Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Google Cloud Updates 2021/10/01 - 2021/10/15

Google Cloud Updates 2021/10/01 - 2021/10/15

609308e6510e41133d30460eef1ccd36?s=128

Norio Nishioka

November 02, 2021
Tweet

Transcript

  1. Google Cloud アップデート 2021 10/01 - 10/15 グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2021 年

    10 月 29 日
  2. Proprietary + Confidential はじめに 本資料は以下 URL から公開情報をもとにアップデートを一部紹介しています https://cloud.google.com/release-notes

  3. Google Cloud アップデートサマリー 2021-10-01 ~ 2021-10-15 3

  4. Anthos Service Mesh [10/6] Anthos Service Mesh と Certificate Authority

    Service の統合が GA となりました。相互 TLS 証明書に 署名するための認証局として Certificate Authority Service を使用できます。詳細については、 Certificate Authority Service を使用するように Anthos Service Mesh を構成する を参照してください
  5. Anthos Service Mesh [10/6] asmcli は、Anthos Service Mesh の新規インストールおよびアップグレードで利用できます。 asmcli

    を 使用して次のことができます。この機能は GA です • Anthos Service Mesh のクラスター内コントロール プレーンをインストール • マネージド Anthos Service Mesh を構成 • Compute Engine 仮想マシンを Anthos Service Mesh に追加 • 非プライベート GKE クラスターでマルチクラスター メッシュを設定 • GoogleCloudの外部でマルチクラスター メッシュを設定 クラスタ内コントロール プレーンは、 asmcli を使用する次のプラットフォームでサポートされています 単一または複数プロジェクトの GKEクラスタ Anthos Cluster on VMwareー / ベアメタル版 Anthos Anthos Cluster on AWS / Amazon EKS asmcli では、クラスタをフリートに登録する必要があります。 asmcli は、フリートの要件 で指定された要件を満 たしている限り、クラスタを自動的に登録できます asmcli は GKE 1.22 クラスタでの自動フリート登録をサポートしていません。インストールの前に手動で登録す る必要があります
  6. BigQuery [10/12] BigQuery Storage Write API が GA となりました。BigQuery Storage

    Write API は、高スループット でデータを BigQuery に取り込むための gRPC ベースのストリーミング API であり、ストリーミング取り込み と バッチ読み込みを 1 つの API に組み合わせたものです [10/1] BigQuery の価格は次のように変更されました 1. BigQuery Storage Read API は、スキャンされたバイトの単一のリージョン SKU から複数リージョン SKU に移動しました。すべての BigQuery Storage Read API ユーザーは、月に最大 300 TB のデー タを無料で読み取ることができるようになりました。詳細については、 BigQuery データ抽出の料金 を ご覧ください 2. BigQuery は、ネットワーク出力に対して BigQuery Storage Read API ユーザーに課金するようにな り ました。詳細については、 Google Cloud 内の BigQuery Storage Read API ネットワーク出力 を参照 してください。 [10/4] BigQuery Migration Service が Preview です。次の機能が含まれています • インタラクティブ SQL トランスレータ • バッチ SQL トランスレータ
  7. Cloud Bigtable [10/4] Cloud Bigtable は、アプリプロファイル、メソッド、およびテーブルメトリックごとに CPU 使用率を提供 し、クラスタの CPU

    使用率 をより詳細に観察できるようにします。この機能は GA です
  8. Cloud Data Loss Prevention [10/12] BigQuery のデータ プロファイラは Preview で利用できます。詳細については

    BigQuery データの データ プロファイル をご覧ください
  9. Cloud Logging [10/6] Ops Agent バージョン 2.4.0 以降、Ops Agent は

    systemd-journald サービスからのログの収集を サポートするようになりました。 systemd_journald レシーバーの構成については、 Ops Agent の構成:レ シーバーのログ記録 を参照してください [10/6] バージョン 2.4.0 以降、Ops Agent から Apache httpd ログを収集できるようになりました。詳細につ いては、 サードパーティ アプリケーションからのログの収集: Apachehttpd を参照してください
  10. Cloud Monitoring [10/4] GKE バージョン 1.20.8-gke.2100 以降では、フルマネージドの指標収集パイプラインが  Preview で 利用可能です。GKE

    ワークロードによって公開される Prometheus スタイルの指標を取得して Cloud Monitoring に送信します Stackdriver Prometheus サイドカーと比較して、この新しいパイプラインはセットアップが簡単で、コストを 制 御するためのフィルタリングが可能で、より大きなクラスタをサポートします。 また Autopilot と水平ポッド自 動スケーリングをサポートし、より良い価格設定を提供します 詳細は GKE ワークロード指標の使用 を参照ください
  11. Cloud SQL [10/4] Cloud SQL は Cloud SQL インスタンスの VPC

    ネットワークから IP CIDR 範囲を指定する機能をサ ポートするようになり、 IP アドレススペースをより適切に管理できるようになりました。詳細については 割り当 てられた IP アドレスの範囲 を参照してください
  12. Cloud Spanner [10/12] PostgreSQL Interface が Preview で利用可能となりました。 PostgreSQL エコシステムから

    Spanner の機能にアクセスできるようにします。このリリースでは、コアデータ型、関数、演算子など、 PostgreSQL SQL ダイアレクトのサブセットがサポートされています。アプリケーションは、 JDBC、Java、 Go、および Python 用に更新された Spanner ドライバーを使用して接続できます。コミュニティツールは、最 初は psql から始めて、PostgreSQL ワイヤ プロトコルを実装するサイドカー プロキシである PGAdapter を 使用して接続できます。 こちら のフォームから申請いただくことでご利用いただけます [10/13] アプリケーション コードに リクエストタグとトランザクションタグ を割り当てて、イントロスペクション統 計をアプリケーション コードに関連付けることで、クエリパフォーマンス、トランザクション レイテンシ、ロック の競合を簡単にトラブル シューティングできるようになりました
  13. Cloud Spanner [10/6] クエリプランの予測可能性を確保するために、 使用するクエリ オプティマイザの統計パッケージ を指 定できるようになりました 可視化したクエリ オプティマイザ

  14. Cloud Storage [10/13] Cloud EKM を使用して Cloud Storage データ を暗号化できるようになりました

    • Cloud EKM は、他の顧客管理の暗号化キーと同じ方法で Cloud Storage データを暗号化 します 鍵管理モデルにおける Cloud KMS の位置づけを示す図
  15. Cloud Storage [10/5] ターボ レプリケーション は、新しく書き込まれたオブジェクトのリージョン間レプリケーションを 15 分以 内に提供するように設計されたプレミアム機能です。この機能は Preview

    です
  16. Cloud VPN [10/5] Classic VPN の部分的な非推奨アップデート 2022 年 3 月

    31 日以降、特にサポートがない限り、動的ルーティング構成を使用する新しい Classic VPN ト ンネルを作成できなくなります 2022 年 3 月 31 日以降も、次のクラシック VPN 構成を作成できます • 動的ルーティングを使用し、 Compute Engine VM 内で実行されている VPN ゲートウェイ ソフトウェア に接続する Classic VPN トンネル • 静的(ルートベースまたはポリシーベース)ルーティングを使用する Classic VPN トンネル この通知は、Classic VPN での静的ルーティング構成の非推奨に関する以前の通知に代わるものです Google は非推奨の日に既存の接続を事前に無効にすることはありませんが、非推奨の Classic VPN 構 成は、今後のメンテナンス アップデートのみを受け取ります 詳細については、より信頼性の高い HA VPN への移行に役立つビデオチュートリアルとドキュメントについ て、 Classic VPN の部分的な非推奨 を参照してください
  17. Compute Engine [10/13] Spot VM が Preview で利用可能になりました。 Spot VM

    は、プリエンプティブ VM インスタンスの最 新バージョンです。Spot VM を使用すると、標準 VM の価格より 60〜91% 割引されます。Spot VM の料金 は、30 日ごとに 1 回まで変更される可能性があります。プリエンプティブ VM と同様に、Spot VM はすべて のマシンタイプ、リージョン、およびゾーンで使用できます プリエンプティブル VM は、新規および既存の VM で引き続きサポートされ、プリエンプティブル VM は Spot VM と同じ価格設定モデルを使用するようになりました。ただし、 Spot VM は、プリエンプティブ VM ではサ ポートされていない新機能を提供します。たとえば、プリエンプティブ VM は一度に最大 24 時間しか実行で きませんが、Spot VM には最大ランタイムがありません。 Spot VM と プリエンプティブ VM の詳細をご覧ください。
  18. Document AI [10/15] Contract DocAI がリリースされました。 Contract DocAI は、最も重要で複雑なドキュメントである契 約書のために開発されました。この機能によって契約書の非構造化テキストからインサイトを抽出できるた

    め、契約のライフサイクルを加速して、契約処理にかかる費用を削減できます。この機能は Preview です
  19. Google Cloud VMware Engine [10/13] すべての新しい VMware Engine プライベート クラウドは、VMware

    vSphere バージョン 7.0 Update 2 および NSX-T バージョン 3.1.2 で展開されるようになりました。このアップグレードは、 2021 年 10 月から 11 月の間に実行される予定です。 vSphere バージョン 7.0 Update 2 および NSX-T バージョン 3.1.2 にアップグ レードされます このアップグレードの詳細については、 サービスのお知らせ を参照してください [10/13] vSAN データ暗号化では、すべての新しいプライベート クラウドに対して Cloud Key Management Service によって生成されたキーが使用されるようになりました この機能の詳細については、 vSAN 暗号化 に ついてを参照してください
  20. Google Kubernetes Engine [10/12] GKE バージョン 1.19 以降では、gke-metrics-agent の CPU

    とメモリの使用量が最適化されていま す。この変更により、メモリ不足( OOM)のクラッシュが大幅に減少します。 GKE バージョン 1.18 以前を使用 している場合は、クラスターをバージョン 1.19 以降にアップグレードする必要があります [10/12] GKE の Spot VM が Preview で利用できるようになりました [10/14] Calico ネットワーク ポリシーが有効な GKE クラスタの StatefulSet ポッドでは、次の GKE バージョン の終了状態で接続の問題が発生する可能性があります • 1.18 • 1.19 • 1.20 〜 1.20.11-gke.1299 • 1.21 〜 1.21.4-gke.1499 この問題を軽減するには、 GKE コントロールプレーンを GKE バージョン 1.21.4-gke.1500 以降にアップグ レードします。詳細については、既知の問題 および Calicoissue#4710 を参照してください
  21. Google Kubernetes Engine [10/15] 永続ディスク CSI ドライバーを使用する GKE Windows クラスターでは、次のバージョンのいずれか

    にアップグレードすると、既存の PersistentVolumeClaim または PersistentVolume リソースでボリューム マ ウントの問題が発生する可能性があります。 Rapid チャネルで Windows ノードプールを次のバージョンに アップグレードしないでください 1.22.1-gke.1602 以降 この修正は、将来の GKE 1.22 リリースで利用可能になる予定です
  22. Identity and Access Management [10/13] SAML 2.0 と互換性のある任意の ID プロバイダで

    Workload Identity 連携 を使用できるようになり ました。この機能は Preview です。
  23. Migrate for Compute Engine [10/3] Migrate for Computer Engine は、移行された

    VM への複数のネットワーク インターフェイスの構成 をサポートするようになりました
  24. Security Command Center [10/13] Security Command Center Premium の組み込みサービスである Event

    Threat Detection は、脅 威の発見の高度な分析を実行できる Chronicle との統合を開始しました。 この統合により、Google Cloud サービスである Chronicle に調査結果をシームレスに送信できます。 Chronicle は、脅威の調査や、関連するアクションやイベントを統一されたタイムラインでピボット処理できる Google Cloud サービスです。Chronicle は、イベント脅威検出の結果を充実させ、関心のある指標を特定 して調査を簡素化するのに役立ちます Chronicle の詳細については、 Chronicle の概要 を参照してください。 Event Threat Detection の調査結果 を Chronicle に送信する手順については、 Chronicle で調査結果を調べる を参照してください
  25. Security Command Center [10/5] Security Command Center の組み込みサービスである Security Health

    Analytics は、新しい検出器をリリー スしました。この機能は GA です 次の検出器は、Security Command Center の プレミアム階層 でのみ使用でき、Google Kubernetes Engine クラス タの脆弱性を検出し、 CIS Google Kubernetes Engine(GKE)ベンチマーク v 1.0.0 をサポートする検出器の数を拡張 します • ALPHA_CLUSTER_ENABLED:アルファ クラスタ機能がGKE クラスタで有効になっています • BINARY_AUTHORIZATION_DISABLED:バイナリ認証はGKE クラスタで無効になっています • CLUSTER_SECRET_SENCRYPTION_DISABLED:アプリケーション層のシークレット暗号化が GKE クラスタで無 効になっています • CLUSTER_SHIELD_EDNODES_DISABLED:シールドされたGKE ノードがクラスタに対して有効になっていません • INTEGRITY_MONITORING_DISABLED:GKE クラスタの整合性監視が無効になっています • INTRANODE_VISIBILITY_DISABLED:GKE クラスタのノード内可視性が無効になっています • NODEPOOL_SECURE_BOOT_DISABLED:GKE クラスタのセキュアブートが無効になっています • RELEASE_CHANNEL_DISABLED:GKE クラスタはリリースチャネルにサブスクライブされていません 詳細については、コンテナの脆弱性の調査結果 を参照してください。脆弱性を修正する方法については、 Security Health Analytics の調査結果の修正 を参照してください
  26. Vertex AI [10/5] Vertex Feature Store が GA となりました

  27. Virtual Private Cloud [10/4] Private Service Connect エンドポイント を使用して別の VPC

    ネットワーク内のサービスにアクセスしてい て、サービス プロデューサによって設定された制限によって許可されている数を超えるエンドポイントを作成した 場合、制限に達した後に作成されたエンドポイントのステータスは Pending になります。 これで、制限を下回るた めにエンドポイントを削除すると、それらのエンドポイントのステータスが正しく Accepted に変わります
  28. Virtual Private Cloud [10/12] オンプレミス ホストから、公開されたサービスへのアクセス に使用される Private Service Connect

    エンドポイントへの接続は、一部の既存の Cloud VPN 接続では確立されない場合があります。回避策とし て、VPN ゲートウェイ と VPN トンネル を再作成します [10/12] Private Service Connect を使用して、内部 HTTP(S)ロードバランサーのバックエンドでホストされ ている サービスを公開 できるようになりました [10/12] Private Service Connect エンドポイントを使用して 公開されたサービスにアクセス できるようにな りました。これは、Cloud VPN を使用して VPC ネットワーク に接続されている オンプレミス ホスト から利 用できます。この機能は Preview です
  29. Thank you