Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

20221124_Tech_Night_61_OCW_Feedback.pdf

 20221124_Tech_Night_61_OCW_Feedback.pdf

oracle4engineer
PRO

November 24, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Database Technology Night #61 Oracle CloudWorld 2022 フィードバック 日本オラクル株式会社

    データベースソリューション部 Director 内野 充 2022年11月24日 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  2. 概要: Oracle Databaseの次期長期(Long Term)サポート・リリース 現在はオンプレミスとOracle CloudでBetaを 利用可能 https://tinyurl.com/OracleBeta Oracle Database

    23cは、すべてのデータ ドリブン・アプリケーションの開発と実行を シンプルにするというOracleのミッションを 加速します アプリをシンプルに Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2
  3. マイクロサービス サポート • Oracleですでに包括的なマイクロ サービス・サポートに加えて、 新機能により、サービス間の トランザクションの実装が容易に なります。 オペレーショナル・ プロパティ・グラフ

    • 開発者は、業界をリードする セキュリティ、高可用性、パフォ ーマンスの機能を使用して、 Oracle Database内の基幹業務 データに対してリアルタイムの グラフ分析アプリケーションを 構築できるようになりました。 多くのデータ型および SQLの拡張機能 • ブーリアンデータ型 • 更新のための直接結合 • FROMなしSELECT • 別名でGroup By • Unicode-14サポート JSONリレーショナル・ デュアリティ • データは、JSONドキュメント またはリレーショナル表として 透過的にアクセスして更新でき ます • 開発者は、両方の強みを利用 できます。 • オブジェクト・リレーショナル ・マッピング(ORM)よりシンプ ルかつ強力 3 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 23cをよりシンプルに SQL>select from emp where
  4. シャーディングの拡張 機能 新機能により、シャード・レプリカ の作成と管理が簡単になります。 新しいシャーディング・モデルでは 一意の値がほとんどないシャード・ キーのデータ分散も改善されます。 インスタンス間 Resource Management

    DBAは、同じサーバーで実行されて いる様々なデータベースの優先度を 指定できます。 これにより、ハードウェアの使用率 が向上し、サーバー統合に関連する リスクが軽減されます。 True Cache データベースと常に整合する インメモリーの高パフォーマンス・ キャッシュを提供します。 これにより、応答性が高くなり、 データベース・サーバーの負荷が 低くなります。 アプリケーション層キャッシュ、 エッジ・キャッシュ、リージョン・ キャッシュまたはマルチクラウド・ キャッシュとして使用できます。 4 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 23cをよりシンプルに スキーマ・レベル権限 スキーマ・レベルでシステム権限を 付与できるようになりました。 権限管理プロセスを簡素化すると、 データベースの保護が容易になります。 GRANT SELECT ANY TABLE ON SCHEMA SCOTT TO HR
  5. 5 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights

    reserved. 23cをよりシンプルに ロックフリー列値予約 アプリケーションで、行をロックせず に列の値の一部を予約できます。 たとえば、銀行口座または品目の他の すべての操作をロックアウトせずに、 銀行口座残高の一部を予約したり、 在庫の品目を予約します。 SQLドメイン 開発者は、一元化された軽量な方法で データ(列)の使用目的を宣言できます。 たとえば、Eメール、URL、パスワード 、通貨などを含む列を宣言します。 アプリケーションはこれを使用して、 コードを自動的に生成したり、値を検証 できます。 機械学習を使用した リアルタイム統計の拡張 新しいMLモデルにより、Oracleは 時間の経過とともにデータの変化を 予測できます。 この方法では、コストのかかる計算 を行わずに正確なオプティマイザ 統計が生成されます。 自動マテリアライズド・ ビュー 機械学習は、マテリアライズド・ ビューの管理を支援して、分析 パフォーマンスを向上させます。
  6. リアルタイム SQL計画管理 Oracle Databaseでパフォーマンスの 低下が発生すると、文を実行するた めの代替アプローチがリアルタイム で検索されます。 アプリケーションとアップグレード の全体的な信頼性を向上させます。 K8sおよびPodman上

    のRAC KubernetesでOracle Real Application Clustersを実行することを選択した ユーザーは、計画停止および計画外 停止中のビジネス継続性の恩恵を 受けることができます。 ローリング・パッチ 適用 データ・ディクショナリ構造に影響 または変更するパッチは、ローリング 方式で適用でき、最後のパッチを適用 した後に有効化できます。 パッチを適用するダウンタイムを なくすことで可用性を向上させます。 6 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 23cをよりシンプルに 開発者ロール 新しいロールを使用すると、管理者は Oracle Databaseのアプリケーションを 設計、構築およびデプロイするために 必要な権限のみを開発者に割り当て ることができます。
  7. OKafka Kafkaアプリケーションは、高パフォ ーマンスなTransaction Even Queues (TxEventQ)を利用して、最小限の コード変更でOracle Databaseに対して 直接実行できるようになりました。 JavaScript

    ストアド・プロシージャ 開発者は、データベースのJavaScript を使用してストアド・プロシージャを 作成できます。この機能により、 開発者は多数のJavaScriptライブラリ を利用することもできます。 7 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 23cをより完全に JS SQLファイアウォール SQLファイアウォールは、SQL実行 パスに関係なく、認可されていな いSQLおよびSQLインジェクション 攻撃を監視およびブロックする ことで、一般的なデータベース 攻撃に対するリアルタイム保護を 提供します。 PDBごとの読取り専用 スタンバイ PDBごとのData Guardでは、 読取り専用でオープンされるPDBが サポートされるようになりました。 これにより、スタンバイでの レポートのオフロードをサポートする ソリューションの柔軟性がさらに 高まります。
  8. 表当たり最大4096列 表は最大4096列をサポートするよう になりました。 これにより、MLやIoTなど、多数の 属性を必要とするアプリケーションの 開発が簡素化されます。 MLアルゴリズムの向上 Oracle In- Database

    Machine Learningのアルゴリズムが新しい 改良により、パフォーマンスと 柔軟性を高める一方で、テキストと データの分類が簡単になります。 Azure AD Oauth2の 統合 新機能により、Microsoft Azure CloudからOracle Database サービス・インスタンスに シングル・サインオンできます。 8 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 23cをより完全に 優先度トランザクション 高優先度トランザクションをブロック する低優先度トランザクションを 自動的に中止できます。 これにより、トランザクション・ スループットの高い維持中にDBAが 管理者の負荷を軽減できます。
  9. データベースのリリースとサポートスケジュール • 革新(Innovation)リリース - 2年間のプレミアサポートが含まれますが、延長サポートはありません • 長期(Long Term)リリース - 5年間のプレミアサポートと、それに続く3年間の延長サポートがあります

    • 常時MOS Noteをご参照ください: 「現在のデータベース・リリースのリリース・スケジュール」 (Doc ID 742060.1) 9 (Doc ID 742060.1 より、一部省略) 19c, 1年間の無償での延長サポート(ES)が2024年5月1日から2025年4月30まで有効に Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  10. Monthly Recommended Patches(MRP)の発表 • 新しいRelease Update(RU)ごとに • 各MRPには、RUに対する推奨個別パッチのセットと以前のMRPが含まれます • MOSノート555.1に記載

    • お客様は推奨される個別パッチを利用可能 • RUリリース後にパッチバンドルを要求する必要がない • 10月より19.17に提供が開始され、Oracleは各RUに6つのMRPを提供します • Release Update Revisions(RUR)は19.16.2以降に提供を終了します(2023年1月) • MRPはLinux x86-64でのみ使用できます • RUは、サポートされているすべてのプラットフォームで引き続き使用できます 10 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  11. 11 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights

    reserved. その他のお知らせ GoldenGate Free MongoDB互換API APEX 22.2 ARMのサポート
  12. Thank you Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. All

    rights reserved.
  13. Zero Data Loss Autonomous Recovery Service(ZRCV) 日本オラクル株式会社 データベース・ソリューション部 百木 和美

    2022年11月24日 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  14. ランサムウェア耐性 • リアルタイムな、データ損失をゼロにする保護 • 自動かつ必須の暗号化と保持期間設定でデータ盗難の防止を支援 • 高速なリカバリーのためにバッググラウンドで最適化されるバックアップ 運用の効率化 • 週次フルバックアップからの解放-

    本番用データベースから余計な負荷を排除 • 永久増分ストラテジーによるバックアップウィンドウの短縮 • インパクトを与えないバックアップごとのリカバリ正常性確認 シンプルなクラウド環境 • データ損失ゼロで大規模なデータベース保護を迅速に構成 • データベースに特化したバックアップ消費メトリックでコストを制御 • きめ細かいリカバリ・ヘルス・ダッシュボードでデータ保護に関する詳細なインサイトを取得 実績のあるRecovery Applianceの技術を採用 クラウド用の完全に自動化されたデータベース・ネイティブのバックアップおよびリカバリ 14 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Oracle Database Zero Data Loss Autonomous Recovery Service 暗号化キーはデータベースによって所有され、 データベースによって管理されます 永久増分バックアップ Zero Data Loss Autonomous Recovery Service 自動化 圧縮済 暗号化済 Autonomous Database - 専用 Exadata Database サービス エンタープライズ データベース サービス スタンダード データベース・サービス リアルタイムの データ保護オプション OCI native administration COMING SOON
  15. 暗号化必須 ・暗号化されていないデータベースは利用不可 ・リカバリ・サービスの外部に暗号化キーを保存 アクセス・マネジメントコントロール ・アクセスは保護されたデータベースごとに取得 ・ユーザーはストレージに直接アクセスできない ・最低14日間の保持期間により、 人的ミスや悪意のある操作が発生した場合もリカバリが可能 障害耐性のある運用 ・全てのインフラストラクチャー構成要素に対して障害耐性を実装

    ・可用性ドメインとフォルトドメインにより高可用性を実現 ・リージョン内でロードバランシングを実装 組み込みのセキュリティと修復力によりミッションクリティカルなデータを保護 15 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Oracle Database Zero Data Loss Autonomous Recovery Service COMING SOON
  16. OCIコンソールでの操作例 16 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Oracle

    Database Zero Data Loss Autonomous Recovery Service • バックアップの作成 • 設定確認 • バックアップの監視と運用 • OCI監視および管理機能との連携 ※一般公開前の新サービスのため、OCIコンソールの画面が異なる可能性があります
  17. 設定手順 1.自動バックアップを有効化 2.業務ケジュールに合わせて日次増分バックアップ計画を設定 3.Autonomous Recovery Serviceを選択 4.保護ウィンドウを14日~95日間から選択 5.リアルタイム保護を有効化 6.データベース終了後の削除オプション 17

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates バックアップの作成
  18. 18 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates バックアップ設定の確認

  19. リカバリ・サービスで保護されているデータベースの状態を1つの画面ですべて確認 19 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates バックアップの監視と運用

    データ損失のリスク 有効なリカバリ・ウィンドウ リカバリ・ウィンドウの ストレージ使用量
  20. クラウド全体を包括的に監視 20 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates OCI監視および管理の機能との連携

    OCIのメトリック・エクスプローラーとの連携 により重要なデータへの頻繁なアクセスを監 視 OCI上でアラームと通知を作成し、 継続的にリソースの監視・管理を実 施
  21. • リカバリ・ウィンドウの保持期間はどれくらいありますか? • リカバリ・ウィンドウの保持期間の変更は可能ですか? • リカバリ・サービスは共有また専有どちら形式のサービスですか? • 個別のPDBのみをリカバリ・サービスにバックアップすることは可能ですか? • データ保護のためにオンプレミス上でリカバリ・サービスを使用することは可能ですか?

    21 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates よくあるご質問(FAQ)
  22. • リカバリ・ウィンドウの保持期間はどれくらいありますか? リカバリ・ウィンドウの保持期間は最小14日間から最大95日間からご指定いただけます。 • リカバリ・ウィンドウの保持期間の変更は可能ですか? 可能です。どの保護されたデータベースに対するリカバリ・ウィンドウでも最小14日間から最大95日までいつでも変更することが可能です。 もしリカバリ・ウィンドウの範囲が減らされた場合、リカバリ・サービスは最小保持期間に合わないバックアップ自動的に削除します。 • リカバリ・サービスは共有また専有どちらの形式のサービスですか? リカバリ・サービスは共有型でサービス提供予定です。

    22 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates よくあるご質問(FAQ)
  23. • 個別のPDBのみをリカバリ・サービスにバックアップすることは可能ですか? バックアップはPDBのみではなく、CDBレベルで実装されます。 • データ保護のためにオンプレミス上でリカバリ・サービスを使用することは可能ですか? 使用できません。 現在、OCI上で稼働しているOracle データベース・サービスのみで使用可能となっております。 23 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates よくあるご質問(FAQ)
  24. 24 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 運用効率の向上 •定期的なフルバックアップからの解放

    →本番データベースのオーバーヘッド を削減 •永久増分バックアップにより実現した 短いバックアップ・ウィンドウ •全てのバックアップにおいて影響のな い データベース・リカバリ検証 シンプルなクラウド環 境 •データベース保護の設定を迅速に •データベース特有のバックアッ プ・コストをメトリックを使用し て調整 •ヘルス・ダッシュボードでバック アップの 状態を確認 ランサムウェア耐性 •自動かつ必須の暗号化と保持期間を 設定することでデータ盗難の防止を支 援 •最低14日間のバックアップを強制的に 保持 •バックアップをバックグラウンドで調 整することで 迅速でデータ損失の無いリカバリを実 現 Zero Data Loss Autonomous Recovery Service
  25. Zero Data Loss Autonomous Recovery Service デモ動画(英語) ・バックアップ - https://youtu.be/p0-YyVEY140

    ・モニタリング - https://youtu.be/HF6yqIaoFNc ・リストア - https://youtu.be/q-ugDTHKVic 25 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 製品ポータル https://www.oracle.com/jp/database/zero-data-loss-autonomous- recovery-service/ オラクルエンジニア通信 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-introducing- recovery-service 参考情報
  26. Thank you Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

  27. OCI Full Stack Disaster Recovery 日本オラクル株式会社 データベース・ソリューション部 日下部明 2022年11月24日 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates
  28. 28 Agenda 1 2 OCI Full Stack Disaster Recoveryの概要 OCI

    Full Stack Disaster Recoveryの構成 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  29. Principles & risks of OCI Full Stack Disaster Recoveryの概要 29

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  30. • Oracle Cloud上のフルマネージドな ディザスタ・リカバリ(DR) サービス • OCI Webコンソールから操作 1. OCIコンポーネントをグループ化

    2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 3. DR Planを実行 OCI Full Stack Disaster Recovery Secondary OCI Region Application Application Oracle Database Infrastructure Block Storage Object Storage Virtual Machine Load Balancer Base Database Service Autonomous Database Exadata DB Service File Storage Application Application Primary OCI Region Application Oracle Database Infrastructure Block Storage Object Storage Virtual Machine Load Balancer Base Database Service Autonomous Database Exadata DB Service File Storage Application Application Application DNS Full stack DR orchestration (Autonomous) Data Guard Storage replication Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 30
  31. 31 Oracle Cloud Infrastructure Global Locations Santiago San Jose Toronto

    Phoenix Chicago Montreal Ashburn Sao Paulo London Milan Saudi 2 Jeddah Amsterdam Stockholm Zurich Johannesburg Israel 2 Abu Dhabi Dubai Mumbai Hyderabad Singapore Seoul Chuncheon Osaka Tokyo Melbourne Sydney Vinhedo Newport Frankfurt Microsoft Interconnect Azure Commercial Commercial Planned Government Marseille Jerusalem Paris Madrid Chile 2 Colombia Queretaro 2022年11月時点でFSDRが利用可能なRegion • Ashburn • Phoenix • Amsterdam • Frankfurt • London Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  32. Principles & risks of OCI Full Stack Disaster Recoveryの構成 32

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  33. 1. OCIコンポーネントをグループ化 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 3. DR Planを実行 OCI Full

    Stack Disaster Recoveryの構成 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 33
  34. Prechecks DR Plan Execution OCI Full Stack Disaster Recoveryのコンポーネント DR

    Plan Plan Group 1 Primary DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Ashburn (IAD) Standby DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Phoenix (PHX) Plan Group 2 Plan Group n Plan Step 1 Plan Step 2 Plan Step m Group 2 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 34
  35. Prechecks DR Plan Execution 1. OCIコンポーネントをグループ化 DR Plan Plan Group

    1 Primary DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Ashburn (IAD) Standby DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Phoenix (PHX) Plan Group 2 Plan Group n Plan Step 1 Plan Step 2 Plan Step m Group 2 Disaster Recovery Protection Group (DRPG) • OCIコンポーネントのグループ Members • DRPGのOCIコンポーネント Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 35
  36. Prechecks DR Plan Execution 2. OCIコンポーネントの移動プランを作成 DR Plan Plan Group

    1 Primary DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Ashburn (IAD) Standby DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Phoenix (PHX) Plan Group 2 Plan Group n Plan Step 1 Plan Step 2 Plan Step m Group 2 DR Plan • Membersの移行フロー • Plan Groupの集合 Plan Group • Plan Stepの集合 • Plan Group間の実行は直列 Plan Step • Plan Group内の実行単位 • 各Plan Stepは並行で実行 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 36
  37. Prechecks DR Plan Execution 3. 移動プランを実行 DR Plan Plan Group

    1 Primary DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Ashburn (IAD) Standby DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Phoenix (PHX) Plan Group 2 Plan Group n Plan Step 1 Plan Step 2 Plan Step m Group 2 Prechecks • Plan Execution前のチェッ ク DR Plan Execution • DR Planの実行 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 37
  38. Prechecks DR Plan Execution OCI Full Stack Disaster Recoveryのコンポーネント (再掲)

    DR Plan Plan Group 1 Primary DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Ashburn (IAD) Standby DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Phoenix (PHX) Plan Group 2 Plan Group n Plan Step 1 Plan Step 2 Plan Step m Group 2 38 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  39. 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-1. Disaster Recovery Protection Group (DRPG)の作成 1-2. DRPG間の関連付け

    (Primary-Standby) 1-3. Memberの追加 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-1. DR Planの作成 (Standby DRPG側) 2-2. Plan Groupのカスタマイズ 3. DR Planを実行 3-1. Prechecksの実行 3-2. Execute 39 OCI Full Stack Disaster Recoveryの構成 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  40. 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-1. Disaster Recovery Protection Group (DRPG)の作成 1-2. DRPG間の関連付け

    (Primary-Standby) 1-3. Memberの追加 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-1. DR Planの作成 (Standby DRPG側) 2-2. Plan Groupのカスタマイズ 3. DR Planを実行 3-1. Prechecksの実行 3-2. Execute 40 OCI Full Stack Disaster Recoveryの構成 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Primary DRPG Oracle Database Compute Volume Group compute storage Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Ashburn (IAD) Standby DRPG Oracle Database Members Disaster Recovery Plan Group (DRPG) OCI region at Phoenix (PHX) Assosiation
  41. 41 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-1. Disaster Recovery Protection Group (DRPG)の作成 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates
  42. 42 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-1. Disaster Recovery Protection Group (DRPG)の作成 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates
  43. 43 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-1. Disaster Recovery Protection Group (DRPG)の作成 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates
  44. リージョンごとにDR protection groupを作成する 44 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-1. Disaster Recovery Protection

    Group (DRPG)の作成 Ashburn (Primaryサイト) Phoenix (Standbyサイト) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  45. Primary側のDR protection group 45 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-2. DRPG間の関連付け (Primary-Standby) Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates
  46. Primary側のDR protection group 46 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-2. DRPG間の関連付け (Primary-Standby) 1.

    Primaryを指定 2. Standby用リージョン 3. 作成済みDRPG Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  47. リージョンごとにDR protection groupを作成する 47 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-2. DRPG間の関連付け (Primary-Standby) Ashburn

    (Primaryサイト) Phoenix (Standbyサイト) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  48. 各リージョンのDR protection groupにOCIコンポーネントを追加していく 48 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-3. Memberの追加 Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates
  49. 各リージョンのDR protection groupにOCIコンポーネントを追加していく 49 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-3. Memberの追加 1. Resource

    typeを指定 2. OCIコンポーネント Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  50. 各リージョンのDR protection groupにOCIコンポーネントを追加していく 50 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-3. Memberの追加 Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates
  51. 各リージョンのDR protection groupにOCIコンポーネントを追加していく 51 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-3. Memberの追加 Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates
  52. 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-1. Disaster Recovery Protection Group (DRPG)の作成 1-2. DRPG間の関連付け

    (Primary-Standby) 1-3. Memberの追加 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-1. DR Planの作成 (Standby DRPG側) 2-2. Plan Groupのカスタマイズ 3. DR Planを実行 3-1. Prechecksの実行 3-2. Execute 52 OCI Full Stack Disaster Recoveryの構成 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates DR Plan Plan Group 1 Plan Group 2 Plan Group n Plan Step 1 Plan Step 2 Plan Step m Group 2
  53. DR Planを作成するのはStandby側のDisaster Recovery Protection Group 53 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-1.

    DR Planの作成 (Standby DRPG側) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  54. DR Planを作成するのはStandby側のDisaster Recovery Protection Group 54 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-1.

    DR Planの作成 (Standby DRPG側) 1. 名前を指定 2. Failover / Switchover Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  55. Planを作成するとMemberのBuilt-inのPlan Groupが作成される 55 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-1. DR Planの作成 (Standby

    DRPG側) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  56. DR Planを作成するとMemberのBuilt-inのPlan Groupが作成される 56 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-1. DR Planの作成

    (Standby DRPG側) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  57. User definedのPlan Groupの追加 57 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-2. Plan Groupのカスタマイズ

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  58. User definedのPlan Groupの追加 58 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-2. Plan Groupのカスタマイズ

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  59. User definedのPlan Groupの追加 59 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-2. Plan Groupのカスタマイズ

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  60. User definedのPlan Groupの追加 60 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-2. Plan Groupのカスタマイズ

    Plan Group 間は直列実行 Plan Group 内の各Stepは 並行実行 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  61. Plan Group内にPlan Stepを追加 61 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-2. Plan Groupのカスタマイズ

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  62. Plan Group内にPlan Stepを追加 62 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-2. Plan Groupのカスタマイズ

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  63. Plan Group内にPlan Stepを追加 63 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-2. Plan Groupのカスタマイズ

    Plan Group 内の各Stepは 並行実行 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  64. Plan Groupの順序を入れ替える 64 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-2. Plan Groupのカスタマイズ Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates
  65. Plan Groupの順序を入れ替える 65 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-2. Plan Groupのカスタマイズ Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates
  66. 1. OCIコンポーネントをグループ化 1-1. Disaster Recovery Protection Group (DRPG)の作成 1-2. DRPG間の関連付け

    (Primary-Standby) 1-3. Memberの追加 2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 2-1. DR Planの作成 (Standby DRPG側) 2-2. Plan Groupのカスタマイズ 3. DR Planを実行 3-1. Prechecksの実行 3-2. Execute 66 OCI Full Stack Disaster Recoveryの構成 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates DR Plan Plan Group 1 Plan Group 2 Plan Group n Plan Step 1 Plan Step 2 Plan Step m Group 2 Prechecks DR Plan Execution
  67. Execute前の確認 67 3. DR Planを実行 3-1. Prechecksの実行 Copyright © 2022,

    Oracle and/or its affiliates
  68. Execute前の確認 68 3. DR Planを実行 3-1. Prechecksの実行 Copyright © 2022,

    Oracle and/or its affiliates
  69. Execute前の確認 69 3. DR Planを実行 3-1. Prechecksの実行 Plan Group 内の各Stepは

    並行実行 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  70. Execute前の確認 70 3. DR Planを実行 3-1. Prechecksの実行 Plan Group 内の各Stepは

    並行実行 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  71. DR Planを実行 71 3. DR Planを実行 3-2. Execute Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates
  72. DR Planを実行 72 3. DR Planを実行 3-2. Execute Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates
  73. DR Planを実行 73 3. DR Planを実行 3-2. Execute Plan Group

    内の各Stepは 並行実行 Plan Group 間は直列実行 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  74. RoleのActive-Standbyが入れ替わっている 74 3. DR Planを実行 3-2. Execute Ashburn (旧Primaryサイト) Phoenix

    (旧Standbyサイト) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  75. • Oracle Cloud上のフルマネージドな ディザスタ・リカバリ(DR) サービス • OCI Webコンソールから操作 1. OCIコンポーネントをグループ化

    2. OCIコンポーネントのDR Planを作成 3. DR Planを実行 OCI Full Stack Disaster Recovery Secondary OCI Region Application Application Oracle Database Infrastructure Block Storage Object Storage Virtual Machine Load Balancer Base Database Service Autonomous Database Exadata DB Service File Storage Application Application Primary OCI Region Application Oracle Database Infrastructure Block Storage Object Storage Virtual Machine Load Balancer Base Database Service Autonomous Database Exadata DB Service File Storage Application Application Application DNS Full stack DR orchestration (Autonomous) Data Guard Storage replication 75 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  76. Thank you Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

  77. Oracle GoldenGate Strategy & Roadmap 日本オラクル株式会社 データベース・ソリューション部 山田 恭平 2022年11月24日

    Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  78. 78 GoldenGate announcements! Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or

    its affiliates • OCI GoldenGate で30以上の新しい異種データプラットフォームをサポート予定 • OCI GoldenGate Stream Analytics の発表 • Oracle GoldenGate for Bigdataにおける Online MongoDB Migrations のCertification • GoldenGate 23c の発表とベータ版プログラムへの招待 • GoldenGate for Big Data Targets の発表 • Oracle GoldenGate Free の発表
  79. 79 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    ANNOUNCEMENT: OCI GoldenGateで30以上の 新しい異種データプラットフォームをサポート予定 様々なサードパーティデータプラットフォームに対応したリアルタイムデータファブリックを提供する唯一のフルマネージドクラウドソリューションです 既にサポート済みのプラットフォーム Oracle Cloud World 2022で発表された、2022年第4四半期から2023年第1四半期にてサポート予定のプラットフォーム OCI Object Storage ADB-D Autonomous Data Warehouse ADW-D Autonomous Transaction Processing ATP Exadata Cloud OCI MySQL Database Service OCI Streaming ADW Stage-Merge w/Obj Store Autonomous JSON DB Any on-premises Oracle DB 11.2.0.4 and higher GoldenGate on-premises Cloud Database
  80. 80 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    サポート済みのプラットフォームについて • 最新のサポート済みプラットフォームについては 下記マニュアルをご確認下さい。 • Oracle Cloud Infrastructure GoldenGate – Supported technologies https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/g oldengate- service/wxntz/index.html#WXNTZ-GUID- 0FA0EEB9-FAA7-4F36-BEAE- DCD6A55ACD44
  81. 81 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    登録方法の変化
  82. 82 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    ANNOUNCEMENT: OCI GoldenGate Stream Analytics の発表 • 自動インストール、パッチ適用、管理、スケーリングが可能な ネイティブクラウドサービス、使用量に応じた課金を実現 • 再利用可能なビジネスソリューションパターンが用意されており ユーザーは使い慣れたソリューション分析を選択可能 • 幅広い機械学習モデルに基づく予測分析、業界標準のONNX、PMML、 およびOracle Machine Learningモデルとの統合 • さまざまなチャート・スタイル、マップ、および表形式表示による リアルタイム・データのグラフィカルな視覚化 • Oracle GoldenGateとの統合による変更データの取得、 取得した運用上のミッション・クリティカルな トランザクションの分析および変換 • OCI GoldenGate Stream Analyticsは 2022年第4四半期に利用可能になる予定 OCI GoldenGate Stream Analyticsは、リアルタイムのストリーミング・データ統合と分析のための完全なプラットフォームを提供します。
  83. 83 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    Autonomous JSON DB / ATP NoSQL Database Other Mongo Compatible DBs ANNOUNCEMENT: Oracle GoldenGate for Bigdata における Online MongoDB Migrations のCertification GoldenGate Certification • GoldenGate 21.5以降 • OCI GoldenGate • Mongo Versions: 3.x, 4.x, 5.0, 6.0 Full-featured • BSON & Extended JSON • 初期ロード • レプリケーション Data Migrations • リアルタイムデータ移行 • Mongo to Oracle (ATP/JSON/NoSQL) or Mongo to Mongo (derivatives)
  84. 84 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    Simplified 99.999% High Availability • Remove dependencies on DBFS & ACFS • Remove dependencies on RAC/XAG Clusterware • Built-in proxy New Streaming Event Service • Pub/sub distribution of DML & DDL events • Standard AsyncAPI REST APIs with JSON/AVRO • Event sourcing microservices design patterns Self-Service User Experience • Web Studio – simplification, recipe-driven configurations …and more • GoldenGate Free refresh to 23c • Availability on Oracle Container Registry • Integration with air-gapped OCI top security data centers Performance, Resiliency, and Ease of Use • Automatic reconnects for application continuity • Fast failure detection for distribution and target- initiated paths • Support column mapping to database functions (including user-defined functions) • Automatic CDR enhancements – support for online redefinition and schema evolution • Enhanced parallel replicat apply for highly active OLTP applications • Improved performance for replicating partial JSON updates. Simplified Microservices UX • Updated look-and-feel • Intuitive navigation Diagnosability Improvements • Automatic Workload Repository Enhancements • Enhanced replication sections in AWR report to diagnose GoldenGate performance easily. • Integrate health checks and alerts for integrated apply and capture in microservices • Diagnose and troubleshoot integrated apply and capture processes in the database from GoldenGate microservices Replication support for Escrow columns with built-in CDR • Escrow columns eliminates hot spots for highly concurrent OLTP applications • Replication support for Oracle Blockchain and Immutable Tables • Includes support for replication to non- blockchain tables in data warehouses • Replication support for Boolean datatype, SQL Domains, and tables with 4K columns • Integration with new DDL change notification feature • Built-in capture and apply roles in DB 23c Security Enhancements • Single sign-on support for GoldenGate microservice with OCI Identity Domains • Harden trail file encryption by supporting non-extractable master keys in Oracle Key Vault 21.4 Online Application upgrades using EBR • Support for online Application upgrades using EBR by enabling online DDL when GG replication is present. • Allows data feeds from applications without compromising application online patching Oracle GoldenGate 23c (select features in beta release) Roadmap for 23c (GA & extended) ANNOUNCEMENT: GoldenGate 23c の発表とベータ版プログラムへの招待
  85. 85 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    ANNOUNCEMENT: GoldenGate 23c Key Highlights データベースレプリケーション対応 • Oracle Database 23cの新機能のレプリケーション をサポート • Boolean and Escrow columns, SQL Domains, and tables with 4K columns • Oracle Databaseの以前の機能に対する レプリケーションをサポート • Blockchain and immutable table Online Application upgrades using EBR • Edition-based redefinition (EBR)による、 ダウンタイムなしにアプリケーションのパッチを適用 オブザーバビリティの強化 • レプリケート、抽出、XStream In、XStream Outプロセスと そのサブコンポーネントのすべてのタイプのシステムリソース使用 状況セクションを持つ簡素化されたAWR • レプリケーショントップSQL統計及びDB待機イベント追加 • レプリケーションプロセスのパフォーマンスメトリクスの再整理 • レプリケーションデータストリームをパイプライン形式で表現 • 外部モニタリング/分析/時系列データベースとの統合 パフォーマンスと回復性 • 新たな並列化領域 • ネットワーク障害検出と自動再接続の高速化 • 自動衝突・検出・解決(CDR)のための追加機能 • ターゲットシステムでのDDL通知 • JSONパーシャルアップデートの性能向上 セキュリティの強化 • OCI Identity Domainsを使用したGoldenGateマイクロ サービスのシングルサインオンのサポート • Oracle Key Vault 21.4の非引抜可能なマスター・キーの サポートによる証跡ファイル暗号化の堅牢化 • Oracle Database 23cのロールに対する組み込みのキャプ チャと適用 ユーザビリティとユーザーエクスペリエンス • Webのユーザーエクスペリエンスを更新し、 Webページをリフレッシュ • すぐに使えるレシピ駆動型パイプラインのWebスタジオ
  86. 86 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    ANNOUNCEMENT: GoldenGate for Big Data Targets の発表 Any GoldenGate Source (separately priced) real-time data ターゲットごとにライセンスを購入可能になりました OCI Object Storage OCI Streaming ADW Stage-Merge Autonomous JSON DB Cloud Data Warehouses NoSQL & General JDBC Events & Messaging Data Lakes, Storage & Search NoSQL Database Local File Systems Choose one or more from among all available GoldenGate big data handlers… now priced à la carte for more economical single-target use cases
  87. 87 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    GoldenGate for Big Data Targets の発表 ターゲット一覧 Cloud Data Warehouses (stage-merge) • GoldenGate for Oracle Autonomous DWH • GoldenGate for Snowflake • GoldenGate for Microsoft Azure Synapse Analytics • GoldenGate for Hive • GoldenGate for AWS Redshift • GoldenGate for Google Cloud Platform Big Query NoSQL Data Stores • GoldenGate for Oracle NoSQL • GoldenGate for MongoDB • GoldenGate for Cassandra / DataStax • GoldenGate for Hbase General Database • GoldenGate for JDBC Events & Messaging • GoldenGate for Oracle Cloud Infrastructure Streaming • GoldenGate for Kafka • GoldenGate for Confluent Kafka Connect • GoldenGate for AWS Kinesis • GoldenGate for Microsoft Azure Event Hubs • GoldenGate for JMS Storage & Search • GoldenGate for Oracle Cloud Infrastructure Object Storage • GoldenGate for AWS S3 • GoldenGate for Microsoft Azure Blob Storage • GoldenGate for Microsoft Azure Data Lake • GoldenGate for Microsoft Azure Data Lake Gen2 • GoldenGate for Google Cloud Storage • GoldenGate for Elasticsearch • GoldenGate for Flat File • GoldenGate for HDFS • GoldenGate for Java
  88. 88 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    GoldenGate for Big Data Targets の発表 https://www.oracle.com/jp/a/ocom/docs/jpy-tech-localizablepl.pdf
  89. 89 Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    ANNOUNCEMENT: Oracle GoldenGate Free 世界で最も利用されているデータ統合ソフトウェアのフリー版を提供開始予定 • 開発、テスト、本番を含むあらゆる環境で利用可能 • GoldenGateの全機能がライセンスに 含まれており永久に無償で利用可能 • ビルド済みのDockerコンテナで提供される • 専用GUIにて操作 • 20GB未満のデータベースでのみ利用可能 • 2022年第4四半期に提供予定
  90. Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates What’s

    new and exciting? まとめ • OCI GoldenGateで30以上の新しい異種データプラットフォームをサポート予定 • OCI GoldenGate Stream Analytics の発表 • Oracle GoldenGate for Bigdataにおける Online MongoDB Migrations のCertification • GoldenGate 23c の発表とベータ版プログラムへの招待 • GoldenGate for Big Data Targets の発表 • Oracle GoldenGate Free の発表 Announcing
  91. Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Thank

    you 91
  92. Autonomous Database Takashi Kuwauchi 日本オラクル株式会社 クラウドエンジニアリング統括 COE本部 Autonomous & Analyticsソリューション部

    Oracle Cloud World 2022 Feedback
  93. “… we want all our Oracle Database customers running Autonomous

    Database …” Larry Ellison 93 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  94. 100億以上 1時間でのSQL実行回数 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous

    Database利用の拡大 94
  95. 22,000 毎月プロビジョンされるデータベース数 プロビジョニングは通常2-3分で完了 Autonomous Database利用の拡大 95 Copyright © 2022, Oracle

    and/or its affiliates
  96. チームの競争力強化のためにデータ分析 – ADW + OAC 96 Copyright © 2022, Oracle

    and/or its affiliates 事例:Seattle Sounders FC https://www.oracle.com/jp/customers/seattle-sounders-fc/ 「Seattle Sounders FC は、メジャー リーグ サッカーお よび世界のサッカーにおける分析の使用においてリーダーに なることを目指しています。」 Ravi Ramineni, vice president of soccer analytics and research for Seattle Sounders FC 彼らのビジョンは、チームの戦術戦略、プレー スタイル、ライブ ゲーム中のプレーヤーのパフォーマンス、スカウトなどに影響を 与える新しいアプローチを開発することでした。そのためには、 さまざまなソースからの大量のデータを管理し、これらのデータ セットに対してクエリをすばやく実行して、コーチやスカウト ス タッフが即座に実用的な洞察を得られるようにする必要があり ました。
  97. プレミアリーグとMatch Insights— Powered by Oracle Cloud: ファン・エ クスペリエンスの再検討 https://www.oracle.com/jp/pre mier-league/

    Use Case: Oracle Machine Learning in football - Expected Goals 97 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 参考:サッカー業界でのデータ活用事例
  98. Kerberos authentication Graceful Wallet rotation APEX 22.1 OML4R 99.995% SLA

    Oracle MTS Autonomous Databaseの継続的なイノベーション Oracle JVM Excel plug-in Oracle Database Service for Microsoft Azure Database Replay Azure Active Directory Character sets Data Catalog integration Azure Service Principal APEX 21.2 Heterogenous connectivity Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 98
  99. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates データレイク 99

  100. 100 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates データ・レイクハウスしてのAutonomous Data

    Warehouse データウェアハウスとデータレイクの統合 すべてのデータを1つのソースから分析します。 データサイロの排除 1つの場所からデータに簡単にアクセスできます。 データウェアハウス データレイク レイクハウス
  101. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Data Warehouseでレイクハウスを構築

    主要なDatabase 主要なアプリケーション 主要なCloud 空間情報 主要なData Lake 機械学習 データ分析 グラフ 組み込みツール 主要なアプリケーション 主要なBIツール 101
  102. • データレイク(データ保管のオブジェクト・ストレージ)から簡単に外部テーブルを作成可能 • Autonomous Data Warehouseは、parquet、ORC、Avro、JSON、CSVなど、全ての一般的な ファイル形式をクエリすることが可能 102 Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates データレイクから外部テーブルを作成 BEGIN DBMS_CLOUD.CREATE_EXTERNAL_TABLE( table_name =>'sales_extended_ext', credential_name =>'DEF_CRED_NAME', file_uri_list =>'https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/n/namespace- string/b/bucketname/o/sales_extended.parquet', format => '{"type":"parquet", "schema": "first"}' ); END; /
  103. • 外部ファイルからパーティションテーブルを自動生成 • Autonomous Data Warehouseはディレクトリ構造からパーティショニングのクライテリア を導出 • Hiveでサポートされている一般的なディレクトリ構造をサポート 103

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Hybrid Partition Table clickstream/country=USA/day=125/file1.csv clickstream/country=USA/day=125/file2.csv clickstream/country=FRA/day=125/file1.csv clickstream/country=CAN/day=126/file1.csv テーブルのクリックストリームを作成... partition by (country, day)
  104. Copyright©2022、 Oracle and/or its affiliates Autonomous Data Warehouseでの データレイクハウスの拡張機能 オブジェクト・ストレージ内の任意のデータに対してAutonomous

    DatabaseからSQL問合せを実行 • データ形式にはCSV、Parquet、ORC、JSON、Avroが含まれます Autonomous Databaseからすべてのクラウド・データ・レイクへの安全で 簡単なアクセス • OCI、AWS、AzureおよびGCPからのデータの問合せまたはロード • きめ細かいアクセス制御管理 • ベンダー固有のクラウド・アクセス・ポリシーを使用したアクセスの制御 • アクセスを可能にするシンプルなAPI DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_PRINCIPAL_AUTH(プロバイダ= > 'OCI/Azure/AWS/GCP'、 ...) 104
  105. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 高信頼性 105

  106. のSRが自動的に登録 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Databaseの自動障害解決の比率

    106
  107. 99.95 Availability SLA for all databases 99.995 Availability SLA with

    Autonomous Data Guard 99.95 Manageability SLA Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Database SLA 107
  108. • Active – Standbyによる高可用性構成 • スタンバイデータベースを同一リージョン内(ローカル)、他のリージョン(クロスリージョン)に作成可能 • ローカル・スタンバイとクロスリージョン・スタンバイの併用も可能 • コンソールからスタンバイデータベースを作成するリージョンを選択して、有効化するボタンをクリックするだけ

    108 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates. 補足:Autonomous Data Guard Cross-region Standby Local Standby Production Redo logs Redo logs Redo logs Tokyo Osaka https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/adbdataguard/autonomous-data-guard-about.html
  109. • Autonomous Data Guardを有効にした場合のAutonomous DatabaseのSLAが99.995%に • SLA99.995% = 1カ月あたり約2.19分未満のダウンタイム •

    NRX = No Ridiculous Exclusions(除外なし)): ハードウェア障害などの計画外のダウンタイムだけでなく、メンテナンスタスクなどの計画的なダウンタイムをも含む 109 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates. 補足:Autonomous Data Guard構成時のSLA Documentation:Availability Service Level Agreement for Oracle Autonomous Database when deployed with Autonomous Data Guard Autonomous Database Autonomous Database Autonomous Database シングル構成 Autonomous Data Guard SLA:99.95% SLA:99.995%
  110. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 組込み ツールの強化 110

  111. 組込み データ変換 • 完全管理型のデータ統合ソリューション • シンプルなドラッグアンドドロップによるデータ変換 • 組込みのデータ品質 Excelアドイン •

    Excelから直接ADWを問い合せます。 • 実表に対する問合せ • 分析ビューの問合せビルダー • 追加のクライアント・ソフトウェアは不要 組込みの分析アプリケーション • 分析用のセマンティック・ビジネス・モデルの生成、調整および共 有 • ビジュアライゼーションと チャート • セマンティック・モデルをOracle Analytics Cloud、Tableauお よびExcelにエクスポートします • 新規: 保存済分析からのダッシュボードの作成 組込みData Studio • ビジネス・アナリスト向けの統合ワークフロー・インタフェース • データのロード、データ変換および分析を網羅します。 Copyright©2022、 Oracle and/or its affiliates Autonomous Data Studio Autonomous Database 組込みツール・スイートの拡張機能 111
  112. • シンプルに “ドラッグ・アンド・ドロップ” で出来るデータ変換 • ODIのあらゆるソースやターゲットに対する コードの自動生成 (対象には Fusion, NetSuite

    and Salesforce を含む) • ビルトイン済のデータ・クオリティ • Oracle Data Integrator が基盤 • 新しくて使いやすい ウェブUI • ODIを利用して ADB に簡単に移行 • すべてのビルトイン・データベース演算子を 利用可能 • ワークフロー、スケジューラ機能あり • 組込み型以外にMarketplaceのODI Web Editionの連携が可能 112 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Data Studio データ変換 ワークフロー OK,NOK,OK/NOKの矢印 でフローをつなぐ スケジュール 頻度、曜日、時間、リトライ 回数などの設定可
  113. • サポートされる接続先(組込み型) *Oracle Data Integrator Web Editionを使うと対応する接続先が多くなります • Database •

    Oracle Database、MySQL、MySQL HeatWave • Oracle Object Storage • Application: • Oracle Analytics Cloud、Oracle EBS、Oracle Peoplesoft、Oracle Service CloudなどのOracle Application • Generic Rest • Services • Oracle GoldenGate -OCI、Data Transform 最新はドキュメントを確認してください Documentation: List of Supported Connection Types 113 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Data Studio データ変換:サポートされる接続先
  114. • ダウンロードして利用可能。他に特別なクライアントは不要 • 利用方法は下記記事をご参照ください • https://qiita.com/500InternalServerError/items/13cdc6ad24c6a007db6e • https://qiita.com/500InternalServerError/items/ddce00b471973f869900 ExcelからAutonomous Databaseへ直接アクセス

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Excelアドイン 114
  115. Oracle CloudWorld Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 相互接続性

    115
  116. • Oracle管理の異機種間接続でシームレスにデータベースリンクを作成できる対象データベースに Microsoft SQL Server、Azure SQL、Azure Synapse Analytics 、Apache Hive、MongoDBが追加。利用を

    検討する際には以下の前提にご注意ください。 • ターゲットデータベースがサポートされているバージョンである • ターゲットデータベースがパブリックインターネットからアクセス可能*であり、サポートされているポート番号を使用 • ターゲットデータベースが着信SSLおよびTLS接続を許可する構成* *プライベートエンドポイントのMySQLを除く 116 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates. Oracle管理の異機種間接続でデータベースリンクを作成可能な 非Oracle Databaseの拡張 Documentation:Create Database Links to Non-Oracle Databases with Oracle-Managed Heterogeneous Connectivity SELECT COUNT(*) FROM [email protected]各DBへのDBLINK; MySQL Enterprise Edition Snowflake Amazon Redshift PostgreSQL Apache Hive MongoDB New! Azure Synapse Analytics Azure SQL Microsoft SQL Server New! New! New! New!
  117. Copyright©2022、 Oracle and/or its affiliates Autonomous Databaseでのデータ共有 Autonomous Databaseからのデータの共有 •

    企業全体とリージョン/データ・センター間で共有 • 安全な管理データの共有: 付与、取消し、監査、追跡 • レプリケーション不要 Delta Share APIによるオープン・スタンダードでのデータ共有 • データ・プロバイダとしてのAutonomous Database • 任意の準拠データとのデータの共有 データ受信者共有 • データ受信者としてのAutonomous Database • 任意の準拠プロバイダからのデルタ共有の使用 • 外部表を介したデータ共有アクセス 近日提供開始予定 Data Provider Data Recipient Data Sharing Server OCI Data Catalog 117
  118. None