Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2023/9 - 2023/11

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2023/9 - 2023/11

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2023/9 - 2023/11

Oracle Cloud Infrastructureの新機能の中から、主にIaaSに関する主要なアップデート情報を1機能1スライド程度でまとめてご紹介しています。
2023年9月~2023年11月の3ヶ月分の新機能について説明しています。
本資料の内容は作成時点での情報です。最新情報や詳細は必ずマニュアル等をご確認ください。

2023/12/5: 初版アップロード
2024/2/14: 修正版アップロード
2024/2/14: 修正版再アップロード

oracle4engineer

December 05, 2023
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Cloud Infrastructure
    新機能アップデート 2023/9 ~ 2023/11
    Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート
    2023/12/5
    日本オラクル株式会社
    OCIソリューション部

    View full-size slide

  2. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 9月
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    2
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
    Release Date Services
    2023/9/1 OCVS Oracle Cloud VMware Solution Available Features
    2023/9/5 Compute, Networking IPv6 addressing at Compute instance launch
    2023/9/5 Java Management Announcing availability of Oracle Cloud Agent version 1.35
    2023/9/6 Queue Queue now supports channels
    2023/9/6 Data Catalog New release for Data Catalog
    2023/9/6 Stack Monitoring Support for Oracle Database System resources
    2023/9/7 Container Instances Container Instances now support Arm-based Ampere A1.Flex shape
    2023/9/7 APM APM Browser Agent Version 1.0.1049 Available
    2023/9/11 Data Integration New release for Data Integration
    2023/9/12 Database Management Manage SQL Tuning Sets in Database Management
    2023/9/12 OKE Support for virtual nodes running pods on Arm shapes
    2023/9/12 Database, Database
    Management
    Manage AWR snapshot collection for your database using Performance Hub
    2023/9/12 OKE Support for Container Engine for Kubernetes service logs
    赤字:本資料で取り上げる機能
    日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外

    View full-size slide

  3. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 9月
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    3
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
    Release Date Services
    2023/9/12 Database, Database
    Management
    Instance level details in AWR Reports from Performance Hub
    2023/9/12 Monitoring Metric values in alarm messages
    2023/9/12 OS Management Hub New Release of OS Management Hub
    2023/9/12 OKE Support for Kubernetes version 1.26.7
    2023/9/12 OKE Support for Kubernetes version 1.25.12
    2023/9/12 Data Science Accelerated Data Science 2.8.9 is released
    2023/9/12 Functions Support for Different Application Shapes
    2023/9/14 Search Service with
    OpenSearch
    Search with OpenSearch now supports OpenID Connect
    2023/9/14 Search Service with
    OpenSearch
    Ingest Log Data with Search with OpenSearch
    2023/9/14 Search Service with
    OpenSearch
    Search with OpenSearch now supports OpenSearch Dashboards multi-tenancy
    2023/9/14 Generative AI Generative AI is now in Beta
    赤字:本資料で取り上げる機能
    日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外

    View full-size slide

  4. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 9月
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    4
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
    Release Date Services
    2023/9/19 Database Base Database: Oracle Database 23c on Base Database Service
    2023/9/20 Java Management September 2023 Feature Release for Oracle Java SE introduces JDK 21
    2023/9/27 Data Science Accelerated Data Science 2.8.9 is released
    2023/9/28 Stack Monitoring Host auto-promotion
    2023/9/28 Key Management Introducing OCI Key Management and OCI Secret Management
    2023/9/28 Key Management Support for External Key Management System
    赤字:本資料で取り上げる機能
    日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外

    View full-size slide

  5. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 10月
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    5
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
    Release Date Services
    2023/10/2 Big Data Big Data Service 3.0.25 has added additional features
    2023/10/3 GoldenGate GoldenGate now supports IAM with Identity Domains
    2023/10/4 Data Science Private endpoint to access notebook sessions
    2023/10/4 OKE Support for Kubernetes volume clones
    2023/10/4 Data Science Notebook session lifecycle scripts
    2023/10/6 MySQL HeatWave MySQL HeatWave: Read Replicas with different Shapes, Configurations, and Versions
    2023/10/6 Operations Insights Operations Insights Full Autonomous Database Support
    2023/10/10 Java Management Announcing availability of Management Agent version 230821.1904
    2023/10/10 Database Management Set Up Alarm Definitions in Database Management
    2023/10/10 Logging, Networking New Release of VCN Flow Logs
    2023/10/11 Marketplace Marketplace now supports work requests and exporting artifacts
    2023/10/11 Publisher Publisher is now available
    2023/10/11 Data Integration New release for Data Integration
    2023/10/11 Database Base Database: Enhancements to Pluggable Database (PDB) management
    赤字:本資料で取り上げる機能
    日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外

    View full-size slide

  6. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 10月
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    6
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
    Release Date Services
    2023/10/16 Vision Vision now has Face Detection
    2023/10/17 OS Management Hub New Release of OS Management Hub
    2023/10/17 Java Management Announcing availability of Oracle Cloud Agent version 1.36
    2023/10/17 Logging Operational metrics are now available in the Unified Monitoring Agent
    2023/10/17 Cache with Redis Cache with Redis is now available
    2023/10/17 Database Migration Database Migration introduces GoldenGate Service Integration for replication
    2023/10/17 Network Firewall New Release of Network Firewall
    2023/10/18 Oracle Database
    Autonomous Recovery
    Service
    Delayed Deletion of Protected Database Resources and Database Backups
    2023/10/18 Data Science Accelerated Data Science 2.8.11 is released
    2023/10/18 Oracle Database
    Autonomous Recovery
    Service
    Create a Protected Database in a Dry-Run Mode
    2023/10/18 Data Science Storage mounts are introduced.
    赤字:本資料で取り上げる機能
    日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外

    View full-size slide

  7. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 10月
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    7
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
    Release Date Services
    2023/10/18 Oracle Database
    Autonomous Recovery
    Service
    Retention Lock for Protected Database Backups
    2023/10/19 Java Management Oracle Critical Patch Update (CPU) Oct 2023 for Oracle Java SE
    2023/10/19 OKE Virtual node support for Kubernetes security contexts
    2023/10/23 Media Flow, Media
    Service, Media Streams
    Media Flow and Media Streams documentation is now available under Media
    Services
    2023/10/23 Announcements Announcement history for related announcements
    2023/10/24 Application Dependency
    Management
    October 2023 Application Dependency Management service now supports
    Remediation
    2023/10/24 GoldenGate GoldenGate adds support for new connection types
    2023/10/25 NoSQL Database Cloud NoSQL Database Cloud : : Global Active Tables expands the reach of your application
    2023/10/25 Database Tools Support for Proxy Sessions
    2023/10/25 Media Services Media Streams now supports DASH for packaging
    2023/10/26 Big Data Big Data Service ODH patch 1.1.6.47 updates
    2023/10/27 Operations Insights SQL Insights
    赤字:本資料で取り上げる機能
    日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外

    View full-size slide

  8. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 10月
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    8
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
    Release Date Services
    2023/10/31 MySQL HeatWave Use Database Management for MySQL HeatWave
    2023/10/31 Cloud Advisor New Cloud Advisor Platform and Object Storage Recommendations
    2023/10/31 Full Stack Disaster
    Recovery
    Full Stack Disaster Recovery introduces new features, API changes, and is now
    available in new regions
    2023/10/31 Data Safe SQL Firewall in Oracle Data Safe
    2023/10/31 Logging Analytics Logging Analytics: AIX support
    赤字:本資料で取り上げる機能
    日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外

    View full-size slide

  9. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 11月
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    9
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
    Release Date Services
    2023/11/01 Stack Monitoring Introducing Stack Monitoring Enterprise Edition
    2023/11/03 OKE Virtual node support for pod readiness gates
    2023/11/03 Java Management Announcing availability of Oracle Cloud Agent version 1.37
    2023/11/06 Monitoring Filter alarms by resource or status
    2023/11/08 Management Agent Management Agent New Release
    2023/11/08 OKE Support for flannel when using the OCI native ingress controller
    2023/11/08 APM APM New Release Available
    2023/11/13 Java Management Announcing availability of Management Agent version 231002.2039
    2023/11/14 OCI Database with
    PostgreSQL
    OCI Database with PostgreSQL is now available
    2023/11/15 APM APM Trace Explorer integration with Threat Intelligence
    2023/11/20 OKE Support for deploying the Kubernetes Cluster Autoscaler as a cluster add-on
    2023/11/20 Secure Desktops New Release of Secure Desktops
    2023/11/21 Operations Insights Automatic Workload Repository (AWR) Hub
    赤字:本資料で取り上げる機能
    日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外

    View full-size slide

  10. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 11月
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    10
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
    Release Date Services
    2023/11/21 Compute High Performance Computing now available
    2023/11/22 Data Science Accelerated Data Science 2.9.0 is Released
    2023/11/27 OCI New region in Bogota, Colombia
    2023/11/28 Cloud Advisor Cloud Advisor Supports Additional Compute Shape
    赤字:本資料で取り上げる機能
    日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外

    View full-size slide

  11. https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/c47e1271-bba6-420e-8567-c47df642e8f5/
    • OCVSバンドルのライセンスが以下のように変更される予定
    [OCVS] バンドル・ライセンスの変更予定の発表
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    11
    2023/9/1
    ソフトウェア 現在のライセンスタイプ 変更後のライセンスタイプ
    vSphere Enterprise Plus 変更なし
    NSX-T Data Center Enterprise Plus Advanced
    vSAN (DenseIOシェイプのみ) Enterprise Advanced(+暗号化機能)
    HCX (Standardシェイプ) Enterprise Advancedへ変更が可能に
    • NSX 3.2.xのライセンスタイプ別の機能はこちら
    • NSX 4.0のライセンスタイプ別の機能はこちら
    • vSANのライセンスタイプ別の機能はこちら

    View full-size slide

  12. https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/e5e38fe2-20b7-411d-b378-1133020f84fc/
    • これまで、インスタンスにIPv6アドレスを割り当てるためには、起動後にVNICの設定を行う必要があった
    • インスタンス作成時にIPv6のアドレス割り当てが可能に。IPv6環境でのインスタンスの運用がより簡単に
    • OSのインターフェースはDHCPv6で自動設定される(dhclientコマンドによる即時割り当ても可能)
    [Compute, Networking] インスタンス作成時にIPv6アドレスを利用可能に
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    12
    [opc@vm-wait4ipv6 ~]$ ip a
    1: lo: mtu 65536 qdisc noqueue state
    UNKNOWN group default qlen 1000
    (中略)
    2: ens3: mtu 9000 qdisc
    pfifo_fast state UP group default qlen 1000
    link/ether 02:00:17:02:97:e7 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    altname enp0s3
    inet 10.0.0.164/24 brd 10.0.0.255 scope global dynamic ens3
    valid_lft 86391sec preferred_lft 86391sec
    inet6 2603:c024:c00b:e07e:c4d3:671d:d6a7:f56e/128 scope
    global dynamic noprefixroute
    valid_lft 89992sec preferred_lft 86392sec
    inet6 fe80::17ff:fe02:97e7/64 scope link
    valid_lft forever preferred_lft forever
    2023/9/5

    View full-size slide

  13. https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/cd191a40-5b66-4243-9cf3-1bb313261245/
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/4b5e028d-ae29-46cd-9bcc-be25c35b0b01/
    • 機能の追加とバグの修正が行われた
    • 脆弱性レポートの項目から、セキュリティ系の勧告(ELSA)に対してパッチ適用できるように
    • ol8_olcne16-x86_64ソフトウェアソースが追加
    • 管理ステーションの作成時に更新ジョブを繰り返さなくなった
    • 勧告の詳細が、関連するパッケージの完全な情報と共に表示されるように
    • OS管理ハブにチェックインできなかったり、オフラインの状態が続く問題を修正
    • ol7_x86_64_userspace_ksplice-x86_64が管理ステーションに同期できない問題を修正
    • バージョン・カスタム・ソフトウェアソースをスケジュールでライフサイクル環境へプロモートするときの問題を修正
    • 繰り返しのスケジュール済みジョブで、次の実行時間をより正確にスケジュールするように修正
    • 管理ステーションの詳細画面にて、ミラー化されたソフトウェアソースが正しくリストされない問題を修正
    [OS Management Hub] 新機能の追加とバグ修正
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    13
    2023/8/30 2023/9/12

    View full-size slide

  14. SMS以外のすべての通知宛先で使用可能に
    • メトリック値が含まれるようになり、緊急の対応が必要かど
    うか判断できるようになった
    • 例えばCPU使用率が70%以上でアラームが作動するように
    設定した場合、運用にもよるが95%以上の時はすぐに対
    応する必要があるが、71%の時は無視しても問題がないと
    判断できる
    • メトリック値は通知をグループ化した場合と分割した場合
    の両方に含まれる
    [Monitoring]アラーム通知のメトリック値
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    14
    2023/9/12
    https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/addition-metric-values-alarm-notifications

    View full-size slide

  15. 取得フィルタを使って特定のリソースから必要なトラフィックのログをとることができるようになった
    • これまではサブネット内の全てのVNICのトラフィックを取得し、全てのログから見たい情報をフィルタリングしていた
    • 取得ポイントの選択が可能になった。取得できるポイントは以下の3つ
    • VCN内の全てのVNIC
    • サブネット内の全てのVNIC
    • 特定のVNIC(特定のインスタンスやロードバランサー)
    • 取得フィルタを使うことで特定のリソースから必要なトラフィックを取得できるようになった。
    • サンプリング抽出率を選択可能(例:取得するネットワークフローの1%~100%を抽出する)
    • プロトコルや宛先CIDRなどの特定のトラフィックを取得ルールで選択可能(ルールは最大10個まで)
    [Logging, Networking] VCNフローログに新しい機能が追加された
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    15
    2023/10/10
    OCI Region
    VCN
    Virtual
    Machine
    Load
    Balancer
    Subnet
    Bare Metal
    Compute
    Load
    Balancer NLB NLB
    VCN Enablement
    Point
    Subnet Enablement
    Point
    Resource
    Enablement Point
    Subnet
    Subnet

    View full-size slide

  16. マーケットプレイスからOCIRにイメージをエクスポートしてコンテナ・インスタンスとして起動
    マーケットプレイスでコンテナとHelmチャートのタイプのアプリケーションが追加された
    • マーケットプレイスからユーザのOCIレジストリ(OCIR)にイメージをエクスポートし、コンテナ・インスタンス作成できる
    • エクスポートの進行状況は作業リクエストで確認可能
    [マーケットプレイス] コンテナのサポート
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    16
    2023/10/11
    マーケットプレイスのアプリケーションの種類は4つになった。
    ・イメージ(コンピュート・インスタンスのイメージ)
    ・スタック(リソースマネージャのスタック)
    ・コンテナ ←新規
    ・Helmチャート ←新規
    関連ブログ:Oracle Marketplace Container and Kubernetes Application Click-to-Deploy Listings
    https://blogs.oracle.com/cloudmarketplace/post/oracle-marketplace-container-and-kubernetes-application-clicktodeploy-listings

    View full-size slide

  17. マーケットプレイスの公開者(Publisher)がOCIコンソールで利用できる機能
    OCI Publisher(公開者)機能では、Partner Portalの拡張として、OCIコンソールからアーティファクトやリストの管理が
    可能になった。
    • これまでは公開者がマーケットプレイスにアプリケーションを管理、公開する場合は、 Partner Portal(OCIコンソールとは異なるUI)
    からの作業が必要だった。
    • これまでどおり、パートナー様のアプリケーションやリストを公開する場合はまずMarketplace Publisherとしての登録が必要
    • https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/partner-portal/partner-portal_get_started.htm
    [Publisher] Publisherサービスのリリース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    17
    2023/10/11

    View full-size slide

  18. 複数の操作メトリックをエージェントの作成もしくは編集時に有効にできる
    • 操作メトリックを使用することでエージェントの潜在的な問題を監視および特定することができるようになった
    • OCIダッシュボードもしくはモニタリングを使用することで見ることができる
    • 操作メトリック
    • Heartbeat:エージェントの死活監視を行う。1は正常に動作していて、0はエージェントが応答していないことを示す。このメトリッ
    クは常に有効であり、オフにはできない。
    • RestartMetric: エージェントが開始または再起動されるたびに送信される
    • EmitRecords: 発行されたログ・レコードの総数
    • BufferSpaceAvailable: 使用可能なバッファ領域をパーセンテージで追跡する
    • SlowFlushCount: バッファから宛先へのデータのフラッシュが事前定義されたしきい値よりも長い時間がかかった合計数
    • RollbackCount: 発行先にバッファを正常にフラッシュできなかったために、エージェントがトランザクションをロールバックする合計数
    • RetryCount: 失敗後に・エージェントがデータ送信操作を再試行する回数を追跡する
    [Logging]統合モニタリング・エージェントで操作メトリックの使用が可能に
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    18
    2023/10/17

    View full-size slide

  19. https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/ee02f883-76ac-4ce0-8657-c227fcc0c692/
    • 機能の追加
    • Oracle Cloud Native Environment 1.7とOracle Linux Virtualization Manager 4.4, 4.3がソフトウェア・ソースに追加
    • Terraformをサポート
    • 管理ハブからインスタンスを登録解除する機能を追加
    • ジョブの履歴保持期間ポリシーがアップデート(Retention Policy)
    • バグの修正
    • Ksplice更新が停止する問題を修正
    • 管理ステーションにジョブが重複する問題を修正
    • いくつかのパッケージでavailableとinstalledの両方が表示される問題を修正
    • 管理ステーションでミラーが表示されない問題を修正
    • 依存性解決で一部の更新ジョブが停止する問題を修正
    [OS Management Hub] 新機能の追加とバグ修正
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    19
    2023/10/17

    View full-size slide

  20. 特定のインシデントに関係するお知らせをまとめて表示
    同じインシデントに関連付けられたお知らせを、単一の
    メッセージ・チェーンの一部として表示できるようになった。
    コンソールで表示すると、同じチェーンIDを持つ関連する
    お知らせが、1つのお知らせのお知らせ履歴の下に表示
    される。
    メール通知されたお知らせは、同じチェーンIDの関連お
    知らせが同じ電子メール・スレッドの一部として表示され
    る。
    [Announcement] 関連するお知らせ履歴の表示
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    20
    2023/10/23

    View full-size slide

  21. クラウド・アドバイザでオブジェクト・ストレージの高可用性やコスト最適化のための推奨を提示
    新たなオブジェクト・ストレージの高可用性に関する推奨事項
    • 「オブジェクト・バージョニングの有効化」
    • オブジェクトのバージョニングがバケットで実装されていないことを示す。バージョニングを利用すると、オペミスや悪意のあるオブジェ
    クトの更新、上書きまたは削除に対するデータ保護が可能。
    • 「オブジェクト・レプリケーションの有効化」
    • オブジェクト・レプリケーションがバケットに実装されていないことを示す。レプリケーションを利用すると、リージョンレベルでの停止から
    の保護、ディザスタ・リカバリ、データの冗長化要件へ対応。
    上記の新規推奨事項に加え、「オブジェクト・ライフサイクルの有効化」推奨事項に対するポリシー拡張
    • 推奨に合わせてライフサイクル・ポリシー・ルールが作成でき、コスト削減が可能
    • オブジェクトを頻度の低いアクセスに移動、破棄されたマルチパート・アップロードを削除、(バージョニングが有効な場合)オブ
    ジェクト・バージョンの自動アーカイブまたは削除、など
    [Cloud Advisor] オブジェクト・ストレージの推奨追加
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    21
    2023/10/31

    View full-size slide

  22. CLIやAPIを使用して、リソースまたはステータスでアラームをフィルタリングできるようになった
    • CLIの実行例
    • oci monitoring alarm-status list-alarms-status コマンドの --status オプションを使用し、起動中のアラームのみをフィルタリ
    ングして表示
    [Monitoring] リソースまたはステータスでアラームのフィルタリングが可能に
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    22
    2023/11/6
    cloudshell:~ (ap-tokyo-1)$ oci monitoring alarm-status list-alarms-status --status FIRING --compartment-id
    ocid1.compartment.oc1..aaaaaaaallww6hvk7kke6emj2c3ujsvi2usg6kxm6siebwl4w5pogbwzi7lq
    {
    "data": [
    {
    "display-name": "tk_test_alarm2",
    "id": "ocid1.alarm.oc1.ap-tokyo-1.aaaaaaaabbelktjp3lsle6b3z7jq4wwhtrh3nyd7vu4slwyxrnjlxbasvg4a",
    "severity": "CRITICAL",
    "status": "FIRING",
    "suppression": null,
    "timestamp-triggered": "2023-12-05T00:55:37.067000+00:00"
    }
    ]
    }
    cloudshell:~ (ap-tokyo-1)$

    View full-size slide

  23. https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/c455f471-84dd-40f7-976c-2f59b57b4e6c/
    管理エージェントのバージョン231002.2040が利用可能になり、macOSとAIX OSをサポート
    • AIX (PPC 64ビット・アーキテクチャのみ): AIX 7.3
    • OpenJDK8を使用する場合のみサポート(管理エージェントのインストールに必要)
    • macOS (Intel x64アーキテクチャのみ): 11 (Big Sur), 12 (Monterey), 13 (Ventura)
    • Java Management Serviceを使用する場合のみサポート
    → macOS上のJavaもFleetに含めて管理可能に
    [Management Agent] 新バージョンが利用可能に
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    23
    2023/11/8

    View full-size slide

  24. https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/9a61891d-463f-4995-80b9-2e6747a0173b/
    • Azure ADにフェデレーションされている環境でもデスクトッププールを作成してデスクトップを起動可能に
    • 新しいボリュームとネットワーク・エンドポイントが作成されたときのエラーレポートと診断が改善された
    • コンピュート・インスタンスへのストレージのアタッチに関連して、デスクトップが起動に失敗する問題を修正
    • プライベート・ネットワーク・エンドポイントの削除に関連するプール管理の問題を修正
    [Secure Desktops] 機能拡張とバグ修正
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    24
    2023/11/20

    View full-size slide

  25. https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/d484abab-9fda-4761-a88b-f71fe02a7cd3/
    以下のプラグインによる環境構築の一部自動化やモニタリングが可能に
    • Compute RDMA GPUモニタリングプラグイン
    • GPU使用率、メモリ使用率などのメトリック やRDMAのトラフィックに関するメトリックを出力
    • Compute HPC RDMA自動構成プラグイン(これまでインスタンス起動後に手動実行していた設定を自動化)
    • RDMAのネットワークインターフェースへのIPアドレス割り当て
    • GPU用ネットワークアダプタの設定、Mellanox Connect-Xの設定
    • Compute HPC RDMA認証プラグイン(これまでインスタンス起動後に手動実行していた設定を自動化)
    • RDMAネットワークインターフェースの構成
    • 802.1x認証などのRDMAネットワークの参加に必要な認証が自動化
    [Compute] HPC用のOracle Cloud Agentプラグインが追加
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    25
    2023/11/21

    View full-size slide

  26. 2023年11月現在:47リージョン提供中、さらに5リージョン計画
    Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    26 https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/
    MUMBAI
    HYDERABAD
    36 Commercial
    6 Commercial Planned
    8 Government
    12 Microsoft Azure Interconnect
    SANTIAGO
    VINHEDO
    SAO PAULO
    CHILE 2
    BOGOTA
    CHUNCHEON
    SEOUL TOKYO
    OSAKA
    JOHANNESBURG
    2 Sovereign
    SINGAPORE
    SINGAPORE 2
    NEWPORT
    AMSTERDAM
    FRANKFURT
    ZURICH
    LONDON STOCKHOLM
    MILAN
    PARIS
    JEDDAH
    JERUSALEM
    DUBAI
    SAUDI 2
    ABU DHABI
    ISRAEL 2
    MADRID MARSEILLE
    SERBIA
    SAUDI 3
    SYDNEY
    MELBOURNE
    CANBERRA
    SAN JOSE
    PHOENIX
    CHICAGO
    ASHBURN
    TORONTO
    MONTREAL
    MONTERREY
    QUERETARO
    デュアル・リージョン:基本的にすべての国/地
    域で2つ以上のリージョンを提供し、
    お客様の業務継続要件に対応していく
    (日本の場合は東京-大阪)
    各リージョンはOracle Backboneで接続
    サステナビリティ:2025年までに、全リージョンで
    100%再生可能エネルギーを使用することを表明
    (南米/欧州は達成済み)
    ボゴタ・リージョン開設
    (コロンビア)
    New
    2023/11/27

    View full-size slide

  27. クラウド・アドバイザの推奨がVM.Standard3.Flexにも対応
    クラウド・アドバイザの以下の推奨事項で、他の20を超えるコンピュート・シェイプに加え、VM.Standard3.Flexが対象に
    追加された。
    • コスト・カテゴリ
    • 「使用率の低いコンピュート・インスタンスの縮小」
    • 「アイドル・コンピュート・インスタンスの削除」
    • パフォーマンス・カテゴリ
    • 「コンピュート・インスタンス・サイズの適正化」
    [Cloud Advisor] クラウド・アドバイザでサポートされるコンピュート・シェイプの追加
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    27
    2023/11/28

    View full-size slide

  28. リリースノート以外のアップデート
    そのほかのアップデート
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    28

    View full-size slide

  29. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-ann-new-compute-ampereone-sustainable
    • A1シェイプに続き、AmpereOneプロセッサを搭載したA2がVMとBMで発表(提供は今後)
    • VM: 最大156コア(フレキシブル・シェイプで提供予定)、BM: 最大320コア
    • 高い性能とコストパフォーマンス
    • ハイパースレッド処理をしないアーキテクチャで安定したパフォーマンスを提供
    • ×86のシェイプと比較して最大44%のコストパフォーマンス
    → AI推論、データベース、Webサービス、メディアトランスコーディング、ランタイム言語など幅広い用途に利用可能
    • 電力効率が高く、カーボン・フットプリントを削減、ESG目標に貢献
    • 実際、Fusion AppsやOracle Databaseなど、300を超えるOCIサービスはA1シェイプを用いて稼働
    • A2シェイプのプライベート・プレビュー申請のためのコンタクト先(CY2023, Q4から提供可能の予定)
    [email protected]
    [Compute] Armベースの次世代シェイプA2を発表
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    29
    2023/9/18

    View full-size slide

  30. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-oci-compute-nvidia-h100
    A100 GPUの次世代GPU、NVIDIA H100 Tensor Core GPUのBMシェイプを発表(提供は今後)
    • A100よりも、さらに高いパフォーマンスを提供
    • AIモデルのトレーニング:最大9倍高速
    • AIモデルによる推定:最大30倍高速
    • HPCアプリケーション:最大7倍高いパフォ―マンス
    • MLPerf Inference v3.1ベンチマークの結果はこちら
    • BM.GPU.H100.8インスタンスの仕様
    • CPUはIntel Sapphire Rapids(ベースクロック2.0GHz、最大ターボ・クロック3.8GHz)
    • 全世代と比較して4倍のPCIE帯域幅と2倍のPCIEレーン数
    [Compute] NVIDIA H100 GPU搭載ベアメタル・インスタンスを発表
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    30
    2023/9/19
    OCPU数 H100 GPU (GB) メモリ
    (TB)
    ストレージ
    (TB)
    クラスタ・ネットワーク
    帯域(Gbps)
    2×56 8×80 2.00 16.4 8×400

    View full-size slide

  31. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-announcing-oci-compute-nvidia-l40s-gpus
    最高パフォーマンスの汎用GPUであるNVIDIA L40S搭載シェイプが発表(提供は今後)
    • 幅広い用途
    • 大規模言語モデルのトレーニングや推論
    • マルチモーダル生成AI
    • VDIなどのワークロード
    • 3Dグラフィックス、シミュレーション(Omniverseの利用)
    • ストリーミング etc.
    • A100GPUとの比較
    • コストパフォーマンスが1.2倍から2倍
    • 生成AIによる推論パフォーマンスが1.2倍
    • トレーニングパフォーマンスは最大1.7倍
    • シェイプの仕様
    • Intel Sapphire Rapids CPUを採用
    • 400Gbpsのクラスタネットワーク帯域
    [Compute] NVIDIA L40S GPU搭載のコンピュート・シェイプを発表
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    31
    2023/9/19

    View full-size slide

  32. https://www.oracle.com/news/announcement/ocw-red-hat-and-oracle-expand-collaboration-to-bring-red-hat-openshift-to-oracle-cloud-infrastructure-2023-09-20/
    https://www.redhat.com/ja/blog/frequently-asked-questions-red-hat-openshift-oracle-cloud-infrastructure
    • Red Hat OpenShiftはKubernetesベースのコンテナ管理プラットフォーム
    • アプリケーション開発、デプロイ、実行、管理の手間を軽減可能
    • 動作保証されたOpenShiftが、 OCI上のVMとBMで利用可能になることが発表(提供は今後)
    • Oracle社とRed Hat社の両社でテスト、サポートされる以下のOpenShift製品の動作保証済み構成をインストールして利用
    • Red Hat OpenShift Platform Plus
    • Red Hat OpenShift Kubernetes Engine
    • Red Hat OpenShift Container Platform
    • VMは今年の後半、BMは2024年序盤を予定
    • 認定シェイプ上でサポート予定
    • オンプレミスのOpenShift環境をOCIに移行し、IaaSのメリットを享受できるようになった
    • SLA付きの安定したパフォーマンス
    • 適切なサイズを指定できるFlexibleシェイプから、高いコストパフォーマンスを持つBMシェイプまで柔軟な選択肢
    • Block Storageの自動チューニング etc.
    OCI上でのRed Hat OpenShiftのサポートを発表
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    32
    2023/9/20

    View full-size slide

  33. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-climsi-installer
    インストーラ・スクリプトを利用する方法に加え、MSIファイルを用いてウィザードで簡単にWindowsへのCLIのインストールが
    可能に
    • MSIファイルを利用するメリット
    • CLIと互換性のあるバージョンのPythonを既存のPythonと競合しないように自動でインストールしてくれる
    • MSI以外の方法で既にCLIがインストールされている場合、上書きされるわけではなく両方のバージョンが共存するが、MSIファイルでインストールし
    たCLIが優先して利用される
    • CLIのバージョンアップグレードが容易になり、最新の状態を維持しやすくなる
    • 既にMSIでインストールしたバージョンがある場合、既存バージョンがアンインストールされて新しいバージョンがインストールされる
    • 手順
    • GitHubからMSIファイルをダウンロードする
    • MSIファイルをクリックするとWindows Installerが起動し、ウィザードによるインストールが始まるので指示に従う
    [OCI CLI] Microsoft Windows Installer (MSI) ファイルでインストールが可能に
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    33

    View full-size slide

  34. [Compute] Standard.E5シェイプがTokyoリージョンで利用可能に
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    34
    第四世代AMD EPYCプロセッサ(AMD EPYC 9J13, コードネームGenoa)を搭載したStandardシェイプがNRTで
    利用可能に
    • 利用可能になったシェイプ
    • 仮想マシン・インスタンス(VM.standard.E5.Flex):1~94 OCPU, 1 OCPUあたり1~64GB メモリ(最大1049GB)
    • ベアメタル・インスタンス(BM.standard.E5.192):192 OCPU, 2,304GB メモリ
    • 性能(詳細なベンチマークの結果はこちら)
    • VMインスタンスは32%のパフォーマンス向上、5%のプライスパフォーマンス向上
    • ベアメタル・インスタンスは2倍のパフォーマンス向上、20%のプライスパフォーマンス向上
    • 注意点
    • 価格がE4と異なる
    • 時間当たりOCPU数: ¥4.20
    • 時間当たりメモリ (GB): ¥0.28
    • 2023/11/2現在、プリエンプティブル容量、バースト可能インスタンス、拡張メモリVMインスタンス、保護インスタンス、DVHには
    未対応
    • 2023/11/2現在、日本ではTokyoリージョンのみの提供

    View full-size slide

  35. 顧客固有のエンドポイントを使用できるようになった
    顧客のテナンシ固有のエンドポイントを使用するため、顧客がバケットへ安全にアクセスできる
    既存のエンドポイントは現時点ではまだ使用はできるが、今後使用できなくなる
    [Object Storage]専用エンドポイントの提供
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    35
    APIタイプ 現在のURL 新規URL
    ネイティブ objectstorage.$region.oraclecloud.co
    m
    objectstorage.$region.oci.customer-oci.com
    (ネームスペースが不明な場合にのみ利用
    例: GetNamespace / WorkRequestsなど)
    $namespace.objectstorage.$region.oci.custo
    mer-oci.com
    S3互換 $namespace.compat.objectstorage.$r
    egion.oraclecloud.com
    $namespace.compat.objectstorage.$region.oci
    .customer-oci.com
    Swift swiftobjectstorage.$region.oracleclou
    d.com
    swiftobjectstorage.$region.oci.oracle
    cloud.com
    swiftobjectstorage.$region.oci.customer-
    oci.com
    $namespace.swiftobjectstorage.$region.oci.cu
    stomer-oci.com
    PAR objectstorage.$region.oraclecloud.co
    m/p/<>/n/<>/b/<>/o/
    $namespace.objectstorage.$region.oci.custo
    mer-oci.com/p/<>/n/<>/b/<>/o/
    https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/oci-object-storage-dedicated-endpoints

    View full-size slide

  36. https://oracle-japan.github.io/ocidocs/
    各サービスや機能カットの資料などを掲載
    OCI活用資料集:日本語技術資料
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    36
    最近アップデートされた資料
    Oracle Cloud Infrastructure 技術概要 November 16, 2023
    Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2023/6
    ~2023/8 September 13, 2023
    Autonomous Database 技術FAQ August 7, 2023
    OCI セキュア・デスクトップ 概要 July 28, 2023
    外部接続VPN接続(IPSec) 詳細 July 21, 2023
    外部接続 FastConnect詳細 July 21, 2023
    Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2023/3
    ~2023/5 June 7, 2023
    Autonomous Database 技術FAQ May 11, 2023
    リソース・マネージャ概要 April 1, 2023

    View full-size slide

  37. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-new-feature-highlights
    よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい方は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud
    Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。
    隔週で新機能をご紹介しています。
    Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    37

    View full-size slide

  38. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-information
    Oracle Cloud Infrastructure 主要情報一覧
    1
    2
    Oracleアーキテクチャ・センター
    https://docs.oracle.com/ja/solutions/
    クラウド環境の検討や実装に役立つように設計されたリファレンス・アーキテクチャとソリューショ
    ン・プレイブックのカタログを多数掲載。ダウンロード、カスタマイズ、およびデプロイできるコードま
    たはスクリプトも含む。解説ブログはこちら。
    3
    OCIサービスアップデート
    https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-oci-service-
    update
    毎月公開するOCIのサービス・アップデート情報をスライドで分かり易く説明。各サービスの
    詳細なアップデート情報は、各サービスのドキュメントや「OCI活用資料集」をご覧ください。
    5
    OCIお客様活用事例
    https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-customer-reference
    OCIを活用したお客様の事例のご紹介。データベースはもちろんのこと、アナリティックス、セ
    キュリティ、システム管理、コンテンツ管理、ブロックチェーン、チャットボットなど様々なサービスの
    お客様事例をご紹介します。
    OCI活用資料集
    https://oracle-japan.github.io/ocidocs/
    OCIを使ってみたい! という方のための技術ドキュメント集。 OCIのサービス別技術資料をはじめ、
    PPTスライドを中心とした公開ドキュメントや、セミナーで使用した資料をアップロードしています。
    6
    OCIセミナー情報
    https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-seminar
    今後開催予定のウェビナー(含むハンズオントレーニング)についてご案内します。
    ほぼ毎週+ハンズオンを様々なテーマで開催中!
    チュートリアル: OCI を使ってみよう
    https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/
    OCIを使ってみよう! という人のためのチュートリアル集。各項ごとに画面ショットなどを交えなが
    らステップ・バイ・ステップで、OCIの機能についてひととおり学習することができます。
    7
    OCIドキュメント
    https://docs.cloud.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/home.htm
    各サービスの公式マニュアルです。
    8
    Oracle Code Night
    https://oracle-code-tokyo-dev.connpass.com/
    オラクルのテクノロジーだけに限定しない、Developer(開発者)のDeveloper(開発
    者)によるDeveloper(開発者)のための開発者向けコミュニティ Meetup セミナー。
    ほぼ毎週 様々なテーマで開催中!
    9
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    38
    Oracle LiveLabs
    https://apexapps.oracle.com/pls/apex/dbpm/r/livelabs/home
    お客さまのクラウド環境ですぐに利用できる、ハンズオン・ワークショップを多数掲載。画面
    キャプチャおよび実行コマンドを記載、実環境にて順を追って操作方法を学習することが可能
    です。ブラウザの翻訳機能でご利用ください。
    4
    10
    • OCIの主要技術情報一覧です。ご興味にあわせた情報を公開しております。
    OCI:サービス別資料一覧
    https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/column_cloud_material
    OCIの個別サービス毎の、概要資料、技術資料、チュートリアルへのリンク一覧です。

    View full-size slide