自動化して開発者に喜んでもらえたこと

3e31ffe1dc0eccbe2f30b99de11246cf?s=47 oikawa
July 30, 2020

 自動化して開発者に喜んでもらえたこと

3e31ffe1dc0eccbe2f30b99de11246cf?s=128

oikawa

July 30, 2020
Tweet

Transcript

  1. 自動化して開発者に 喜んでもらえたこと Wingarc1st, 及川

  2. 自己紹介 名前 及川 住まい 北海道札幌市 所属 ウイングアーク1st 株式会社 普段は製品のテストをしたり、 自動テスト支援活動してます

    わりとアクティブ趣味
  3. 今回登場するターゲット 集計表をWebとExcelで扱うUI製品を主に担当 してます

  4. いま運用 している 自動テスト WebのUI自動テスト ExcelのUI自動テスト API自動テスト 速度評価

  5. 自動化って開発や品質が単独でやろうとすると 失敗する例が多い(と思っている) 開発 開発スピード! テストパターン! 品質 知識! 仕様変更!

  6. 定着に至った一つ の例です

  7. 災厄の章

  8. 自動テスト運用前の(本当にあった)悪夢 敗因 - 極めて重大な不具合の発生 バグが発生した! え、このバグは、 中断リジェクト! 製品βビルドができました 開始条件確認テストをします

  9. 自動テスト運用前の(本当にあった)悪夢 敗因 - 不具合数/テストケース数 9% ・・・ ・・・・ リジェクト 直しました テスト再開します

  10. 自動テスト運用前の(本当にあった)悪夢 敗因 - テストケース数/バグチケット 12% - 重大な不具合 18件 バグが発生した! たくさん発生した!

    リジェクト! 直して強化しました テスト再開します
  11. 自動テスト運用前の(本当にあった)悪夢 リグレッションテストケースを 与えます(数百件) 1か月後にフェーズ進行を強行するの で品質はどうにかしてください ビルドのたびに 実施するとよいでしょう(手動)

  12. 悪夢の裏側(意訳) 隙はない。やれるものならやってみろ 徹底的にたたけ。1日で滅ぼせ。 拝承 戦争だったんだ。

  13. 復活の章

  14. 悪夢はもうイヤ 内部品質を向上するため、 大規模リファクタリングが決定する 「開発、内部コード するってさ」 リメイク

  15. None
  16. 作り直しても変わってないことを保証 これって、自動テスト向きなことですね

  17. 開発にとって バグが多い

  18. 品質にとって バグが多い

  19. 共通認識はあったので 協力した体制を敷くことができた

  20. 成長の章

  21. できたこと 1st 変更方法を聞いて そこに対する自動 テストをQAで実 装 2nd インタフェースか らテストするため にテストに使える

    APIをテストツー ルとしてDevに実 装してもらう 3rd 暗黙な仕様などを Dev/QAで協力し て洗い出し片っ端 から自動テスト実 装 4th 開発プロトからテ ストFW実装し、 開発テストを自動 テスト化
  22. 変更方法を聞いてそこに対する 自動テストをQAで実装 • 弱点だったり、不安なところを共有してもらったり、自動テス トに向いているところ、やりかたを相談したり • すくなくとも出てきてから初めて触るとかはない • ゆるやかな開発と品質の協力体制

  23. テストに使えるAPIをテストツールとして Devに実装してもらう • 開発に内部APIを利用したテストツールを作ってもらった • テストケースは品質担当の実装 • 積極的な開発と品質の協力体制 • 自動でできるテスト量の増大化

  24. Dev/QAで協力して洗い出し片っ端から自 動テスト実装 • 誰かしか知らない情報など洗い出し資料化 • 知識の統合 • テスト実装も協力 • 連携した品質向上の体制

    • 開発者自身からも見えにくかった影響への安心感が生まれる
  25. 開発プロトからテストFW実装し、開発テ ストを自動テスト化 • 開発設計中に情報共有しテストを考える • プロトを触らせてもらって自動テストのFWを実装してしまう • 開発テストで作った資産をそのまま自動テストにしてしまう • 一体化した品質向上へのアプローチ

    • 安定した品質の地盤
  26. 担当者の声 あのプロジェクトは自動 テストがなかったら爆死 してた 自動テストのおかげで 安心して新規開発も既 存修正もできる 助かってる

  27. 成功要因 開発、品質ともに 課題を共有できて いたこと 開発者の不安を解 決するものを用意 したこと 開発者がメリット を感じられるよう にしたこと

  28. いま取り組んでいること 品質を意識した開発ができる活動 機能設計と並行してテスト設計 テスト設計を開発とモブドキュメンティング 開発時にUnitレベルでの品質作りこみ テスト設計時に自動テスト種別を判定 Unitレベルのテストが有効な部分は実装を依頼 一部はブログで書きました 「medium wingarc」で検索!

  29. おしまい