Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

MAA - Oracle Database 21c overview

3115a782126be714b5f94d24073c957d?s=47 oracle4engineer
April 09, 2021
72

MAA - Oracle Database 21c overview

Oracle Database 21c のMAA 関連資料概要です。

3115a782126be714b5f94d24073c957d?s=128

oracle4engineer

April 09, 2021
Tweet

Transcript

  1. High Availability (HA), Scalability, Disaster Recovery (DR) & MAA Oracle

    Database 21c 概要 日本オラクル株式会社 2021年4月
  2. 世界最高のコンバージド・データベース すべてのデータドリブン・アプリケーションの利用シーンに Oracle Database 21c | 提供中 エンタープライズ・クラス あらゆるデータ •

    最高のパフォーマンス、スケーラビリティ、 信頼性、セキュリティをあらゆるデータと ワークロードで実現 • OLTP、 分析、 ML、 ストリーミング、 IoT、 インメモリ、 マルチテナント、 高速なJSON & グラフ 等 • リレーショナル、 JSON、 XML、 グラフ、 地理情報、 OLAP、 ブロックチェーン • SQLとトランザクションをあらゆるデータで • Java、 JavaScript、 AutoML、 SQLマクロ、 マイクロサービス、 イベント、 CI/CD、 APEX あらゆるワークロード 最高の生産性 21c 2 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates |
  3. データベース・ソフトウェア、インフラストラクチャ、クラウド技術をリードする オラクルの目標 | Oracle Data Management Database Cloud Services –

    Autonomous Database • 全て自動化 – DBA、開発者、アナリストの負担をなくしをイノベーションに 集中 • どこでも利用可能 –Public Cloudでも自社指定データセンターでも ( Cloud@Customer) Oracle Exadata • Best for OLTP – スケールアウト、耐障害性,Persistent Memory • Best for Analytics – スマートストレージ, In-memory columnar Oracle Database ソフトウェア • 最も速くイノベーションする – Converged SQL データベース • 最も安全 – 最もスケーラブル、信頼性そしてセキュリティ 3 Copyright © 2021 Oracle and/or its affiliates
  4. Oracle Database 21cは最新のInnovation Release Long Term Release • Premier Supportを5年間

    • Extended Supportを3年間 • 安定性を重視し、長期間にわたってパッチ修正を提供 • 長期間安定して運用したいシステム向け • 現時点ではOracle Database 19cが該当 Innovation Release • Premier Supportを2年間 • Extended Supportは提供しない • 多くの機能拡張や新しい機能を提供 • まず新しい機能を試したいお客様向け Build QA Ship 4 Copyright © 2021 Oracle and/or its affiliates
  5. Oracle Database High Availability 21cでの最新機能 すべてのフォーカス・エリアに統合的なサポート 5 Copyright © 2021,

    Oracle and/or its affiliates アプリケーション 開発 Database Cloud (@Customer) Services Zero Downtime Migration to Oracle Cloud Converged Database Maximum Availability Architecture (MAA)
  6. Maximum Availability Architecture (MAA) 6 Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates リファレンス アーキテクチャ Deployment Choices HA機能と構成 & 運用プラクティス 顧客インサイトと エキスパートによる リコメンデーション 本番サイト レプリケーション サイト Platinu m Gold Silve r Bronz e レプリケーション データ保護 Flashback RMAN + ZDLRA 継続的な可用性 Application Continuity Global Data Services 一般的な システム Engineered Systems DBCS ExaCS/ExaCC Autonomous DB アクティブ・レプリケーション Active Data Guard GoldenGate 24 スケールアウト RAC Sharding ASM
  7. Exadata focus: • コンソリデーション • OGGとADGでのPlatinum構成 Multitenant integration: • ライフサイクル操作の簡易化

    • “Aurous” 構成 Oracle Cloud automation: • Autonomous Data Guard (AuDG) • Active Data Guard for ExaCC Gen 2 Oracle Database 21cでの新機能と重要なポイント Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 7 Application Continuity (AC), the “missing link” • Silver以上の構成での重要コ ンポーネント • PlatinumのADGスタンバイで の要素
  8. Oracle Cloud automation Oracle Database 21c – 最もスケーラブルで高信頼 Copyright ©

    2021, Oracle and/or its affiliates 8 Application Continuity (AC) Multitenant integration Exadata focus
  9. Oracle Cloud automation Oracle Database 21c – 最もスケーラブルで高信頼 Copyright ©

    2021, Oracle and/or its affiliates 9 Application Continuity (AC) Multitenant integration Exadata focus
  10. 1. Oracle Multitenant Architectureが標準 • Oracle Database 19cはnon-CDB構成をサポートする最後のバージョン 2. プラガブル・データベースは無償で3つまで構成可能

    (EE / SE) • https://docs.oracle.com/en/database/oracle/oracle-database/21/dblic/Licensing- Information.html#GUID-0F9EB85D-4610-4EDF-89C2-4916A0E7AC87 • Oracle Multitenantのライセンスを所有してない場合1つのコンテナ・データベースにPDBを3つまで構成可能 3. Oracle Multitenantはコンソリデーションと最適化されたライフサイクル管理の強力な基盤 再確認: Oracle Multitenantの3つの事実 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 10
  11. • Oracle Multitenantは複数のPluggable Database (PDB)の内包を意味する - ホット・クローンによる高速なデプロイ - リフレッシュ/増分リフレッシュ -

    ダウンタイム無しのリロケーション - PDBアップグレード(plug/unplug) • PDBはアプリケーションから透過的で容易なオンラ イン・ライフサイクル操作を可能にする • PDBは新しいコンテナ・データベース環境への移 行を加速する Oracle Multitenant データベースのコンソリデーションと最適化されたライフサイクル管理 11 Pricing Retail CRM Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  12. データベースのライフサイクル – Oracle Multitenantによるオンライン管理 12 Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates Creation / New Version Clone for Testing Clone for Integration Production • ホット・クローンによる高速デプロイ • リフレッシュ/増分リフレッシュ • ダウンタイム無しのリロケーション • PDBアップグレード (plug / unplug)
  13. Multitenant Architectureベースの災害対策 リフレッシュ可能PDBスイッチオーバーによるPDBの柔軟な配置 • 高可用性とPDB配置の柔軟性、データ保護とディザスタリカバリ • Aurous構成はSilverとGoldの中間 • CDBは様々なSLAのPDBをホスト可能 •

    クリティカルでないPDBとビジネス・クリティカルなPDBやミッション・クリティカルなPDBを同一CDBに配置可能 • ビジネス・クリティカルなPDBを別のRACインスタンスにフェイルオーバー可能 • ミッション・クリティカルなPDBを別のCDBにフェイルオーバー可能 • いくつかの機能は使用不可: • 読み取り専用スタンバイ、自動DRフェイルオーバー、高速ロール移行 • RTO: インスタンス障害は数秒、DRは30分未満 • RPO: DRは15分未満 “Aurous” MAA構成 13 Platinum Gold Aurous Silver Bronze Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  14. Multitenant Data Guard Pluggable Database (PDB)レベルでのディザスタ・リカバリ • PDBレベルまたはCDBレベルのリアルタイム・アプライによる保護 • コンテナ・データベース全体をフェイルオーバーさせる必要がない

    • PDB単位でのブローカーによるスイッチオーバーとフェイルオーバー HR Standby HR SALES Standby SALES Container Database in Boston Container Database in New York Data Guard Redo Transport and Apply Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 14 今後リリース予定 21c
  15. 管理者管理クラスタでのリソース効率向上 PDB配置: FILL • FILLはノードを埋めようとする PDB配置: SPREAD • SPREADは各ノードに散らそうとする Oracle

    RAC: Automatic PDB Resource Placement Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 15 0% 25% 75% 50% 100% CPU Utilization 0% 25% 75% 50% 100% CPU Utilization X
  16. Exadata focus Multitenant integration Oracle Cloud automation Oracle Database 21c

    –最もスケーラブルで高信頼 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 16 Application Continuity (AC)
  17. Application Continuity – ユース・ケース 計画停止 • レスポンス時間、スループット、 キャパシティ • セッション再配分

    • RLB: 10.2以降 • ALB: 19c以降 (RACのみ) 非計画停止 17 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates • 処理が追い出される • いつでもスケジュール可能 • 停止時間がない • RAC, ADG & OGG • Oracle v10.2以降 • 処理が再実行される • 自動 • 一貫性の保証 • RAC & ADG • Oracle v12.1以降 ロード・バランス データベース・サービスとFast Application Notification (FAN) が鍵
  18. Application Continuity お客様のアプリケーションに適したものを選択 18 Transparent Application Continuity Oracleプールの利用の有無に関わら ず使用可能で、いくつか設定可能 Application

    Continuity Oracleのプールを使用し、 カスタマイズ可能 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  19. ACchk Application Continuityによって提供される保護をレポート 19 Copyright © 2021, Oracle and/or its

    affiliates 利用不可の理由 ORA-41429: side effect detected
  20. Oracle Database 21cでのリクエスト間のセッションステートのリセット機能 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates

    20 アプリケーションはリクエスト中でステートを利用 Temporary tables PL/SQL globals Cursors in fetch …. 新機能: • データベースからリクエストの最後のステートのリセ ットを実施できるようになった • 次のリクエストはクリーンなステートで開始する • 新しいサービス属性 (RESET_STATE)
  21. Oracle Cloud automation Oracle Database 21c –最もスケーラブルで高信頼 Copyright © 2021,

    Oracle and/or its affiliates 21 Application Continuity (AC) Multitenant integration Exadata focus
  22. 混合ワークロードのパフォーマンスに最適、ボトルネック無し、パフォーマンスの分離性、可用性 データベース統合とDatabase as a ServiceのためのExadata 22 • データベース・サーバーから処理をオフロード – Smart

    Scan, 列指向機能, ストレージ・インデックス などの機能でサーバーとネットワークの負荷を削減 – 統合の密度を向上 • 統合をサポートするビルトインされた機能 – OLTP処理のためのネットワーク優先付け機能 – PMEM、フラッシュキャッシュのサイズ、I/Oなどのリソース 管理機能 – 混合ワークロードの統合を可能に – 本番環境と開発・テスト環境の統合を可能に – 他のストレージベンダーでは得られない機能! 製造部門 マーケティン グ 人事部 開発部門 営業 サービス ITオペレーション 会計・経理 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  23. I/O依存なワークロードへの永続メモリーのスピード • Native Persistent Memory Filestore (永続メモリファイルス トア)はデータベースのデータ、redoログをローカルの永続 メモリ(PMEM)上に保存可能 •

    永続メモリファイルシステムに保存されたデータに直接SQL 実行可能 • IOコードパスを排除、巨大なバッファキャッシュが不要に • 永続メモリへの保存の際に一貫性を保持するための新しい デターベースアルゴリズム • Database Sharding 機能を用いてスケールアウト可能 • Data Guard を用いてシャードを保護 Persistent Memory Filestore (永続化メモリー・ファイルストア) DATA GUARD Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 23
  24. Oracle GoldenGate と Active Data Guard を用いた Platinumリファレンス・アーキテクチャ Copyright ©

    2021, Oracle and/or its affiliates 24 プライマリ・リージョン– West US セカンダリ・リージョン– East US ProdA ProdB STBYA STBYB AD1 AD2 AD1 AD2 Read アプリケーション層 Read/Write Oracle GoldenGate (OGG) Replication Active Data Guard (ADG) Fast-Start Failover データ損失ゼロの同期転送 Read アプリケーション層 Read/Write データ損失ゼロの同期転送
  25. (災害シナリオ:データセンター全体の損失) Oracle GoldenGate と Active Data Guard を用いた Platinumリファレンス・アーキテクチャ Copyright

    © 2021, Oracle and/or its affiliates 25 プライマリ・リージョン– West US セカンダリ・リージョン– East US ProdA ProdB STBYA STBYB AD1 AD2 AD1 AD2 Read/Write アプリケーション層 Read/Write Read アプリケーション層 Read/Write データ損失ゼロの同期転送 オプションとしてクライアントのProdBへ のフェイルオーバー Data Guardの自動フェイルオーバー レプリカの同期によって最終的にデータ 損失ゼロを達成 ProdBレプリカによって アプリとDBの停止時間ゼロ Oracle GoldenGate (OGG) Replication Active Data Guard (ADG) Fast-Start Failover
  26. ProdAがプライマリに戻り、STBYA+がスタンバイに戻る Oracle GoldenGate と Active Data Guard を用いた Platinumリファレンス・アーキテクチャ Copyright

    © 2021, Oracle and/or its affiliates 26 プライマリ・リージョン– West US セカンダリ・リージョン– East US ProdA ProdB STBYA STBYB AD1 AD2 AD1 AD2 Read アプリケーション層 Read/Write データ損失ゼロの同期転送 Read アプリケーション層 Read/Write データ損失ゼロの同期転送 1. 障害が発生したシステムを再開する 2. Data Guardがスイッチオーバーして元 の状態に戻る Oracle GoldenGate (OGG) Replication Active Data Guard (ADG) Fast-Start Failover
  27. Oracle Cloud automation Oracle Database 21c – 最もスケーラブルで高信頼 Copyright ©

    2021, Oracle and/or its affiliates 27 Application Continuity (AC) Multitenant integration Exadata focus
  28. Gen 2 ExaC@C でのData Guard による 災害対策へのコントロールプレーンからの設定の対応 28 Cloud Control

    Plane プライマリ ExaC@C スタンバイ ExaC@C Data Guard Redo 転送 • リアルタイム、データベースに最適化された災害対策 • 非常に低いRTO、ゼロRPO • DataGuard の “Create / Delete / Switchover / Failover / Reinstate”がクラウドツ ールから自動化 • 追加の Data Guard属性設定のためのCLI対応 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  29. リリース済! 本番データベースのリアルタイムリモートコピーを保持 • 物理的な災害、ネットワーク障害からの保護 • プライマリーからリモートコピーへの自動切り替え 物理変更を適用して保持 • データコラプションからの保護 •

    変更適用時にデータ一貫性を検証 全自動化 –すべてを自動に • 構築、運用、パッチ適用、バックアップ、リカバリ アクティブスタンバイでは無いレプリケーションを提供 • 現時点ではスタンバイを読み込みでオープンは不可能 • AD(可用性ドメイン)間フェイルオーバーは現時点不可 Autonomous Database – Shared環境でのAutonomous Data Guard Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 29
  30. リリース済! • Oracle RAC Database、冗長化されたネットワークとストレージ、Active Data Guard standby • ハードウエア障害、クラッシュ、データ破損、パッチ適用、アップグレード、災害からの保護

    • 月毎のSLO(Service Level Objective) : 99.995NRX% (NRX = No Ridiculous Exclusions(除外無し)) • 将来的にさらに統合された機能でSLA に移行予定Move to an SLA • 99.995% Uptime = 月毎におよそ 2分 12秒のダウンタイム, 一般的なゼロダウンタイム • すべてのあらやる可用性に関するイベントから 30秒以下のアプリケーションの停止が目標 • ビジネスクリティカル、ミッションクリティカルなデータベースに最適 Autonomous Database – Dedicated環境でのAutonomous Data Guard 30 プライマリデータベース リージョン #1, AD #1 リージョン #2, AD #2 Backup Service スタンバイデータベース Active Data Guard Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  31. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 31 Oracle Shardingと21c新機能

  32. インターネット・アプリケーションのための有効なアプローチ Oracle Sharding • データを独立したデータベース(シャード)に 水平パーティショニング – 各シャードはデータの一部分を保持 – シングル・ノードまたはRAC、PDBも可

    – 高可用性のためにレプリケーションも可 • シェアード・ナッシング・アーキテクチャ – 各シャードはハードウェア(CPU, メモリー, ディ スク)およびソフトウェアを共有しない N個の物理データベースに分割された 1つの論理データベース Server1 Database Table1 Shard1 Server2 Table1 Shard2 Server3 Table1 Shard3 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 32
  33. Oracle Sharding 21c Enhancements Sharding Advisor • 非シャード・スキーマからシャードへの移行アシスタント • 非シャード・スキーマとクエリーを分析

    • クエリー性能、スケーラビリティ、可用性、ストレージの観点から 最適化されたシャード・データベース設計の候補のリストを提示 既存の複数のデータベースからシャード・データベースを構成 • 複数のデータベースにあるアプリケーションのスキーマをシャード・アーキテクチャに移行するの が容易に • クロス・シャード・クエリーが可能なフェデレート・データベースを構成 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 33 21c
  34. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 34 What if

    things go wrong? 診断機能の強化
  35. 1. root ユーザーは、特定のユーザーに root としてチェックを実行できる権限付与が可能 2. 一度許可が与えられると、そのユーザが root として実行することを選択すると、 ORAchk

    データベースの チェックは TFA デーモンによって実行可能になる 3. 通常は root アクセスが必要なデータベースチェックを、root 以外のユーザが実行可能になる ORAchkをrootパスワードなしで実行 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 35
  36. ORAchkをrootパスワードなしで実行 36 tfactl access promote -user user_name -runasroot root ユーザーとして、root

    以 外のユーザーに root 権限の チェックを実行する権限を与え ます: tfactl access lsusers 非root ユーザーが昇格したこ とを確認します。 root 以外のユーザは、オプ ションを使用して root 権限 のチェックを実行することができ ます 1 2 3 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  37. メリット • リアルタイムおよび死活監視のためのAutonomous Health メトリクス • Cluster Health Monitor (CHM)

    • Cluster Health Advisor (CHA) • DB QoS Management (QoSM) • デフォルト72時間の保存 • リソースフットプリントの最小化 • 内蔵の自動ライフサイクル管理 • 自動HAフェイルオーバー対応 • DBA管理は不要 デメリット • 最低30GBの共有ディスクが必要 • GIパッチとアップグレードの統合には、メンテナンスウィ ンドウを大幅に長くする必要がある • リモート集中型ソリューションのみを必要とし、新しいメ ンバー・クラスターの新規インストールを必要とする GIMR - Oracle Cluster Diagnosticsリポジトリ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 37 12.1 12.2+ 18.1+ 19.1+ 19.5+ 21.1 Optional Mandatory Optional (New) ???
  38. 38 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates New 21c

    GI管理リポジトリ(GIMR)の展開オプション 新しいホーム分割デフォルトオプション • 専用DBホームインストール - ユーザーDBなし • GI構築・稼働後に別途パッチ/アップグレード • oinstallユーザが所有するGIMRホームディレクトリを分離 • HA フェイルオーバーを備えた単一の RAC 対応インスタンス 新しいリモート集中型GIMRサービスオプション • GIMRサービスのための集中型インフラクラスタ • クラスタごとにPDBを分離したアーキテクチャ • 1st Class GI Installation オプション • ローカルGIMRリソースフットプリントの削除 • 2バージョンの前後互換性 Gridbase GI Home GIMR DB Home Local GI Deployment Oracle Domain Service Cluster 19c Database Cluster 21c Database Cluster GIMR Service
  39. 1. Oracle 21c Grid Infrastructure with Default GIMR Option をインストール

    • ASMを使用する場合は、GIMR用のディスクグループを作成する 2. Oracle 21c Database HomeをGI Userとして別のディレクトリにインストール • Oracle RAC データベースと同様に、 すべてのノードにインストール 3. GIMRデータベースの作成 • OH/bin/mgmtca createGIMRContainer [-storageDiskLocation disk_location] 3ステップでローカル21c GIMRをインストールする方法 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 39
  40. • メリット • 重要なDBイベントの送信先 • DBAが監視するための単一ファイル • 解析に利用できる多くのツール • TFAによる警告生成のサポート

    Oracle Databaseのアラートログで十分か? Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 40 • デメリット • 重要なイベントと非重要なイベントの両方を 含む • DBA向けではないメッセージを含む • 重大度レベルを一貫して報告しない • 原因と行動の報告が直感的でない • 文書化されていない新メッセージの追加
  41. 1. 顧客の注意を必要とする重要なイベントのみを含む 2. 文書化されたメッセージと属性のセットを含む 3. すべてのメッセージに含まれる属性: • Type • Urgency

    • Scope • Target User • Cause and Action • Additional debug information 21c Attention Log – アラート・ログの刷新 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 41
  42. アテンションログキュレーション - メッセージ属性 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates

    42 SCOPE 1. Session 2. Process 3. PDB-Instance 4. CDB-Instance 5. CDB-Cluster 6. PDB-Persistent 7. CDB-Persistent TYPE 1. Error 2. Warning 3. Notification URGENCY 1. Immediate 2. Soon 3. Deferable 4. Info TARGET USER 1. App-Dev 2. Sec-Admin 3. Net-Admin 4. Cluster-Admin 5. PDB-Admin 6. CDB-Admin 7. Server-Admin 8. Storage-Admin 9. DataOps-Admin
  43. Attention Message定義例 - CDB警告 Copyright © 2021, Oracle and/or its

    affiliates 43 // TYPE - 1 error, 2 warning, 3 notification // URGENCY - 1 immediate, 2 soon, 3 deferable, 4 info // SCOPE - 1 session, 2 process, 3 pdb-instance, 4 cdb-instance, 5 cdb-cluster, 6 pdb- persistent, 7 cdb-persistent // TARGETUSER - 1 app-dev, 2 sec-admin, 3 net-admin, 4 cluster-admin, 5 pdb-admin, 6 cdb- admin, 7 server-admin, 8 storage-admin, 9 dataops-admin ID::2000 TYPE::2 URGENCY::1 SCOPE::4 TARGETUSER::6 TEXT::Parameter %s specified is high CAUSE::Memory parameter specified for this instance is high ACTION::Check alert log or trace file for more information relating to instance configuration, reconfigure the parameter and restart the instance STARTVERSION::21.1
  44. 私たちのミッションは、人々が新たな方法で データを理解し、本質を見極め、無限の可能性 を解き放てるよう支援していくことです。 Our mission is to help people see

    data in new ways, discover insights, unlock endless possibilities. 44 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates |
  45. None