事例から学ぶ実例マッピングのやり方 / Example Mapping

706ff501573a736401aa4de5adc88e05?s=47 nihonbuson
November 17, 2020

事例から学ぶ実例マッピングのやり方 / Example Mapping

【発表資料中のURL】
P3 Example Mapping
https://cucumber.io/blog/bdd/example-mapping-introduction/

P4 実例マッピング(日本語版)
https://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/ExampleMapping

P30 Three Amigos
https://www.agilealliance.org/glossary/three-amigos/

P39 異世界に転生したら激レア職業のスクラム Developer だったので手始めに Scrum Fest Osaka 2020 でラーニングしたスキルでリファインメント無双してみた
https://confengine.com/scrum-fest-mikawa-2020/proposal/14679/developer-scrum-fest-osaka-2020

P42 TESTING Manifesto
http://www.growingagile.co.za/2015/04/the-testing-manifesto/

P42 テストマニフェスト(日本語版)
https://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/TestingManifesto

706ff501573a736401aa4de5adc88e05?s=128

nihonbuson

November 17, 2020
Tweet

Transcript

  1. 事例から学ぶ 実例マッピングのやり方 ブロッコリー (@nihonbuson)

  2. 実例マッピングとは何か

  3. 実例マッピング ルールの理解を明確にする手法 • 赤い付箋(疑問点)だらけ ◦ 学ぶ内容がまだ沢山ある • 青い付箋(ルール)だらけ ◦ ストーリーが大きく複雑

    ◦ ストーリーを分割すべき • 1つのルールに多くの緑の付箋 ◦ ルールが複雑すぎる ◦ 複数の青い付箋(ルール)に分割すべき 日本語版: https://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/ExampleMapping https://cucumber.io/blog/bdd/example-mapping-introduction/
  4. 事例を用いた 実例マッピングの作り方

  5. 事例を通じて伝えたいこと • 実例マッピングというプラクティスを使うことが 大切なのではない! • ストーリーとルールと例と疑問点を分けて会話し、 分かれた状態で記録するという思考が大切! • 今回は、実例マッピングが作られていく過程となる 会話も併せて紹介する

  6. 今回の題材・登場人物 人数のグラフを 良い感じに表示する 開発者 QA

  7. スケールのルール追加 人数のグラフを 良い感じに表示したい 「良い感じ」が分からない ので色々質問しますね 縦軸の目盛りは最大値を 基準に良い感じで スケールが変わる 最大値を 基準に

    スケール 変更 人数のグラフを 良い感じに表示する
  8. 1000人の場合 目盛りが4本出るので、 目盛りは250, 500, 750, 1000ですかね 例えば1000人の場合って どうなります? 人数のグラフを 良い感じに表示する

  9. 目盛りのルール追加 目盛りが4本出るので、 目盛りは250, 500, 750, 1000ですかね 例えば1000人の場合って どうなります? 人数のグラフを 良い感じに表示する

    目盛りが 4本出る 1000人なら 250,500 750,1000 最大値を 基準に スケール 変更
  10. 800人の場合 その場合も目盛りは 同じです じゃあ800人だったら? 人数のグラフを 良い感じに表示する

  11. 例の追加 その場合も目盛りは 同じです じゃあ800人だったら? 人数のグラフを 良い感じに表示する 目盛りが 4本出る 1000人なら 250,500

    750,1000 800人なら 250,500 750,1000 最大値を 基準に スケール 変更
  12. 1500人の場合 上の目盛りが1000だと グラフが突き抜ける ので、その場合は 400,800,1200,1600に 調整されますね じゃあ1500人でも 同じ? 人数のグラフを 良い感じに表示する

  13. 目盛りを超えないルールの追加 上の目盛りが1000だと グラフが突き抜ける ので、その場合は 400,800,1200,1600に 調整されますね じゃあ1500人でも 同じ? 目盛りが 4本出る

    1000人なら 250,500 750,1000 800人なら 250,500 750,1000 人数のグラフを 良い感じに表示する 最大値を 基準に スケール 変更 一番上の 目盛りを 超えない 1500人なら 400,800 1200,1600
  14. 1050人の場合 そしたら1050人は? 1000人は超えるけど… 人数のグラフを 良い感じに表示する その場合はグラフが 外まではみ出ないので 目盛りは1000のまま ですね。

  15. 1050人の場合 そしたら1050人は? 1000人は超えるけど… 人数のグラフを 良い感じに表示する その場合はグラフが 外まではみ出ないので 目盛りは1000のまま ですね。 あくまでも、グラフが

    エリア外に出ないこと が重要なんですね。
  16. 1050人の場合 そしたら1050人は? 1000人は超えるけど… 目盛りが 4本出る 1000人なら 250,500 750,1000 800人なら 250,500

    750,1000 人数のグラフを 良い感じに表示する 最大値を 基準に スケール 変更 1500人なら 400,800 1200,1600 1050人なら 250,500 750,1000 その場合はグラフが 外まではみ出ないので 目盛りは1000のまま ですね。 あくまでも、グラフが エリア外に出ないこと が重要なんですね。 一番上の 目盛りを 超えない
  17. ルールの変更 そしたら1050人は? 1000人は超えるけど… 目盛りが 4本出る 1000人なら 250,500 750,1000 800人なら 250,500

    750,1000 人数のグラフを 良い感じに表示する 最大値を 基準に スケール 変更 データが エリア外 に出ない 1500人なら 400,800 1200,1600 1050人なら 250,500 750,1000 その場合はグラフが 外まではみ出ないので 目盛りは1000のまま ですね。 あくまでも、グラフが エリア外に出ないこと が重要なんですね。
  18. 600人の場合 250,500,750,1000だと グラフが小さく表示さ れるので、200,400, 600,800ですかね。 今度は小さい値を 考えてみます。 600人はどうなります? 人数のグラフを 良い感じに表示する

  19. 150人の場合 そしたら40,80,120, 160ですかね。 ちょうど良いのは。 じゃあもっと小さい値 で150人とかだったら? 人数のグラフを 良い感じに表示する

  20. 例の追加 そしたら40,80,120, 160ですかね。 ちょうど良いのは。 じゃあもっと小さい値 で150人とかだったら? 人数のグラフを 良い感じに表示する 600人なら 200,400

    600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値を基準に スケール変更
  21. ルールの発見 あー、 確かにそうですね なるほどー。 ここまでの話を聞くと 最大値は目盛りの 上から2番目よりは 大きいように調整 される感じですかね? 人数のグラフを

    良い感じに表示する
  22. ルールの発見 あー、 確かにそうですね なるほどー。 ここまでの話を聞くと 最大値は目盛りの 上から2番目よりは 大きいように調整 される感じですかね? 人数のグラフを

    良い感じに表示する 600人なら 200,400 600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値を基準に スケール変更
  23. ルールの発見 あー、 確かにそうですね なるほどー。 ここまでの話を聞くと 最大値は目盛りの 上から2番目よりは 大きいように調整 される感じですかね? 人数のグラフを

    良い感じに表示する 600人なら 200,400 600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値が目盛りの 上から2番目よりは 大きくなるように調整
  24. 2人の場合 4分割で考えると0.5, 1, 1.5, 2ですかね。 さらに小さい値を 考えてみます。 2人だと どうなります? 人数のグラフを

    良い感じに表示する
  25. 2人の場合 4分割で考えると0.5, 1, 1.5, 2ですかね。 さらに小さい値を 考えてみます。 2人だと どうなります? 人数のグラフを

    良い感じに表示する 600人なら 200,400 600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値が目盛りの 上から2番目よりは 大きくなるように調整 2人なら 0.5, 1 1.5, 2
  26. 疑問点の追加 あー、それは調整する 必要があるかも。 人数なのに小数点以下 の目盛りがあるのは 違和感がありますね 人数のグラフを 良い感じに表示する 600人なら 200,400

    600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値が目盛りの 上から2番目よりは 大きくなるように調整 小数点の 目盛りは 表示される? 2人なら 0.5, 1 1.5, 2
  27. 0人の場合 それは自分も どうするか明確に してないですね… あとは、0人だったら どうなります? 目盛りがどのように 調節されるのか 分からないのですが… 人数のグラフを

    良い感じに表示する
  28. ルールの追加 それは自分も どうするか明確に してないですね… あとは、0人だったら どうなります? 目盛りがどのように 調節されるのか 分からないのですが… 人数のグラフを

    良い感じに表示する 600人なら 200,400 600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値が目盛りの 上から2番目よりは 大きくなるように調整 小数点の 目盛りは 表示される? 最大値が0人 の時に目盛り はどうする? 2人なら 0.5, 1 1.5, 2
  29. 今回の実例マッピングの成果物 人数のグラフを 良い感じに表示する 600人なら 200,400 600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値が目盛りの

    上から2番目よりは 大きくなるように調整 2人なら 0.5, 1 1.5, 2 小数点の 目盛りは 表示される? 最大値が0人 の時に目盛り はどうする? 目盛りが 4本出る 1000人なら 250,500 750,1000 800人なら 250,500 750,1000 データが エリア外 に出ない 1500人なら 400,800 1200,1600 1050人なら 250,500 750,1000
  30. 余談:Three Amigos 3つの立場の人が集まって、協調的に要件を確認する。 • PO(ディスカバリーチーム) • 開発者 • テスター 今回の例は「開発者とQA」ですが、

    「POと開発者」「POとテスター」「POと開発者とQA」 でも、同様の会話は可能。 参考: https://www.agilealliance.org/glossary/three-amigos/
  31. 実例マッピングの 成果物から分かること

  32. 今回の実例マッピングの成果物 人数のグラフを 良い感じに表示する 600人なら 200,400 600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値が目盛りの

    上から2番目よりは 大きくなるように調整 2人なら 0.5, 1 1.5, 2 小数点の 目盛りは 表示される? 最大値が0人 の時に目盛り はどうする? 目盛りが 4本出る 1000人なら 250,500 750,1000 800人なら 250,500 750,1000 データが エリア外 に出ない 1500人なら 400,800 1200,1600 1050人なら 250,500 750,1000
  33. 実例マッピングの成果物から分かること 人数のグラフを 良い感じに表示する 600人なら 200,400 600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値が目盛りの

    上から2番目よりは 大きくなるように調整 2人なら 0.5, 1 1.5, 2 小数点の 目盛りは 表示される? 最大値が0人 の時に目盛り はどうする? 目盛りが 4本出る 1000人なら 250,500 750,1000 800人なら 250,500 750,1000 データが エリア外 に出ない 1500人なら 400,800 1200,1600 1050人なら 250,500 750,1000 ここがSpikeになる場合も…
  34. 実例マッピングの成果物から分かること 人数のグラフを 良い感じに表示する 600人なら 200,400 600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値が目盛りの

    上から2番目よりは 大きくなるように調整 2人なら 0.5, 1 1.5, 2 小数点の 目盛りは 表示される? 最大値が0人 の時に目盛り はどうする? 目盛りが 4本出る 1000人なら 250,500 750,1000 800人なら 250,500 750,1000 データが エリア外 に出ない 1500人なら 400,800 1200,1600 1050人なら 250,500 750,1000 受け入れ条件に使える
  35. 実例マッピングの成果物から分かること 人数のグラフを 良い感じに表示する 600人なら 200,400 600,800 150人なら 40,80 120,160 最大値が目盛りの

    上から2番目よりは 大きくなるように調整 2人なら 0.5, 1 1.5, 2 小数点の 目盛りは 表示される? 最大値が0人 の時に目盛り はどうする? 目盛りが 4本出る 1000人なら 250,500 750,1000 800人なら 250,500 750,1000 データが エリア外 に出ない 1500人なら 400,800 1200,1600 1050人なら 250,500 750,1000 テストケースに使える
  36. 実例マッピングで 必要なスキル

  37. 今回の実例マッピングで必要なスキル • 具体例で考えられる ◦ 実際に起こりうる例で考えられる • 抽象化と具体化の行き来ができる ◦ 具体例からルールを導き出す時に必要 ◦

    テストのスキルも必要 ▪ 同値分割法 ▪ ハイレベルテストケースと ローレベルテストケース
  38. 抽象化と具体化の行き来の例 上の目盛りが1000だと グラフが突き抜ける ので、その場合は 400,800,1200,1600に 調整されますね じゃあ1500人でも 同じ? 人数のグラフを 良い感じに表示する

    一番上の 目盛りを 超えない 1500人なら 400,800 1200,1600 具体化 抽象化
  39. とはいえ、まずはお試しあれ • 前回の発表から3ヶ月後に 試してくれた事例あり! • 他にも複数の活用報告を 頂きました! https://confengine.com/scrum-fest-mikawa-2020/proposal/14679/ developer-scrum-fest-osaka-2020

  40. まとめ

  41. 実例マッピングのまとめ • ストーリーに対して、ルール・例・疑問点を 区別して表現することができた • 実例マッピングの成果物をインプットとして、 Spike Taskの抽出、受け入れ条件の作成、 テストケースの作成に役立てることができる •

    抽象化と具体化の行き来ができることを求められる • 開発者とQAが協力して、 開発の実装前からテストのことを考え、 チームが目指す製品について認識することができた
  42. テストマニフェスト http://www.growingagile.co.za/2015/04/the-testing-manifesto/ 日本語版: https://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/TestingManifesto

  43. おしまい