Exadata Cloud Service サービス技術詳細

Exadata Cloud Service サービス技術詳細

Oracle Cloud Infrastructure / OCI
Exadata Cloud Service / ExaCS
Oracle Exadata

3115a782126be714b5f94d24073c957d?s=128

oracle4engineer

June 02, 2020
Tweet

Transcript

  1. 日本オラクル株式会社 クラウド事業戦略統括 データベースソリューション部 ソリューションエンジニア 南野 英梨子 2020年06月 技術詳細 Oracle Exadata

    Cloud Service
  2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一 の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルや コード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判 断材料になさらないで下さい。 オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により 決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商 標です。

    文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Safe harbor statement Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 2
  3. Exadata Cloud Service 概要

  4. 4 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Cloud

    第2世代インフラを基盤に、Autonomous DatabaseやPaaS, SaaSを提供 IaaS PaaS コンピュート ストレージ コンテナ ネットワーク セキュリティ Autonomous Transaction Processing Autonomous Data Warehouse Autonomous Database (自律型データベースクラウド) Cloud at Customer (顧客DC) データ管理 アプリケーション開発 インテグレーション アナリティクス コンテンツ管理 セキュリティ・IT管理 SaaS ERP/EPM SCM HCM CX Oracle Cloud Infrastructure (第2世代インフラ) Cloud Applications Oracle Cloud Infrastructure
  5. 5 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Cloud

    Infrastructure の利点 「オンプレミス」と「パブリッククラウド」の長所を兼ね備える オンプレミスの長所 • ハードウェア本来の性能 • ハードウェアの占有利用 • 大規模ワークロードへの対応 Oracle Cloud Infrastructure の利点 安定・高速・セキュア エンタープライズITに求められる高いパ フォーマンスを安定的に提供 安定した基盤を元に、業界唯一の Performance SLAを規定 コストパフォーマンス シンプルで柔軟な課金体系により、大幅 なコスト削減を実現 オラクルに最適化 Autonomous DB, RAC, Exadataが利用可能 データベースに求められる性能を提供 幅広い用途 クラウドネイティブからエンタープライ ズITまであらゆるワークロードに適応 パブリッククラウドの長所 • 迅速なサービス利用 • 瞬時に容量・能力を追加 • 利用量に応じた課金 基幹システムの移行に必要な要件を満たすクラウド基盤を新たに展開
  6. 6 Oracle Database デプロイメント選択肢 様々なシステム要件に対応 Copyright © 2020, Oracle and/or

    its affiliates 6 Most Manual Most Autonomous 汎用サーバ上に Databaseを インストール Exadataに Databaseを構成 IaaS上に Databaseを インストール Autonomous Database DBCS - BM/VM Exadata Cloud Service or Exadata Cloud at Customer Oracle Cloud Infrastructure On Premise
  7. 最高のデータベース基盤をパブリッククラウドで利用可能 Exadata Cloud Service ミッションクリティカル基盤で圧倒的な実績を誇る Exadata 専有環境を月額*で利用可能 (*CPU費用は時間単位) Exadata 専有環境

    CPUは1時間単位で柔軟に増減可能 HW/SW/サポート全て込み 全てのオプション機能が使い放題 柔軟な 価格体系 Exadata HW基盤の管理は全てオラクルにお任せ 超高速な Oracle Database としてシンプルに利用可能 インフラ 管理不要 Exadata Cloud Service Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 7
  8. 8 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Exadata Cloud

    Serviceのメリット ワンクリックで パッチ適用 データ/通信 デフォルト暗号化 数クリックで プロビジョニング 容易なテスト・開発 クローニング オンライン スケーリング Exadataの専有による 高い性能とセキュリティ 全機能使い放題の 統合環境 デフォルトの可用性と 容易な高可用性構成
  9. Exadata Cloud Service: Extreme Performanceエディション がバンドル 全オプションが利用可能、サポートもサービス費用に含む Extreme Performance High

    Performance Enterprise Edition Multitenant Partitioning Advanced Compression Advanced Security, Label Security, Database Vault Real Application Clusters DB In-Memory Active Data Guard • 完全なデータベース・ インスタンス • 表領域暗号化 Standard Edition • 全てのEE 標準機能 - Data Guard - Hybrid Columnar Compression(HCC) - パラレル処理 etc Real Application Testing OLAP Management Packs (Data Masking and Subsetting Pack, Diagnostics and Tuning Packs) 全てのデータベース・オプション機能 が利用可能 Oracle Database Cloud では、 全てのエディションで 表領域暗号化機能を提供 主なデータベース・オプション機能 が利用可能 Management Packs (Database Lifecycle Management Pack, Cloud Management Pack for Oracle Database) ¥48/h ¥200/h ¥97/h ¥302/h * 料金: CPU当たり/PAYGの場合 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 9
  10. 数十年にわたりミッションクリティカル環境で磨かれ続けてきたDB技術 Exadata Cloud Complete, Compatible, Secure, Available, Scalable 全ての Exadata

    技術革新 全ての Oracle Database 技術革新 Multitenant In-Memory DB Real Application Clusters Active Data Guard Partitioning Advanced Compression Advanced Security, Label Security, DB Vault Real Application Testing Advanced Analytics, Spatial and Graph Management Packs for Oracle Database InfiniBand Fabric Columnar Flash Cache HCC 10:1 I/O I/O I/O Storage Indexes Hybrid Columnar Compression I/O Resource Management Exafusion Direct-to- Wire Protocol Offload SQL to Storage Network Resource Management In-Memory Fault Tolerance PCI Flash Smart Flash Cache, Log Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 10
  11. Exadata Cloud Service : Smart システム・ソフトウェア Smart Storage • Hybrid

    Columnar Compression によりストレージ容量を1/10に削減 • DB向けのフラッシュキャッシュ機能 により大容量ディスクモデル でもフラッシュ同様のパフォーマンス Smart OLTP • 特別な InfiniBand プロトコル により 高速かつ低レイテンシーなOLTP処理 • DBに最適化された Flash Logging アルゴリズムによる超高速なトランザクション • Fault-tolerant In-Memory DB による高可用性 Smart Consolidation • ワークロードの優先制御 をCPU、ネットワーク 、ストレージ全てにおいてQoSを確保 • 同一ハードウェアスペックに 4倍のデータベースを統合 Smart Analytics • • • 100 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 11
  12. Exadata Database Machine: 3つの形態で提供 Exadata Exadata Cloud at Customer Exadata

    Cloud Service On-Premises Exadata Cloud Service @ Customer Exadata Cloud Service @ Oracle Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 12
  13. Exadata Cloud Service : シェイプ別仕様 詳細版 https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/Database/Concepts/exaoverview.htm#SystemConfiguration 世代指定なし X8 X7

    Base System Quarter Rack Half Rack Full Rack Quarter Rack Half Rack Full Rack シェイプ名 Exadata.Base.48 Exadata.Quarter3.100 Exadata.Half3.200 Exadata.Full3.400 Exadata.Quarter2.92 Exadata.Half2.184 Exadata.Full2.368 データベース・サーバー数 2 2 4 8 2 4 8 OCPU数 Min- Max 拡張単位 Min- Max 拡張単 位 Min- Max 拡張 単位 Min- Max 拡張単位 Min-Max 拡張 単位 Min- Max 拡張単 位 Min- Max 拡張単 位 0-48 4以上 2単位 0-100 4以上 2単位 0-200 8以上 4単位 0-400 16以上 8単位 0-92 4以上 2単位 0-184 8以上 4単位 0-368 16以上 8単位 メモリ容量 360 GB * 2 node 720 GB * 2 node 720 GB * 4 node 720 GB * 8 node 720 GB * 2 node 720 GB * 4 node 720 GB * 8 node ストレージ・サーバー数 3 3 6 12 3 6 12 フラッシュ容量 38.4 TB 76.8 TB 179.2 TB 358.4 TB 76.8 TB 153.6 TB 307.2 TB 利用可能ストレージ容量 (三重化、データ領域以外も含む) 74.6 TB 149 TB 299 TB 598 TB 106.9 TB 213.8 TB 427.6 TB Infrastructure 月額費用 (Monthly Flex) ¥1,200,000 ¥1,620,000 ¥3,240,000 ¥6,480,000 ¥2,400,000 ¥4,800,000 ¥9,600,000 OCPU 時間費用 (Monthly Flex) ¥201.612 / OCPU | ¥38.712 / OCPU (BYOL)  OCPUは1データベース・サーバー当たり、2 OCPU以上1 OCPU単位で拡張。なお、本番環境での推奨は3 OCPU以上 Base/Quarter Rackの例 : 0(停止状態) =>4=>6=>8…  ストレージ・サーバー数は、Half/Full Rack の場合、オンプレミス構成と異なる  ストレージは、High Redundancy(三重化)で固定  Infrastructure 月額費用:時間単位の費用を48時間(24時間×2日)で換算 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 13
  14. 14 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Exadata Infrastructure

    OCPU 1時間 (48時間以上) 1時間 ¥1,612.908/時 = ¥1,200,000/月 (Base System) ゼロ CPU から可能 1 2 ¥201.612/時 (PaaS) ¥38.712/時 (BYOL) Exadata Cloud Service: 価格体系イメージ 1. Exadata Cloud - Database OCPU • 1時間単位で0からモデル毎の最大CPUまで 変更可能 • PaaS or BYOL 2. Exadata Infrastructure • モデル毎の価格 • 最低利用期間あり(48時間) • 48時間以上は1時間単位
  15. Exadata Cloud Service サービス詳細

  16. 16 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Exadata Cloud

    Serviceのメリット ワンクリックで パッチ適用 数クリックで プロビジョニング 容易なテスト・開発 クローニング オンライン スケーリング Exadataの専有による 高い性能とセキュリティ 全機能使い放題の 統合環境 デフォルトの可用性と 容易な高可用性構成
  17. ExadataのH/Wを専有 • 他のお客様との共有環境ではなく、完全にお客様専用のサーバーを使用 高性能 • 他の環境の影響を受けずにH/W性能を享受できるため、高性能が必要なワーク ロードも対応可能 • Oracle Databaseと親和性のある、ストレージ側の特別なアルゴリズムにより、

    OLTP、アナリティクス、統合など、すべてのデータベース処理を劇的に改善 高セキュリティ • セキュリティ上の理由などで、物理サーバーとして独立した環境が必要な場合も 対応可能 • データ/通信のデフォルト暗号化とOCIの仮想ネットワークでのセキュリティ設定 • 金融、政府機関、小売り、通信など、高いセキュリティが求められるシステムで も導入されているExadataとOracle Databaseの実績とセキュリティ機能 Exadata Cloud Serviceの高い性能とセキュリティ Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 17
  18. Exadata DBシステムとは Exadata DBシステム • 環境全体(=サービス・インスタンス) • 作成後に構成済の部分 • 仮想マシン(domU)

    • OS • Grid Infrastructure S/Wインストール・構成 • Storage Server • ネットワーク など データベース • Exadata DBシステム上で 稼働するデータベース VM (domU) VM (domU) VM (domU) Exadata System Clusterware Database … … Database Client Subnet Backup Subnet DATA RECO SPARSE ASM Object Storage バックアップ Compute Nodes Storage Servers Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 18
  19. Exadata DBシステムとは DBシステム DB ノード Copyright © 2020, Oracle and/or

    its affiliates 19
  20. コンピュート • コンピュート数は、シェイプ毎に固定 - Base,Quarter : 2 / Half :

    4 / Full : 8 - シェイプで利用可能リソース(OCPU/メモリ)が決まる • DBサーバーごとに1VMの構成 - コンピュート毎に物理サーバーが分かれる • ユーザーは仮想マシン内(OS以上)を管理 データベース • クラウドツールで簡単に作成・利用可能 - 1環境で複数DB利用可能 - 全ノード跨りのOracle Real Application Clusters (RAC) - 12c以上のバージョンはデフォルトCDB(1PDB)構成 ◦ CLIでの作成でNon-CDBも可能 (Doc ID 2528257.1) - デフォルトで表領域暗号化 ネットワーク • 2つのサブネット: クライアント用とバックアップ用 • Exadata内はInfiniBand ネットワーク Exadata Cloud Service 構成 : コンピュートとネットワーク VM (domU) VM (domU) VM (domU) Exadata System Clusterware Database … … Database Client Subnet Backup Subnet DATA RECO SPARSE ASM Object Storage バックアップ 2,4,8 Compute Nodes 3,6,12 Storage Servers Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 20
  21. ストレージ • ストレージ・サーバー数は、シェイプ毎に固定 - Base,Quarter :3 / Half : 6

    / Full : 12 • Automatic Storage Management(ASM)で管理 - DATA/RECO/SPARSEのディスクグループが3重化で作成 - ローカル(RECO)へのバックアップを取得するか・SPARSE作成するかどう か選択 Oracle Cloud Infrastructure Exadata: 構成 構成 DATA Disk Group RECO Disk Group SPARSE Disk Group Exadata ストレージ上のDBバックアップ :なし SPARSE ディスク・グループ : なし 80% 20% - Exadata ストレージ上のDBバックアップ :あり SPARSE ディスク・グループ : なし 40% 60% - Exadata ストレージ上のDBバックアップ :なし SPARSE ディスク・グループ : あり 60% 20% 20% Exadata ストレージ上のDBバックアップ :あり SPARSE ディスク・グループ : あり 35% 50% 15% VM (domU) VM (domU) VM (domU) Clusterware Database … … Database Client Subnet Backup Subnet DATA RECO SPARSE ASM Object Storage バックアップ 2,4,8 Compute Nodes 3,6,12 Storage Servers Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 21
  22. Oracle Database サービス: 利用可能リソース DBCS VM/ADB-Shared DBCS BM/ExaCS/ADB-Dedicated 共有環境 物理リソースを複数サービス・

    インスタンスで共有 専有環境 物理リソースを1サービス・ インスタンスで専有 シェイプ (OCPUとメモリのサイズ) 汎用:OC3~OC7 ハイメモリ:OC1M~OC5M ボリューム 割り当てサイズを指定 Rack モデル 利用するRackモデルでリ ソースが決定 (最大OCPU/メモリ/ フラッシュ/ストレージ) OCPU モデルの中で利用可能な OCPU数を指定  OCPU以外はモデル内のリソースは全て利用可能  OCPUは指定した分だけ利用可能  OCPUとメモリはシェイプごとに決まる  ディスク(ボリューム)の追加/拡張が可能 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 22
  23. 23 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Exadata Cloud

    Serviceのメリット ワンクリックで パッチ適用 データ/通信 デフォルト暗号化 数クリックで プロビジョニング 容易なテスト・開発 クローニング オンライン スケーリング Exadataの専有による 高い性能とセキュリティ 全機能使い放題の 統合環境 デフォルトの可用性と 容易な高可用性構成
  24. + Buffer Peak CPUリソース割り当てを、1時間単位で必 要な時に必要な分だけ柔軟に増やすこと が可能 • オンプレミスの場合、ピーク時+αに合わせた リソースとライセンスが必要 動的に変更

    • 一時的に割り当てられたCPUを動的にDBで利用可能 • 注意点: インスタンス・ケージング(CPU_COUNT)設 定をしている場合 - 明示的な設定値に基づくため、割り当てられた変更後 のリソース状態に合わせた自動変更はされないので、 リソース追加後に設定が必要 利用可能OCPU数の変更 Normal + Hourly Bursting オンプレミスの場合 Exadata Cloud の場合 60 30 60 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 24
  25. CPUのスケール・アップ/ダウン 1. 『DBシステムの詳細』ページで 『スケール・アップ/ダウン』をク リック 2.利用中のシェイプで利用可能なOCPU(CPUコア数)の範囲内 で、有効にするコア数(ノード数の倍数)を指定し、 『スケール・アップ/ダウン』をクリック OCI Documentation(英語)

    Exadata DB System > Managing Exadata DB Systems OCI Documentation(日本語) Exadata DB システム> Exadata DBシステムの管理 OTN連載 : もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 第11回 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 25
  26. ExaCSインスタンス全体で利用可能なOCPU数 • 各サーバーで利用可能なOCPU数 = インスタンスOCPU数/DBサーバー数 • スケール・アップもしくはダウンは、サーバー毎に最小1 OCPUずつ増減 • ノードあたり2

    OCPU以上。ノード当たり3 OCPU 以上が推奨 利用可能リソース:OCPU数について Base/Quarter Rack Half Rack 8core 8core 4core 4core 4core 4core 16 OCPU 16 OCPU +1 Scaleup 4 +1 +1 +1 +2 Scaleup 4 +2 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 26
  27. CPU • CPUのリソース割り当ての変更 - サービス・インスタンス全体 - 一時間単位で、0から契約Rackにおける最大CPU数まで増減可能 - ノードあたり最低2 OCPUが必要(推奨

    ノードあたり3 OCPU以上) - オンライン・スケーリングなのでDBやコンピュートの停止なしで動的に変更 メモリー、ストレージ • 契約Rack内で利用可能なメモリーとストレージは、最初から全て割り当てられる • メモリーとストレージに関して拡張が必要な場合は、Rack変更(新規作成) - 既存ExaCSの環境からデータ移行、クライアントからの接続情報の変更が必要 スケール・アップ Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 27
  28. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 28 • 変更後のシェイプで新しい環境(DBシステム)を作成して、DB移行が必要

    • コンソールや各種ツール、PDBの機能を使った容易な移行機能が利用可能 シェイプの変更について Exadata System Exadata System Object Storage Quarter Half Exadata System Exadata System Object Storage Quarter Half Exadata System Exadata System Object Storage Exadata System DBCS System ZDM バックアップを変更先の ExaCSへリストア PDBのUnplug&Plug Data Guardでの 切り替え Zero Downtime Migrationを使った移行 コンソール上から可能な方法 • コンソールから操作可能 • 停止時間が設けられる場合など • SQLで実行 • PDB毎に順次移行可能 • コンソールから操作可能 • 差分同期されるので、 停止時間は数分~ • Data Guardと同様の動き • 自動Data Guardが使えない 条件の場合などで有効 (別サービスなど)
  29. OCPU • OCPUスケールアップ・ダウンが可能(ノード数単位で増減 例 Quarterの場合2ずつ) • OCPU数を0にするとVM停止+OCPU課金停止 - 『ノード停止』では課金停止にはならないので注意 インフラ

    • 利用期間中は課金対象で、終了されるまで課金継続 • インフラ(Exadata Infrastructure )は最低48時間。48時間未満で終了した場合も48時間分は課金 OCI Exadata 課金対象期間について Exadata Infrastructure Additional OCPUs 作成 終了 48h OCPU Scale up OCPU down to 0 停止 起動 OCPU Scale up Exadata Infrastructure Additional OCPUs 作成 終了 48h OCPU Scale up OCPU down to 0 停止 起動 OCPU Scale up 48時間未満で終了する場合→インフラは48時間課金 48時間経過後で終了する場合→終了時に課金停止 ※2019/08時点 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 29
  30. 30 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Exadata Cloud

    Serviceのメリット ワンクリックで パッチ適用 データ/通信 デフォルト暗号化 数クリックで プロビジョニング 容易なテスト・開発 クローニング オンライン スケーリング Exadataの専有による 高い性能とセキュリティ 全機能使い放題の 統合環境 デフォルトの可用性と 容易な高可用性構成
  31. リソース共有/分割 • 共有環境 • 1VM上に1DB(PDB複数可) • 環境=DBごとにリソース割り当て • DB内でのリソース制御可能 2

    OCPU 4 OCPU • 占有環境 • 環境全体でサイズ選択・リソース共有 • 1VM上に複数DB可能(複数PDB可能) • DB間/内でのリソース制御可能 • OS分離など環境を分けるケース • H/Wリソース共有可能な場合や、環境毎に エディション等変える必要があるケース • 統合環境向き • 高い性能やセキュリティ要件向き RAC 4 OCPU x2 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 31 DBCS BM/ExaCS/ADB-Dedicated DBCS VM/ADB-Shared ExaCSなら全データベース機能 +Exadata機能が使い放題
  32. Database は、19/18/12.2.0.1/12.1.0.2/11.2.0.4 を利用可能 • GIと同じもしくは下位のバージョンのデータベースを作成可能 Grid Infrastructure(GI)は、初回のDBバージョンよって異なる - 環境作成時のDBバージョンは、最新GIになるように最新DB(19c)を指定することを推奨 -

    GIとDBのバージョン依存関係 ◦ GIと同じもしくは下位のバージョンのデータベースが同居可能 ◦ 既存環境で最新バージョンのDBを利用したい場合、GIのアップグレードが必要 ◦ GIのアップグレードは手動で可能 参照) MOS Note 2206224.1 Storage Server Softwareは、Exadata Cloudで使用可能な最新バージョンで提供 • 顧客による指定は不可 参照) Doc ID 2333222.1: Exadata Cloud Service Software Versions S/Wバージョン Database 19 18 12.2.0.1 12.1.0.2 11.2.0.4 Grid Infrastructure 19 18 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 32
  33. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 33 複数のデータベース(CDB)やPDBが作成可能 •

    バージョンやパッチレベルが異なるデータベースごとに ORACLE_HOMEが作成 • 同一パッチレベルであればORACLE_HOMEを共有可能 • 作成可能な数はリソース依存 • Grid Infrastructure のバージョンと同じ、もしくは下位 バージョンであれば作成可能 • 例えば、GI 18cの環境でDB19cを作りたいときに は、先にGIのバージョンアップが必要 ユースケース • 複数バージョンのデータベース環境の統合 • 検証/開発環境 • 環境内で新旧ORACLE_HOMEを保持したバージョンアップ 複数のデータベースを複数のバージョン/パッチレベルで利用可能 GI 19c DB 19c DB 19c DB 18c DB 12.2 DB 12.1 DB 11.2 DB 12.2 ※2019/08時点 初期DBで19cを選択した場合 DatabaseのORACLE_HOME /u02/app/oracle/product/19.0.0.0/dbhome_2 /u02/app/oracle/product/19.0.0.0/dbhome_3 /u02/app/oracle/product/18.0.0.0/dbhome_2 /u02/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_2 /u02/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_2 /u02/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_2
  34. 各データベース・バージョンのサポート期間 • 対象サービス  Exadata Cloud (Public & Cloud at

    Customer)を含む全てのデータベース・サービス • サポート終了  オンプレミスのライフタイム・サポートに準拠して設定  セキュリティ・パッチを含むパッチ提供を終了  新規プロビジョニングを終了 クラウドでの提供開始 サポート終了 11g (11.2.0.4) 2014年9月 2020年12月31日 12c R1 (12.1.0.2) 2014年9月 2022年7月31日 12c R2 (12.2.0.1) 2017年3月 2020年11月20日 18c (12.2.0.2相当) 2018年3月 2021年6月8日 19c (12.2.0.3相当) 2019年1月 2026年3月31日 Doc ID 742060.1: Release Schedule of Current Database Releases Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 34
  35. コンピュート内のリソース制御 • 自動メモリ管理(AMM) New 12.2 • Resource Manager PDB内 •

    自動メモリ管理(AMM) • リソース・マネージャ(PDB単位) • PDB毎のCPU_COUNT設定 New 12.2 • CDB内リソース・プランのシェア設定 DB内 (PDB間) • リソース・マネージャ(DB単位) • コンシューマ・グループ • インスタンス・ケージングによるCPU制御 • RAC サービス • サーバー・プール • ポリシー管理・データベース • QoS 管理 クラスタ内 (DB間) • リソース・マネージャ(DB、DBインスタンス単位) • DBのインスタンス・ケージングによるCPU制御 サーバー内 (DB間) • IORM • DB間の優先順位決め I/O Oracle Grid Infrastructure Oracle RAC Storage Servers Database Servers DB(CDB)s PDBs Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 35
  36. データベース間でI/Oリソース使用の優先順位指定が可能 ユーザーの設定値に基づき、自動的に制御 • "Share"を使用したデータベースごとの優先順位 • デフォルトは全データベースに1が設定されている • 設定値は1~32が指定可能で、数値が高いほど優先度高 • サービス・コンソール(UI)で設定可能

    参考: Configuring Exadata I/O Resource Manager for Common Scenarios (Doc ID 1363188.1) 複数データベース間でのリソース管理 リソース制御: I/O Resource Manager (IORM) Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 36
  37. Exadata Cloud : IORMの設定 1. 『DBシステムの詳細』ページで 『IORMの有効化』をクリック 『有効化』をクリックして反映 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 37
  38. 38 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Exadata Cloud

    Serviceのメリット ワンクリックで パッチ適用 データ/通信 デフォルト暗号化 数クリックで プロビジョニング 容易なテスト・開発 クローニング オンライン スケーリング Exadataの専有による 高い性能とセキュリティ 全機能使い放題の 統合環境 デフォルトの可用性と 容易な高可用性構成
  39. ExaCSのDBシステム内での、データベースのスナップ ショット機能 • ストレージ使用料を最適化し、迅速なクローン作成 - コピーオンライト形式のスナップショット - 更新データのみを保持し、未更新データはマスターを参照 • Exadata特有の機能を全て利用可能

    - Exadataハードウェア内で、スナップショットの機能をネイ ティブサポート • スナップショット先の領域として、SPARSEディスク・グ ループが必要 - 従来のDATAやRECOディスク・グループとは異なる、 SPARSE属性のディスク・グループとグリッド・ディスクを 使用 Exadata スナップショット SPARSE DG DATA DG マスター 更新分 更新分 更新分 更新分 スナップショット Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 39
  40. 自動バックアップで取得されたバックアップを利用して、コンソールやCLIからDB作成可能 • 作成先は、バックアップ元と同一システム上も 異なるシステム上も可能 • 異なるシステム上の場合、同一AD内のみ • ExaCS以外へのリストアはツールは非対応 • 障害時の復旧、複製や移行にも利用可能

    • 作成先のDBバージョンはバックアップ元の DBバージョンと同一またはそれ以上 バックアップからのデータベースの作成 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 40 Object Storage Exadata System Exadata System
  41. 41 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Exadata Cloud

    Serviceのメリット ワンクリックで パッチ適用 データ/通信 デフォルト暗号化 数クリックで プロビジョニング 容易なテスト・開発 クローニング オンライン スケーリング Exadataの専有による 高い性能とセキュリティ 全機能使い放題の 統合環境 デフォルトの可用性と 容易な高可用性構成
  42. Oracle Databaseの高可用性プラクティスが詰まった Exadata上で稼働 • 全てのコンポーネント、サービスが多重化 • 様々な自己復元機能を搭載 • Real Application

    Clusters & Oracle Clusterware : DBサーバー ノードのクラスタ • Service : データベース・サービスを複数ノード上で抽象化 • SCAN Listener : 接続サービスをクラスタレベルで抽象化 • Automatic Storage Management : 堅牢な共有ストレージ管理 デフォルトで各コンポーネントが冗長化 Exadata Cloud Service Oracle Clusterware Real Application Clusters Service Automatic Storage Management SCAN Listener デフォルトで構成済の可用性機能 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 42
  43. シングル構成で DBバックアップ取得 DBサーバー冗長構成 複製DBでのDR構成 複製DBの複数(ローカル+リモート)構成 要件に応じて計画停止/計画外停止を考慮した構成を検討 Exadata Cloud ServiceでのMAA構成 Primary

    Region #1 Standby Region #2 GOLD (DR) Data Guard DB Backup (Object Storage) DB Backup (Object Storage) PLATINUM (HA) Primary Standby Region #1 Region #2 DB Backup (Object Storage) DB Backup (Object Storage) Primary Standby DB Backup (Object Storage) DB Backup (Object Storage) Data Guard/ Golden Gate DG/GG Data Guard/ Golden Gate RAC SILVER DB Backup (Object Storage) Region #1 Primary Standby Data Guard Region #1 SILVER (HA) ケース1 定期メンテナンス許容可能 + RTO/RPOがバックアッ プ・リストアで満たせる ExaCS x1 + Object Storage ケース2 定期メンテナンス時など停 止時間をゼロに近づけたい ケース3 大規模障害を想定した 災対環境保持 ケース4 RPO/RTOを ゼロに近づけたい ExaCS x2(同一リージョン) + Object Storage ExaCS x2(別リージョン) + Object Storage ExaCS x3以上 + Object Storage Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 43
  44. 確実に戻せるバックアップの保持 ・バックアップ時に破損検査 ・バックアップ・ファイルの破損ブ ロックの検査が可能 ・簡単にリストアが出来るため、リス トア・リカバリの予行演習がしやすい バックアップおよびリストア・ リカバリ時間の高速化 ・処理の並列化が可能 ・増分更新・高速増分バックアップ

    による効率化 ・データ・ブロック単位でのリスト アおよびリカバリが可能 簡単にバックアップおよびリス トア・リカバリができる ・オンライン(データベース無停止) で実行可能 ・バックアップをどのファイルにい つどこに置いたか、どのファイルか らリストアするかを自動判別するの で、自動化可能 Oracle DatabaseのバックアップをRMANでとるメリット Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 44
  45. バックアップ考え方によって、取得先や取得先による設定方式を検討 データーベースのバックアップ Exadata System Exadata System Object Storage AD Region

    AD Region Exadata System Object Storage AD Region AD Region Object Storage Case1) ExaCSシステム内に取得 • RECO ディスクグループに取得 • CLI(bkup_api)で自動取得の設定可能 • リストア速度は速いが、筐体以上の 範囲の障害で復旧できないリスクあり Case2) 同一AD内のオブジェクト ストレージに取得 • コンソール等で自動取得の設定可能 • DBシステム(サービス)の障害を想定 し、バックアップをDBシステムと 別の場所に置くことが推奨 Case3) 異なるリージョン のオブジェクトストレージにも取得 • 同一AD内にはコンソールやツールで 自動取得の設定が可能 • 別リージョンへはコピーの設定が別途 必要だが、リモートバックアップを もつことで、大規模障害時にも対応 可用性 復旧(リストア)時間 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 45
  46. 自動データベース・バックアップ 取得先 頻度と種類 保持期間 補足 Object Storage 週次フル(Level 0) 日次差分増分(Level

    1) 指定した期間(7/15/30/45/60日) ・スタンバイ・データベースでは自動取得されない(プ ライマリ・ロールに切り替わると自動取得) Object Storage Exadata System データベース・バックアップの自動取得が設定可能 • 設定に基づき、特定の時間に日次で自動で取得される • Object Storageへのバックアップは全て暗号化される • 保持期間は、7/15/30/45/60から選択可能 • バックアップ・ジョブの開始時間帯(2時間毎)の選択が可能 前提条件 • Object Storageへのアクセスが可能なネットワーク設定 • 利用するObject Storageバケット作成済 • Object Storageへのアクセス権があるユーザーを利用 OCI Documentation(英語) Exadata DB System > Backing Up an Exadata Database OCI Documentation(日本語) Exadata DB システム> Exadata データベースのバックアップ Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 46
  47. オブジェクトストレージ上のバックアップを利用して、コンソールやAPIからDB作成可能 • リストア・ポイントが指定可能 • 最新にリストア / タイムスタンプにリストア(時間指定)/システム変更番号(SCN)にリストア データベースのリストア Exadata System

    Object Storage Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 47
  48. Default: 2 TB/hr Tuned: 8.31 TB/hr Default: 2.8 TB/hr Tuned:

    8 TB/hr Oracle MAA Best Practices for Oracle Cloud Backups Backup and Restore Performance Improvements Default: 18 TB/hr Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 48
  49. シングル構成で DBバックアップ取得 DBサーバー冗長構成 複製DBでのDR構成 複製DBの複数(ローカル+リモート)構成 要件に応じて計画停止/計画外停止を考慮した構成を検討 Exadata Cloud ServiceでのMAA構成 Primary

    Region #1 Standby Region #2 GOLD (DR) Data Guard DB Backup (Object Storage) DB Backup (Object Storage) PLATINUM (HA) Primary Standby Region #1 Region #2 DB Backup (Object Storage) DB Backup (Object Storage) Primary Standby DB Backup (Object Storage) DB Backup (Object Storage) Data Guard/ Golden Gate DG/GG Data Guard/ Golden Gate RAC SILVER DB Backup (Object Storage) Region #1 Primary Standby Data Guard Region #1 SILVER (HA) ケース1 定期メンテナンス許容可能 + RTO/RPOがバックアッ プ・リストアで満たせる ExaCS x1 + Object Storage ケース2 定期メンテナンス時など停 止時間をゼロに近づけたい ケース3 大規模障害を想定した 災対環境保持 ケース4 RPO/RTOを ゼロに近づけたい ExaCS x2(同一リージョン) + Object Storage ExaCS x2(別リージョン) + Object Storage ExaCS x3以上 + Object Storage Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 49
  50. レプリカDBをData Guardで構成することのメリット • 自動データ同期によるデータ保 護・迅速な切り替え • ブロック破損コピーの防止 • 自動ブロック破損修復 •

    切り替え後に壊れた旧プライマ リを簡単に復旧 • 参照系処理のオフロード • (19c-)更新処理も可能に • 普段から利用することによるレ プリカ側のデータ正常性の確認 • スナップショット・スタンバイ に一時的に切り替え検証利用 • 計画停止時のサービス継続 • 有事の切り替えに備えた正常性 確認 • 定期的な切り替えを推奨 Primary Standby 同期 迅速な切り替え Primary Standby 同期 Primary →Standby Standby → Primary 計画停止のお知らせ 週末 22:00-08:00 データ保護(DR) リードレプリカ/検証 メンテナンス切り替え Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 50
  51. OCI内のData Guard構成が簡単に作成可能 • 同一/別リージョン間での、別のExadataサービス・イ ンスタンス(DBシステム)へのDBレプリケーション - 同一コンパートメント内、同一DBバージョン間 - フィジカル・スタンバイを1つ管理可能 •

    管理のためにData Guard Brokerが有効 • スタンバイ側は自動バックアップ機能は無効 • 上記の構成外の場合、手動でData Guardを構築も可能 - 別コンパートメント間、異なるサービス間、複数スタン バイ(2~30)、 フィジカル・スタンバイ以外など - ExaCS/ExaCC : Hybrid Data Guard to Exadata Cloud Services 自動Data Guard構築機能 AD AD Region Standby DB System Primary DB System 同一AD 別リージョン 51 Region AD Standby DB System 別AD Standby DB System ※自動構成で作成できるスタンバイは1つ OCI Documentation Exadata DB System > Using Oracle Data Guard with Exadata DB Systems Bare Metal and Virtual Machine DB Systems > Using Oracle Data Guard OTN 連載もしもみなみんがDBをクラウドでうごかしたら第19回 DBの可用性を高めよう - Data Guard編 (DBCS/ExaCS) Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
  52. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 52 DBCS/ExaCSでData Gaurd構成を提案する場合に確認すること

    Data Guardが利用可能な構成か Data Guardの前提条件 • プライマリとスタンバイで一致させる必要があるもの • Oracle Databaseのパッチレベル • データベース構造 (例:CDB構成かNon-CDB構成か) • オプション機能のライセンス GoldenGateは異機種間レプリケーションが可能な製品 • ただし、フィジカル・レプリケーションではなく、 レプリカ先もActive(更新可能)であり非同期のため データ保護を目的として使う場合にデータ差分を 防ぐ仕組みは必要 別のソリューション検討(GoldenGateなど) 自動Data Guard機能が利用可能な構成か 自動Data Guard機能の前提条件 • Oracle Cloud Infrastruture内 • 同一コンパートメント内、同一DBバージョン間 • フィジカル・スタンバイを1つ管理 手動Data Guardを検討 • OnP、他OCIサービス、他社クラウド間など • 手動Data Guard構成の場合、Data Guardの管理も 手動で従来の方式を利用 • データベースの管理は、スタンバイのデータベース 作成をツールから一度行うことで可能 White Paper: Hybrid Data Guard to Exadata Cloud Services YES NO NO
  53. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 53 フェイルオーバー •

    障害発生時など主に計画外停止で行うロール変換 • プライマリ・データベースが停止した状態 • 最大保護モード以外はデータ損失可能性あり • 旧プライマリは、スタンバイ・データベース として再作成が必要 スイッチオーバー • メンテナンスなど計画定期に行うロール変換 • 各データベースが正常にオープン(またはマ ウント)され、データが完全に同期をとれて いる場合に実施可能 • 切り替え後もData Guardとして継続運用や ロールを戻す(スイッチバック)ことが可能 Data Guardの切り替えの種類 Primary Standby → Primary Primary →Standby Standby → Primary
  54. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 54 フェイルオーバー •

    スタンバイ側のコンソールから実施 スイッチオーバー • プライマリ側のコンソールから実施 Data Guardの切り替え
  55. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 55 • フェイルオーバー後、旧プライマリはData

    Guard構成から外れるため、スタンバイがない 状態 • フェイルオーバーは、主に旧プライマリが利 用できない状態(壊れた状態)の際にスタンバ イに切り替えがされるため、旧プライマリは Data Guard構成からはずれる • 「回復」機能でコンソール上から簡単に、旧プ ライマリをスタンバイとしてデータベースを回 復させてData Guard構成を再編成可能 • Flashback Databaseの機能を利用した仕組み で、 Data Guard Brokerによってワンコマン ドで実行される 旧プライマリの回復 Primary Standby → Primary ①プライマリで障害発生、フェイルオーバー ②旧プライマリをFlashback Databaseで障害発生前の 時点に復旧 Primary ③復旧後、スタンバイとしてData Guard構成へ追加。 過去時点に戻った分のデータ差分は自動で同期 Primary Standby 同期 ②と③をコンソール/CLIから簡単に実行できる
  56. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 56 回復 •

    スタンバイ側から実施 旧プライマリの回復
  57. メンテナンス/パッチ適用 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 57

  58. 58 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Exadata Cloud

    Serviceのメリット ワンクリックで パッチ適用 データ/通信 デフォルト暗号化 数クリックで プロビジョニング 容易なテスト・開発 クローニング オンライン スケーリング Exadataの専有による 高い性能とセキュリティ 全機能使い放題の 統合環境 デフォルトの可用性と 容易な高可用性構成
  59. Exadata Cloud –管理範囲 Infrastructure 対象コンポーネント • OS • Database、Clusterware •

    クラウド・ツール 管理作業 • 対象コンポーネントの監視・管理 • 対象コンポーネントのパッチ適用 お客様 : Exadata DB システム(インスタンス) 対象コンポーネント • Hardware • DBサーバー上の管理ドメイン(Dom0)、ネット ワーク、 Storage Server、Hypervisor、Firmware など • クラウド・サービス機能関連 管理作業 • お客様管理対象以外の部分のパッチ適用、 • ハードウェア障害対応、ネットワーク関連 Oracle : インフラレイヤー VM (domU) VM (domU) VM (domU) Exadata System Clusterware Database … … Database Client Subnet Backup Subnet DATA RECO SPARSE ASM Compute Nodes Storage Servers Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 59
  60. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 60 OS以上(Database, Clusterware,

    OS,クラウド・ツール) • アプリケーションに影響のある範囲=OS以上はお客様管理 - お客様の任意のタイミングで適用可能(自動適用はされません) - 定期的なパッチ適用が推奨 • パッチ適用 : PaaSサービスとして適用機能提供 - 提供対象パッチ: RU/BP/PSUレベル。個別パッチ等はSRにてリクエストし手動適用 - データベース停止時間をなくすため自動的にローリング適用される - DBは、ORACLE_HOMEごとに適用が可能 - OSは、セキュリティ脆弱性等、オラクルからパッチ適用をお客様に依頼するケースあり - クラウド・ツールは、定期的に最新版にアップデートすることを推奨(デフォルトで週次自動適用が有効) • アップグレード : 手動アップグレード - お客様の任意のタイミングでアップグレード可能 上記以外のメンテナンス • インフラはオラクルの管理責任範囲 - オラクルが四半期毎に実施。基本的にローリングでダウンタイムはほぼない形で実施 メンテナンス OS GI DB Cloud Infrastructure Tools
  61. Grid Infrastructure(GI)とデータベースのパッチ適用はコンソールやCLIから可能 • 適用可能なパッチリストから簡単に適用可能 • 対象パッチ: RU/BP/PSUレベル • リリースされるとリストに自動的に追加 •

    適用したパッチ履歴を確認可能 • パッチ履歴から適用済パッチのロール バック可能 • コンソールでの現状のバージョン情報の確認 • GIパッチ情報:DBシステム • DBパッチ情報: データベース・ホーム • パッチ適用で利用可能なCLI/API • dbaascli (OS上のツール) • REST APIや各種SDK パッチの適用方法– Database/Grid Infrastructure Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 61
  62. Exadata Cloud Service Instance dom0 dom0 dom0 dom0 domU domU

    domU domU Database Oracle Clusterware Oracle Cloud Cloud Infrastructure Exadata Cloud Service Version Customer Tenant Layer お客様責任範囲 Oracle Cloud Layer オラクル責任範囲 Cloud Tooling Version Exadata Version (Storage Server Software) Database/Grid Infrastructure Version DATA(High) RECO(High) SPARSE (High) Cloud Version Exadata Version (Storage Server Software) Database Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 62
  63. • 基本的にサービス停止はないない形で実施 • ローリングのためダウンタイムはほぼない - メンテナンス実施中のサーバーは基本再起動 • メンテナンス中もデータベースは稼働 - 全ノードまたぎのRAC構成のため

    - 縮退運転 - メンテナンス中のトランザクションは、実施中の 1台以外で処理を行う • アプリケーションへのエラーを防ぐためには、 ユーザー側で対応が必要 - エラーハンドリングや再接続 - Application Continuityなどを利用して、アプリ ケーション側にエラーを返すことなく稼働中の ノードで処理を継続させるなど - Data Guardのスタンバイなど、メンテナンス前後 で切り替える運用 Exadata Cloud Service インフラ・メンテナンス Half Rackの例 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 63
  64. 64 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates インフラ定期メンテナンスについて 

    DBノード上の仮想マシン (Database, Clusterware, OS) 以外のコンポーネントへのパッチ適用は、オラクルが四 半期ごとに実施します  各ノードへはローリングパッチ適用を行いますが、基本的にDBノード/ストレージサーバーの再起動が発生します  Data Guardもしくは、Application Continuityやクライアント・フェイルオーバーのベストプラクティスを実装 し、アプリケーションへの影響を最小化することを推奨します  パッチ適用の想定時間:Quarter rack: 5 hours, Half rack: 10 hours, Full rack: 20 hours メンテナンスのスケジューリング  実施のスケジュールを予め設定することができます (月/週/曜日/開始時間)  また事前通知のタイミングを設定することができます (1〜4週間前)  通知は、管理者へのメール送信及びコンソール上での表示で行われます 参考情報  Document > Maintaining an Exadata DB System  Oracle Database Cloud Exadata Service Supported Software Versions and Planning for Updates (Doc ID 2124174.1) Exadata Cloud Service: インフラ定期メンテナンス概要
  65. メンテナンス実施可能日 • インフラの四半期メンテナンスの実施可能日の設定 • メンテナンス月: 四半期の中で1つ以上選択 • 週 : 任意の週

    or 第x週を1つ以上選択 • 曜日:すべての曜日 or 1つ以上選択 • 開始時間(UTC) : 任意の時間 or 1つ指定 リードタイム • メンテナンス実施日の通知をどれくらい前までにす るかを選択 • 1~4週間前まで選択可能 • 通知方法は、管理者へのメール送信及びコンソー ル上での表示 • リードタイムを守る形で、次回のメンテナンスが 計画される 参考) メンテナンス・スケジュール設定 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 65
  66. • コンソール上で、スケジュール済の次回メンテナンス予定日を確認可能 • 変更が必要な場合、コンソール上で変更可能 参考) スケジュール済の次回メンテナンス日の確認と変更 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 66
  67. ネットワーク/接続 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 67

  68. 1. インターネット - グローバルIP通信 - セキュリティはFWとSSL通信等で確保 - 通信速度・帯域はベストエフォート - 月10TBを超える外部へのデータ転送が課金対象

    2. VPN接続 (IPsec) - プライベートIP通信 - IPsecによりセキュリティを確保(認証,暗号化) - 通信速度・帯域はベストエフォート - VPNは無料、インターネット通信料金の対象 3. FastConnect - プライベートIP/グローバルIP通信 - プライベート回線による高いセキュリティ - 通信キャリアによる速度・帯域・品質の保証 * - 固定額のポート料金のみ課金、データ転送に伴う 従量課金なし、回線費用が別途必要 Oracle Cloud Infrastructure への接続方式 Oracle Cloud Infrastructure 2. VPN接続 3. FastConnect お客様 ネットワーク 専用線 1. インターネット 閉域網 Customer Data Center Dynamic Routing Gateway Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 68 インターネット Gateway
  69. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 69 Exadata Cloud

    Service 接続イメージ 利用者 Internet ap-tokyo-1 AD1 Fast Connect VPN DRG 既存認証 システム 分析者 事業会社 運用管理者 SGW Public Subnet IGW Private Subnet Compute Compute Public/Private Subnet for Client Private Subnet for Backup Exadata System Object Storage バックアップ
  70. ネットワーク例 • クライアント・サブネット(Private)の場合 OCI Documentation(英語) Exadata DB System > Network

    Setup for Exadata DB Systems OCI Documentation(日本語) Exadata DB システム> Exadata DBシステムのネットワーク設定 • クライアント・サブネット(Public)の場合 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 70
  71. Exadata DBシステムが属するVCN内に2つのサブネット(クライアント/バックアップ)が必要 • サブネットは、推奨はリージョン内のすべてのADにまたがる形 - AD固有にする場合は、クライアント/バックアップ・サブネットは同一AD内に作成 • 全てのノード間で、TCPとICMPの疎通ができるようにセキュリティ・リストのイングレス/エグレス設定 IPアドレス・スペースの要件 •

    Exadata DBシステムで利用するサブネットで192.168.*(特に19.2.168.128.0/20)、クライアント・サブネットでは 192.168.16.16/28と重複しないこと • 複数システムを利用する場合、相互のIPアドレスが重複しないこと • シェイプ(ラック・サイズ)に応じて、必要なアドレス数を用意 オブジェクト・ストレージへのアクセス • DB自動バックアップ、パッチ適用やクラウド・ツールの更新にオブジェクト・ストレージへのアクセスが必要 (134.70.0.0/17) 参考) ネットワーク前提条件 OCI Documentation(英語) Exadata DB System > Network Setup for Exadata DB Systems OCI Documentation(日本語) Exadata DB システム> Exadata DBシステムのネットワーク設定 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 71
  72. 必須IPアドレス数/最小サイズ 参考) ネットワーク前提条件 OCI Documentation(英語) Exadata DB System > Network

    Setup for Exadata DB Systems OCI Documentation(日本語) Exadata DB システム> Exadata DBシステムのネットワーク設定 クライアント・サブネット バックアップ・サブネット ラック・サイズ (シェイプ) 必須IPアドレス数 最小サイズ 必須IPアドレス数 最小サイズ Base / Quarter 10 •2x2 nodes (Public IP/VIP) •3 (SCAN) + 3 (reserve) /28(16 IPアドレス) 5 •1x2 nodes (Public IP) •3 (reserve) /29(8 IPアドレス) Half 14 •2x4 nodes (Public IP/VIP) •3 (SCAN) + 3 (reserve) /28(16 IPアドレス) 7 •1x4 nodes (Public IP) •3 (reserve) /29(8 IPアドレス) Full 22 •2x8 nodes (Public IP/VIP) •3 (SCAN) + 3 (reserve) /27(32 IPアドレス) 11 •1x8 nodes (Public IP) •3 (reserve) /28(16 IPアドレス) Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 72
  73. 運用/管理 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 73

  74. Exadata Cloud –管理範囲 Infrastructure 対象コンポーネント • OS • Database •

    Clusterware 管理作業 • 対象コンポーネントの監視・管理 • 対象コンポーネントのパッチ適用 お客様 : Exadata DB システム(インスタンス) 対象コンポーネント • Hardware(DB Server、ネットワーク、 Storage Server など) • Hypervisor ,Firmware • クラウド・サービス 管理作業 • お客様管理対象以外の部分のパッチ適用、 • ハードウェア障害対応、ASM構成変更、ネット ワーク関連 Oracle : インフラレイヤー VM (domU) VM (domU) VM (domU) Exadata System Clusterware Database … … Database Client Subnet Backup Subnet DATA RECO SPARSE ASM Compute Nodes Storage Servers Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 74
  75. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 75  DB管理が可能

    • データベース全体への管理権限が必要な操作が可能 - Full-Managedや一般的なPaaSサービスの場合、操作/変更不可な部分が出てくる - Oracle Databaseを従来通り利用したい場合に有効 ◦ バージョン選択 ◦ パラメータ変更、構成変更、レプリケーションや外部連携設定、パッチ適用など ◦ OSログインが必要な操作も可能  OSログインが可能 • 従来通りの運用/管理を適用可能 - エージェントのインストール - ログ監視 • OS領域をファイル置き場として利用可能 - 収まるサイズのファイルであれば、別途ストレージは不要(コスト、性能面でメリット) Exadata Cloud ServiceなUser-Managedのサービスのメリット これらがメリットでなければ、Full-Managedサービス Autonomous Databaseも検討
  76. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 76 利用形態ごとの運用・管理範囲の比較 Oracle

    Databaseの運用・管理範囲 ファシリティ管理 サーバー管理 パッチ適用 リソース監視 バックアップ/リストア HA/DR DB最適化 お客様管理 OSインストール DBインストール DB構築 スケーリング オラクル管理 オンプレミス DB on IaaS DBCS/ExaCS User-Managed Autonomous DB Full-Managed AP管理/最適化 ファシリティ管理 サーバー管理 パッチ適用 リソース監視 バックアップ/リストア HA/DR DB最適化 OSインストール DBインストール DB構築 AP管理/最適化 ファシリティ管理 サーバー管理 パッチ適用 リソース監視 バックアップ/リストア HA/DR DB最適化 OSインストール DBインストール スケーリング AP管理/最適化 ファシリティ管理 サーバー管理 パッチ適用 リソース監視 バックアップ/リストア HA/DR DB最適化 OSインストール DBインストール DB構築 スケーリング AP管理/最適化 スケーリング ユーザー管理範囲 ユーザー管理範囲+機能(ツール)提供 オラクル管理範囲 DB構築
  77. 提供されるOSユーザー ユーザー・アカウント 説明 opc システム管理者アカウント。 sudo コマンドでroot ユーザーのアクセス権を得られる oracle Oracle

    Database 管理者アカウント。 直接アクセスすることは不可。ユーザー・アクセスを必要とす る操作を実行する場合、opcユーザーで“sudo -s”でrootにアク セスした後、oracle にスイッチ sudo コマンドでroot ユーザーのアクセス権を得られる grid Grid Infrastructure(ASM/Clusterware)管理者アカウント。 直接アクセスすることは不可。ユーザー・アクセスを必要とす る操作を実行する場合、opcユーザーで“sudo -s”でrootにアク セスした後、gridにスイッチ root システムのroot管理者。直接アクセスすることは不可。ユー ザー・アクセスを必要とする操作を実行する場合、opc/oracle ユーザーで"sudo -s"を実行 opc oracle grid (root) sudo -s OCI Documentation(英語) Exadata DB System > Connecting to an Exadata DB Systems OCI Documentation(日本語) Exadata DB システム> Exadata DBシステムへの接続 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 77
  78. DB System Cloud Tooling dom0 dom0 dom0 dom0 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 78 Exadata Cloud環境全体やVM/DBの管理を簡単に Exadata Cloud:クラウド・ツールで可能な監視・操作 Exadata Software IB switch domU domU domU domU Database Oracle Clusterware Database Cloud Tooling(CLI) OS Control Plane REST,ocicli Web UI 管理対象 クラウドツールで可能な管理・操作の例 1 Exadata DBシステム (サービス・インスタンス) OCPUスケーリング、IORM設定 2 ノード (VM/domU) 情報・状態管理、コンピュート停止・起動・再起動 3 OS - 4 Oracle Clusterware 情報表示 5 Oracle Database 情報・状態表示、DB作成・削除、バックアップ・リ ストア・リカバリ 6 Oracle Database 内 (CLIの み) 情報・状態表示、DB管理(起動・停止)、PDB管理(作 成・削除・オープン・クローズ)、 ⑥ ⑤ ④ ③ ② ①
  79. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 79 Exadata Cloud

    ServiceのAPI/CLIについて OS GI DB Cloud Infrastructure Tools Cloud Tooling Control Plane REST,ocicli Web UI REST API/ ocicli/SDK など Event/Notification コンソールからできることがAPI/CLIから可能 • 環境作成・管理、スケーリング、DB作成・管理 など。ジョブ管理ツールなどから、DB作成自動 化、スケーリング自動化などの際に有効 OS上のクラウド・ツール。コンソールからできることより細かい設定や操作が可能 dbaasapi DB作成。Non-CDBや古いバージョンでの作成などが可能 dbaascli DB管理。CDB管理・運用、PDB作成・管理・運用、パッチ適用、DB ホーム管理、リスナー管理、TDE管理、DG管理など bkup_api DBバックアップ・リカバリの設定や管理・運用。オブジェクト・ス トレージ以外への取得設定も可能 ExaCLI ストレージ(Cell)の情報・管理。ストレージの情報を取得したい場合 など利用可能 イベントを検知したら通知を飛ばせるOCIの機能 • スケーリング実行時や、バックアップ実行時、 インフラメンテナンス時なども可能
  80. Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 80 Exachk でのExadata全体の

    ヘルスチェック AWRレポートでのExadata 全体のパフォーマンス分析 Enterprise Manager による リアルタイムSQL分析 Exadata 性能分析・ヘルスチェック方法
  81. • ExaCLIが利用可能 • Computeノードから、ログインせずに Storage Serverの情報取得 • Storage Serverのログインは不可 •

    アクセス・レベルの分離、セキュリティ担保 • 従来からComputeノードから一部のStorage Server情報は取得可能 • AWRレポートのStorage Server情報、ASMインス タンスからのストレージ情報など • ExaCLIでStorage Serverにログインせず とも一部監視・管理が可能に • 利用可能な操作 : 参照系(メトリック、構成情報 等)、diagpack/iormplan/トレースレベルなどの 設定変更など • 参照)ExaCLI コマンド Storage Serverの情報参照機能(ExaCLI) Storage (Cell) Storage (Cell) Storage (Cell) dom0 dom0 domU domU ExaCli ExaCli Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 81
  82. セキュリティ Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 82

  83. 83 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Exadata Cloud

    Serviceのメリット ワンクリックで パッチ適用 データ/通信 デフォルト暗号化 数クリックで プロビジョニング 容易なテスト・開発 クローニング オンライン スケーリング Exadataの専有による 高い性能とセキュリティ 全機能使い放題の 統合環境 デフォルトの可用性と 容易な高可用性構成
  84. • 全てのエディションで表領域暗号化が有効 • バックアップは暗号化して取得される • SQL*Netコネクションの暗号化 • OCIのネットワーク設定でのアクセス制限 • セキュリティ・リスト

    • ルーティング・ルール • SSH鍵認証でのOSログイン • IAMポリシーベースのアクセス制限 セキュリティ設定 バックアップ DF11233 U*1 $5Ha1qui %H1 HSKQ112 A14 FASqw34 £$1 DF@£!1ah HH! Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 84
  85. データベースから漏洩する主な要因  暗号化されていないデータ  セキュリティパッチ未適用  管理者のスヌーピング  不十分なネットワーク分離 

    マルウェア/ウイルス  不十分なセキュリティ構成  管理されていない特権ユーザー  監査されないユーザー  機密データへの監査  テスト開発環境の機密データ Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 85
  86. データベース・セキュリティ全体像 Oracle Database Security ユーザ ⑨機密データ伏字化 (Data Redaction) ⑫ SSO/アクセス制御

    多要素認証 (Identity Could Service / Identity Management) DB ④データマスキング (Data Masking) 開発 テスト ⑥セキュリティアセスメント (DB Security Assessment Tool) ⑦データアクセス制御 (Label Security Virtual Private DB) ⑤ 権限分析 (Privilege Analysis) ⑧通信暗号化 (標準機能) ③DB管理者 職務分掌 (Database Vault) アプリケーション ⑩ 不正SQL検知 (Audit Vault and Database Firewall) ⑪証跡管理 ( Audit Vault and Database Firewall ) イベント ①データ暗号化 (Transparent Data Encryption) ②鍵の集中管理 (Key Vault) DF11233 U*1 $5Ha1qui %H1 HSKQ112 A14 FASqw34 £$1 DF@£!1ah HH! Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 86
  87. 87 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 統合されたデータベースセキュリティ管理サービス •

    Sensitive Data Discovery (機密データの発見) • Data Masking (データ・マスキング) • Activity Auditing (アクティビティの監査) • Security Assessment (セキュリティ構成の評価) • User Assessment (ユーザーのリスク評価) 多層防御の最も重要なデータ・セキュリティ対策に 短時間でセキュリティ・リスクを軽減 セキュリティの専門知識は不要 Oracle Data Safe Oracle Cloud Database 監査 ….. ユーザー 発見 アセス マスク 追加費用なしで、Oracle Cloud のDatabase で利用可能(*) *: 監査機能は100万レコード/月まで無償、その他の機能は無償
  88. ご参考:機能概要 機能名 製品名 概要 用途 ① データ暗号化 Transparent Data Encryption

    既存のアプリケーションに変更なく、透過的に本番、 バックアップデータを暗号化 本番、バックアップデータを保護 ② 鍵の集中管理 Key Vault 公開鍵、秘密鍵、Oracle Walletsなどを集中管理 暗号鍵を管理、保全 ③ DB管理者 職務分掌 Database Vault DB管理者の業務データアクセスを制御。特定のDB設定やパ スワード変更、業務データの閲覧等を制限 DB管理者の職務分掌 業務データにアクセスさせない ④ データマスキング Data Masking 実データのマスキング(伏字化) テスト、開発環境の情報を保護 ⑤ 権限分析 Privilege Analysis 不正アクセスの原因となる過度な権限付与を検出 必要な権限のみを付与し、最小権限の原則を実現 ⑥ アセスメント Database Security Assessment Tool データベースのセキュリティ構成、ユーザーと権限付与、 重要データの格納先などのリスク可視化と推奨対策の提示 データベースのセキュリティ状況の把握や コンプライアンスへの対応 ⑦データアクセス制御 Label Security / Virtual Private DB 特定の表への行・列レベルでのより厳密なアクセス制御 参照、更新時における行・列レベルでのアク セス制御 ⑧ 通信暗号化 Oracle Database 標準機能 データベースに関する通信を暗号化 データベースとの通信時の情報を保護 ⑨ 機密データ伏字化 Data Redaction 特定の表への参照範囲をデータベース内で列レベルで制限 参照時における列レベルでの伏字化 ⑩ 不正SQL検知 Audit Vault and Database Firewall 定常的なレポートと不正なアクセスを検知 監査証跡の取得、管理 ⑪ 証跡管理 Audit Vault and Database Firewall ログを取得し、改ざん・削除されないようログを保全 監査証跡の取得、管理 ⑫ 認証・多要素認証 Identity Cloud Service 多段要素認証によるなりすまし防止 Webアプリケーションの厳密なアクセス制御 ⑬ セキュリティ対策の 自動化 Data Safe データベースセキュリティ対策の可視化と自動化により重 要なデータを保護 管理工数をかけずクラウドで利用するデータ ベースのセキュリティ強化 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 88
  89. None
  90. OCI Exadata Cloud Serviceマニュアル • 英語 https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/Database/Concepts/exaoverview.htm (日本語切り替え可能) • 日本語

    https://docs.oracle.com/cd/E97706_01/Content/Database/Concepts/exaoverview.htm Exadata Cloud まとめ (https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/column_cloud_exacs) • 概要、価格、マニュアル、Try It、サービス・アップデート、事例、情報 リリースノート/新機能 (https://docs.cloud.oracle.com/iaas/releasenotes/?search=exadata) OTN連載 もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら • 作成方法や構成、その他各種Tipsなどの記事 リンク集 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 90