Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2021/3~2021/5

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2021/3~2021/5

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2021/3~2021/5
Oracle Cloud Infrastructureの新機能の中から、主にIaaSに関する主要なアップデート情報を1機能1スライド程度でまとめてご紹介する資料です。
本資料は2021年3月~2021年5月の3ヶ月分の新機能について記載しています。
本資料の内容は作成時点での情報です。最新情報や詳細は必ずマニュアル等をご確認ください。

更新履歴:
2021/6/10 初版アップロード

140494d272a4d89883a94fdfdb29dea2?s=128

oracle4engineer
PRO

June 10, 2021
Tweet

Transcript

  1. Oracle Cloud Infrastructure IaaS New Feature Updates : 2021.3 -

    2021.05 Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2021/3 ~ 2021/05 2021.6.3 日本オラクル株式会社 OCIソリューション部
  2. Safe harbor statement 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、 情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以 下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買 決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。 オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊 社の裁量により決定され、変更される可能性があります。 Copyright

    – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2
  3. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/3 -1) Release Date Services 2021/3/1

    Mobile App The Oracle Cloud Infrastructure Mobile app now supports automatic sign-in 2021/3/4 Data Integration New Release for Data Integration 2021/3/6 Compute, IAM Per-image permissions for custom images 2021/3/8 Networking VPN Connect logging is now available 2021/3/9 Notifications SMS notifications available 2021/3/9 Service Connector Hub Friendly formatting now available for email subscriptions 2021/3/9 Compute, Monitoring System load and memory allocation stalls metrics for compute instances 2021/3/11 Compute Attach and detach compute instances in instance pools 2021/3/11 Application Performance Monitoring Application Performance Monitoring is now available 2021/3/11 GoldenGate Oracle Cloud Infrastructure GoldenGate is now available 2021/3/12 MySQL Database MySQL Database Service Console enhancements 2021/3/15 Compute E4-based AMD shapes for compute instances Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 3
  4. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/3 -2) Release Date Services 2021.3.15

    Compute VM host failure recovery 2021.3.16 Database Management Performance Hub for External Databases in Database Management 2021.3.16 OKE Private Kubernetes clusters now available 2021.3.17 Load Balancing Load Balancer Routing Policies 2021.3.17 OKE Support for Kubernetes version 1.19.7 2021.3.17 Resource Manager Copy stack feature now available 2021.3.17 Search New API endpoints for Search 2021.3.18 MySQL Database Events for MySQL Database Service 2021.3.19 Data Science Data Science has added a new Model Deployment Feature 2021.3.22 Cloud Shell Node.js version 14 is now the default version included in Cloud Shell 2021.3.23 Database Maintenance History for Autonomous Databases on Shared Exadata Infrastructure 2021.3.22 Announcements Support to opt out fully from email announcements 2021.3.22 MySQL Database MySQL Analytics Renamed to Heatwave in API, SDK, and CLI Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 4
  5. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/3 -3) Release Date Services 2021.3.23

    Cloud Shell Cloud Shell now supports file transfers 2021.3.24 Compute Capacity reservations for compute instances 2021.3.24 Marketplace Publish custom images for community use 2021.3.24 Network Load Balancer Flexible Network Load Balancing 2021.3.29 Logging Unified Monitoring Agent error message impact 2021.3.30 Vulnerability Scanning Vulnerability Scanning is now available 2021.3.30 Database Management New Release for Database Management 2021.3.30 Vault Replicate vaults and keys across regions 2021.3.30 IAM Time-based access control for IAM policies 2021.3.30 Oracle Cloud VMware Solution vSphere 7.0 Now Available 2021.3.31 MySQL Database MySQL Database Service High Availability 2021.3.31 IAM Network sources now support all services 2021.3.31 Logging Analytics Logging Analytics: New Features Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 5
  6. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/4 -1) Release Date Services 2021/4/1

    Cloud Guard New Release for Cloud Guard is now available 2021/4/5 GoldenGate Oracle Cloud Infrastructure GoldenGate is now available in the Brazil East (Sao Paolo) and Japan East (Tokyo) regions 2021/4/6 Networking Route filtering on FastConnect is now available 2021/4/6 Block Volume Cross-Region Volume Replication 2021/4/6 OKE, Registry, Vulnerability Scanning Container Image Scanning, Signing and Verification 2021/4/6 Compute Dedicated virtual machine hosts support E2, E3, and DenseIO2 shapes 2021/4/6 Compute Schedule-based autoscaling for lifecycle states 2021/4/6 Object Storage Object Storage pre-authenticated request enhancements 2021/4/7 Database Virtual machine DB systems: cloning available for RAC systems 2021/4/7 OKE Support for the Kubernetes Cluster Autoscaler project 2021/4/7 Mobile App The Oracle Cloud Infrastructure Mobile app supports multiple accounts 2021/4/8 Database Exadata Cloud@Customer: Oracle Database Software Images 2021/4/8 API Gateway Support for SDK Generation from API Descriptions Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 6
  7. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/4 -2) Release Date Services 2021/4/9

    Java Management Java Management is now available 2021/4/9 Object Storage Object Storage Console bucket delete enhancements 2021/4/13 Compute Burstable compute instances for small or low-utilization applications 2021/4/13 Database Management Monitor and Manage RAC Databases Using Database Management 2021/4/13 API Gateway Support for Request Validation 2021/4/13 Compute Preemptible instances now available 2021/4/13 Functions, Service Connector Hub, Streaming Streaming source and Functions task now available for service connectors 2021/4/13 Operations Insights Add Host Analysis and Support for Additional Database Types Including Databases Managed by Enterprise Manager 2021/4/13 Application Performance Monitoring Support for distributed tracing 2021/4/13 API Gateway Support for Response Caching 2021/4/13 Networking Network Visualizer is now available 2021/4/15 Database Migration Oracle Cloud Infrastructure Database Migration is now available Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 7
  8. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/4 -3) Release Date Services 2021/4/15

    Networking Inter-Region Latency Dashboard is now available 2021/4/15 Data Safe Oracle Data Safe: Database Vault Activity Report 2021/4/15 Networking IPv6 general availability 2021/4/15 Networking Expanded DRG functionality 2021/4/15 Data Integration New Release for Data Integration 2021/4/15 Data Safe Oracle Data Safe: Audit Data Lifecycle Management 2021/4/15 Oracle Cloud VMWare Solution VMware flexible billing 2021/4/16 MySQL Database MySQL DB Systems: assign a custom IP address during DB System provisioning 2021/4/16 Database Customer-managed encryption keys available with Oracle Data Guard- enabled databases in Exadata Cloud Service 2021/4/20 Database Maintenance advisory contacts for Autonomous Databases on shared Exadata Infrastructure 2021/4/20 MySQL Database Support for MySQL version 8.0.24 2021/4/20 Database Autonomous Exadata Infrastructure on Oracle Exadata X8M Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 8
  9. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/4 -4) Release Date Services 2021/4/21

    Data Catalog New release for Data Catalog 2021/4/21 Compute New live migration option 2021/4/21 Database, Operations Insights External Database: Support for Operations Insights now available 2021/4/21 Database Always Free Autonomous Database: APEX and JSON workload types available 2021/4/23 GoldenGate GoldenGate is now available in additional APAC regions 2021/4/23 Logging Analytics Logging Analytics: Microsoft SQL Server Database Support 2021/4/27 Cloud Guard New Release for Cloud Guard is now available 2021/4/28 Compute Optimized3-based Intel shapes for compute instances 2021/4/28 Compute Resize cluster networks 2021/4/28 Object Storage Introducing Object Storage Auto-Tiering 2021/4/29 Logging Analytics Logging Analytics: Support to Harvest Entity Model Data from Enterprise Manager 2021/4/29 Console New Console navigation experience 2021/4/29 Compute, Networking Opt out of creating DNS records when launching compute instances Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 9
  10. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/4 -5) Release Date Services 2021/4/29

    Data Science Data Science has updated the Environment Explorer 2021/4/30 Logging Unified Monitoring Agent enhancements in multiple regions 2021/4/30 Announcements Support for email delivery to multiple recipients Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 10
  11. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/5 -1) Release Date Services 2021/5/1

    Database, Database Management, Operations Insights External Database Service: Support for RAC databases 2021/5/3 GoldenGate GoldenGate is now available in all commercial regions 2021/5/4 Database Cross-availability domain Oracle Data Guard deployments can access the same regional key management vault 2021/5/4 Database Exadata Cloud@Customer: Operator Access Control 2021/5/4 Database ADB-D on Exadata Cloud@Customer: Infrastructure Patching 2021/5/6 Database Migration Database Migration is now available in the Australia East (Sydney), Canada Southeast (Montreal), and Japan East (Tokyo) regions 2021/5/6 Language Language is now available 2021/5/10 Registry Registry now Open Container Initiative-compliant 2021/5/11 MySQL Database Support for MySQL version 8.0.25 2021/5/11 Data Science Data Science has updated conda environments plus a new NLP environment 2021/5/12 OKE Support for Mapping Kubernetes RBAC to OCI IAM Groups 2021/5/13 Resource Manager Console overview page now available for Resource Manager Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 11
  12. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/5 -2) Release Date Services 2021/5/14

    Registry Support for manifest lists and multi-architecture images in Registry 2021/5/18 Resource Manager Store Terraform configurations in Object Storage buckets 2021/5/18 MySQL Database MySQL Database Server direct data import 2021/5/18 Data Flow Data Flow Supports Spark-Submit 2021/5/20 Database Migration Database Migration is now available in all commercial regions 2021/5/20 OKE Support for GPU shapes 2021/5/25 Compute Oracle Linux Cloud Developer now available as a platform image 2021/5/25 Database Management AWR Viewer for On-premises Oracle Databases 2021/5/25 Artifact Registry Artifact Registry is now available 2021/5/25 Compute Arm-based Ampere A1 Compute shape now available 2021/5/25 Data Integration New Release for Data Integration 2021/5/25 Vault Retrieve Secrets by Name 2021/5/25 OKE Support for Arm-based shapes 2021/5/26 Bastion Use Bastion to secure public access to private resources Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 12
  13. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/5 -3) Release Date Services 2021/5/26

    Oracle Cloud VMware Solution HCX Enterprise license option for VMware is now available 2021/5/26 Database Exadata Cloud Service: Non-rolling infrastructure patching option now available 2021/5/26 Networking DRG functionality expanded in all commercial regions 2021/5/28 Database Autonomous Database on Dedicated infrastructure: Restrict Access Using a Network Access Control List 2021/5/28 OCI New Region in Vinhedo, Brazil Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 13
  14. May 2021: 30 Regions Live, 8+ planned, 8 Azure Interconnect

    Regions Oracle Cloud Infrastructure Global Footprint SAN JOSE, CA PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON SWEDEN ITALY FRANCE JEDDAH ISRAEL DUBAI MUMBAI HYDERABAD SINGAPORE CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA JOHANNESBURG SYDNEY MELBOURNE Commercial Commercial Planned Government Microsoft Interconnect Azure SAUDI 2 UAE 2 2021/5/28 2021/5 Vinhedo, Brazilオープン Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 14
  15. モバイルアプリに迅速にサインインするため、自動サインインが利用可能になりました。 自動サインインではAPIキーを使って認証を行い、サインアウトを行うまでサインインが継続します。 Oracle Cloud Infrastructure モバイルアプリが自動サインインに対応 APIキーの数が上限に達している場合は 削除するよう求められる。 EnableにするとAPI キーが生成されて

    登録され、自動サ インイン可能になる 2021/3/1 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 15
  16. IAMポリシーで、カスタム・イメージのイメージごとのアクセス権を設定できるようになった。 特定のイメージからのみインスタンスを作成させたい場合や、コンパートメントをまたいで特定のイメージを共有したいような 場合にも有用 IAMポリシーの例:特定のイメージのみを利用させる カスタムイメージのイメージごとのアクセス権設定 Allow group ImageUsers to inspect

    instance-images in compartment ABC Allow group ImageUsers to {INSTANCE_IMAGE_READ} in compartment ABC where target.image.id='<image_OCID>' Allow group ImageUsers to manage instances in compartment ABC Allow group ImageUsers to read app-catalog-listing in tenancy Allow group ImageUsers to use volume-family in compartment ABC Allow group ImageUsers to use virtual-network-family in compartment XYZ 2021/3/6 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 16
  17. VPN接続サービスでログを有効化して参照することが可能に。VPN接続の構成時のトラブルシューティングなどに役立つ。 VPN接続のログ内容 • VPNトンネルのup/downステータスや、ネゴシエーションの情報など • https://docs.oracle.com/en- us/iaas/Content/Logging/Reference/details_for_vpn_connect.htm#details_for_vpn_connect_0 VPN接続v2が利用可能なリージョンのみで使用可能 • VPN接続v2が利用可能なリージョン(2021/3/31現在、東京リージョンはnot

    available) • https://docs.oracle.com/en- us/iaas/Content/Network/Tasks/workingwithIPsec.htm#Working_with_VPN_Connect__v2_avail VPN接続のロギング対応 2021/3/8 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 17
  18. Notification(通知)サービスで、電話番号に対してSMS通知を設定可能に [Notification] SMS通知 2021/3/9 電話番号を登録すると、 SMSで確認が送られる ので、適切に返信する と構成完了 Copyright –

    © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 18
  19. サービス・コネクターから送られるemailメッセージにHTMLのタイプの friendly formattingが適用できるようになりました。 [Service Connector Hub] Emailサブスクリプションのフレンドリー・フォーマット 2021/3/9 Copyright –

    © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 19
  20. コンピュート・インスタンスのoci_computeagentメトリック・ネームスペースで、システム負荷(LoadAverage)とメモリー割当 てのストール(MemoryAllocationStalls)のメトリックが追加 コンピュート・インスタンスのロード平均とメモリー割当てのストールのメトリック 2021/3/9 Copyright – © 2021 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 20
  21. これまで、インスタンス・プールは、インスタンス構成をもとにプール内で指定した数のインスタンスを自動的に起動/削除する 構成のみだったが、インスタンス・プールにインスタンスを追加(アタッチ)、削除(デタッチ)することが可能に。 • インスタンスのアタッチ • インスタンス・プールで自動生成されたインスタンスではなく、独立して作成したインスタンスをインスタンス・プールのグ ループとして管理することが可能 • インスタンスのデタッチ •

    デタッチ後はインスタンスを独立して管理することが可能 [Compute] インスタンス・プールへのインスタンスのアタッチ/デタッチ 2021/3/11 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 21 インスタンス構成 (構成情報の定義) インスタンス・プール プロビジョニング 既存インスタンス 手動作成した インスタンス 追加
  22. 第三世代AMD EPYC(AMD Milan)プロセッサを搭載した新たなシェイプ • 仮想マシン・インスタンス:Standard.E3と同じくフレキシブル・インスタンス。1 ~ 64 OCPU。1 OCPUあたり1~64 GBメモリ(最大1024GB)

    • ベアメタル・インスタンス:128 OCPU、2,048 GB メモリー 価格はE3と変更なし。X7(Standard2)と比べて23%安価。競合他社と比べて57%~61%安価。 • OCPU $0.025/ OCPU Per Hour • Memory $0.0015/Gigabytes Per Hour • 例)1 OCPU + 16 GBのインスタンスの場合、$0.049/hour E3と比較し、整数演算は最大15%、浮動小数点演算は最大21%、Javaベースのワークロードは最大24%の性能向上。 日本語ブログ(性能検証結果含む) • アナウンス: 第3世代 AMD EPYCプロセッサを使用したOracle Cloud コンピュート E4 プラットフォーム [Compute] E4ベースのAMDシェイプ Standard.E4 現時点で利用可能なリージョン: Ashburn、Phoenix、Mumbai、 Zurich、Sao Paulo、Montreal、 Melbourne、Toronto 今後そのほかの商用リージョンでも展開 予定 [2021/4/28 Update] Tokyo, Osaka リージョンでも利用可能 2021/3/15 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 22
  23. スタンダードとGPUのVMインスタンスでインフラ障害が発生した場合、自動的にインスタンスをリカバリし、正常なホスト上で VMをリストアするように試みる。 • VM障害は発生から1分以内に検知される • ホストが即座にリカバリできない場合は、ホスト移動が発生 • 正常なホストへの移動と再起動は5分以内に自動的に開始 ドキュメント VM

    Recovery Due to Infrastructure Failure [Compute] VMホストの障害リカバリー VMインスタンス 障害 物理ホスト 物理ホスト 自動的に 再起動 2021/3/15 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 23
  24. リクエストのルーティング方法 • 仮想ホスト名 • リスナーに対して仮想ホスト名を設定し、仮想ホスト名ご とに異なるバックエンドセットに振り分ける • リクエスト・ルーティング・ポリシー • あらかじめ定義した特定の条件に基いてリクエストをルー

    ティング • 従来のリクエスト・ルーティングのパス・ルート機能の置き換え • ルールの定義 • HTTPヘッダー、HTTPクエリーパラメータ、Cookie、リクエスト URLパスに対して条件を設定 • 複数ルールを定義可能。ルールは順番に評価され、最初に 条件に適合した時点で停止 • どのルールにも適合しない場合はデフォルトのバックエンドセット に振り分けられる ロード・バランサーのルーティング・ポリシー ロードバランサー xxx.example.com yyy.example.com バックエンドセットB バックエンドセットA 仮想ホスト名A 仮想ホスト名B ロードバランサー バックエンドセットB バックエンドセットA "cookie_a": ["1"] ルール2 https://xxx.com/ path?key=value ルール1 2021/3/17 順番に評価 バックエンドセットA にルーティング バックエンドセットB にルーティング 仮想ホスト名の例 リクエスト・ルーティング・ポリシーの例 New Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 24
  25. ロードバランサーのHTTPリスナーで、HTTP/1.0, HTTP/1.1 に加えてHTTP/2もサポート ロード・バランサー HTTP/2のサポート 2021/3/17 Copyright – © 2021

    Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 25
  26. リソース・マネージャーのCLIを利用してスタックのコピーが可能になりました。 [Resource Manager] スタックのコピー機能 oci resource-manager stack copy --stack-id <stack_OCID>

    --destination-compartment-id <compartment_OCID> -- destination-region <region> --display-name "<friendly_name>" --description "<description>" --variables <var_file_path> --access-token <token> --freeform-tags <freeform-tags> --defined-tags <defined-tags> 2021/3/17 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 26
  27. 検索(Search)サービスの新たなエンドポイントが追加されました。 今後は新規エンドポイントを利用いただくことを強く推奨します。 • 東京リージョン • https://query.ap-osaka-1.oci.oraclecloud.com • 大阪リージョン • https://query.ap-tokyo-1.oci.oraclecloud.com

    • そのほか、各リージョンの新規エンドポイントはドキュメントをご参照ください。 • https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/2deb476f-93c0-40df-aeeb- 5789aa0b5009/ [Search] 検索の新規APIエンドポイント 2021/3/17 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 27
  28. node.js version 10 のサポート終了に伴い、Cloud Shellではデフォルトでnode.js version 14 をサポート。 古いバージョンのnode.jsを使っているアプリケーションやスクリプトはアップグレードを行ってください。 [Cloud

    Shell] Node.js version 14 のサポート 2021/3/22 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 28
  29. これまで、お知らせ(Announcement)のEメール通知では、すべてを送信するか、ユーザー側のアクションを必要しない ものを送信しないという2パターンの設定だったが、すべてのオプト・アウトを設定できるようになった。 # ただしこの場合は重要なお知らせも送信されなくなるため、設定の際にはご注意ください。 [Announcement] お知らせのEメール通知の完全なオプト・アウトのサポート 2021/3/22 Copyright – ©

    2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 29
  30. Cloud Shellのセッションでファイル転送が可能 Cloud Shell でのファイル転送 ドラッグ&ドロップでファイルを アップロードすることも可能 2021/3/23 Cloud Shellのメニューからダウンロード、

    アップロードが可能 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 30
  31. コンピュート・インスタンスの必要な容量を事前に予約しておくことで、必要な時にすぐにインスタンスを利用することが可能 • これまでインスタンスを起動する際インフラのキャパシティが足りない場合、out of host capacityのエラーですぐにインスタンスが起動で きないという可能性があったが、このような状態を回避 • インスタンスを起動していない期間は通常の85%のコストで予約可能 •

    ユースケース:DR用途や、ワークロードの増加対応など • 最小サイズ、期間の要件などはなし コンピュート・インスタンスの 容量予約(Capacity Reservation) 2021/3/24 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 31
  32. カスタムイメージを他のOracle Cloud Infrastructureコミュニティ利用者向けにMarketplaceに公開することが可能に コミュニティ・アプリケーションは、コミュニティによってコミュニティに対して提供され、コミュニティ・メンバーは他のOracleイメージ やパートナーイメージなどと同じようにイメージを使ってインスタンスを起動可能 [Marketplace] コミュニティ利用のためのカスタム・イメージのパブリッシュ 2021/3/24 コミュニティ・アプリケーションは自己責任での利用。 全てのイメージに、パブリッシャーと利用者間の利用規

    約が付属し、利用する場合には規約に同意する必要 がある。 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 32
  33. フレキシブル・ネットワーク・ロードバランサー • パススルー型の、layer3, layer4 (TCP,UDP,ICMP) のロードバランサー • クライアントのトラフィックに合わせて柔軟にスケール • 超低レイテンシーが求められる大量ネットワークトラフィックの分散に最適

    • ソース/宛先のIPアドレスの保持が可能 • パブリック、プライベートから選択 • 無償 • サポートされるリスナーのプロトコル • TCP, UDP, ICMP • ロードバランシング・ポリシー • 5-Tuple Hash, 3-Tuple Hash, 2-Tuple Hash フレキシブル・ネットワーク・ロードバランサー 2021/3/24 従来から存在するロードバランサーか、ネット ワークロードバランサーかを選択して作成開始 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 33
  34. カスタム・ログの収集を行うUnified Monitoring Agentの最近のリリースで、以下二つのエラーメッセージが出力されるよ うになった。ただしこれらは想定されるエラーで、Unified Monitoring Agentの動作や性能に影響を与えるものではなく、 無視可能。 • fail to

    create resource principal with error resource principal env file is not exist • ruby: /opt/unified-monitoring- agent/embedded/lib/ruby/site_ruby/2.6.0/rubygems/stub_specification.rb:151:in `missing_extensions?‘: undefined method `missing_extensions?’ for nil:NilClass (NoMethodError) [Logging] Unified Monitoring Agent のエラーメッセージの影響について 2021/3/29 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 34
  35. OSの脆弱性スキャンを行うサービス 潜在的な脆弱性、オープン・ポート、アップデートの必要な パッケージなどを定期的にチェック ターゲットOSに対する業界標準のCenter for Internet Security (CIS) によって公開されたベンチマークの実行 Cloud

    Guardとの連携も可能 特定のインスタンスや、コンパートメント内にすべてのインスタ ンスに対して実行可能 対象OS • Oracle Linux • CentOS • Ubuntu • Windows (CISベンチマークは対象外) 脆弱性スキャン(Vulnerability Scanning) 2021/3/30 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 35
  36. 仮想プライベート・ボールトでのキーを別のリージョンの仮想プライベート・ボールトにレプリケーション これまで、リージョンをまたいだキーのバックアップ・リカバリは実行できたが、レプリケーションによって最新のキーを常にDRサイ ト側に保持する構成が可能 クロスリージョン・レプリケーションを構成すると、自動的にキーやキーバージョンの作成、削除、更新はターゲットのリージョン のボールトに反映される。 仮想ボールトでは利用できず、仮想プライベート・ボールトのみ対応。 [Vault] 別リージョンへのボールトとキーのレプリケーション 2021/3/30 Copyright

    – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 36
  37. 時間ベースでリソースへのアクセス制御を設定可能 • ユースケース:特定の日付以降にアクセスを許可、特定の月のみ許可、昼間の時間帯のみアクセス許可、など 例:Contractorsグループの権限が 2022年1月1日12:00 AM UTC に切れるように設定する 例:SummerInternグループに6,7,8月のみ権限を付与する 例:CompianceAuditorsグループに各月の初日のみ権限を付与する。

    例:WorkWeekグループに月曜~金曜のみ権限を付与する 例:NightShiftグループに午後5:00~午前9:00まで権限を付与する [IAM] 時間ベースのアクセス制御 Allow group Contractors to manage instance-family in tenancy where request.utc-timestamp before '2022-01-01T00:00Z' Allow group SummerInterns to manage instance-family in tenancy where ANY {request.utc-timestamp.month-of-year in ('6', '7', '8')} Allow group ComplianceAuditors to read all-resources in tenancy where request.utc-timestamp.day-of-month = '1' Allow group WorkWeek to manage instance-family where ANY {request.utc-timestamp.day-of-week in ('monday', 'tuesday', 'wednesday', 'thursday', 'friday')} Allow group DayShift to manage instance-family where request.utc-timestamp.time-of-day between '17:00:00Z' and '01:00:00Z' 2021/3/30 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 37
  38. Oracle Cloud VMware Solution で、以下のバージョンを含むversion 7.0 update 1 が利用可能に •

    vSphere v.7.0 U1 • vSan v.7.0 U1 • NSX-T v.3.0.2.0 [OCVS] vSphere 7.0 のサポート 2021/3/30 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 38
  39. • ネットワーク・ソースとはIPアドレスのセットを定義したリソース。IPアドレスによってアクセス制御する。 • パブリックIPアドレス、もしくはテナンシ内のVCNからのIPアドレスを設定可能 • 作成したネットワーク・ソースをポリシーまたはテナンシの認証設定で参照し、元IPアドレスに基づいてアクセス制御 • コンソールへのログインを特定のIPアドレス範囲からのみに制限(テナンシーレベルでの設定) • IAMポリシーで各リソースへのアクセスを特定のIPアドレス範囲からに制限(各IAMポリシーでの設定)

    • 例:オブジェクト・ストレージへのアクセスを特定のIPアドレス範囲(VCN内IPの特定IPなど)からのみに制限 [IAM] ネットワーク・ソースがすべてのサービスをサポート OCI リージョン コンピュート インスタンス allow group groupA to manage object-family in tenancy where request.networkSource.name=‘VCNCIDR' オブジェクト ストレージ コンソール VCN A 10.0.0.0/16 サービス ゲートウェイ VCN Aの 10.0.0.0/24 からのみ許可 192.0.2.0/24 からのみ許可 サブネット 10.0.0.0/24 192.0.2.2 すべてのサービスでネットワーク・ソースによるIAMポリシーに よるアクセス制御が可能。(2021/3/31) 2021/3/31 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 39
  40. FastConnectのルート・フィルタリングでは、FastConnect上のBGPがどのようにオンプレミスのネットワークにルートをアドバ タイズするかをユーザーが設定可能 FastConnectのパブリック仮想回線で選択したスコープのルートをアドバタイズ • Regional – VCNのリージョンのすべてのパブリック・ルートをオンプレミス・ネットワークにアドバタイズ • Market –デフォルト設定。VCNのリージョンとそのほかの同じマーケットのリージョンのすべてのパブリック・ルートをオンプレ

    ミス・ネットワークにアドバタイズ。マーケット内のリージョンは、FastConnect Public Peering Advertised Routesの表 で定義されている。 • Japan East (Tokyo)、 Japan Central (Osaka)の場合:Sydney, Melbourne, Mumbai, Hyderabad, Tokyo, Osaka, Seoul, Chuncheon, Sydney-Classic が同じマーケット • Global – Oracle Cloudのすべてのリージョンのパブリック・ルートをオンプレミス・ネットワークにアドバタイズ • Oracle Services Network – Oracle Service Network (OSN) リソースで利用されているパブリック・ルートのみを オンプレミス・ネットワークにアドバタイズ FastConnectのルート・フィルタリング 2021/4/6 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 40
  41. ブロック・ボリュームとブート・ボリュームのクロス・リージョン・レプリケーション • 別リージョンへのDR用途などに活用 • Vaultを利用した暗号化ボリュームは非サポート • レプリケーションを有効化したボリュームはリサイズ不可 • 初回同期が完了した後は典型的なRPOは1時間以内だがデータの変更量によってはそれ以上になることもある •

    ターゲット・リージョンは事前定義済みのリージョンから選択 • Tokyoリージョン → Osakaリージョン または Seoulリージョン • Osakaリージョン → Tokyoリージョン [Block Volume] クロス・リージョン・ボリューム・レプリケーション 2021/4/6 OCI Tokyoリージョン OCI Osakaリージョン インスタンス ブート・ ボリューム ブロック・ ボリューム ブート・ ボリューム・ レプリカ レプリケーション アクティブ化(ク ローン)することで 利用可能 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 41
  42. クロス・リージョン・ボリューム・レプリケーション レプリカ側画面 初期のプロビジョニング中 プロビジョニング完了後 Copyright – © 2021 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 42
  43. 専用仮想マシンホスト • テナンシー専用のサーバー上にVMインスタンスを配置することが可能 • 他のお客様との共有環境ではなく、完全にお客様専用のサーバーを使用 • DVH上の各VMインスタンスは同一テナント内の別コンパートメントにも配置可能 • ユースケース •

    セキュリティ上の理由などで、物理サーバーとして独立した環境の上にVMが必要な場合 • 専用仮想マシンホストでサポートされない機能 • 自動スケーリング、容量予約、インスタンス構成、インスタンスプール、バースト可能インスタ ンス、リブート・マイグレーション(メンテナンスの際に手動での移行が必要) • 使用可能シェイプ(2021/04 現在) [Compute] 専用仮想マシンホストで E2, E3, および DenseIO2 シェイプをサポート Shape Instance Type Billed OCPU Usable OCPU DVH.Standard2.52 X7-based VM host 52 48 DVH.Standard.E2.64 E2-based VM host 64 59 DVH.Standard.E3.128 E3-based VM host 128 121 DVH.DenseIO2.52 X7-based dense I/O VM host 52 48 2021/4/6 専用仮想マシン・ホスト VMインスタンス VMインスタンス VMインスタンス • 各VMインスタンスごとにはCompute課金は発生せず、 専用仮想マシンホストを作成した時点で、Billed OCPU分の課金が発生 • VMインスタンスごとにWindowsの場合のWindows 課金や、そのほかライセンスが必要なソフトウェアがある 場合は別途必要 VMインスタンス Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 43
  44. 専用仮想マシンホストの作成画面 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All

    rights reserved. 44
  45. スケジュール・ベースの自動スケーリングによってインスタンス停止/起動 が可能に。 これまで、コンピュートの自動スケーリングの機能はインスタンス数の増減のみだったが、インスタンスのライフサイクルの変更 (起動/停止)のアクションを指定可能になった。 常時起動しておかなくてよいインスタンスを自動停止させてコストを削減したりすることも可能 [Compute] ライフサイクル・ステートに対するスケジュールベースの自動スケーリング トリガー 自動スケーリング ポリシー

    コンピュート・インスタンス 停止 インスタンス・プール スケジュール 朝 9:00 – 起動 夜 18:00 – 停止 起動 2021/4/6 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 45
  46. Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights

    reserved. 46 ライフサイクル・ステートに対するスケジュールベースの自動スケーリング 画面 ライフサイクル・アクション • 起動 • 強制停止 • 再起動 • 強制再起動
  47. オブジェクト・ストレージの事前認証済みリクエストで以下の 機能がサポート。 • バケット内のRead権限で、どのオブジェクトでもGET可能 • バケット内のオブジェクトのリスト表示 • バケット内の接頭辞一致でオブジェクトをフィルタリング これによって、パブリック・バケットを作成しなくても同等の操作 を事前認証済みリクエストで実行可能。

    (パブリック・バケットはセキュリティ上あまり好ましくないため) オブジェクト・ストレージの事前認証済みリクエストの機能拡張 2021/4/6 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 47
  48. Oracle Cloud Infrastructureモバイル・アプリで複数アカウントを追加可能になり、複数のテナンシーがある場合も簡単 に切り替えできるようになりました。 Oracle Cloud Infrastructure モバイル・アプリで複数アカウントをサポート 2021/4/7 Copyright

    – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 48
  49. これまで、バケットを削除する際はバケット内に残っているオブジェクトやパーツを全てあらかじめ削除する必要があったので 一括で削除したい場合に手間が発生していたが、コンソールからバケット削除時にこれらのオブジェクトを特定して一括で 削除することができるようになった。 Object Storage コンソールからのバケット削除の機能拡張 2021/4/9 Copyright – ©

    2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 49
  50. • 短期利用向きのインスタンスで、他でキャパシティ必要になった場合には キャパシティが回収 され、インスタンスが終了 (terminate)される。オンデマンド・インスタンスの50%の価格で利用可能。 • インスタンスが突然削除されても問題がない場合は、プリエンプティブル・インスタンスを利用することでコストを削減することが可能。 • 現時点では以下のシェイプをサポート •

    VM.Standard.E3.Flex シリーズ • VM.Standard2 シリーズ • プリエンプティブル・インスタンスの注意点 • 起動後にシェイプ変更したり、停止/再起動を行うことはできない。 • インスタンス構成やインスタンスプールには利用できない。 • インフラメンテナンス時のマイグレーションも行えない • 価格 • SKU自体は変わらず、標準価格の 50% で計算される。 • E3の場合の例:1 OCPU + メモリー 2GB のインスタンスの場合 • 標準単価: E3 - OCPU ¥3.00 OCPU Per Hour • 標準単価: E3 - Memory¥0.18 Gigabyte Per Hour • OCPU ¥3.00 x 1 x 0.5 + メモリー ¥0.18 x 2 x 0.5 = ¥1.5 + ¥0.18 = ¥1.68 / hour [Compute] プリエンプティブル・インスタンス (Preemptible Instance) 2021/4/13 注)Windows OS課金は対象ではなく、100%課金 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 50
  51. インスタンス作成時の「配置」の拡張オプションの選択肢 • オンデマンド • 通常のインスタンス • プリエンプティブル • キャパシティが回収される可能性がある。 •

    課金:通常の50% • 容量予約 • 事前に確保したキャパシティ上にインスタンスを作成 • 容量予約を作成してからインスタンスを作成していない期間は通 常の85%の費用で予約。インスタンス起動中は100%。 • 専用ホスト • 他のテナンシーとハードウェアを共有せずに専用ホスト上にインス タンスを作成。 • 専用仮想マシンホスト作成時点から全Billed OCPU分の課金。 VMインスタンスの容量タイプの選択 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 51
  52. • 通常はCPU使用率が低くて時々スパイクが発生するようなワークロードのコストを最適化。 • バースト可能インスタンス作成時には OCPU数 と ベースラインCPU使用率 (12.5% or 50%)

    を設定。 • 通常時はベースラインのCPUが利用され、必要な際に短期間のみすべてのOCPUを利用してスケールアップすることが可能。 • バーストできるかどうかは、インスタンスのCPU使用状況とサーバーのリソース状況に依存。 • インスタンスの過去24時間の平均CPU使用率がベースラインを下回っていれば、ベースラインを越えてバースト可能。バースト時 間は短期間に限られる。 • バースト可能インスタンスはオーバーサブスクリプションされているため、必ずしも必要な時にバーストできるとは限らない。 • 現時点では、VM.Standard.E3.Flex のみをサポート • 価格 • SKU自体は変わらず、OCPUの価格にベースラインCPU使用率をかけて計算される。 • メモリは通常と同様に設定したサイズで課金される。 • 例:1 OCPU ベースライン12.5% + メモリー 2GB のインスタンスの場合 • 標準単価:E3 - OCPU ¥3.00 OCPU Per Hour • 標準単価:E3 - Memory¥0.18 Gigabyte Per Hour • OCPU ¥3.00 x 1 x 0.125 + メモリー ¥0.18 x 2 = ¥0.375 + ¥0.36 = ¥0.735 / hour [Compute]バースト可能インスタンス (Burstable Instance) 2021/4/13 50% 100% 0% 注)Windows OS課金もベースラインOCPUで計算される Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 52
  53. インスタンス作成時のシェイプ選択時にOCPUの「バースト可能」にチェックを入れ、ベースラインOCPU使用率を選択。 [Compute]バースト可能インスタンス (Burstable Instance) 作成画面 Copyright – © 2021 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 53
  54. VCNのトポロジーをダイアグラムで可視化。以下2種類のレベル。 • リージョナル・ネットワーク・トポロジー • リージョン内の仮想ネットワーク構成のレイアウトやルーティング・トポロジーの全体像。DRG、VCN、VPEやそのほかのゲートウェイ など。 • クラウド・ネットワーク・トポロジー • サブネットやルーティングなどを含む特定のVCNの構造を表示。サブネット、VLAN、そのほかゲートウェイやリソースなど。

    [Networking] ネットワーク・ビジュアライザー 2021/4/13 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 54
  55. Oracle Cloud Infrastructure商用レルムのすべてのリージョン間でのネットワークレイテンシーの平均ランドトリップタイム (RTT)を提供 [Networking] リージョン間レイテンシー・ダッシュボード 2021/4/15 NRT-KIX間は 約8msec Copyright

    – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 55
  56. IPv6はこれまではGovernmentリージョンでの利用、もしくは商用リージョンではLimited Availabilityのステータス(申請 ベースで利用可能)だったが、一般リリース(General Availability)された VCNでIPv6を有効化することで、各インスタンスやロードバランサーでもIPv6を利用可能 [Networking] IPv6 の一般提供開始 2021/4/15 Copyright

    – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 56
  57. Oracle Cloud Infrastructureの VMware solution で、支払いのインターバルを要件に合わせて選択できるフレキシブ ルな課金オプションが登場。 1か月単位の課金に加え、1年コミット、3年コミット、時間課金から選択が可能 [Oracle Cloud

    VMware Solution] VMware flexible billing 2021/4/15 価格情報:https://www.oracle.com/cloud/compute/pricing.html#vmware Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 57
  58. Oracle Cloud VMware Solution - 価格 4月15日改定 - 時間課金 月課金

    1年コミット 3年コミット 主な用途 • 一時的な拡張 • 短期のテスト • DRでの一時的な拡張 • 開発およびテスト • ステージング • 本番環境 • DR環境 • 本番環境 • DR環境 価格 OCPU/時間 ¥29.244 ¥24.372 ¥19.500 ¥15.840 最小課金時間 8時間 1ヶ月 1年 3年 最小構成/時間での課金 (156 OCPU) ¥36,496.512 (8 時間) ¥2,828,711.808 (24時間x31日想定) ¥26,720,928 (24時間x366日想定) ¥64,998,236.16 (24時間x1096日想定) • • インフラストラクチャ (インスタンス / 内臓NVMe SSDストレージ) および サポート • VMware ソフトウェア・ライセンス および サポート • ( SDDC 3 • ( 1 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 58
  59. 通知や中断なしにインスタンスを正常な物理ホストにライブ・マイグレーションさせるかどうかを選択できるようになりました。 • ライブ・マイグレーション設定の選択肢 • 最適な移行オプションをOCIが選択(デフォルト) • オプトイン:通知や中断なしにライブ移行する。ライブ移行できない場合は再起動される。 • オプトアウト:メンテナンス通知がきたら、期日までにユーザーが手動で再起動する。期日までに再起動しなければ、ライブ移行 される。

    コンピュート・インスタンスのライブ・マイグレーション動作の選択オプション 2021/4/21 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 59
  60. • 第三世代Intel Xeonプロセッサ(Ice Lake)をベースにした optimized3 インスタンス • X7に比べてプロセッサ周波数は50%向上(Base frequency 3.0

    GHz, max turbo frequency 3.6 GHz)、2倍のPCIe帯域、 OCPUあたり4倍のネットワーク帯域。 • 現時点でシングルスレッドの性能が最も高いシェイプ • VMインスタンスはE3やE4と同じく、フレキシブル・インスタンス • BMインスタンスはRDMAをサポートするクラスターネットワークを構成でき、3.2TBのローカルNVMe領域を持つ。HPCに最適 コンピュート・インスタンスのIntel Optimized3シェイプ Metric X7 VM 8 OCPU X9 VM 8 OCPU X9 vs X7 per core SPECrate®2017 Integer 40.3 75.80 1.88 SPECrate®2017 Floating Point 49.1 99.40 2.02 Stream Triad Rate 61.8 94.72 1.53 SPECjbb Max-jOPS 22868 38964 1.70 SPECjbb Critical-jOPS 13604 26679 1.96 インスタンス OCPU メモリー 内蔵ストレージ ネットワーク BM.Optimized3.36 36 512 GB 3.2 TB NVMe 100 Gbps VM.Optimized3.Flex 1 - 18 1-256 GB なし 4 Gbps per OCPU (max 40 Gbps) X7との性能比較 2021/4/28 現時点では、Ashburn, Phoenix, Montreal, Toronto, London, Frankfurt, Seoul で利用可能 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 60
  61. クラスター・ネットワークを編集してインスタンス・プールのリサイズを行うことで、インスタンス数を変更可能になった。 クラスター・ネットワークのリサイズ 2021/4/28 Copyright – © 2021 Oracle and/or its

    affiliates. All rights reserved. 61
  62. データのアクセスパターンを監視し、自動的にオブジェクトストレージの標準層からよりコスト効率の良い頻度の低いアクセス 層へオブジェクトを移動してストレージコストを削減。 • 自動階層化はバケットレベルで作成時または作成後に有効化。 • デフォルト層が標準のバケットに対して設定。 • 1MiB以上のオブジェクトが対象 • 頻度の低いアクセス層へ移動するライフサイクルポリシー・ルールとの併用はできない

    オブジェクト・ストレージの自動階層化 オブジェクト・ ストレージ バケット Standard Infrequent Access Hot Cool 2021/4/28 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 62
  63. OCIのコンソールのナビゲーション・メニューがカテゴリ別の表示に変わりました。 • メニューがカテゴリ別の表示に • ホームメニューにはよく使うサービスを固定することができ、最近使った画面もリストされる コンソールのナビゲーション・メニューの刷新 2021/4/29 Copyright – ©

    2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 63
  64. コンピュート・インスタンス作成時に、インスタンスのVNICのDNSレコード作成をしないように設定できるようになった。 コンピュートインスタンス起動時にDNSレコード作成のオプト・アウト 2021/4/29 Copyright – © 2021 Oracle and/or its

    affiliates. All rights reserved. 64
  65. • お知らせ(Announcement)のメール通知先アドレスを複数名指定することが可能になった。 • これまではお知らせの通知先メールアドレスは一つしか登録できず、またこのアドレスを変更するためにはSRで依頼 する必要があった • 設定方法:IAMポリシーで設定 • IAMグループ内のユーザーのメールアドレスが設定されて検証済みであること。 •

    ポリシー例 [Announcement] 複数の受信先へのメール送信 2021/4/30 Allow group Announcement_Admin to read announcement-email in tenancy Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 65
  66. • リソース・マネージャーの概要ページがコンソールに追加されました。 • 機能へのガイド・ツアー • リソースマネージャーの一般的な利用方法やTerraformソリューションのビデオへのリンク • ドキュメントへのリンク リソース・マネージャのコンソールの概要ページ 2021/5/13

    Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 66
  67. リソース・マネージャでオブジェクトストレージのバケットにTerraform構成を保存して、スタック作成時にバケットを選択して 利用することができるようになりました。 [Resource Manager]オブジェクト・ストレージのバケットにTerraform構成を保存 2021/5/18 Copyright – © 2021 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 67
  68. ArmベースのAmpere A1 コンピュート・シェイプがVMインスタンスで利用可能 • OCI初のArmアーキテクチャのインスタンス • VM.Standard.A1.Flex • OCPU数とメモリサイズをカスタマイズ可能なフレキシブル・シェイプ •

    BM.Standard.A1.160 (ベアメタルのArmシェイプは今後リリース予定) • 1コア当たり1スレッド • 超低コスト - 1コアあたり1セント(¥1.2)/時間 • あらゆるワークロードで高い価格性能を発揮 • MySQL、JavaなどのOracleのソフトウェアをサポート • Armの開発者を強力に支援 • Always Freeでの利用 • 4 x Ampere A1 コア、24GBメモリー • Arm Acceleratorプログラム • 申請することで365日有効な無償クレジットを提供 Armベースの Ampere A1 コンピュート・シェイプの利用開始 2021/5/25 Tokyo, Osakaリージョンでも利用可能! Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 68
  69. Oracle Linux Cloud Developerイメージが Armベースのコンピュート・インスタンス向けのプラットフォーム・イメージとして 利用可能になった。 • A1インスタンスではOracle Linux Cloud

    Developerイメージの利用を推奨(Oracle Linux, Ubuntuイメージもバージョンによっては 選択可能) プラットフォーム・イメージとしてOracle Linux Cloud Developerイメージを利用可能 Oracle Linux Cloud Developer は、迅速に 開発環境を用意するために、最新のデプロイメン トツールや言語、OCI SDKなどを含んだイメージ。 2021/5/25 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 69
  70. Oracle Cloud Infrastructure VCN Bastion クライアント Oracle Cloud Infrastructure Bastionサービスは、パブリック・エンドポイントを持たないターゲット・リソースに対するセキュ

    アなアクセス制御を実現するサービス。 • これまで、プライベート・サブネットで特定のユーザーやクライアントからのみにアクセスさせるためには手動で踏み台サー バー用のインスタンスを用意する必要があったが、Bastionサービスによってサービスとして提供可能 • Bastionは権限のあるユーザーに特定のIPアドレスからSSHセッションでターゲット・リソースへの接続を許可 • ユーザーはSSHがサポートされるソフトウェアやプロトコルを使用してターゲットにアクセスすることが可能。 • 例)Windowsインスタンスに接続するための Remote Desktop Protocol (RDP) 、データベースに接続するためのOracle Net Service。 Oracle Cloud Infrastructure Bastionサービスのリリース Private Subnet インスタンス 2021/5/26 sshクライアント sshトンネル データベース セッション セッション DBクライアント Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 70
  71. VMware SDDCを作成する際に2つのライセンスオプションから選択可能に • Advanced License:(追加コスト無し。デフォルト) • 3つのオンプレミス接続ライセンスキーを含む。少量のワークロードの移行やアプリケーションのダウンタイムの許容が可能な場合はこ のオプションを選択。 • Enterprise

    License:(追加コスト) • 10個のオンプレミス接続ライセンスキーを含む。大量のミッションクリティカル・ワークロードをゼロ・ダウンタイムで移行する場合に選択。 VMwareのHCX Enterprise ライセンス・オプション 2021/5/26 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 71
  72. 一部のリージョンで利用可能だったDRGの拡張機能が全商用リージョンで利用可能になった [Networking] DRGの拡張機能 2021/5/26 VCN • VCN間のネットワーク接続のため1つ以上のVCNにDRGをアタッチでき るようになった。 • VCNは同一テナントでも異なるテナントでも可。

    • DRGにアタッチされたネットワークリソースごとに異なるルート表とポリ シーをアサインできる。 • 例えば、1つのDRGをハブとして、複数VCNとオンプレミスのネットワークを一 つのDRGに接続することによって、トラフィックのルーティング構成を単一の ゲートウェイで構成することが可能。 • あるリージョンのDRGにアタッチしたオンプレミスネットワークを、リモート・ ピアリング接続(RPC)を使って別のリージョンのDRGに接続すること が可能。 • IPSec VPNやFastConnect接続のActive-Active構成のために等 コストマルチパス(ECMP)を有効化することが可能。ECMPはルー ト表単位で制御される。 • リモート・ピアリング接続(RPC)で同じリージョンもしくは異なるテナン シーのDRGにも接続できる。 VCN オンプレミス ネットワーク VCN FastConnect OCIリージョン VCN オンプレミス ネットワーク FastConnect リージョンA リージョンB VCN リモートピアリング接続 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 72
  73. 1. カスタム・イメージの課金変更 2. 新たなアイコン集 そのほかのアップデート Copyright – © 2021 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 73
  74. これまでカスタム・イメージは課金が発生していなかったが、 2021年5月26日以降に作成されたカスタム・イメージからは Object Storageの費用が必要。 • コスト分析やコストレポートなどでは以下の項目で確認可能 • SKU 「B91628 」

    Oracle Cloud Infrastructure – Object Storage – Storage • サービス 「Compute」 • 説明 「Custom Image Storage」 カスタム・イメージの課金変更 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 74
  75. OCIのアイコン集が新しくなりました! https://docs.oracle.com/en-us/iaas/Content/General/Reference/graphicsfordiagrams.htm → PowerPoint Graphics and Quick Start Guide あらたなOCIアイコン集

    Bare Metal Compute Virtual Machine Load Balancer Internet Gateway Service Gateway Oracle Cloud Infrastructure (Region) Availability Domain 1 Availability Domain 2 AD3 Subnet A 10.0.30.0/24 Bastian Server Subnet B 10.0.30.0/24 Primary Database Subnet D 10.0.30.0/24 Loaded Balanced Web Servers Subnet C 10.0.30.0/24 Standby Database Auditing Identity & Access Management VCN Dynami c Routing Gatewa y Database System Bare Metal Compute VPN Load Balanc er Virtual Machine Virtual Machine Object Storage Database System Serv er Block Storage 新アイコンの例 Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 75
  76. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/oci%e6%96%b0%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%83%8f%e3%82%a4%e3% 83%a9%e3%82%a4%e3%83%88 よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい方は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。 隔週で新機能をご紹介しています。 Oracle Cloud Infrastructure

    新機能ハイライト Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 76
  77. Oracle Cloud Infrastructure 主要情報一覧 1 2 Oracleアーキテクチャ・センター https://docs.oracle.com/ja/solutions/ クラウド環境の検討や実装に役立つように設計されたリファレンス・アーキテクチャとソリューショ ン・プレイブックのカタログを多数掲載。ダウンロード、カスタマイズ、およびデプロイできるコードま

    たはスクリプトも含む。 リファレンス・アーキテクチャ、ソリューション・プレイブックを概説した下記ブログもご参照ください。 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/move-workload-to-oraclecloud 3 OCIサービスアップデート https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/4サービス・アップデート 毎月公開するOCIのサービス・アップデート情報をスライドで分かり易く説明。各サービスの詳 細なアップデート情報は、各サービスのドキュメントや下記「OCI活用資料集」をご覧ください。 4 5 OCIお客様活用事例 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/oracle-cloud-platformpaasiaas OCIを活用したお客様の事例のご紹介。データベースはもちろんのこと、アナリティックス、セキュ リティ、システム管理、コンテンツ管理、ブロックチェーン、チャットボットなど様々なサービスのお 客様事例をご紹介します。 OCI活用資料集 https://oracle-japan.github.io/ocidocs/ OCIを使ってみたい! という方のための技術ドキュメント集。 OCIのサービス別技術資料をはじ め、PPTスライドを中心とした公開ドキュメントや、セミナーで使用した資料をアップロードしてい ます。 6 OCIセミナー情報 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/column_cloud_seminar 今後開催予定のウェビナー(含むハンズオントレーニング)についてご案内します。 ほぼ毎週 2回+ハンズオンを様々なテーマで開催中! オラクルエンジニア通信 https://bloegs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術資料、コラム、マニュアルなど、OCIに関するその他の情報は、「オラクルエンジニア通信」 よりお届けしています。 チュートリアル: OCI を使ってみよう https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/ OCIを使ってみよう! という人のためのチュートリアル集。各項ごとに画面ショットなどを交えなが らステップ・バイ・ステップで作業を進めて、OCIの機能についてひととおり学習することができるよ うになっています。 7 OCIドキュメント 各サービスのマニュアル。 https://docs.cloud.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/home.htm 8 Oracle Code Night https://oracle-code-tokyo-dev.connpass.com/ オラクルのテクノロジーだけに限定しない、Developer(開発者)のDeveloper(開発 者)によるDeveloper(開発者)のための開発者向けコミュニティ Meetup セミナーのこと。 ほぼ毎週 様々なテーマで開催中! 9 Oracle Cloud Infrastructure 主要情報をまとめたポータル(以下1−9を含む) https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/column_oci_links Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 77
  78. Thank you Copyright – © 2021 Oracle and/or its affiliates.

    All rights reserved. 78
  79. None
  80. Our mission is to help people see data in new

    ways, discover insights, unlock endless possibilities.