Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

OnLineHackathon_AdvanceDocuments

688180c23dcbb4085cdcc3f4215536dd?s=47 oec
May 31, 2020

 OnLineHackathon_AdvanceDocuments

688180c23dcbb4085cdcc3f4215536dd?s=128

oec

May 31, 2020
Tweet

Transcript

  1. Hiroshima Motion Control Network 広島県 事前案内

  2. Icon Designers credits http://handdrawngoods.com レッドハッカソン オンライン2020 事前アジェンダ • 当日までに準備頂きたいもの •

    チーム結成後に決めて頂きたいこと
  3. • オンラインイベントに必要なアイテム ◦ マイク・ヘッドセット ▪ イベントで聞いたり、喋ったりな どほぼ全般的に使います ◦ USBカメラ(必須ではありません) ▪

    ハードウエアの作品を作った場合 に、自由に手元が写して画面共有 できる必要があります ▪ 顔を写すだけなら、パソコンの標 準のカメラでOKです 当日までに準備頂きたいもの その1 レッドハッカソン オンライン2020 BLEのワイヤレス ヘッドセットは電 池が持たないの で、USBヘッド セット(パソコン から電源供給)が お勧め ハードウエア作品 を作る方は、USB カメラがあると便 利です。
  4. • 各種アカウント&ツール ◦ Googleのアカウント ▪ チームビルディングでGoogleスライドなどのア クセスに利用します ◦ Facebookのアカウント ▪

    今回のイベントページを作成します ◦ Zoomのインストールとアカウント ▪ イベント全般に利用します ◦ Roundzのインストールとアカウント ▪ チーム結成後に使用する想定です ▪ connpass登録時のアドレスで登録してください 当日までに準備頂きたいもの その2 レッドハッカソン オンライン2020 次ページ 補足あり
  5. roundzのインストールとアカウント登録について • インストールは簡単。ユーザ登録は、インストール後にできます • こちらからダウンロード「https://roundz.jp」 QR: 動画:Mac版のインストール 動画:Windows版のインストール 各種アカウント&ツール:roundzのインストールとアカウント

  6. チーム結成後に決めて頂きたいこと レッドハッカソン オンライン2020 • 役割分担とチーム活動のタイムチャート の作成 ◦ メンバーとのコミュニケーション手段を最初 に決めてください •

    タイムチャートに連動した利用ツールの 確定 • 発表方法の確定と発表計画 上記完成したら、運営にご連絡ください
  7. 対面で気軽にコミュニケーションできない分、集中時間を決めてください • 対面と違い、気軽に声をかけていいか見えない。声をかけにくいかも • 全員で話す時間、進捗状況の確認、課題共有の時間を決めると良い。 メンバーとのコミュニケーション手段:役割分担とチーム活動のタイムチャート作成 12:00 13:00 14:00 15:00

    16:00 17:00 18:00 19:00 20:00 08:00 09:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 例)Day1 サンプルチームスケジュール 2.アイディアのブラッシュアップ(全員) 1.ランチ・自己紹介、進め方協議(全員) 3.発表シナリオ の作成 ・デザイナBさん ・プランナCさん 5.進捗確認(全員) 4.実現方法の検討、プ ロトタイプ作成開始 ・エンジニアAさん、Dさん 8.中間報告 (リーダ) 9.進捗確認・課題共有(全員) 10.各自作業 12.中間報告 (リーダ) 11.進捗確認・課題共有(全員) 6.発表シナリオ の作成 ・デザイナBさん ・プランナCさん 17.プレゼン・審査・結果発表(全員) 7.プロトタイ プ作成開始 ・Aさん、Dさん 14.ランチ/発表方法の確定/準備分担 (全員) 15.発表準備(全員) 16.発表リハーサル(全員) 13.各自作業 例)Day2 サンプルチームスケジュール ずっと繋ぎっぱなしだと会話持たないか、話すぎて進まないか、疲れる・・・のでメリハリを!
  8. タイムチャートで定義した会議帯、作業に応じて使用するツールを決める • チーム内でタイムチャートを確定したら、どの場でどんなツールを使用 するか、定義すると、コミュニケーションロスの発生を減らせます メンバーとのコミュニケーション手段:タイムチャートに連動した利用ツールの確定 タイムチャートNo. 通話 画面共有 チャット ファイル

    共有 スライド 共同編集 アイディア 課題整理 1,2,5,9,11,14,15 roundz roundz FBメッセン ジャー Google Drive Google スライ ド Googleスプレッド 3,6 roundz roundz FBメッセン ジャー Google Drive Google スライ ド Googleスプレッド 4,7 roundz roundz Slack Google Drive Google スライ ド Googleスプレッド 上記は例です。全員が使いやすいツールをチームの中で決めていただいても大丈夫です。
  9. チームでGoogleスライドを編集してプレゼン資料を作るのがベストです • チームメンバーで1つのスライドを共同編集ができます • 確認や議論が必要な場合、音声通話が苦手な人はチャットが打てます メンバーとのコミュニケーション手段:タイムチャートに連動した利用ツールの確定 Googleスライド上で チャットができます 共有したメンバー全員が スライド追加、変更など

    を並行して行える 共有メンバーのログイ ン状態が見える 共有は「Share」ボタンを押して、 メールアドレスか、「Copy link」で メンバーに共有するだけでできます
  10. Mac:クリック Windows:右クリック チームでGoogleスライドを編集中に意見がある場合はコメントを使う • 他の人の作成中スライドを触ると混乱する為、コメントで知らせる • 意見をログとして残して、あとで反映済みか確認ができる メンバーとのコミュニケーション手段:タイムチャートに連動した利用ツールの確定 1.コメントするスライドを選択 2.コメント欄にコメントを入力

    3.名前とコメントが残る
  11. 発表も作品の一部になります。発表プランを事前にご提出ください。 • 画面越しに、作品の良さ、臨場感を伝える創意工夫も作品になります • 綿密にメンバーと話して、チームで審査員に伝える企画が必要です メンバーとのコミュニケーション手段:発表方法の確定と発表計画 STEP1 発表方法の検討 STEP2 発表シナリオ作成

    と役割分担 STEP0 利用技術の確認 STEP3 発表プランを運営 に提出 いつまでに (目安) 2日目の中間報告 (9:00) 2日目のお昼頃 (12:00) 2日目のお昼頃 (13:00) 2日目のおやつ時(15:00) 誰が チームリーダー (アイディア発案者) チームリーダー (アイディア発案者) チームリーダー (アイディア発案者) チームリーダー (アイディア発案者) 誰と/誰に エンジニア担当 チームメンバー全員 チームメンバー全員 運営メンバー なぜ/何を 利用した技術で発表の仕方 に影響がある 画面越しにどのように審査 員に伝えるか 分担とシナリオで準備物、 手順をメンバーで確認して リハーサルする 運営のサポートの必要の有 無を確認します
  12. STEP1:オンラインハッカソンでは、発表の準備時間も重要になります • 作品の良さを画面越しに伝えるには工夫する時間が必要です • もちろん、上記の方法以外の手法を考えていただいても大丈夫です メンバーとのコミュニケーション手段:発表方法の確定と発表計画 1.事前に審査員に体験して頂く 2.現地,現物をライブ中継する 3.紹介ムービーを作成する メリット

    デメリット 作品の完成度を伝えられる 言葉では表現できない使い勝手を伝えられ る プレゼンは3.紹介ムービーで簡略化できる 作品の完成度を伝えられる チーム員が自宅からライブ中継することに より臨場感がでる(かも) プレゼン時に作品が動作しない、という失 敗はない Webコンテンツに限定される。 2日目16:00〜のプレゼンより早く作品を公 開する必要がある。タイムチャートや配布 方法などの綿密な段取りが必要 プレゼン者の切り替えは綿密なリハーサル 要 失敗した時にピンチ。リカバリー方法を並 行して検討しておく必要がある 成功したシーンだけを映像にできるので作 品の完成度は伝わりにくい可能性あり 審査員 チーム員 Webコンテンツ 使い方説明 チーム員 ビデオ/画面共有 (スライド、カメラ映像) 審査員 プレゼン ライブデモ 審査員 チーム員 ビデオ/画面共有 (スライド、動画) プレゼン 発表方法 の例
  13. STEP2:発表スライドを作成する前に絵コンテみたいなものを準備する • 発表シナリオ、伝え方自体も作品になりますので、ご利用は計画的に • 切替えのスムーズさ、デモの臨場感など、視聴者を驚かせてください メンバーとのコミュニケーション手段:発表方法の確定と発表計画 アイディアの 発想の経緯 着目した課題 所要時間

    3分 スライドの 構成 (伝えたい 事、喋って ほしい事) 喋る人 チームリーダーAさん 資料用意す る人 Aさん 準備物 スライド、音楽 こうやった ら解決でき る 2分 Cさん Cさん スライド、システム・アプリ デモ実施 (xxがわ かるデモ をやる) システム 構成 今回のデモ の範囲 Aさん プランナーBさん 将来的な 機能イ メージ エンジニアCさん Aさん ★ 作成するスライドの外観、順序をメンバーと共有するために、シナリオを作成します 例) オンライン上で、審査員を巻き込んだデモもインパクトになるかも!?
  14. roundzは音声通話と画面共有のツールです。チャットはできません。 • スケジュール共有、画面共有で相手の都合に合わせて通話が行える • PCステータス共有(離席中、ミュート、スピーカーOFF)も確認できます 動画:roundzの使い方 通話不可な場合の共有も可能 Googleカレンダーと同期すれば メンバーに予定を共有可能 メンバーとのコミュニケーション手段:Roundzの使い方

    使い慣れているツールがあれば、メンバーと話し合って自由にツールを導入してください
  15. roundzで特定の人に話かけたい場合は、「話したいです」ボタンを押す • ディスカッションの時間帯でどうしても相談したいことがある場合にこ の機能が有効です。運営は「集合部屋」に待機しています 動画:roundzの使い方 ユーザ名で話す人を選択する メンバーとのコミュニケーション手段:Roundzの使い方 オレンジの場合 は、離席中です これが「話したい

    です」ボタン 緑の場合は、パソ コンの前にいます ロックマークに なっていなければ 出入り自由です
  16. 3名以内でアイディアをブラッシュアップするならmiroがお勧め • 3名まで同時編集がFreeな為、書き込みながら話し合いができる • 参照のみであれば、何人でも利用することができます 動画:miroの簡単な操作について メンバーとのコミュニケーション手段:miroを使う miroのライセンス 料金体型:https://miro.com/pricing/ 参考になるサイト

    https://note.com/at_design/n/n80acc8b6c62c
  17. 初めてのオンラインハッカソンのため、トラブル 等々があるかも知れません。 イベントは、皆様で作り上げて行くものですの で、運営・参加者関係なく互いにフォローして、 楽しい物づくりイベントにしていきましょう