Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Cloud Infrastructure:2022年1月度サービス・アップデート

Oracle Cloud Infrastructure:2022年1月度サービス・アップデート

過去資料はこちら:https://bit.ly/3AUoYWY
2022年1月のOracle Cloud Infrastructure サービス・アップデートです。

140494d272a4d89883a94fdfdb29dea2?s=128

oracle4engineer
PRO

January 25, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Cloud Infrastructure (PaaS & IaaS) 2022年1⽉度サービス・アップデート ⽇本オラクル株式会社 事業戦略統括 事業開発本部

    2022年1⽉13⽇
  2. マニュアル • Oracle Cloud Infrastructure Documentation (英語版︓最新情報はこちらをご覧ください) • Oracle Cloud

    Infrastructure ドキュメント (⽇本語版) アップデートへのリンク • Oracle Cloud Infrastructure 全体 • Autonomous Database ブログ • [英語]Oracle Cloud Infrastructure Blog • [英語]Oracle Database Insider • [⽇本語]オラクルエンジニア通信 • サービス・アップデート(全体概要) • 本資料の過去資料はこちら • OCI新機能ハイライト(機能詳細) 各サービスのアップデートはこちらから確認できます Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 2
  3. 東京リージョン: 追加サービス (12-1⽉) ⼤阪リージョン: 追加サービス (12-1⽉) • なし サービス・アップデート •

    全体 • ストックホルム・リージョン 開設 • ヨハネスブルグ・リージョン 開設 • ソウル・リージョン︓Azure相互接続 • フェニックス・リージョン︓Azure相互接続 • Compute • Standard3 インスタンス(Intelベース) • Network • Network Load Balancer: IPv6サポート サービス・アップデート (続き) • Storage • [Block Volume] Oracle定義ポリシーから完全バックアッ プの削除 • [File Storage] 転送中暗号化の新しいリリース︓Oracle Linux 8およびARMインスタンスのサポート • Database • [ADB-D] Autonomous Exadata VM Cluster • [MySQL] オンライン・ストレージ・リサイズ • GoldenGate • RAC環境への接続をサポート • その他 • [Billing] コンソール上の新しい請求ツール • [Operations Insights] Automatic Workload Repository (AWR) Hub • [Oracle Cloud VMware Solution] ホスト・リプレース 2022年1⽉度 アップデート・サマリー Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 3
  4. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 5
  5. 2022年1⽉現在︓37リージョン提供中、さらに7リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates 6 https://www.oracle.com/cloud/architecture-and-regions.html SYDNEY MELBOURNE Commercial Commercial Planned Government Microsoft Interconnect Azure SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CHILE 2 COLOMBIA デュアル・リージョン︓基本的に全ての国/地域 で2つ以上のリージョンを提供し、お客様の業務 継続要件に対応していく (⽇本の場合は東京-⼤阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ︓2025年までに、すべてのリー ジョンにおいて、100%再⽣可能エネルギーを使 ⽤することを表明 (欧州リージョンは達成済み) JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 SINGAPORE NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN FRANCE 2 SPAIN MARSEILLE New JOHANNESBURG New CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA New ストックホルム/ヨハネスブルグ 開設 ソウル/フェニックス Azure相互接続 New SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL MEXICO (Azure) (Azure)
  6. 2022年1⽉現在︓37リージョン提供中、さらに7リージョン計画 2022年末までの、新たなリージョン開設計画を発表しま した (2021年10⽉14⽇) https://www.oracle.com/jp/news/announcemen t/oci-footprint-jp-20211014/ 1拠点⽬のリージョン開設予定 • ミラノ(イタリア)[済み]、ストックホルム(スウェーデン)[済み]、 マルセイユ(フランス)[済み]、スペイン、シンガポール[済

    み]、ヨハネスブルグ(南アフリカ)[済み]、エルサレム(イスラ エル)[済み] 、メキシコ、コロンビア 2拠点⽬のリージョン開設予定 • アブダビ(アラブ⾸⻑国連邦)[済み]、サウジアラビア、フ ランス、イスラエル、チリ Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 7
  7. Microsoft AzureとOracle Cloud間で、ミッションクリティカル なエンタープライズワークロードを移 ⾏して実⾏ Interoperability Cross-cloud SSO and Interconnect

    • Oracle Cloud Infrastructure • Oracle Autonomous Database • Oracle Exadata • Oracle Applications • Oracle RAC • Oracle Analytics Cloud • And other services… • Azure DevOps • Azure Stream Analytics • Azure Databricks • Azure Kubernetes Service • And other services… Microsoft Azure パートナーシップのポイント 1. 相互接続 2. ID/アクセス統合管理 3. エコシステムの拡⼤ マルチクラウドの推進 クラウド・パートナーシップ 相互接続は以下のリージョンで提供中 [北⽶] ⽶国(東⻄)/トロント [欧州] ロンドン/アムステルダム/フランクフルト [アジア] 東京/ソウル [南⽶]ヴィニェード + Microsoft https://www.oracle.com/jp/cloud/azure-interconnect.html Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 8 New New
  8. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 9
  9. コンソールの新しい「請求とコスト管理」領域で、コンソール上 から商⽤サブスクリプション、使⽤状況、請求書(⽀払いと⽀ 払い履歴を含む)を表⽰および管理できるようになりました。 次の新しいページが追加されました。 • サブスクリプション︓すべてのユニバーサルクレジットモデル・サブス クリプションを⼀覧表⽰し、サービスのリストとそのレート表を提供 します。サブスクリプションの請求書のリストも含まれます。使⽤ 状況で、フィルタリングされたUCMサブスクリプションの使⽤状況 の概要を表⽰します。コミットメント期間または⽇付範囲ごと。グ

    ラフは、時間の経過に伴う使⽤状況データの視覚化を⽰します。 特定のサービスの毎⽇の使⽤状況をドリルダウンして表⽰するこ ともできます • 請求書︓すべての請求書を1つのテーブルに表⽰します。特定 の請求書を選択して⾏レベルの詳細を表⽰するか、請求期間 内の1⽇の使⽤コストを分析します。PCI準拠の⽀払いサービス を使⽤して請求書を⽀払います • ⽀払い履歴︓アカウントで⾏われたすべての⽀払いのリストを表 ⽰します [Billing] コンソール上の新しい請求ツールのリリース Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 10 機能拡張
  10. Infrastructure Service サービス・アップデート詳細 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/categ ory/o4e-OCI新機能ハイライト Copyright © 2022, Oracle and/or

    its affiliates 11
  11. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/12 -1) https://docs.cloud.oracle.com/iaas/releasenotes/ Release Date Services

    2021/12/01 Roving Edge Roving Edge Station 2021/12/03 Block Volume Additional image support for UHP paravirtualized attachments to VM instances 2021/12/06 Data Science Accelerated Data Science v2.5.4 is released 2021/12/07 IAM IAM Database Passwords Without Identity Domains 2021/12/07 GoldenGate GoldenGate is now available in the Singapore and Abu Dhabi 2021/12/07 Database Autonomous Database on dedicated cloud infrastructure: Autonomous Exadata VM Cluster resource introduced 2021/12/07 GoldenGate New release for GoldenGate 2021/12/07 Database Autonomous Database on dedicated cloud infrastructure: encryption key version OCID and key rotation history 2021/12/08 Logging Analytics Logging Analytics: Interactive GeoMap Vizualization to Analyze Location Based Log Data 2021/12/08 Logging Analytics Logging Analytics: View Entity Configuration with Topology Viewer 2021/12/08 Search Support for return clause in queries, wildcards in IP address searches, and filtering instances for details ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 12 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  12. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/12 -2) https://docs.cloud.oracle.com/iaas/releasenotes/ Release Date Services

    2021/12/08 Logging Analytics Logging Analytics: RegEx Parser Builder Experience and Workflow 2021/12/08 Logging Analytics Logging Analytics: New Features and Enhancements 2021/12/09 OKE Support for Kubernetes version 1.21.5 2021/12/09 Big Data New release for Big Data 2021/12/09 Block Volume Full backups removed from Oracle defined backup policies 2021/12/09 Data Science Accelerated Data Science v2.5.5 is released 2021/12/11 Data Labeling Data Labeling November Release 2021/12/13 Data Science Data Science now includes model deployment monitoring 2021/12/14 Logging, Monitoring, Service Connector Hub Create dimensions from OCI Logging data when sending logs as metrics to the OCI Monitoring service 2021/12/14 Operations Insights Automatic Workload Repository (AWR) Hub 2021/12/14 Billing New Billing tools are now available 2021/12/14 API Gateway Integrated with the Oracle Cloud Infrastructure Certificates service 2021/12/15 API Gateway Support for API client validation using mTLS ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 13 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  13. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/12 -3) https://docs.cloud.oracle.com/iaas/releasenotes/ Release Date Services

    2021/12/15 OCVS Host replacement for Oracle Cloud VMware Solution 2021/12/15 MySQL Database MySQL Database Service Online Storage Resize 2021/12/15 API Gateway Support for customizing API gateway trust stores 2021/12/15 Language Language pretrained model enhancements 2021/12/16 Data Catalog New Release for Data Catalog 2021/12/16 Anomaly Detection Anomaly Detection now has multivariate and univariate 2021/12/16 Data Science Computer Vision and TensorFlow conda environments are introduced 2021/12/17 OCI New region in Stockholm, Sweden 2021/12/17 Management Agent New Release for Management Agent 2021/12/21 APM New Release for Application Performance Monitoring 2021/12/21 Data Science Data Exploration, NVIDIA RAPIDS, and Parallel Graph AnalytiX conda environments 2021/12/21 Data Science The JuypterLab Git extension is now included in notebook sessions 2021/12/22 Management Agent New Release for Management Agent 2021/12/24 File Storage New release for File Storage in-transit encryption: Support for Oracle Linux 8 and ARM instances ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 14 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  14. VMインスタンスでUHPボリュームを準仮想化アタッチできるOSイメージが増えた ブロック・ボリュームの Ultra High Performance (UHP、超⾼パフォーマンス) ボリュームをアタッチしてパフォーマンスを最適 化するためには、マルチパスを有効化してボリュームをアタッチする必要がある。 VMインスタンスのマルチパスアタッチではiSCSIと準仮想化が選択可能。 マルチパス対応準仮想化アタッチの際にサポートされるOS(これまではOracle

    Linuxのみだった) • Oracle Linux、UbuntuまたはCentOS、あるいはそれらのイメージに基づくカスタム・イメージ [Block Volume] UHP準仮想化アタッチのイメージのサポート追加 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 15 2021/12/3
  15. ADBのユーザ管理をIAMで集中管理し、DBAの管理⼯数を軽減 IAMデータベース・パスワードとトークンで、Autonomous Databaseのユーザ管理をIAMで集中管理が可能になった。 集中管理することで、セキュリティを向上し、組織のユーザ追加/削除/移動に伴うデータベース管理者のユーザ管理作業 (ユーザのライフサイクル管理)を⼤幅に削減。 ユーザはIAMにデータベース・パスワードを設定し、構成済みのOracle Databaseにログインする際にそのパスワードを使っ て認証を⾏うことが可能 [IAM] Autonomous

    Databaseのパスワードの管理が可能 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 16 IAMのユーザ画⾯でデータベース・パスワードを設定可能 2021/12/7
  16. より簡単に柔軟にリソース検索ができるように 検索(Search)の機能拡張 • クエリのreturn句︓結果表⽰するフィールドを指定したり、追加の属性を表⽰することが可能 • ワイルドカートの使⽤︓IPアドレス検索でワイルドカートが利⽤が可能 • 例︓ • インスタンス情報の表⽰︓インスタンスのみでフィルタして検索すると、コンピュート⼀覧ページのような情報も表⽰

    [Search] クエリ内のreturn句、IPアドレス検索でのワイルドカード、インスタンス詳細 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 17 [0-255].[0-255].[0-255].* [0-255].[0-255].[0-255].0/24 の意味になる と検索すれば、 2021/12/8
  17. https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/servicechanges.htm#servicechanges_topic-BlockVolume Oracle定義ポリシー(gold, silver, blonze)のバックアップタイプが全て増分バックアップになりました。完全バックアップが必 要な場合は、ユーザー定義バックアップポリシーを構成してください。 [Block Volume] Oracle定義ポリシーの完全バックアップが増分バックアップに Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates 18 2021/12/9 • オラクル定義ポリシーから少しだけ 変更したい場合、ポリシーの[複 製]から変更すると、ユーザー定義 ポリシーを0から作る⼿間が省けま す。
  18. コンソール上から商⽤サブスクリプション、使⽤状況、請求書を表⽰および管理可能 コンソールのメニューに「Billing & Cost Management」カテゴリが追加され、請求情報の表⽰が可能に。 • サブスクリプション • すべてのユニバーサルクレジットモデル・サブスクリプションを⼀覧表⽰し、サービスのリストとそのレート表を提供します。サブスクリプションの請求書のリ ストも含まれます。使⽤状況で、フィルタリングされたUCMサブスクリプションの使⽤状況の概要を表⽰します。コミットメント期間または⽇付範囲ごと。

    グラフは、時間の経過に伴う使⽤状況データの視覚化を⽰します。特定のサービスの毎⽇の使⽤状況をドリルダウンして表⽰することもできます。 • 請求書 • すべての請求書を1つのテーブルに表⽰します。特定の請求書を選択して⾏レベルの詳細を表⽰するか、請求期間内の1⽇の使⽤コストを分析しま す。PCI準拠の⽀払いサービスを使⽤して⽀払えます。 • ⽀払履歴 • アカウントで⾏われたすべての⽀払いのリストを表⽰します。 [Billing] コンソール上の新しい請求ツールのリリース Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 19 2021/12/14
  19. Oracle Cloud VMware SDDCのESXiホストに障害が発⽣した場合、障害が発⽣したホストを置き換える⼿順を開始 できるようになりました。 [OCVS] ESXiホスト障害時の置き換えが可能に Copyright © 2022,

    Oracle and/or its affiliates 20 2021/12/15 • ESXiホストのリストから、障害が発⽣したホストの[アクション]メ ニューをクリックし、[ホストの置換]をクリックすることで、⼿順を開始 できます。 • 新しいホストのプロビジョニング後は、障害が発⽣したホストを SDDCから削除し、代替ホストを追加します。このステップは24時 間以内に完了とマークする必要があります。 • 新しいホストは、置換ホストと同じ構成および価格設定間隔で作 成されます。
  20. Oracle Linux8 および Armインスタンスのサポート ファイル・ストレージ・サービスで転送中暗号化(In-transit Encryption)を⾏う際に使⽤する oci-fss-utils パッケージ のバージョン30-0が、次のインスタンスをサポートするようになりました。 ※これまでは

    Oracle Enterprise Linux 7 または CentOS 7バージョンが対象 • Oracle Linux, CentOS 7 x86 • Oracle Linux, CentOS 8 x86 • Oracle Linux, CentOS 7 Arm • Oracle Linux, CentOS 8 Arm ファイル・ストレージの転送中暗号化の新リリース︓ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 21 2021/12/24
  21. Intelプロセッサを搭載した最新シェイプ Stadard3 のリリース • Intelプロセッサ搭載のX9ベースのStandard3シェイプがベアメタル、VMともにリリース • Tokyo、Osakaリージョンでも利⽤可能 • プロセッサ︓Intel Xeon

    Platinum 8358(ベース周波数2.6GHz、最⼤ターボ周波数3.4GHz) • Standard2に⽐べて約60%の性能向上 • 価格 • 他のIntelシェイプとの⽐較 • VM.Standard2.1 = ¥ 7.656 per hour • VM.Standard3.Flex ( 1 OCPU + 15 GB mem ) = ¥ 4.80 + ¥ 2.70 = ¥ 7.50 per hour • VM.Optimized3.Flex ( 1 OCPU + 15 GB mem ) = ¥ 6.48 + ¥ 2.70 = ¥ 9.18 per hour [Compute] IntelシェイプのStandard3のリリース Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 22 シェイプ OCPU メモリー ネットワーク BM.Standard3.64 64 1024 GB 2 x 50 Gbps VM.Standard3.Flex 1 – 32 1-64 GB per OCPU 、Max 512GB 1 Gbps per OCPU 、Max 32 Gbps SKU 価格 メトリック Oracle Cloud Infrastructure - Compute - Standard - X9 ¥4.80 OCPU Per Hour Oracle Cloud Infrastructure - Compute - Standard - X9 - Memory ¥0.18 Gigabyte Per Hour 同じOCPU数、メモリサイズであれば Standard2とほぼ同等の価格設定 2022/1/6
  22. https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/announcing-oracle-clouds-standard3-instances-with-3rd-gen-intel-xeon-ice- lake-processors Standard2ベアメタル・インスタンスと⽐較して、 Standard3ベアメタル・インスタンスは、整数パフォーマンスが最⼤約62%、 浮動⼩数点パフォーマンス約72%、STREAM Triad帯域幅約73%向上。 Standard2とStandard3の性能⽐較 Copyright © 2022,

    Oracle and/or its affiliates 23
  23. プロセッサ⽐較 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 24 シェイプ

    CPU BMインスタンス のOCPU数 VMインスタンス のOCPU数 Standard2 Intel Xeon Platinum 8167M Base 2.0 GHz, max turbo 2.4 GHz 52 1 〜 24 Standard3 Intel Xeon Platinum 8358 Base 2.6 GHz, max turbo 3.4 GHz 64 1 〜 32 Standard.E3 AMD EPYC 7742 Base 2.25 GHz, max boost 3.4 GHz 128 1 〜 64 Standard.E4 AMD EPYC 7J13 Base 2.55 GHz, max boost 3.5 GHz 128 1 〜 64 Standard.A1 Ampere Altra Q80-30 Max 3.0 GHz 160 (シングルスレッド) 1 〜80 Optimized3 Intel Xeon 6354 Base 3.0 GHz, max turbo 3.6 GHz 36 1 〜 18
  24. 【ご参考】 VMインスタンス シェイプ⼀覧 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    25 OCPU Memory (GB) Local NVMe (TB) Network帯域 (Gbps) Price/Hour VM.Standard2 1, 2, 4, 8, 16, 24 15, 30, 60, 120, 240, 320 N/A 1, 2, 4.1, 8.2, 16.4, 24.6 ¥7.656 OCPU Per Hour VM.Standard3.Flex 1 - 32 1 - 512 N/A 1 /OCPU Max 32 [OCPU] ¥4.80 OCPU Per Hour [Memory] ¥0.18 Gigabyte Per Hour VM.Standard.E3.Flex 1 – 64 1 – 1024 N/A 1 /OCPU Max 40 [OCPU] ¥3.00 OCPU Per Hour [Memory] ¥0.18 Gigabyte Per Hour VM.Standard.E4.Flex 1 - 64 1 – 1024 N/A 1 /OCPU Max 40 [OCPU] ¥3.00 OCPU Per Hour [Memory] ¥0.18 Gigabyte Per Hour VM.Standard.A1.Flex 1 - 80 1 – 512 N/A 1 /OCPU Max 40 [OCPU] ¥1.2 OCPU Per Hour [Memory] ¥0.18 Gigabyte Per Hour VM.Optimized3.Flex 1 - 18 1 - 256 N/A 4 /OCPU Max 40 [OCPU] ¥6.48 OCPU Per Hour [Memory] ¥0.18 Gigabyte Per Hour VM.DenseIO.2 8, 16, 24 120, 240, 320 6.4, 12.8, 25.6 8.2, 16.4, 24.6 ¥15.3 OCPU Per Hour GPU OCPU GPU Memory (GB) CPU Memory (GB) Local NVMe (TB) Network 帯域 (Gbps) Price/Hour VM.GPU3 1, 2, 4 6, 12, 24 16, 32, 64 90, 180, 360 N/A 4, 8, 24.6 ¥354.00 GPU Per Hour
  25. 【ご参考】 ベアメタル・インスタンス シェイプ⼀覧 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    26 OCPU Memory (GB) Local NVMe (TB) Network帯域 (Gbps) Price/Hour BM.Standard2 52 768 N/A 2 x 25 ¥7.656 OCPU Per Hour BM.Standard3 64 1024 N/A 2 x 50 [OCPU] ¥4.80 OCPU Per Hour [Memory] ¥0.18 Gigabyte Per Hour BM.Standard.E3 128 2048 N/A 2 x 50 [OCPU] ¥3.00 OCPU Per Hour [Memory] ¥0.18 Gigabyte Per Hour BM.Standard.E4 128 2048 N/A 2 x 50 [OCPU] ¥3.00 OCPU Per Hour [Memory] ¥0.18 Gigabyte Per Hour BM.Standard.A1 160 1024 N/A 2 x 50 [OCPU] ¥1.2 OCPU Per Hour [Memory] ¥0.18 Gigabyte Per Hour BM.Optimized3 36 512 3.84 2 x 50 1 x 100 (RDMA) [OCPU] ¥6.48 OCPU Per Hour [Memory] ¥0.18 Gigabyte Per Hour BM.DenseIO.2 52 768 51.2 2 x 25 ¥15.3 OCPU Per Hour BM.HPC2.36 36 384 6.4 1 x 25 1 x 100 (RDMA) ¥9.00 OCPU Per Hour GPU OCPU GPU Memory (GB) CPU Memory (GB) Local NVMe (TB) Network帯域 (Gbps) Price/Hour BM.GPU3 8 52 128 768 N/A 2 x 25 ¥354.00 GPU Per Hour BM.GPU4 8 64 320 2048 27.2 1 x 50 8 x 200 (RDMA) ¥366.00 GPU Per Hour
  26. リリースノート以外のアップデート そのほかのアップデート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 27

  27. コンピュートのHPC2、GPU2、GPU3が前世代シェイプへ移⾏ • 2022年2⽉28からコンピュートのIntel X7ベースのStandard、HPC2、GPUシェイプが前世代シェイプになる • 引き続きこれらのシェイプは利⽤可能で完全にサポートされるため、既存環境はそのまま利⽤可能。ただしOCIはこれらのHWキャパシ ティを追加する保証がなくなる。また、 2022年3⽉以降にオープンするリージョンではこれらのシェイプは提供されない 代替の新しいシェイプ 2022年2⽉28⽇以降

    Intel X7 シェイプが前世代シェイプに Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 28 *代替オプションには現時点ではGPUのVMシェイプはない SKU Console Names Recommended alternate SKU Console Name Oracle Cloud Infrastructure - Compute - Bare Metal GPU Standard - X7 * BM.GPU2.2 Oracle Cloud Infrastructure - Compute - GPU - E3 ** BM.GPU4.8 Oracle Cloud Infrastructure - Compute - GPU Standard - V2 * BM.GPU3.8 Oracle Cloud Infrastructure - Compute - GPU - E3 ** BM.GPU4.8 Oracle Cloud Infrastructure - Compute - HPC - X7 BM.HPC2.36 Oracle Cloud Infrastructure - Compute - Optimized - X9 BM.Optimized3.36 Oracle Cloud Infrastructure - Compute – Bare Metal Standard - X7 BM.Standard2.52 Primary Oracle Cloud Infrastructure - Compute - Standard - X9 Secondary Oracle Cloud Infrastructure - Compute – Standard – E4 Oracle Cloud Infrastructure - Compute – Standard – A1 BM.Standard3.64 Or BM.Standard.E4.128 BM.Standard.A1.160 Oracle Cloud Infrastructure - Compute – Virtual Machine Standard - X7 VM.Standard2.x Primary Oracle Cloud Infrastructure - Compute - Standard - X9 Secondary Oracle Cloud Infrastructure - Compute – Standard – E4 Oracle Cloud Infrastructure - Compute – Standard – A1 VM.Standard3.Flex Or VM.Standard.E4.Flex VM.Standard.A1.Flex https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/notification-for-sku-transition-of-intel-x7-based-compute-instances
  28. コンピュートのStandard.E3シェイプが前世代シェイプに移⾏ • 2022年3⽉31⽇以降、コンピュートのAMD E3 (Standard.E3) シェイプが前世代シェイプになる • 引き続きこれらのシェイプは利⽤可能で完全にサポートされるため、既存環境はそのまま利⽤可能。ただしOCIはこれら のHWキャパシティを追加する保証がなくなる。また、 2022年4⽉以降にオープンするリージョンではこれらのシェイプは

    提供されない 代替の新しいシェイプ 2022年3⽉31⽇以降 AMD E3 シェイプが前世代シェイプに Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 29 https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/notification-for-sku-transition-of-amd-e3-based-compute-instances SKU Console Names Recommended alternate SKU Console Name Oracle Cloud Infrastructure–Compute–Standard–E3 BM.Standard.E3.128 Primary: Oracle Cloud Infrastructure–Compute–Standard–E4 Secondary: Oracle Cloud Infrastructure–Compute–Standard–A1 or Oracle Cloud Infrastructure–Compute–Standard–X9 BM.Standard.E4.128 or BM.Standard.A1.160 or BM.Standard3.64 Oracle Cloud Infrastructure–Compute–Standard–E3 VM.Standard.E3.Flex Primary: Oracle Cloud Infrastructure–Compute–Standard–E4 Secondary: Oracle Cloud Infrastructure–Compute–Standard–A1 or Oracle Cloud Infrastructure–Compute–Standard–X9 VM.Standard.E4.Flex or VM.Standard.A1.Flex or VM.Standard3.Flex
  29. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-OCI新機能ハイライト よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい⽅は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。 隔週で新機能をご紹介しています。 Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 30
  30. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 31
  31. 32 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates クロスリージョンのクローニング 従来は同⼀リージョン内に閉じた複製のみでしたが、リモートリージョンに作成できるようになりました

    • フル・クローンとメタデータ・クローンが可能(リフレッシャブル・クローンは未対応) • バックアップからの作成は未対応 • OCIコンソールからの作成のみ(現時点で、OCICLIやTeraformからの実⾏は未対応) リージョン跨ぎの移⾏やバックアップ等にも利⽤可能 Tokyo Osaka 機能拡張
  32. 33 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 起動/停⽌のスケジューリング ADBインスタンスの起動/停⽌のスケジュール設定ができるようになりました。

    • インスタンスが使⽤可能の状態で(つまり起動時)スケジュールの表⽰/編集が可能 • 曜⽇別に起動、停⽌の時間を指定 • AlwaysFreeでは未サポート 分析⽬的での利⽤や、開発テスト環境でのコスト削減に寄与 機能拡張
  33. 34 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates プライベートエンドポイントのDatabaseに対するデータベースリンク作成 プライベートIPを保有するOracle

    Database(ADBを含む)に対し、データベースリンクを作成できるようになりました 従来までは踏み台サーバーを介して設定する必要がありましたが、シンプルに構成できるようになりました • 想定利⽤ケース • ソースとターゲットDBが両⽅が同じVCN内にある場合 • ソースとターゲットDBが異なるVCNにある場合 • FastConnectまたはVPNを経由してオンプレミスのDBにアクセスする場合(右下図) • この機能を使⽤するためには、SRで機能の有効化のリクエストが必要です。 ap-tokyo-1 DRG Private お客様 DC DWH Autonomous Database FastConnect ( or VCN) 機能拡張
  34. 35 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates プライベートエンドポイントのDatabaseに対するデータベースリンク作成 ⼿順概要・留意事項

    ① SRにて利⽤申請を起票する ② ターゲット側のリスナーの構成変更(エンドポイントの追加) • SSL(TCPS)認証でTCP/IPを使⽤する必要がある • ポートは1521〜1525の範囲で設定する必要がある ③ ソースDBとターゲットDB間の疎通許可(Ingress / Egressルール)を設定する ④ ソースDB上(ADBインスタンス)にてDBリンクを作成 参考資料 ドキュメント︓Using Oracle Autonomous Database on Shared Exadata Infrastructure Create Database Links from Autonomous Database to Oracle Databases on a Private Endpoint https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-database/adbsa/database-links-oracledb.html#GUID-0D44ED37-2857- 4D8B-AA7B-BC89445D11A4 ブログ︓Creating Database Links from Autonomous Database to Databases with Private Endpoints https://blogs.oracle.com/datawarehousing/post/creating-database-links-from-autonomous-database-to-databases-with-private- endpoints 機能拡張
  35. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 36
  36. Oracle Single Client Access Name(SCAN)に対応 【2021/11/30までの機能】 これまでのDeploymentでは、Oracle Single Client Access

    Name(SCAN) ホストおよびIPがサポートされていなかったため、プライベートIPへの接続はデータベー スノードのIPに対して⾏う必要がありました 【2021/12/1に拡張された機能】 本機能拡張により、データベース接続情報の登録時に、従来のモードを「Direct」、 新たにSCANに対応したモードを「Redirect」として設定が可能になりました。 これによりRAC環境への接続がサポートされました。 ※参考︓オンラインマニュアル – [5 Managing Database Registrations] – [Registering a Database] https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/goldengate-service/using/database- registrations.html#GUID-861CC186-983C-48F6-B024-083C6B4501BF [OCI GoldenGate] RAC 環境 への接続をサポート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 37 機能拡張
  37. 利便性を向上させるための機能追加 パーサー作成時の正規表現記載を⾃動化 • 独⾃フォーマットのログ登録が⾮常に簡単に • サンプルログをコピーペーストし、フィールドの位置と⻑ さを指定した後、その値のタイプを候補のプルダウンか ら選べば有効な正規表現が⾃動指定されます マップによるビジュアル化オプション •

    IPアドレスの等のログの値からジオロケーションの座標、 国、都市、地域のフィールドを⾃動的に追加します • 追加されたジオロケーションフィールドは地図上にビ ジュアライズされて表⽰されインタラクティブな操作が 可能です その他の機能拡張 • ⼆つのログ間でのDiff表⽰/トポロジービューアーにて 監視対象のエンティティ構成やそれらの依存関係を 表⽰/Agentのログアップロード情報の表⽰/対応す る通貨記号の付加 [Logging Analytics] 各種機能拡張 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 38 任意のログを使⽤して正規表現パーサーを簡単に作成 マップ機能によりアクセス元IPアドレスを地図表⽰ 機能拡張
  38. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 39
  39. プレスリリース • ぴあ、チケッティング・ビジネスを⽀える基幹システムのデータベース環境にOracle Cloud Infrastructureを選定 • オラクル、Cernerを買収 • 2022年 年頭所感

    ⽇本オラクル株式会社 取締役 執⾏役 社⻑ 三澤 智光 • ジョルダン、トヨタマップマスター、ミックウェア、⽇本オラクル、全国の移動活性化に向け⽣活・観光の利便性を向上するマルチモーダル・データ基盤構築 で協業 メディア記事 • チケットぴあ、基幹システムのDB環境刷新にあたりOracle Exadata Cloud Serviceを選定 - クラウドWatch • ⽇本オラクルがクラウドインフラへの移⾏を無償で⽀援、「顧客のDXに貢献する」 - クラウドWatch • 「激闘」だった京王百貨店の基幹システム刷新、何が成功を導いたのか - TECH+ • ⽇本オラクル、Oracle CloudにAIサービスとDevOpsサービスを追加 - IT Leaders • DXやるなら、変化なき⽇本型IT投資の構造を変えるべし--⽇本オラクルの三澤社⻑ - ZDNet Japan • 【2022年 新春インタビュー】⽇本オラクル ミッションクリティカルシステムの転換点に - 週刊BCN+ パートナー様発表 • [両備システムズ] Oracle Cloud Infrastructure上でSaaSを提供する事業者向けに LGWAN接続サービスを提供開始 • [クロスキャット] 佐世保中央病院の院内データ分析システムのバージョンアップ・クラウド移⾏を実施 • [TIS] 「Oracle Exadata クラウドマイグレーションサービス」を提供 関連ニュース (1) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 40
  40. • 将来的な事業拡⼤に対応可能な柔軟性の確保とコスト最 適化を⽬的に、オンプレミス更改ではなくクラウド移⾏を選択 • 基幹業務システムをクラウドで運⽤する体制やノウハウを蓄 積し、段階的にクラウド移⾏を進めるため、ハイブリッド・クラウ ド構成を選択 • 本番環境で利⽤するExaC@Cは、⾃社データセンターに配 置しながらも、オラクルがリモートで運⽤管理を⾏うため運⽤

    管理負荷やコストを低減。約20%CPUリソースを削減しなが らも、従来環境と同等以上の性能を実現 • DR環境で利⽤するExaCSは、CPUリソースをいつでも無停 ⽌で拡張することができるため、通常時は最⼩リソースで構 成し、コストを低減しながら、DR環境の維持管理が可能に パーソルキャリア 様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 41 転職サービス「doda」を⽀える基幹業務データ ベースをハイブリッド・クラウド構成へ移⾏ 本番環境はExaC@C、DR環境はExaCSへ * Exadata Cloud@Customer (ExaC@C), Exadata Cloud (ExaCS)
  41. 転職サービス「doda」を⽀える基幹業務データベースをハイブリッド・クラウド構成へ移⾏ システム概要 • 従来、本番環境はオンプレミスExadataで、性能検証環境はExaC@Cで運⽤ • 将来的な事業拡⼤に対応可能な柔軟性の確保とコスト最適化を⽬的に、オン プレミス更改ではなくクラウド移⾏を選択 • 基幹業務システムをクラウドで運⽤する体制やノウハウを蓄積し、段階的にクラ ウド移⾏を進めるため、ハイブリッド・クラウド構成を選択

    導⼊効果 • 本番環境 (ExaC@C) • ハードウェアの性能向上およびSQLチューニングを⾏うことで、約20%CPUリ ソースを削減しながらも、従来環境と同等以上の性能を実現 • ⾃社データセンターに配置しながらも、オラクルがリモートで運⽤管理を⾏うた め運⽤管理負荷やコストを低減 • DR環境 (ExaCS) • CPUリソースをいつでも無停⽌で拡張することができるため、通常時は最⼩リ ソースで構成し、コストを低減しながら、DR環境の維持管理が可能に • 通常時はデータ参照⽤としても有効活⽤ • 開発/検証環境 (ExaCS/DBCS) • Oracle Databaseの多様な機能を、従量課⾦で利⽤可能 • 例えば、テスト機能であるReal Application Testingを本環境で活⽤し、開 発・検証を効率化 顧客事例︓パーソルキャリア様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 42 https://techtekt.persol-career.co.jp/entry/tech/210727_01 システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Exadata Cloud@Customer (ExaC@C) • Exadata Cloud (ExaCS), Database Cloud (DBCS) • OCI Storage, FastConnect 導⼊パートナー • 株式会社アシスト
  42. ブログ記事 • Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト - 2021/12/15 • Oracle

    Cloud Infrastructure: 2021年12⽉度サービス・アップデート • [セミナー資料/動画] Oracle Databaseはクラウドに移⾏するべきか否か 全10ケースをご紹介 • OCI DevOpsサービスの発表︓完全なCI/CD プラットフォーム • [お客様事例] トヨタマップマスター: 地図制作業務におけるデジタル変⾰推進を⽀える基盤をOracle Cloud Infrastructure(OCI)で刷新 • Exadata System Software のアップデート-2021年12⽉ • Exadataファミリーの2021年の1年間の振り返り • Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト - 2022/01/05 • [お客様事例] 京王百貨店: データドリブンな業務変⾰に向けた戦略的情報活⽤基盤に「Oracle Cloud Infrastructure」を導⼊ 関連ニュース (2) “オラクルエンジニア通信”で検索 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 43
  43. Oracle Cloud (PaaS/IaaS)︓セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-seminar 今後の開催予定 • 2022/1/18︓ハンズオンWebinar - Oracle

    Cloud Infrastructureを使ってみよう [ハンズオン] • 2022/1/19︓【まずはここから】はじめてのOracle Cloud Infrastructure • 2022/1/19︓[Oracle Cloud Hangout Cafe] Kubernetes Operator 超⼊⾨ • 2022/1/25︓[アシスト主催] 60分でわかる︓データベースセキュリティ超⼊⾨ • 2022/1/27︓はじめてでもできる、ビジネス情報の活⽤! ⾃分で試すナットクの、データの収集と共有・分析、そしてAI 活⽤へ [ハンズオン] • 2022/1/27︓Oracle Autonomous Database Cloud 2021 Specialist 資格試験ポイント解説セミナー • 2022/1/28︓⼀歩進んだ分析でビジネスにチカラを!! 〜あなたもデータ アナリスト〜 [ハンズオン] • 2022/1/31︓実践Kubernetesハンズオン 〜OKEでKubernetesをバーチャルで体験しよう〜 [ハンズオン] セミナー/イベント予定 “Oracle Cloud イベント”で検索 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 44
  44. Oracle Cloud ウェビナーシリーズ 進化し続ける Oracle Cloud Infrastructure (IaaS & PaaS)

    や Oracle Database をはじめとする、さまざまな製品につい ての最新情報や活⽤事例および技術情報を業務部⾨からIT部⾨のエンジニアの⽅々までの幅広い皆様へ向けてウェビナーを通じ てお届けします。 さまざまなテーマや理解度レベルのコンテンツを取り揃えていますので、ぜひご活⽤ください。 毎週⽔曜⽇の開催となります。 『はじめてのOCI』 『Database関連テーマ』 『DXテーマ』 『時々の旬なテーマ、最新トピック』を中⼼にお伝えしていきます。 Oracle Cloud ウェビナー ハンズオン・トレーニング Oracle Cloudのご紹介とビジネス課題を解決したお 客様事例やその時々のホットなトピックをお届けします クラウドを活⽤したDX化をお客様と⼀緒に取り組む活 動をしており、その取り組みを広く知っていただくために、 お客様のDX促進に役⽴つヒントとなる事例やノウハウ を紹介します Oracle Cloudの使い⽅や活⽤イメージを実際に Oracle Cloudを操作していただきながら具体的にご 紹介します 開催スケジュール oracle.com/goto/ocws-jp 2⽉9⽇(⽔)15:00 - 16:00 「あの企業は実際どうやってるの︖」 顧客実例で語るデータ・ドリブンの実 像とは 詳細/お申込はこちら 近⽇公開予定 DXシリーズ 1⽉28⽇(⾦)15:00 - 17:00 ⼀歩進んだ分析でビジネスにチカラを!! 〜あなたもデータ アナリスト〜 詳細/お申込はこちら 1⽉31⽇(⽉)13:30 - 17:00 実践Kubernetesハンズオン 〜OKEで Kubernetesをバーチャル体験しよう〜 詳細/お申込はこちら 1⽉26⽇(⽔)15:00 - 16:00 サイバーセキュリティの2022年の予測 〜クラウド・セキュリティのトレンドのトッ プ5〜 詳細/お申込はこちら 2⽉16⽇(⽔)15:00 - 16:00 オンプレミスDWHは今すぐ⽌めよう︕ ここまで進化したクラウドDWH 詳細/お申込はこちら
  45. Developer Day 未来を創造する最新テクノロジーを今、あなたの⼿に。 今年もオンラインでオラクルのエキスパートたちが7つのセッションと 2つのハンズオンを通してOracleテクノロジーの最新情報をお届けします︕ u開催⽇時 ︓ 2021年12⽉17⽇(⾦) 13:00 –

    17:45 u参加費 ︓ 無料 *事前登録制 *ハンズオンセッションは別途登録必要 <詳細・お申し込み> developer.oracle.com/jp/developer-days-2021 #oradevday 資料/動画ご覧いただけます
  46. Oracle Cloud サービス概要 • https://www.oracle.com/jp/ Oracle Cloud Free Tier (Always

    Free&無償トライアル) • https://www.oracle.com/cloud/free/ マニュアル • 英語 / ⽇本語 リージョン毎のサービス提供情報 • https://www.oracle.com/cloud/data- regions.html#apac 東京/⼤阪リージョン最新情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-tokyo-osaka サービス・アップデート • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術情報 • 活⽤資料集 / チュートリアル 活⽤事例 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-customer-reference セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-seminar Oracle Cloud Infrastructure: 参考資料 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 47
  47. Oracle Cloudにサインナップいただくと、両⽅が利⽤可能です • https://www.oracle.com/jp/cloud/free/ Oracle Cloud Free Tier: Always Free&無償トライアル

    Always Free 時間制限なく 特定サービスを利⽤可能 Free Trial 30⽇間 300ドル フリー・クレジット + Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 48
  48. None