jp/dp/B00O27V8DA

  7. 2019年…『Agile Testing Condensed』を刊行 • 日本語翻訳版は2020年4月に電子版のみ刊行 https://leanpub.com/agiletesting-condensed https://leanpub.com/agiletesting-condensed-japanese-edition

  8. 各書籍のページ数 • Agile Testing …576ページ • More Agile Testing …544ページ

    • Agile Testing Condensed …113ページ 最新作『Agile Testing Condensed』が圧倒的に ページ数が少ない!
  9. なぜ最新作はページ数が少ない? • 今までの本は分厚すぎて経営者が読んでくれなかった • もっと手軽に読んでもらいたくてこの量になった Condensed=濃縮された Agile Testing Days 2019

           での一コマ (撮影者:ブロッコリー)
  10. 『Agile Testing Condensed』感想ツイート https://twitter.com/pineapplecandy/status/1257283412353667072 https://twitter.com/masskaneko/status/1278704201929908225

  11. 『Agile Testing Condensed』読書会の感想 メディアマックスジャパン株式会社様の企業ブログより https://www.mmj.ne.jp/mmjblog/agile-testing-condesed/

  12. なぜ私が翻訳したのか • Agile Testing Days 2019 で著者の2人に直接会う • 4コマ漫画の技術同人誌 『テスターちゃん』と

    物々交換 ◦ 日本語書籍版 ◦ 英語同人誌版 • 後日、知り合いが 翻訳の許可を貰っている ことを知り、翻訳作業開始 https://twitter.com/nihonbuson/status/1191722675162537984
  13. 今回の発表内容 • 『Agile Testing Condensed』に載っている アジャイルテストに関する考え方を紹介する • 実際に行なった事例や日本での考え方を紹介する

  14. 本発表の紹介内容 • アジャイルテストを考える【第1章】 • 例を用いる【第4章,第5章】 ◦ 実例マッピングの事例 • 探索的テスト【第6章】 •

    アジャイルテストでよく使われる図【第9章,第10章】 ◦ アジャイルテストの四象限 ◦ テスト自動化戦略の視覚化 • 今日のアジャイルテスト【第11章,第12章】 ◦ テスターの新たな役割 ◦ 成功の材料
  15. 改めて アジャイルテストを 考える

  16. アジャイルテストの定義 • 始まりからデリバリーまで、そしてそれ以降も 継続的に実施される協調的なテストの実践により、 お客様への価値の頻繁な提供をサポートします。 • テスト活動は、高速なフィードバックループを用いて 理解を検証しながら、 プロダクトの品質を築くことに重点を置いています。 •

    プラクティスは、品質に対するチーム全体の責任とい う考え方を強化し、サポートします。 第1章 P5より
  17. 継続的テストモデル 第1章 P3より https://danashby.co.uk/2016/10/19/continuous-testing-in-devops/

  18. 継続的テストモデル(改) https://lisacrispin.com/2020/11/01/shifting-left-right-in-our-continuous-world/

  19. テストマニフェスト 第1章 P5より http://www.growingagile.co.za/2015/04/the-testing-manifesto/ 日本語版: https://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/TestingManifesto

  20. テストのアプローチ • 例を用いる • 探索的テスト • 品質特性のテスト • DevOpsでのテスト

  21. 例を用いる

  22. 例を用いる • 例を用いることで… ◦ 各ストーリーの共有理解を構築するのに役立つ ◦ 矛盾点に気付きやすくなる ◦ ストーリーの受け入れ拒否が減る ◦

    本番デプロイまでの時間短縮が期待できる • 例を用いるプラクティス ◦ 振る舞い駆動開発(BDD) ◦ 受け入れ駆動開発(ATDD) ◦ インパクトマッピング ◦ 実例マッピング 第4章 P16より
  23. 実例マッピング ルールの理解を明確にする • 赤い付箋(疑問点)だらけ ◦ 学ぶ内容がまだ沢山ある • 青い付箋(ルール)だらけ ◦ ストーリーが大きく複雑

    ◦ ストーリーを分割すべき • 1つのルールに多くの緑の付箋 ◦ ルールが複雑すぎる ◦ 複数の青い付箋(ルール)に分割すべき 第5章 P23より 日本語版: https://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/ExampleMapping https://cucumber.io/blog/bdd/example-mapping-introduction/
  24. 実例マッピングの事例

  25. 実例マッピングの事例 • 別スライド参照 ◦ 事例から学ぶ実例マッピングのやり方 ▪ https://speakerdeck.com/nihonbuson/example-mapping

  26. 探索的テスト

  27. 探索的テスト 探索的テストとは 「システムについて 学ぶためのテスト設計 と実行を同時に行い、 最後の実験から得た 洞察を次に伝える」 探索的テストはじめの一歩 #wacateより Explore

    It!より
  28. 探索的テスト 以下のテストは探索的テストではない • 計画や文書なしで行うテスト(アドホックテスト) • ランダムな入力やランダムなアクションを入力して 確認するテスト(モンキーテスト) 「ランダムにさまようこと」と 「思慮深く探索すること」は違う 第6章

    P26より
  29. 探索的テストで役立つテクニック • ペルソナやロールを想定する • 業務の流れで探索したりツアーを使用する • 顧客にとってのリスクと価値を考える ◦ 「起こりうる最悪の事態は何か?」 ◦

    「起こりうる最高のことは何か?」 • ペアやグループで探索する • チャーターを使う 第6章 P26-30より
  30. アジャイルテストで よく使われる図を 再考する

  31. アジャイルテストでよく使われる図 • アジャイルテストの四象限 • テスト自動化戦略の視覚化

  32. アジャイルテストの 四象限

  33. アジャイルテストの四象限 第9章 P44より

  34. アジャイルテストの四象限 第9章 P42より

  35. アジャイルテストの四象限 • この図のポイント ◦ 各象限に入っているものが重要ではない ◦ どの象限が何を示しているのか理解することが重要 ▪ Q1…開発を導く技術面のテスト ▪

    Q2…開発を導くビジネス面のテスト ▪ Q3…プロダクトを批評するビジネス面のテスト ▪ Q4…プロダクトを批評する技術面のテスト • 状況に合わせてモデルを当てはめる 第9章 P43より
  36. テスト自動化戦略の 視覚化

  37. テスト自動化戦略の視覚化 • 視覚化モデルの例 ◦ テスト自動化ピラミッド ◦ テスト自動化の氷山

  38. テスト自動化ピラミッド 第10章 P43より

  39. テスト自動化ピラミッド https://martinfowler.com/bliki/TestPyramid.html

  40. テスト自動化の氷山 第10章 P51より

  41. 今日のアジャイルテスト

  42. 今日のアジャイルテスト • テスターの新たな役割 • 成功の材料

  43. テスターの新たな役割

  44. テスターの新たな役割 • 世界中のテスターが新たな役割を提案している ◦ 世界ではQAエンジニアやテストエンジニアと言わず 「テスター」と呼ぶことが多い • 世界中のテスターの考えを共有する

  45. 世界中のテスターが考えていること • テスターはチームにとって品質の接着剤である • アジャイルテスターのプロフェッショナルな旅 ◦ ランダムなテストから、 モデル、テクニック、専門的なスキルや知識を 使った思慮深いテストの設計に移行する 第11章

    P54-56より
  46. 世界中のテスターが考えていること • テスターはチームにとって品質の接着剤である • アジャイルテスターのプロフェッショナルな旅 ◦ ランダムなテストから、 モデル、テクニック、専門的なスキルや知識を 使った思慮深いテストの設計に移行する 同値分割を活用

    第11章 P54-56より
  47. 世界中のテスターが考えていること • テスターとして進化する魅力的な道 ◦ 品質のゲートキーパーから、 下記のコアスキルを持つ人材へ進化する ▪ 新しい実験を学び、試す ▪ 優れた質問者になる

    ▪ モデリングスキルを持つ ▪ テスト容易性などを定義するための知識を持つ ▪ 共有と共同の姿勢を持つ 第11章 P57より
  48. 世界中のテスターが考えていること • テスターとして進化する魅力的な道 ◦ 品質のゲートキーパーから、 下記のコアスキルを持つ人材へ進化する ▪ 新しい実験を学び、試す ▪ 優れた質問者になる

    ▪ モデリングスキルを持つ ▪ テスト容易性などを定義するための知識を持つ ▪ 共有と共同の姿勢を持つ 質問しまくり 第11章 P57より
  49. 世界中のテスターが考えていること • できる限りのことをする • 会話から始める • 世界にはこれ以上のチェッカーは必要ない 第11章 P58-60より

  50. 世界中のテスターが考えていること • できる限りのことをする • 会話から始める • 世界にはこれ以上のチェッカーは必要ない どんなプロダクト? から考える 第11章

    P58-60より
  51. JanetとLisaが考えていること • テスターがチームのテストコンサルタントとして 行動する必要性が高まっている ◦ 協調スキル ◦ ファシリテーションスキル ◦ 教育スキル

    ◦ コーチングスキル ◦ コミュニケーションスキル 第11章 P61-62より
  52. JanetとLisaが考えていること • テスターがチームのテストコンサルタントとして 行動する必要性が高まっている ◦ 協調スキル ◦ ファシリテーションスキル ◦ 教育スキル

    ◦ コーチングスキル ◦ コミュニケーションスキル 開発者が テストを学ぶ 第11章 P61-62より
  53. テストも含めて アジャイルを 成功させるためには

  54. 成功の材料 • チーム全体のアプローチを意識する • アジャイルテストの考え方を持つ • 回帰テストを自動化する • フィードバックを提供および取得する •

    コアプラクティスの基盤を構築する • 顧客との協調をする • 全体像を見る 第12章より
  55. 信頼関係構築のプラクティス • 実例を使う • 探索的テストをする • フィーチャーをテストする • 継続的に学習する •

    状況に敏感になる • 常に現実的でいる 第12章より
  56. 成功への道 • テストの問題をデリバリーチーム全体が対処する問題 に変えることは、プロダクトに品質を組み込み、 持続可能な成功を達成する方法を学ぶために不可欠。 • 品質の望ましいレベルを達成するには何年もかかる ◦ 忍耐が必要 ◦

    頻繁なチームのふりかえりはとても重要 ▪ 品質関連の最大の問題を特定するため ▪ 小さな実験を計画するため 第12章より
  57. まとめ

  58. まとめ • アジャイルテストのことを開発者や経営者にも 気軽に知ってもらうために 『Agile Testing Condensed』は刊行された • テストマニフェストなどで示されているように チーム全体でプロダクトの品質に責任を持つ

    • 例を用いることで、 より協力して開発を進めることができる • モデル化されたものも状況に応じてカスタマイズする • 思慮深いテスト設計も必要
  59. 宣伝タイム

  60. 下記に答えた/答えるイベントがあります • 実際の現場ではどのようにして Agile Testingができる状況にしていったのか • TDDやテストコードを書く時に 開発者とQAがどのように協力していくのか • 開発者に対してどのように

    テストの考え方を浸透させていったのか • LisaとJanetに会ったAgile Testing Daysでの 発表内容や雰囲気はどんな感じなのか • 実例マッピングを体験できる機会は無いのか
  61. 実際の現場での話 • スライド ◦ https://speakerdeck.com/nihonbuson/imp roving-convinced-testing-activities • 講演動画 ◦ https://youtu.be/981d3Sdm6o4?t=408

    • 質問回答 ◦ https://engineering.visional.inc/blog/ 166/d3qa202009/ ◦ https://engineering.visional.inc/blog/ 196/d3qa202009-testmanagement/ ◦ https://engineering.visional.inc/blog/ 197/d3qa202009-testimprovementresult/ • カジュアル面談受付中!
  62. テストコードを書く際の話 • スライド ◦ https://speakerdeck.com/nihonbuson/tdd bc-2020-online-lt • TDDBCの参加時にも お伝えします ◦

    http://devtesting.jp/tddbc/
  63. 開発者にテストの考え方を浸透させる話 • 1/6〜8に開催される Regional Scrum Gathering Tokyo 2021 で発表します •

    12/1 チケット販売予定 • プロポーザル ◦ https://confengine.com/regional-scrum- gathering-tokyo-2021/proposal/14747/sc rum
  64. Agile Testing Daysの発表内容や雰囲気 • 昨年の内容紹介スライド ◦ https://speakerdeck.com/nihonbuson/rep ort-on-agile-testing-days • 今年は11/10-12に開催済

    • 今年参加した人たちで 感想を喋るイベントを 開催予定 ◦ https://wingarc1st-spqi.connpass.com/e vent/195442/
  65. 実例マッピングを体験できる機会 • WACATE2020冬で実施予定 ◦ https://wacate.jp/ • 他にも丸2日間かけて テストについてガッツリ ワークショップを 行います。

  66. おしまい