チームビルディングを学ぶワークショップ〜まちづくり編〜

 チームビルディングを学ぶワークショップ〜まちづくり編〜

ブロックを使って街づくりをしながら、PDCAを素早く回すスクラム開発とチームビルディングを体験できるユニークなワークショップです。
今年の2月に行われた「WHY DESIGN TOKYO 2019」で実施され、反響の多かったこのワークショップ。
サービス開発プロセスを擬似的に体験する手段として考案されたDMMの社内研修がベースになっています。

いかに高速に、柔軟に、効果的な開発をするかは、デジタルプロダクトを作る現場において、常に関心度の高いトピックではないかと思います。

「ウォーターフォールから抜け出してアジャイル開発を取り入れてみたい」
「スクラムでアジャイル開発を始めてみたけれど、いまいちうまくいっている気がしない」

そんな課題を抱えた開発現場へのヒントとして、多数のスクラム開発経験のあるDMMの開発メンバーをお招きし、DMMの社内研修で取り入れられているプログラムを応用したスクラム開発&チームビルドのワークショップを、一般向けに開催いたします。

みずからメンバーとしてワークショップに参加することで、チームで一丸となって内外要因に向き合い、メンバーそれぞれの考えや検討フローを可視化し変化に対応しながら、素早くPDCAを回してプロダクトを開発・強化していくプロセスを擬似的に体験できます。
普段同じような課題意識を持っている他の参加者と、ディスカッション・情報交換しながら学びを深め、実際の現場に取り入れるヒントを見つけてください。

■対象イベント
https://roppongi-designers.connpass.com/event/124777/

■参考記事

◉"良い"チームづくりのデザインパターンを模索するワークショップ
https://note.mu/norinity1103/n/n7b96b144b450

◉DMMでの実践例(DMMブログより)
https://inside.dmm.com/entry/2017/09/21/dmmlabotech-scrum

Efe3b32c678d6071ea1f06478fd2156b?s=128

Noriaki Kawanishi

April 22, 2019
Tweet

Transcript

  1. チームビルディングを学ぶ ワークショップ 〜まちづくり編〜

  2. デザイナーやエンジニア、PM、POなど 様々な職種のクリエイターが横で繋がり 情報交換や、他業種同士のコラボレーションについて ディスカッションする場の提供を 不定期で行なっています。 六本木デザイナーズ

  3. 河西 紀明 Noriaki Kawanishi DMM.com デザインストラテジスト @norinity1103 宮吉 哲平 Miyayoshi

    Teppei DMM.com デザイナー @3844_3844 中川 陽介 Yosuke Nakagawa DMM.com デザイナー @BEMU 島津 しほり Shihori Shimazu デザイナー / 認定心理士 @siporin_ 冨士 孔太 Kota Fuji UIUX Designer @fujirecords インストラクター紹介
  4. None
  5. グラフィックレコーダー うさたろう Usataro @pp_usatarou ビッグサン Shihori Shimazu @bigsan33 Makiko Ito

    グラフィックレコーダー 中村 佳奈子 Kanako Nakamura @puchikana うさたろう Usataro @pp_usatarou ビッグサン Shihori Shimazu @bigsan33 Makiko Ito
  6. スタッフ 寺田 優佳 Yuka Terada 久保田 賢二朗 Kenjiro Kubota @kubotak_public

    石田 智子 Tomoko Ishida @tomokoishida19
  7. まちづくりワークについて

  8. まちづくりの体験を通してチームビルディングのパターンを学ぼう

  9. クライアントワーク・インハウス限らず、協業化は望まれている

  10. どうしてこうなった...を防ぐために、混沌とした状況を受け入れていく

  11. 視点によって異なるUXの定義

  12. “最高”の定義って何?

  13. 2軸のフィードバックサイクル

  14. ex) “良い"プロダクトを作るた作る"良い”チームを作る (学習はセット)

  15. ex) 体験的なプロトタイピン少しずつ”少しずつ”

  16. 「まちづくり」はチームでプロダクトを作る協業体験です

  17. 今回のワークショプで学べる色々な「見える化」

  18. 「まちづくり」はチームでプロダクトを作る協業体験です

  19. 2 分 ふりかえりシートに 各自の課題を記入 WORK テンプレートに沿ってください このワークショップに参加した 理由と現場での課題感 このワークショップに参加して 得られたこと

  20. 3 分 自己紹介&「現場の課題感」の共有 WORK 1人30秒です。簡潔にお願いします m( )m

  21. まちづくりワークの実施

  22. 3 分 家族の役割と その役の「趣味」を決める WORK 家族の引越のシチュエーションを想像しましょう 設定を語り合ってストーリーを描きます テーブルのみなさんは今日は家族です 趣味: 趣味:

    息子 年齢:9才 職業:小学生 犬(ペット) 年齢:2才 職業:ペット 年齢:40才 職業:公務員    (市役所勤務) 父 趣味: ★必須
  23. (役割) (施設) (理由) として が欲しい。 なぜなら、 からだ。

  24. 読書好きの父 静かで落ち着く図書館 一人で趣味を嗜む として が欲しい。 なぜなら、 からだ。 落ち着ける場所がない

  25. まちづくりワークの実施

  26. 4 分 役割になりきって、引っ越す街に 欲しい施設を各2枚書く WORK 理由と目的を具体的に書きます 要望は家族で読み合わせましょう として が欲しい なぜなら、

    だからだ
  27. 2 分 家族の中から市民代表を選出する WORK 代表は、新しくつくる街の責任者になります チームの意見をまとめ"把握”します 開発チームの成果物の受け入れの合否をします 腕章をつけよう!

  28. 顧客と開発チームの両方体験します

  29. 6 分 家族会議を開き、 要望の共有と整理をしよう WORK 必要であれば、要望を追加・削除・分割・結合 模造紙の中央を家として、要望カードを配置 要望の譲れない条件を白い紙に書き、 追加要望としてテープで繋げよう 学校が

     欲しい 色が カラフル 追加情報は つなげる 公園 学校 病院 遊園地
  30. 6 分 色ペンを使って模造紙に まちの全体像と施設を描こう WORK 理想像をテキストを使わず絵で描きましょう 第三者に伝わるように詳細に描きましょう 施設や建物は検索など調べてもOK、 道や山などもイメージしよう 公園

    学校 遊園地 病院
  31. 席を移動してください。 席移動 開発者 顧客   

  32. None
  33. 顧客のプロフィールと要望を把握し 開発前の確認事項を洗い出しましょう WORK 6分 作業を始める前に不安なこと疑問を洗い出します あとで隣チームの代表に、確認します。 要望ごとに確認することなどを、白い紙に書き出しましょう 趣味: 趣味: 息子

    年齢:9才 職業:小学生 犬(ペット) 年齢:2才 職業:ペット 年齢:40才 職業:公務員    (市役所勤務) 父 趣味: ★必須
  34. 休憩(5分)

  35. 開発者どうしで 作業量の認識合わせ 職能も経験も違うとほぼ一致しない ずれた場合に議論することで 認識は合わせられる 繰り返すことで精度もあがるし、 相互学習やリスクヘッジも

  36. 10 分 見積もりシートを使って 要望の難易度を記入しよう WORK チームで指差し確認1枚につき1つ数字を記入 8や13など大きい場合は分割などの相談OK 新しい情報はカードに追加記入してテープで繋げる 追加情報は つなげる

    学校が  欲しい 色が カラフル
  37. 席を移動してください。 席移動 顧客 開発者   

  38. 2 分 要望カードを優先順に 並び替えよう WORK カードに見積もりされた数字を参考に検討 優先度の高いものを上から5つ並べます それ以外は適当に整列させましょう

  39. 席を移動してください。 席移動 開発者 顧客   

  40. 「だれが何をやっているか」を見える化

  41. 要望カード全ての合計を足して2で割った数を「予想値」に記入 完了した作業で代表に認めてもらったものが「成果値」に入る

  42. 3分 WORK この数字が現状のチームのパフォーマンスです はたして見積もり通りに行くのでしょうか? カンバンの「予想値」に 要望カードの合計数を割った数を記入 全ての 要望カードの合計 ◯◯ ÷

    2 = △△
  43. WORK ワーク一回分のまででOK 開発チーム”勝手に順番や内容を 変更”するのはNG 5分 代表に積極的に質問しましょう 並び替えや分割の相談 予想値ぴったりになるように 作業する要望カードを選びます

  44. 要望カードを完了のための タスクを洗い出しましょう WORK 書いたらカンバンにはりましょう(見える化) できるだけ優先順位の高いものに集中しましょう(完成が成果) 5分 誰がやるかを宣言・記入しましょう(複数OK)

  45. ブロックによる まちづくり開始 WORK 声の掛け合いを大事に(1つでも完成しないとポイントになりません) 7分 時間が余ったら他の人を手伝いましょう 一つでも多く一つづつ“完成"させましょう

  46. WORK 代表はOKかNGの返答をします 要望を満たしているものは代表が「OK」記入 完了したものの合計を「成果値」に記入 成果の発表です。作った人がドヤりましょう 成果のお披露目会で 代表はOKかNGの返答をする 10分

  47. 付箋を使って成果物と プロセスのふりかえりをします WORK 新しく見つけた課題は?(Problem) 次の回で活かす点は(Try) この開発でよかったことは(Keep) 5分

  48. 成果のふりかえりを踏まえ 見積もりシートで確認 WORK 今のチームの力ならどうだろう? 仕掛中のものは手付かずの状態の時で計算 一度目は適正だった?学びを活かしてみよう 5分

  49. 席を移動してください。 席移動 顧客 開発者   

  50. WORK ガッツリかえちゃいましょう 3分 「何か」が起こった想定!事情が変わりました。 当然要望も変わってきます。 理由も添えて並べ替え 開発チームの成果を参考にしつつ 要望カードの優先順を入れ替え

  51. 席を移動してください。 席移動 開発者 顧客   

  52. 3分 WORK 本来は2回で全て完了の予定でしたが どうでしょう? 見積もりの精度やスピードは 以前より増すかもしれません 前回の開発の「成果値」を参考に 2回目の「予想値」を記入

  53. WORK ワーク一回分のまででOK 開発チーム”勝手に順番や内容を 変更”するのはNG 代表に積極的に質問しましょう (並び替えや分割の相談) 5分 予想値ぴったりになるように 作業する要望カードを選びます

  54. 要望カードを完了のための タスクを洗い出しましょう WORK 書いたらカンバンにはりましょう(見える化) 5分 誰がやるかを宣言・記入しましょう(複数OK) できるだけ優先順位の高いものに集中しましょう(完成が成果)

  55. ブロックによる まちづくり開始 WORK 完了したタスクはカンバン右に移動して状態を明確に! 声の掛け合いを大事に (1つでも完成しないとポイントになりません) 7分 時間が余ったら他の人を手伝いましょう

  56. WORK 代表はOKかNGの返答をします 要望を満たしているものは代表が「OK」記入 完了したものの合計を「成果値」に記入 成果の発表です。作った人がドヤりましょう 成果のお披露目会で 代表はOKかNGの返答をする 10分

  57. 全体のふりかえり

  58. クロージング・セッション

  59. 発注側(クライアント)として発注 受注側(製作者)としてまちづくり

  60. コミュニケーション・コラボレーション 納期・コスト的に難しい問題 技術的に難しい問題 まずはなにからチャレンジできる? 不確実性に向き合い建設的に歩み寄ろう

  61. ex) “良い"プロダクトを作るた作る"良い”チームを作る (学習はセット)

  62. 「まちづくり」はチームでプロダクトを作る協業体験です

  63. ふりかえりシートに記入 (今回のワークで気づいたこと、明日からチャレンジできそうなこと) NEXT ACTION

  64. 記録した紙を見ながらチームで振り返ろう (e.g. この行動がキッカケだった/ ◯◯はこう出来たなー) 3 min LAST WORK

  65. None
  66. ワールドカフェ前に… プレゼントタイム

  67. UIデザイン みんなで考え、 カイゼンする。 栄前田 勝太郎 河西 紀明 西田 陽子 (著)

  68. みんなで他グループの成果物と グラレコを見て回りましょう \振り返りシールもご活用ください!/

  69. ※石田までお声がけください このあと、17:30〜 場所を移して懇親会をします お気軽にご参加ください!

  70. 六六本木デザイナーズ Slackのご参加も お待ちしています! \最新イベント情報発信中!/