Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Google Cloud Updates 2022/05/01-05/15

Google Cloud Updates 2022/05/01-05/15

Norio Nishioka

June 08, 2022
Tweet

More Decks by Norio Nishioka

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Google Cloud アップデート 2022 05 / 01 - 05 /

    15 グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2022 年 6 月 3 日
  2. Proprietary + Confidential はじめに 本資料は以下 URL から公開情報をもとにアップデートを一部紹介しています https://cloud.google.com/release-notes

  3. Google Cloud アップデート サマリー 2022 / 05 / 01〜2022 /

    05 / 15 3
  4. Infrastructure Modernization 4

  5. Certificate Manager [5/1] 請求が有効になりました。 Certificate Manager の使用量は、Preview 期間が終了するまで 100 %

    割 引で請求されます。
  6. Channel Services [5/4] 再請求(Rebilling)は、Partner Sales Console と Cloud Channel API

    で利用できるようになりました。 こ の新しい課金データサービスは、割引を設定し、課金データを BigQuery データセットにエクスポートするこ とで、顧客の課金プロセスを簡素化するのに役立ちます。 • 再請求の概要を読む • 再請求データのエクスポートを有効にする方法について
  7. Cloud Asset Inventory [5/5] Policy Analyzer のドキュメントは Policy Intelligence ドキュメント

    に移動しました。
  8. Cloud Healthcare API [5/11] 次のメソッドは、リソース バージョンへの参照を検索し、存在する場合はそれらを返します。 • include パラメーターを指定した fhir.search

    • fhir.Patient-everything
  9. Cloud Load Balancing [5/9] リージョン外部およびリージョン内部 HTTP(S)ロードバランサは、ロードバランサのバックエンドとして Cloud Run サービスを使用することをサポートするようになりました。これは、サーバーレス ネットワーク

    エ ンドポイント グループ(NEG)を使用して構成されます。 詳細については、以下を参照してください。 • サーバーレス NEG の概念 • Cloud Run バックエンドを使用したリージョン外部 HTTP(S)ロードバランサのセットアップ • Cloud Run バックエンドを使用した内部 HTTP(S)ロードバランサのセットアップ この機能は Preview で利用できます。
  10. Cloud Load Balancing [5/5] リージョン外部 HTTP(S)ロードバランサが共有 VPC 構成をサポートするようになりました。この構成で は、ロードバランサの転送ルール、ターゲット プロキシ、および

    URL マップをホストまたはサービスプロジェ クトで作成でき、バックエンドサービスとバックエンドを複数のサービス プロジェクトに分散できます。これ は、プロジェクト間サービス参照 と呼ばれます。プロジェクト間のバックエンドサービスは、単一の URL マップ から参照できます。 プロジェクト間のサービス参照により、サービス開発者と管理者は、集中管理されたロードバランサーを介し てサービスの公開を自律的に行うことができます。 詳細については、以下を参照してください。 共有 VPC アーキテクチャ 共有 VPC を使用した地域の外部 HTTP(S)ロードバランサーのセットアップ この機能は Preview で利用できます。
  11. Cloud Logging [5/5] ログ エクスプローラのクエリ結果から、類似したログエントリを大量に非表示にできるようになりまし た。詳細については、 Hide similar log entries

    を参照してください。
  12. Cloud Monitoring [5/11] 非公開稼働時間チェックが GA となりました。非公開稼働時間チェックにより、 ID およびアクセス管理 (IAM)の制限と VPC

    Service Controls の境界を適用しながら、顧客の仮想プライベート クラウド(VPC)ネッ トワークへの HTTP 要求を有効にします。非公開稼働時間チェックでは、プライベート ネットワークを介して、 仮想マシン(VM)や L4 内部ロードバランサ( ILB)などのリソースにリクエストを送信できます。 詳細については、非公開稼働時間チェックの作成 を参照してください。 [5/5] SLOモニタリング: Cloud Monitoring は、プロジェクト内の潜在的な GKE ベースおよび Cloud Run ベースのサービスを検出できるようになりました。監視により、そのような候補サービスのリストが提供され、 Cloud Console 使用して、監視する候補を特定し、それらの SLO を作成できるようになりました。詳細につ いては、マイクロサービスの定義 を参照してください。 [5/6] Cloud Console を使用して、メトリック エクスプローラとダッシュボードのグラフを構成し、メトリックの比 率を表示できるようになりました。詳細については、 Ratios of metrics を参照してください。
  13. Cloud Router [5/10] Cloud Router は、BGP セッションの MD5 認証をサポートするようになりました。この機能は Preview

    で利用できます。詳細については、 MD5 認証を使用する を参照してください。
  14. Cloud Talent Solution Job Search [5/10] TELECOMMUTE_ALLOWED オプションを使用して州レベルの場所でジョブを検索すると、同じ州内 のジョブは結果で上位にランク付けされます

  15. Compute Engine [5/9] 一般提供(GA): アイドル状態の VM とマシンサイズの推奨事項に関する分析情報は、 Compute Engine リソースの使用率を評価するのに役立ちます。分析情報は、システム

    メトリック または Cloud Monitoring サービスによって収集されたメトリックに基づいて自動的に生成されます。 VM インスタンスの分析情報を表示して理解する と MIG の分析情報を表示して理解する をご覧ください。
  16. Config Connector [5/10] CloudBuildTrigger に spec.approvalConfig フィールドを追加しました。 [5/10] ContainerCluster にspec.addonsConfig.gkeBackupAgentConfig

    フィールドを追加しました。 [5/10] DNSRecordSet に spec.rrdatasRefs フィールドを追加しました。 [5/10] DataflowFlexTemplateJob および DataflowJob に cnrm.cloud.google.com/skip-wait-on-job-termination ディレクティブ を追加しました [5/10] MonitoringMonitorDashboard に spec.columnLayout.columns.widgets.logsPanel、 spec.gridLayout.widgets.logsPanel、spec.mosaicLayout.tiles.widget.logsPanel および spec.rowLayout.rows.widgets.logsPanel フィールドを追加しました。 [5/10] ComputeSecurityPolicy に spec.rule.redirectOptions フィールドを追加しました。 [5/10] AccessContextManagerAccessPolicy に対する IAMPolicy および IAMPolicyMember のサポート が追加されました
  17. Config Connector [5/10] spec.enableExactlyOnceDelivery フィールドを PubSubSubscription に追加しました。 [5/10] DNSRecordSet の

    spec.rrdatas フィールド が非推奨となりました。 [5/10] RunService(Alpha)から status.terminalCondition.domainMappingReason フィールドと status.terminalCondition.internalReason フィールドを削除しました。 [5/10] RunService(Alpha)の spec.template.volumes.cloudSqlInstance.connections の名前を spec.template.volumes.cloudSqlInstance.instances に変更しました。 [5/10] NetworkServicesTCPRoute(Alpha)から spec.gateways フィールドを削除しました。 [5/10] RunService(Alpha)から spec.template.confidential フィールドを削除しました。 [5/10] ConfigConnector オブジェクトの調整頻度が減少しました。 [5/10] Config Connector バージョン 1.84.0 が利用可能になりました。
  18. Config Controller [5/9] Config Controller は、Config Connector にバージョン 1.83.0 を使用するようになりました(

    リリース ノート)。
  19. Config Controller [5/2] gcloud anthos config controller create に --use-private-endpoint

    フラグを追加して、Config Controller インスタンスのマスターのプライベート エンドポイント IP へのアクセスを制限します。 gcloud 378.0.0(リリース ノート)で利用できます。 [5/2] gcloud anthos config controller create を使用すると、デフォルトの Config Connector ID が出力さ れ、その後のアクセス許可の付与が容易になります。 gcloud 383.0.0 (リリース ノート)で利用できます。 [5/2] gcloud anthos config controller get-config-connector-identity を追加しました。これにより、デ フォ ルトの Config Connector ID が出力され、その後のアクセス許可の付与が容易になります。 gcloud 383.0.0 (リリース ノート)で利用できます。 [5/2] Config Controller は、Config Connector にバージョン 1.82.0 を使用するようになりました( リリース ノート) [5/2] Config Controller は、リージョン europe-north1 および australia-southeast1 でサポートされるよう に なりました。 [5/2] <p>Config Controller is now supported in region <code>europe-north1</code> and <code>australia-southeast1</code></p>
  20. Network Intelligence Center [5/11] ネットワークアナライザ が Preview で利用できるようになりました。

  21. VPC Service Controls [5/12] 次のサービスが一般提供( GA): • Database Migration Service

  22. Resource Manager [5/4] リソース使用制限 組織ポリシー制約が一般提供( GA)になりました。 [5/6] リソース上で効果的に評価されたタグを一覧表示する機能がプレビュー( Public Preview)になりまし

    た。詳細については、 Listing effective tags on a resource を参照してください。
  23. Traffic Director [5/2] Traffic Director の service routing API に、ゲートウェイ

    TLS ルーティング が含まれるようになりまし た。
  24. Virtual Private Cloud [5/9] 静的リージョン外部 IPv6 アドレスの予約 が、限定された Preview 機能として利用できます。アクセス

    については、営業担当者にお問い合わせください。
  25. Workflows [5/12] 以下の機能が追加されました。 • default および if は 表現の中の条件 をサポートします

    • map.get は マップ上で安全なルックアップを実行し 、キーが見つからない場合は null を返します [5/12] 現在のステップと実行の進行状況を追跡する Status フィールドを利用できます。 ワークフロー実行 REST API の概要 を参照してください。この機能は Preview です。
  26. Application Modernization 26

  27. Anthos Service Mesh [5/12] 1.11.8-asm.1 が利用可能になりました。 このパッチリリースには、 Anthos Service Mesh

    がサポートする機能 のリストに従って Istio 1.11.8 の機能が 含まれています。 Anthos Service Mesh バージョン 1.11.8-asm.1 は、envoy v1.19.3 を使用します。 [5/12] 1.12.6-asm.3 が利用可能になりました。 このパッチリリースには、 Anthos Service Mesh がサポートする機能 のリストに従って Istio 1.12.6 の機能が 含まれています。 Anthos Service Mesh バージョン 1.12.6-asm.3 は、envoy v1.20.3 を使用します。 [5/12] 1.13.2-asm.5 が利用可能になりました。 このパッチリリースには、 Anthos Service Mesh がサポートする機能 のリストに従って Istio1.13.2 の機能が 含まれています。 Anthos Service Mesh バージョン 1.13.2-asm.5 は、envoy v1.21.2 を使用します。
  28. Anthos Service Mesh [5/3] バージョン 1.13 がマネージド Anthos Service Mesh

    で利用可能になり、Rapid リリース チャンネル に 展開されます。 バージョン 1.12 は Regular リリースチャネルに昇格され、バージョン 1.11 は Stable リリース チャンネルに昇 格されます。 詳細については、マネージド Anthos Service Mesh リリース チャンネルを選択する を参照してください。 [5/3] 既存のラベルに加えて、「 istio-injection」ラベルをエイリアスとして使用できるようになりました。詳細 については、インジェクション ラベルを参照してください。
  29. Anthos clusters on AWS [5/9] Kubernetes バージョン 1.21.11-gke.1100 および 1.22.8-gke.1300

    でクラスタを起動できるようになりま した。 [5/2] Anthos Clusters on AWS aws-1.11.0-gke.6(前世代)が利用可能になりました。このリリースのクラス タ は、次の Kubernetes バージョンをサポートしています。 • 1.22.8-gke.1300 • 1.21.11-gke.1100 • 1.20.15-gke.5200 [5/2] 1.22 クラスタの作成に関する 4 月 19 日のリリースノートで発表された問題は解決されました。これで、 1.22 クラスターを作成できます。 [5/2] このリリースでは、coredns-autoscaler、calico-typha、および konnectivity-agent-autoscaler コン ポーネントから不要な権限が削除されています。
  30. Anthos clusters on Azure [5/9] Kubernetes バージョン 1.21.11-gke.1100 および 1.22.8-gke.1300

    でクラスタを起動できるようになりま した。
  31. Anthos clusters on VMware [5/2] 1.10 管理クラスタを使用した 1.11.0 ユーザー クラスタの作成は失敗します。

    1.11.0 ユーザー クラスタが 必要な場合は、次の回避策を使用してください。 1. 1.10 ユーザー クラスタを作成します。 2. ユーザー クラスタを 1.11.0 にアップグレードします。 3. 必要に応じて、管理クラスタを 1.11.0 にアップグレードします。管理クラスタをアップグレードした後、 1.11.0 ユーザー クラスタを作成できます。 アップグレード方法の詳細については、 Anthos clusters on VMware のアップグレード を参照してください。
  32. Anthos clusters on bare metal [5/4] リリース 1.10.4 Anthos clusters

    on bare metal 1.10.4 が ダウンロード できるようになりました。アップグレードするには、 Anthos clusters on bare metal のアップグレード を参照してください。 Anthos clusters on bare metal 1.10.4 は、Kubernetes 1.21 で実行されます。 [5/2] リリース 1.11.1 Anthos clusters on bare metal 1.11.1 が ダウンロード できるようになりました。アップグレードするには、 Anthos clusters on bare metal のアップグレード を参照してください。 Anthos clusters on bare metal 1.11.1 は、Kubernetes 1.22 で実行されます。
  33. Apigee API hub [5/4] 2022 年 5 月 4 日、Apigee

    API Hub は、Public Preview 用のソフトウェアの新しいバージョンのリリー スを開始しました。 Public Preview では、製品または機能を顧客がテストできるようになっています。プレビュー オファリングは 多くの場合公に発表されますが、必ずしも機能が完全であるとは限りません。また、これらの SLA やテクニ カル サポートのコミットメントは提供されていません。 Google が特に明記しない限り、プレビュー オファリン グはテスト環境での使用のみを目的としています。 [5/4] Apigee コミュニティに API Hub ラベルを追加しました。 [5/4] プロビジョニング手順を追加しました。 ドキュメント: API ハブをプロビジョニング [5/4] サポートを受ける方法の説明を追加しました。 ドキュメント: サポートを受ける [5/4] アクションを実行するための 適切な権限 がない場合、UI のアクション ボタンが無効になります。
  34. Apigee Connectors [5/12] Apigee の新しいコネクタの Preview リリース 2022 年 5

    月 12 日、Apigee の新しいコネクタの Preview バージョンをリリースしました。 [5/12] 次の新しいコネクタが Apigee で利用可能です。 • Apache Cassandra 接続 • BigCommerce 接続 • メール 接続 • JIRA クラウド 接続
  35. Apigee Integrated Portal [5/11] 2022 年 5 月 11 日に、Apigee

    統合ポータル ソフトウェアの更新バージョンをリリースしました。 [5/4] 2022 年 5 月 4 日に、Apigee 統合ポータルソフトウェアの更新バージョンをリリースしました。 [5/4] 非アクティブなユーザーのログインが拒否された場合のエラー メッセージは、ユーザーにとってより有 益なものになりました。 [5/4] portal-sso からのメールは、ユーザーがカスタム SMTP 設定で設定した送信者のメールアドレスにな るか、人間が読める形式の名前 orgname-portalname ではなく no-reply@google.com になります。この スクリーンショットは、 e2e の portal-sso から送信された電子メールを示しています。カスタム SMTP 設定 (tsnow-custom-smtp)の 1 つの電子メールとデフォルト設定( no-reply)の 1 つの電子メールが表示され ま す。
  36. Apigee UI [5/9] 2022 年 5 月 9 日に、Apigee X

    ソフトウェアの更新バージョン( 1-8-0-apigee-5)をリリースしました。 注: このリリースのロールアウトは本日から開始され、すべての Google Cloud ゾーンで完了するまでに 4 営業日以上かかる場合があります。ロールアウトが完了するまで、インスタンスに利用可能な機能と修正が ない場合があります。 [5/9] GoogleIDToken.Audience タグに useTargetUrl 属性が含まれるようになり、 Apigee ポリシーの Google ID トークンのオーディエンス構成が簡素化されました。 [5/4] 2022 年 5 月 4 日に、Apigee UI の更新バージョンをリリースしました。 注: このリリースのロールアウトは本日から開始され、すべての Google Cloud ゾーンで完了するまでに 4 営業日以上かかる場合があります。ロールアウトが完了するまで、 Apigee UI に新機能や変更が表示され ない場合があります。 [5/4] プロキシエディタの [開発] タブの新しいバージョンをリリースしました。 新しいプロキシエディタの概要 を参照してください。
  37. App Engine standard environment Ruby [5/4] App Engine standard 環境用の

    Ruby 3.0 ランタイムが 一般提供(GA)になりました。
  38. Artifact Registry [5/2] プロジェクト内のアーティファクト レジストリの場所を取得して一覧表示するには、次の権限が必要に なります。 • artifactregistry.locations.list • artifactregistry.locations.get

    これらのアクセス許可は、 Artifact Registry Reader ロール(roles/artifactregistry.reader)ロール、または これらのアクセス許可を含む別のロールを使用して付与できます。 [5/3] Artifact Registry は、europe-west9 リージョン(パリ、フランス)で利用できるようになりました。
  39. Cloud Build [5/10] Cloud Build 証明を使用してイメージのデプロイを保護できます。ゲート配置を設定する方法につい て は、Cloud Run と

    Google Kubernetes Engine へのイメージ配置の保護 をご覧ください。ビルド整合性レ コードを表示する方法については、 ビルドの来歴の表示 を参照してください。この機能は 一般提供(GA)で す。 [5/5] Cloud Build は、スクリプト フィールドをサポートするようになりました。これにより、ユーザーは、ビルド ステップで実行するシェル スクリプトを指定できます。この機能は Preview リリース として利用できます。詳 細については、スクリプト フィールドの使用 を参照してください。
  40. Cloud Functions [5/3] Cloud Functions は、Preview として次の新しいランタイムのサポートを追加しました。 • Python 3.10

    • PHP 8.1 [5/4] Cloud Functions は、 Ruby 3.0 をサポートするようになりました。この機能は GA です。
  41. Cloud Run [5/11] Cloud Run jobs が Preview で利用できるようになりました。 [5/5]

    Cloud Monitoring の SLO モニタリング または Cloud Run サービスページを使用して、 Cloud Run サービスのサービスレベル目標( SLO)を定義できるようになりました。
  42. Eventarc [5/12] Eventarc for Google Kubernetes Engine(GKE)が Preview で利用できるようになりました。

  43. Google Cloud Deploy [5/10] Google Cloud Deployでは、Cloud Build 操作のタイムアウトをデフォルト設定の 1

    時間から 変更で きるようになりました 。 [5/6] Google Cloud Deploy は、デフォルトとして Skaffold バージョン 1.37.1 をサポート するようになりまし た。
  44. Google Kubernetes Engine [5/13] タグ が利用可能になりました。タグを使用して、カスタムのビジネス ディメンションに従ってクラスタを グループ化または整理できます。これは、 GCP のリソース

    マネージャーが提供する階層的なリソース編成 に追加されます。タグを IAM や 組織ポリシー などのポリシーエンジン(条件付きルールを介して)と統合す ると、タグ バインディングを介して定義されたカスタム セキュリティ境界に一元化されたポリシーを適用する こともできます。
  45. Data Management / Data Analytics 45

  46. BigQuery [5/2] BigQuery の 大文字と小文字を区別しない照合 のサポートが Preview となりました。 照合は、照合が サポートされている操作で、文字列を並べ替えて比較する方法を決定します。大文字と小文字を区別しない

    照合を使用する場合、比較および並べ替え操作では大文字と小文字は無視されます。 下記の 操作 は照合をサポートします。 • いくつかの比較操作 • JOIN 操作 • ORDER BY 操作 • GROUP BY 操作 • いくつかのスカラーおよび集計関数の演算 • 集合操作 [5/2] COLLATE 関数は、Google Standard SQL for BigQueryで Preview で使用できるようになりました。 COLLATE 関数を使用すると、渡された STRING に対して、照合仕様を割り当てた STRING を返します。
  47. BigQuery [5/2] DEFAULT COLLATE 句が Preview で使用できるようになりました。この句を使用すると、デフォルトの 照合仕様が、照合をサポートするすべての列データ型に適用されます。次の DDL ステートメントで

    DEFAULT COLLATE 句を使用できます。 • CREATE SCHEMA 及び ALTER SCHEMA • CREATE TABLE 及び ALTER TABLE [5/2] COLLATE 句が Preview で使用できるようになりました。この句を使用すると、照合仕様がテーブルの 特定の列に適用されます。次の DDL ステートメントで COLLATE 句を使用できます。 • ALTER TABLE ADD COLUMN • ALTER COLUMN SET DATA TYPE [5/5] 新しい形式設定要素 %J は、DATE、TIME、DATETIME、および TIMESTAMP 関数で GA となりました。 この形式設定要素を使用すると、 ISO-8601 ベースの年間通算日を使用できます。 [5/5] PARSE_DATE、PARSE_TIME、PARSE_DATETIME、および PARSE_TIMESTAMP は、次の 日付と時刻の 形式要素 をサポートするようになりました: %a、%A、%g、%G、%j、%u、%U、%V、%w、および%W。
  48. BigQuery ML [5/3] 以下の新機能が ARIMA_PLUS モデルで GA になりました。 • ML.EVALUATE

    を使用して、MAPE、SMAPE、MSE などの新しい予測精度メトリックを計算できます • TIME_SERIES_LENGTH_FRACTION、MIN_TIME_SERIES_LENGTH および MAX_TIME_SERIES_LENGTH オプションを使用して、予測精度をほとんど、またはまったく損なうこと なく、高速モデル トレーニングを実行できます。 新しい予測精度メトリックを使用しながら、 ARIMA_PLUS モデルで 100 倍高いスケーラビリティを実現する方 法については、ARIMA_PLUS を高速化して 100 万時系列を数時間で予測する を参照してください。 ARIMA_PLUS のベスト プラクティス も参照できます。
  49. Cloud Bigtable [5/5] Cloud コンソールの Cloud Bigtable テーブルの概要ページ が GA

    になりました。テーブルの概要で は、選択したテーブルの監視メトリックとレプリケーションの詳細が表示されます。
  50. Cloud Composer [5/10] Cloud Composer のサービスレベル契約 が利用可能です。 [5/10] 次の非推奨のオペレーターは積極的なメンテナンスが行われなくなり、 Airflow

    2 オペレーターの将来のバージョ ンで削除される予定です。 代替オペレーターに切り替え ることをご確認ください。 非推奨の演算子:BigQueryExecuteQueryOperator, BigQueryPatchDatasetOperator, DataflowCreateJavaJobOperator, DataflowCreatePythonJobOperator, DataprocScaleClusterOperator, DataprocSubmitPigJobOperator, DataprocSubmitSparkSqlJobOperator, DataprocSubmitSparkJobOperator, DataprocSubmitHadoopJobOperator, DataprocSubmitPySparkJobOperator, MLEngineManageModelOperator, MLEngineManageVersionOperator, GCSObjectsWtihPrefixExistenceSensor. [5/13] Cloud Composer 1.18.8 および 2.0.12 は、2022 年 5 月 13 日にリリースされます。すべてのリージョンに新しい リ リースが展開されるため、今後の変更と機能に向けた準備をしてください。 このリリースは現在進行中です。 リストされ ている変更と機能は、一部の地域ではまだ利用できない場合があります。 [5/13] Cloud Composer は、pip 接続性をチェックするときに何度かの再試行を実行します。 [5/13](Cloud Composer 2)ストレージの使用量が制限に近づくと、ワーカーとスケジューラーが警告ログメッセージを 生成します。
  51. Cloud Composer [5/13](Airflow 2)[webserver]worker_refresh_interval Airflow 構成オプションのデフォルト値が 600 秒に変更されまし た。 [5/13](Cloud

    Composer 1)4 GB を超えるメモリを搭載したマシンタイプでの GCSfuse のメモリ制限を引き上げました。この 変更により、環境のバケットとワーカーポッド間の同期プロセスの安定性が向上します。 [5/13](アップグレードせずに使用可能) Private Service Connect サブネットワーク(connection_subnetwork)のドメイン プレフィックスが環境の詳細で省略されるようになりました。 [5/13] Cloud Composer 1.18.8 および 2.0.12 の イメージ が利用可能です。 • composer-1.18.8-airflow-1.10.15 (default) • composer-1.18.8-airflow-2.1.4 • composer-1.18.8-airflow-2.2.3 • composer-2.0.12-airflow-2.1.4 • composer-2.0.12-airflow-2.2.3 [5/13] Cloud Composer バージョン 1.16.3、1.16.4、および 1.17.0.preview.0 は、完全なサポート期間が終了 しました。
  52. Cloud SQL for MySQL / PostgreSQL / SQL Server [5/13]

    新しいメンテナンス バージョンは、セルフサービス メンテナンス を通じて利用できるようになりました。 新しいメンテナンス バージョンの詳細については、 メンテナンス変更履歴 を参照してください。 [5/2] 新しいメンテナンス バージョンは、セルフサービス メンテナンス を通じて利用できるようになりました。 これらの新しいメンテナンス バージョンの詳細については、 メンテナンス変更履歴 を参照してください。
  53. Cloud Spanner [5/3] クエリ オプティマイザー バージョン 4 が GA となり、デフォルトのオプティマイザー

    バージョンとなりまし た。
  54. Dataproc [5/9] Dataproc イメージの新しいサブマイナー バージョン: 1.5.65-debian10、1.5.65-ubuntu18、1.5.65-rocky8 2.0.39-debian10、2.0.39-ubuntu18、2.0.39-rocky8 [5/9] Dataproc Serverless

    for Spark はランタイムバージョン 1.0.12 を使用するようになりました。 [5/9] systemd-timesyncd と chronyd の間の競合状態が原因で、 chronyd systemd サービスを開始でき ない問題を修正しました。 [5/9] Dataproc Serverless for Spark ランタイムバージョン 1.0.1 は、新しいバッチ送信には使用できませ ん。
  55. Datastream [5/13] Datastreamは、1 億行を超える Oracle データベース テーブルのバックフィルをサポートするようにな りました。ドキュメントにアクセスするには、 ここ をクリックしてください。

  56. Firestore [5/13] Firebase App Check は、Firestore をサポートするようになりました。モバイルアプリまたはウェブア プ リで App

    Check を使用して、自分のアプリのみが Firestore データにアクセスできるようにします。この機 能 は GA です。
  57. AI 57

  58. Cloud Vision API [5/2] OCR モデルの移行 TEXT_DETECTION モデルと DOCUMENT_TEXT_DETECTION モデルが新しいバージョンにアップグレード

    さ れました。 API インターフェースとクライアント ライブラリは以前のバージョンと同じになります。 API は、同じ サービスレベル契約に従います。 レガシーモデルには、 2022 年 8 月 2 日まで引き続きアクセスできます。古いモデルの結果を取得するに は、Feature オブジェクトのモデルフィールドで「 builtin/legacy」を指定します。 2022 年 8 月 2 日以降、レガ シーモデルは提供されなくなります。 [5/5] OCR モデルの移行が元に戻りました この移行に起因するバグを修正する間、「 builtin/stable」モデルを一時的に元のバージョンに戻しました。 5 月 16 日の週に OCR に使用される「builtin/stable」モデルを「builtin/latest」のモデルで再度更新し、新しい リリースノートを作成します。 「builtin/stable」をアップグレードしてからさらに 90 日間、元のモデルを「 builtin/legacy」として使用できるよ うになります。
  59. Vertex AI Workbench [5/12] Dataproc サーバーレス Spark と VPC ピアリングを使用しているときに

    Spark サーバーネットワーク エラーが発生する問題を修正しました [5/12] M91 リリース Vertex AI Workbench マネージド ノートブックの M91 リリースには、次のものが含まれます。 • LogsViewer を介したコンシューマー プロジェクトへのログ ストリーミングがサポートされるようになり ました • net-tools パッケージを追加しました • 定期的なパッケージの更新とバグ修正
  60. Security 60

  61. Chronicle [5/10] 統合データモデルでは、次の新しいフィールドを使用できます。 • parent_session_id がネットワーク オブジェクトに追加されました。 • first_seen_time が

    アセット オブジェクトに追加されました。 ユニファイド データモデルのフィールドのリストと説明については、 ユニファイド データ モデルのフィールド リ スト を参照してください。
  62. Chronicle [5/11] 次のサポートされているデフォルトのパーサーが変更されました (製品名と取込ラベルでリストされています) : ExtraHop RevealX(EXTRAHOP) Imperva(IMPERVA_WAF) Windowsイベント(WINEVTLOG) Azure

    ADの組織コンテキスト( AZUREADCONTEXT) Citrix Netscaler(CITRIX_NETSCALER) Elastic Packet Beats(ELASTIC_PACKETBEATS) Elastic Audit Beats(ELASTIC_AUDITBEAT) Sendmail(SENDMAIL) VMware vCenter(VMWARE_VCENTER) AWS VPCフロー(AWSVPCFLOW) ブルーキャット DDI(BLUECAT_DDI) Cisco ACS(CISCO_ACS) Cisco Firepower NGFW(CISCOFIREPOWERFIREWALL) Forcepointプロキシ(FORCEPOINT_WEBPROXY) McAfee ePolicy Orchestrator(MCAFEE_EPO) Office 365(OFFICE_365) Apple MacOS(MACOS) アーチャー統合リスク管理( ARCHER_IRM) Cisco Meraki(CISCO_MERAKI) Elastic Windowsイベントログビート( ELASTIC_WINLOGBEAT) IBM DB2(DB2_DB) Cisco ISE(CISCO_ISE) F5 BIGIP LTM(F5BIGIPLTM) ジュニパーネットワークス( JUNIPER_JUNOS) Microsoft Exchange(EXCHANGE_MAIL) VMware ESXi(VMWARE_ESX) デジタルシャドウサーチライト( DIGITALSHADOWSSEARCHLIGHT) Azureファイアウォール( AZURE_FIREWALL) ForgeRock OpenAM(OPENAM) FortiGate(FORTINET_FIREWALL) ZScaler NGFW(ZSCALER_FIREWALL) OpenVPN(OPEN_VPN) 各パーサーの変更の詳細については、 サポートされているデフォルトのパーサー を参照してください。
  63. Thank you