Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Laravel5.1をつかった Webアプリケーション開発

A957664ebee736441a342c8088375f88?s=47 kan
February 17, 2016

Laravel5.1をつかった Webアプリケーション開発

いまどきのPHPフレームワークは、こんなことになってるよ

A957664ebee736441a342c8088375f88?s=128

kan

February 17, 2016
Tweet

Transcript

  1. いまどきのPHPフレームワークは、 こんなことになってるよ Laravel5.1をつかった Webアプリケーション開発 2015/08/20 kan@notice.co.jp http://www.notice.co.jp/ @notice_inc

  2. お話しすること • フレームワーク・アーキテクチャ • Laravelの特徴 • Laravelのアプリケーション開発サイクル • ステージング環境構築 •

    脆弱性検査とパフォーマンス検査 • CI
  3. フレームワーク・アーキテクチャ • PofEAA (Patterns of Enterprise Application Architecture) • DDD(Domain

    Driven Development) • GoF Design Patterns • (The Three Amigos, UML)
  4. 最近、話題のアーキテクチャ MicroService Architecture PofEAAの著者マーティン・ファウラー氏が提唱 こんな話も… http://www.slideshare.net/AkiraMiki/20160722-microservice PHP Micro frameworks こっちは小さい・シンプルって方

    Lumen,Slim,Silex
  5. Laravel5.1の特徴 • PHP >= 5.5.9 • LTS(Long Term Support) •

    Composerによるパッケージ管理 • Symfony2コンポーネント継承 • IoCコンテナ装備 • データベースマイグレーション機能 • 強力なORM(Eloquent ORM) • Bladeテンプレートエンジン • gulpが標準タスクランナー(Elixir)
  6. ベンチマーク 遅い、大食い… DIのせいかな?? 全てのサービスがリクエストごとにDI対象 しかし、 不必要なサービスを外すとか チューニングすれば、解消? PHP7/HHVM(JIT)とか使えばいっか!

  7. アプリケーション開発サイクル 命名規則(CoC)とケーススタイル データベーステーブル、カラム名は スネークケーススタイル(hoge_fuga) テーブル名は複数形・モデルクラス名は単数形 PHPコーディングはPSR-2準拠(Laravel5.1準拠) メソッド・変数名は文脈で単数・複数形を使い分け CSSのid,classはチェインケーススタイル(hoge-fuga) ※CSSはSMACCSに準拠,CSSプリプロセッサはLess

  8. アプリケーション開発サイクル Laravelインストール $ composer create-project laravel/laravel --prefer-dist $ cd laravel;

    git init # とりあえずリポ作成 $ composer install # frameworkのダウンロード $ gulp # ビルド(transpile,minify,uglify CSS/Javascript) $ artisan serve # PHP buildin server起動(port:8000) create-project使うと、passwordハッシュのソルトとか自動生成してくれて便利 Javascript/CSSライブラリはbowerとnpmでパッケージ管理
  9. アプリケーション開発サイクル データベースマイグレーション Schema Builderでテーブル定義を書く。 $ artisan make:migration create_users_table $ artisan

    db:migrate 初期データの投入はseederを書く(モデルクラス定義後)。 $ artisan db:seed
  10. アプリケーション開発サイクル 各テーブルのORMクラスを生成 $ artisan make:model User 関連もORMクラスに定義 hasOne(),hasMany(), belongsTo(),belongsToMany()... Lazy

    Eager Loadingをサポート
  11. アプリケーション開発サイクル URI設計とルーティング設定 URIとコントローラのメソッドを結びつける Route::get(‘/projects’, ‘ProjectController@index’); Route::get(‘/projects/{id}/show’, ‘ProjectController@show’); Pretty URLで記述できる。 middlewareと呼ばれるフィルタを自在に設定可能。

  12. アプリケーション開発サイクル コントローラを書く コントローラの役目は、 (1)リクエストをバリデーション(バリデータをDIできる) (2)ビジネスロジックを実行 (3)表示に必要なデータをViewへ渡すまで。 コンストラクタでサービスの実装をDIする。 public function __construct(ServiceInterface

    $service) fat controllerにしない。 ビジネスロジックはサービス層で、設計と実装を分離する。 UnitTestがしやすくなる。
  13. アプリケーション開発サイクル PHPUnit Laravelのテスティングクラスでテストケースを記述 Webページのインタラクティブな動作も記述可能(visit,click,see) フレームワークのメソッドをMockできる(Mockery)。 未完成のサービスはDIでMockをbindする。 ファクトリを使ったテストデータ作成(Faker) データベースもテストケースごとにリセット可能(ロールバック)。 PsySHでインタラクティブなテストも可能 TDD(テストファースト)からBDD(スペックファースト)へ

    開発とはオールレッドをオールグリーンに変えていく作業。
  14. ステージング環境の構築 VirtualBox+Vagrantで プロダクション環境と 同じOS、ミドルウェアを構成管理 プロビジョニングはAnsibleを利用 デプロイメントもAnsibleを利用 ※デプロイメントスタイルはCapistranoスタイル QA(Quality Authroity)向けにも提供

  15. 脆弱性検査とパフォーマンス検査 Vaddy+New Relic どちらも無償版があるが、 実務では有償版でないと十分機能しないかも。

  16. CI(Continuous Integration) Gitリポジトリのmasterへpush/mergeをトリガー ステージング環境をVagrant,Dockerで 一時的に構築しプロビジョニング Gitリポジトリからmasterをarchive/export ビルド ユニットテスト実行 (結果を通知 HipChat,Slackとかへ)

    通過すれば、Vaddyで脆弱性検査 ステージング環境を破棄 プロダクション版リリース これらをCIで自動化したい。 TravisCI,Jenkins,CircleCI