Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

OCI IaaS 新機能アップデート 2022/9 - 2022/11

OCI IaaS 新機能アップデート 2022/9 - 2022/11

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2022/9 - 2022/11
Oracle Cloud Infrastructureの新機能の中から、主にIaaSに関する主要なアップデート情報を1機能1スライド程度でまとめてご紹介しています。
2022年9月~2022年11月の3ヶ月分の新機能について説明しています。
本資料の内容は作成時点での情報です。最新情報や詳細は必ずマニュアル等をご確認ください。

2022/12/7: 初版アップロード

oracle4engineer
PRO

December 07, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Cloud Infrastructure 新機能アップデート 2022/09 ~ 2022/11 Oracle Cloud Infrastructure

    IaaS 新機能アップデート 2022/12/7 日本オラクル株式会社 OCIソリューション部
  2. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/09 : 1) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/9/1 Networking VCN route table increase for route rules 2022/9/2 APM APM Java Agent and Tracer Version 1.7 are Now Available 2022/9/6 Database Management Preferred Credentials in Database Management 2022/9/7 Monitoring, Streaming Send alarm notifications to a stream in OCI Streaming 2022/9/7 Block Volume Cross availability domain replication of volumes and volume groups 2022/9/7 Monitoring Split alarm notifications by metric stream 2022/9/8 Data Flow Data Flow now supports Spark 3.2.1, Conda Packs, and Delta Lakes 2022/9/8 OCI New region in Madrid, Spain 2022/9/14 API Gateway Support for multiple authentication servers for the same API deployment 2022/9/14 API Gateway Support for multiple back ends, and dynamic back end selection 2022/9/14 API Gateway Support for multi-argument authorizer functions and access tokens 2022/9/14 Data Science Accelerated Data Science 2.6.4 is released 2022/9/15 Search Service with OpenSearch OpenSearch cluster endpoint domain changed to oci.oraclecloud.com 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  3. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/09 : 2) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 3 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/9/19 Data Integration New Release for Data Integration (Bug fixes) 2022/9/20 Logging Analytics Logging Analytics: Latest enhancements 2022/9/20 Logging Analytics Logging Analytics: New Oracle-defined Log Field filter for dashboards 2022/9/20 Logging Analytics Logging Analytics: Ingest-time alerts for predefined events in logs 2022/9/20 Oracle Cloud Migrations Oracle Cloud Migrations is now available 2022/9/20 Logging Analytics Logging Analytics: Export Dashboards and Saved Searches 2022/9/20 Java Management September 2022 Feature Release for Oracle Java SE 2022/9/20 Threat Intelligence Threat Intelligence adds new search values 2022/9/20 DevOps DevOps Integration with Visual Builder Studio 2022/9/22 Billing Scheduled reports are now available 2022/9/23 GoldenGate View Trail files in GoldenGate 2022/9/29 NoSQL Database Cloud NoSQL Database Cloud : New functionality in OCI console 2022/9/30 Stack Monitoring Stack Monitoring: Support for both OCI Compute Instance and on-premises hosts 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  4. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/10 : 1) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 4 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/10/4 Access Governance New Access Review Features in Access Governance 2022/10/4 Bastion Bastion adds DNS support 2022/10/4 Media Streams OCI Egress is now chargeable for Media Streams 2022/10/4 Operations Insights Solaris & Windows platform support and improved host top process identification 2022/10/5 Data Integration New Release for Data Integration (revised) 2022/10/6 APM Enhancements in Trace Explorer 2022/10/6 APM Synthetic Monitor History Availability 2022/10/6 APM Export Dashboards in Application Performance Monitoring 2022/10/6 APM Filter Trace Data in Application Performance Monitoring Dashboards 2022/10/7 GoldenGate New GoldenGate deployment types and connections now available 2022/10/13 Java Management Oracle Critical Patch Update (CPU) October 2022 for Oracle Java SE 2022/10/18 APM Monitor Peoplesoft with Application Performance Monitoring 2022/10/25 Full Stack Disaster Recovery Full Stack Disaster Recovery is now available 2022/10/25 Compute Windows Server 2022 now available as a platform image 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  5. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/10 : 2) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 5 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/10/25 APM Attribute Management in Application Performance Monitoring 2022/10/25 Cloud Guard Cloud Guard Adds detector rules and event types 2022/10/26 Compute X9-based (Intel) and E4-based (AMD) GPU shapes for Compute instances 2022/10/27 Language Language version 2 is now available 2022/10/28 Threat Intelligence Threat Intelligence available in US Government Cloud with FedRAMP Authorization 2022/10/28 MySQL Database MySQL Database Service Support for MySQL Version 8.0.31 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  6. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/11 : 1) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 6 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/11/1 Database Management Dashboards in Database Management 2022/11/1 Database Management Top Activity Lite: A new mode in Performance Hub for live performance monitoring 2022/11/1 GoldenGate New release for GoldenGate 2022/11/1 Operations Insights Exadata Data Objects and Predefined Dashboards for Operations Insights 2022/11/1 Data Science Accelerated Data Science 2.6.8 is released 2022/11/2 Database Oracle Database Service for Azure: MySQL Heatwave now available 2022/11/2 Vulnerability Scanning New Vulnerability Scanning Agent 2022/11/4 Stack Monitoring Stack Monitoring now supports TCPS enabled Oracle Databases 2022/11/8 Management Agent Management Gateway new version available 2022/11/8 Resource Manager Roll back to a previous apply job 2022/11/9 Big Data New updates for BDS 2022/11/9 Logging Analytics Logging Analytics: Option to bring your own keys for encrypting logs 2022/11/11 Data Flow Data Flow now Supports SCAN proxies 2022/11/14 Data Integration New Release for Data Integration (Security and bug fixes) 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  7. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/11 : 2) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 7 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/11/15 Resource Manager List resources and job outputs 2022/11/15 Data Science Data Science now connects to Data Flow 2022/11/16 APM Geo IP Mapping in Application Performance Monitoring 2022/11/16 Cloud Shell Cloud Shell now uses Oracle JDK 11 by default 2022/11/16 Data Flow Data Flow Integration with Data Science is now Available 2022/11/21 Data Integration New Release for Data Integration (security and bug fixes) 2022/11/23 Stack Monitoring Improved Enterprise Summary 2022/11/23 Logging Analytics Logging Analytics: Oracle Marketplace app to secure and monitor your IDCS 2022/11/23 Media Flow Media Flow now supports Oracle Cloud Infrastructure Logging 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  8. ルートルールが200以上になる場合はサービスリクエストが必要。 (これまでは変更不可だったがリクエストに応じて引き上げ可能となった) [Network] VCNルート表のルートルールのサービスリミットがデフォルトで200に Copyright – © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 8 2022/9/1 リソース スコープ Monthly or Annual Universal Credits Pay-as-You-Go or Promo VCNルート表 VCN 300 300 ルート・ルール VCNルート表 200 200
  9. • 同一リージョン内のブロックボリューム、ブートボリュームそしてボリュームグループでAD間レプリケーションが可能に • 商業用リージョンのみサポート [Block Volume]ボリュームとボリュームグループのAD間レプリケーション Copyright – © 2022

    Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 9 2022/9/7
  10. 宛先サービスをストリーミングにすることで、ストリーミングサービスにアラーム通知ができるようになり、例えば特定のモニタリン グ・メトリックを他システムに連携する際に利用可能 [Monitoring, Streaming]ストリーミングサービスへのアラーム通知 Copyright – © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 10 2022/9/7
  11. • 今まではメトリック・ストリーム全体でしか通知ができなかったが、メトリック・ストリームごとにアラームを通知できるように なった • 例えば30個のインスタンスに対してCPU使用率が80%以上でアラームを通知するように設定した場合、従来は 複数台のインスタンスでCPU使用率が超えても1つしかアラーム通知されなかったが、各インスタンスごとにアラーム を通知できるようになった • 大量のメッセージが送信されて、サービス制限により一部のメッセージに遅延が発生する可能性があるため注意が必要 [Monitoring]メッセージをメトリック・ストリームごとに分割することが可能に

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 11 https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/announcing-support-for-receiving-alarm-messages-per-metric-stream 2022/9/7
  12. 2022年9月現在:40リージョン提供中、さらに4リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright – © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 12 https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/ SYDNEY MELBOURNE Commercial Commercial Planned Government Microsoft Interconnect Azure SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CHILE 2 COLOMBIA デュアル・リージョン:基本的に全ての国/地域 で2つ以上のリージョンを提供し、お客様の業務 継続要件に対応していく (日本の場合は東京-大阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ:2025年までに、すべてのリー ジョンにおいて、100%再生可能エネルギーを使 用することを表明 (欧州リージョンは達成済み) JOHANNESBURG CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 SINGAPORE SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL QUERETARO NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN PARIS MADRID MARSEILLE New マドリード・リージョン(スペイン) 開設 2022/9/12
  13. オンプレミスからOCIへの移行を行うためのOCIネイティブなツールが登場 オンプレミスの仮想マシンをOCIのインスタンスに移行するためのOCIネイティブなサービス OCIコンソールやCLI,APIから利用可能 現時点では以下の環境で利用可能(2022年9月現在) • ソース:VMware vSphere 6.5, 6.7, 7.0

    の Windows / Linux 仮想マシン • ターゲット:OCIコンピュートVMインスタンス(x86) • ブートボリュームとデータボリュームのフルもしくは増分のVMスナップショット・レプリケーションでOCIにデータ移行される 価格 • Oracle Cloud Migrationsサービスとしての課金項目はないが、移行に際して一時的に必要となるOCI上のリソース費用が必要 (コンピュート、オブジェクト・ストレージ、VCN、ブロック・ボリューム) Oracle Cloud Migrations サービスのリリース Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 13 検出 インベントリ アセットと計画 レプリケーション 移行 Blog:https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/intro-oracle-cloud-migrations 2022/9/20
  14. カスタマイズした分析軸で定期的にレポート作成が可能 「コスト分析」で保存したレポートを定期的にスケジュール実行することが可能 • 開始日、反復(毎日/毎月/一度)、出力フォーマット(CSV/PDF) を選択してスケジュール スケジュール済レポートは指定したオブジェクトストレージのバケット内に出力される スケジュール済レポートを作成するために必要なサービス・ポリシー [Billing] コスト分析のスケジュール済レポート Copyright

    – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 14 Allow service metering_overlay to manage objects in tenancy where all {target.bucket.name =‘<バケット名>', any {request.permission='OBJECT_CREATE', request.permission='OBJECT_DELETE', request.permission='OBJECT_READ'}} 2022/9/22
  15. DNSや動的ポート転送の使用が可能に [Bastion] 要塞サービスでDNSがサポート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    15 • ターゲット・ホストを選択する際にドメイン名や動的ポート転送(SOCKS5)セッションを選択できるようになった • 動的ポート転送セッションを使用することで、ターゲット・サブネットへトンネルを作成して、クライアントが接続先のリソー スとポートを決めることができる 2022/10/4
  16. コンピュートのプラットフォーム・イメージとしてWindows Server 2022のイメージ提供開始 • Windows Server 2022 Standard (VM) •

    Windows Server 2022 Standard Core (VM)* • Windows Server 2022 DataCenter (ベアメタル) [Compute] プラットフォーム・イメージとしてWindows Server 2022 の提供開始 Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 16 2022/10/25 イメージの詳細はイメージのリリースノートを参照 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/images/ *Windows Serverの最小インストール オプションであるWindows Server Core のイメージ
  17. NVIDIA A100 TensorコアGPUを搭載したE4ベースの大規模AI向けBM.GPU.GM4シェイプ NVIDIA A100 GPUと、OCIの高スループットで超低レイテンシRDMAクラスタ・ネットワークによって、大規模なAIモデルの トレーニングと推論を高性能に実現 • 大規模な言語モデル(LLM)、ディープ・ラーニング推奨モデル(DLRM)、コンピュータ・ビジョン(CV)のワークロードに対して最 大3倍高いAIトレーニング・パフォーマンス*

    • リアルタイムの会話型AI、製造検査、自律運転など、ワークロードのAI推論パフォーマンスを最大1.25倍向上* • 科学的なHPCアプリケーションでのパフォーマンスを最大1.8倍向上* [Compute] BM.GPU.GM4シェイプ(NVIDIA A100, E4ベース) Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 17 インスタンス GPU GPU Memory OCPU System Memory 内蔵 ストレージ ネットワーク Price GPU per hour BM.GPU4.8 8x NVIDIA A100 320 GB, 40 GB/GPU 2x 32c AMD EPYC Rome 2 TB DDR4 8x 6.8 TB NVMe SSDs 1 x 50 Gbps 8 x 200 Gbps RDMA $3.05 BM.GPU.GM4.8 8x NVIDIA A100 640 GB, 80 GB/GPU 2x 64c AMD EPYC Milan 2 TB DDR4 8x 6.8 TB NVMe SSDs 2 x 50Gbps 16 x 100 Gbps RDMA $4.00 ブログ:NVIDIA A100 80GB Tensor Core GPUで大規模なモデル・トレーニングを加速 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-oracle-and-nvidia-engine-large-model-training *以前の世代のNvidia A100 40GB GPUとの比較 2022/10/27 Tokyo, Osakaリージョンは今後導入予定
  18. NVIDIA A10 TensorコアGPUを搭載したX9ベースのBM.GPU.GU1シェイプ グラフィックスを多用するアプリケーションや中程度の機械学習ワークロードをサポートし、柔軟性を備えた汎用スタンドアロ ンGPUシェイプ • グラフィックス:ビデオ・レンダリング、ビデオ編集、コンピュータ支援設計、フォトリアリスティック・シミュレーション、3Dビジュアライゼーション、 仮想デスクトップ・インフラストラクチャ(VDI)、クラウド・ゲーム • 機械学習:音声アシスタント、チャットボット、ビジュアル検索などの用途向けに、リアルタイムのAI推論パフォーマンスを提供

    [Compute] BM.GPU.GU1シェイプ(NVIDIA A10, X9ベース) Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 18 インスタンス GPU GPU Memory OCPU System Memory 内蔵 ストレージ ネットワーク Price GPU per hour BM.GPU.GU1.4 4x NVIDIA A10 96 GB 2x 32core Intel 8358 2.6Ghz base 3.4Ghz Turbo 1 TB DDR4 2x 3.84TB NVMe 2x50 Gbps $8.00 *VM.GPU.GU1.1 1x NVIDIA A10 24 GB 15 core Intel 8358 2.6Ghz base 3.4Ghz Turbo 240 GB DDR4 24 Gbps $2.00 *VM.GPU.GU1.2 2x NVIDIA A10 48 GB 30 core Intel 8358 2.6Ghz base 3.4Ghz Turbo 480 GB DDR4 48 Gbps $4.00 ブログ:NVIDIA A10 Tensor Core GPUおよびNVIDIA RTX Virtual Workstationsにより、リアルタイムのAI推論とグラフィック集中型のワークロードを加速 Https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-announcing-nvidia-a10-gpu * VMシェイプは今後提供予定 2022/10/27 Tokyo, Osakaリージョンで利用可能
  19. OCI上で動作するMySQL HeatWaveを、Azureからシームレスに使用 Oracle Database Service for Azure(ODSA)でMySQL HeatWaveクラスタを作成できるようになった。 • ODSAはAzureユーザに対してOCI上のデータベースをシームレスに利用できるようにするマネージド・サービス。

    • これまでのAutonomous Database, Exadataデータベース、ベース・データベースに加え、MySQL HeatWaveも利用可能になった。 Oracle Database Service for Azure: MySQL HeatWaveが利用可能 Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 19 2022/11/2 ブログ:MySQL HeatWave is now available with Oracle Database Service for Azure https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/mysql-heatwave-on-azure-with-odsa
  20. 過去に適用したジョブのスタック構成をロールバックすることが可能に [Resource Manager] スタックのロールバックが利用可能に Copyright – © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 20 2022/11/8 「計画ロールバック」と「適用ロールバック」が表示されることで、ロールバックしていることを判断できる
  21. コンソールだけでなくAPI/CLIでも取得できるようになった もともとコンソールだけで確認できたが、API/CLIでを用いてリソースやジョブのアウトプットをリスト表示できるコマンドが追加 oci resource-manager associated-resource-summary list-job-associated-resources oci resource-manager associated-resource-summary list-stack-associated-resources

    oci resource-manager job-output-summary list-job-outputs OCI CLI リソースマネージャ リファレンス https://docs.oracle.com/en-us/iaas/tools/oci-cli/3.20.3/oci_cli_docs/cmdref/resource-manager.html [Resource Manager] リソースやアウトプットをCLIで取得可能に Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 21 2022/11/15
  22. Cloud ShellのデフォルトがOracle JDK 11になった。 [Cloud Shell]Cloud ShellのデフォルトがOracle JDK11に Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates 22 2022/11/16
  23. リリースノート以外のアップデート そのほかのアップデート Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates.

    All rights reserved. 23
  24. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-radically-simple-cloud-infrastructure-ocw22 Oracle Cloud World 2022期間にリリースされたOCIインフラストラクチャに関連する新機能(最近リリース済/今後のリ リース予定含む)に関するBlog 以下4つの観点で新機能がまとまっている。 • Flexible •

    Easy to use • Secure • High performance Blog:極めてシンプルなクラウド・インフラストラクチャ新機能を発表 Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 24
  25. Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights

    reserved. 25 [OCVS] ESXiホストにブロック・ボリュームをアタッチして利用することが可能に •OCI ブロック・ボリュームは低価格で高い冗長性とパフォーマン スを実現したストレージ vSAN、OCI ファイル・ストレージの他にOCI ブロック・ボリューム がOCVS SDDCのストレージとして利用可能に 4ステップで利用開始 ① OCI ブロック・ボリュームを作成 ② OCVSのESXiホストへのアタッチ ③ iSCSI用vmhbaを設定 ④ OCVSクラスタへのVMFSデータストアの追加 ブログ: OCI Block VolumesをOracle Cloud VMware Solutionと統合 https://docs.oracle.com/ja/learn/integrate-oci-block-volumes-ocvs/ https://docs.oracle.com/ja/learn/integrate-oci-block-volumes-ocvs/
  26. https://oracle-japan.github.io/ocidocs/ 各サービスや機能カットの資料などを掲載 OCI活用資料集:日本語技術資料 Copyright – © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. All rights reserved. 26 最近アップデートされた資料 Autonomous Database 技術FAQ December 5, 2022 Oracle Cloud Migrations Service概要 November 9, 2022 ロード・バランサー 詳細 September 26, 2022 ロード・バランサー 概要 September 26, 2022 Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2022/6~2022/8 September 12, 2022 OCI Search Service with OpenSearch 概要 August 23, 2022 OCI IAM Identity Domains - テナント管理者・一般ユーザー の作成方法 August 4, 2022 OCI IAM Identity Domains - MFAやIPアドレス制御を利用 するサインオンポリシー設定手順 August 3, 2022 仮想テスト・アクセス・ポイント(VTAP)概要 July 20, 2022
  27. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-new-feature-highlights よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい方は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。 隔週で新機能をご紹介しています。 Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト

    Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 27
  28. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/column_oci_links Oracle Cloud Infrastructure 主要情報一覧 1 2 Oracleアーキテクチャ・センター https://docs.oracle.com/ja/solutions/ クラウド環境の検討や実装に役立つように設計されたリファレンス・アーキテクチャとソリューショ

    ン・プレイブックのカタログを多数掲載。ダウンロード、カスタマイズ、およびデプロイできるコードま たはスクリプトも含む。解説ブログはこちら。 3 OCIサービスアップデート https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/4サービス・アップデート 毎月公開するOCIのサービス・アップデート情報をスライドで分かり易く説明。各サービスの 詳細なアップデート情報は、各サービスのドキュメントや「OCI活用資料集」をご覧ください。 5 OCIお客様活用事例 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/oracle-cloud-platformpaasiaas OCIを活用したお客様の事例のご紹介。データベースはもちろんのこと、アナリティックス、セ キュリティ、システム管理、コンテンツ管理、ブロックチェーン、チャットボットなど様々なサービスの お客様事例をご紹介します。 OCI活用資料集 https://oracle-japan.github.io/ocidocs/ OCIを使ってみたい! という方のための技術ドキュメント集。 OCIのサービス別技術資料をはじめ、 PPTスライドを中心とした公開ドキュメントや、セミナーで使用した資料をアップロードしています。 6 OCIセミナー情報 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/column_cloud_seminar 今後開催予定のウェビナー(含むハンズオントレーニング)についてご案内します。 ほぼ毎週+ハンズオンを様々なテーマで開催中! チュートリアル: OCI を使ってみよう https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/ OCIを使ってみよう! という人のためのチュートリアル集。各項ごとに画面ショットなどを交えなが らステップ・バイ・ステップで、OCIの機能についてひととおり学習することができます。 7 OCIドキュメント https://docs.cloud.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/home.htm 各サービスの公式マニュアルです。 8 Oracle Code Night https://oracle-code-tokyo-dev.connpass.com/ オラクルのテクノロジーだけに限定しない、Developer(開発者)のDeveloper(開発 者)によるDeveloper(開発者)のための開発者向けコミュニティ Meetup セミナー。 ほぼ毎週 様々なテーマで開催中! 9 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 28 Oracle LiveLabs https://apexapps.oracle.com/pls/apex/dbpm/r/livelabs/home お客さまのクラウド環境ですぐに利用できる、ハンズオン・ワークショップを多数掲載。画面 キャプチャおよび実行コマンドを記載、実環境にて順を追って操作方法を学習することが可能 です。ブラウザの翻訳機能でご利用ください。 4 10 • OCIの主要技術情報一覧です。ご興味にあわせた情報を公開しております。 OCI:サービス別資料一覧 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/column_cloud_material OCIの個別サービス毎の、概要資料、技術資料、チュートリアルへのリンク一覧です。
  29. None
  30. Our mission is to help people see data in new

    ways, discover insights, unlock endless possibilities.