Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Cloud Infrastructure:2022年9月度サービス・アップデート

Oracle Cloud Infrastructure:2022年9月度サービス・アップデート

過去資料はこちら:https://bit.ly/3IiEb7Y
2022年9月のOracle Cloud Infrastructure サービス・アップデートです。

oracle4engineer
PRO

September 14, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Cloud Infrastructure (PaaS & IaaS) 2022年9⽉度サービス・アップデート ⽇本オラクル株式会社 事業戦略統括 事業開発本部

    2022年9⽉8⽇
  2. マニュアル • Oracle Cloud Infrastructure Documentation (英語版︓最新情報はこちらをご覧ください) • Oracle Cloud

    Infrastructure ドキュメント (⽇本語版) アップデートへのリンク • Oracle Cloud Infrastructure 全体 • Autonomous Database ブログ • [英語]Oracle Cloud Infrastructure Blog • [英語]Oracle Database Insider • [⽇本語]オラクルエンジニア通信 • サービス・アップデート(全体概要) • 本資料の過去資料はこちら • OCI新機能ハイライト(機能詳細) 各サービスのアップデートはこちらから確認できます 2 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  3. 東京/⼤阪リージョン: 追加サービス (8-9⽉) • なし サービス・アップデート • Compute • [Compute]

    保護インスタンスでWindows Defender Credential Guardが利⽤可能に • [Compute] Oracle Linux 9 プラットフォームイメージとし て提供 • Storage • [Block Volume] ブロック・ボリュームの⾃動スケーリング、 動的パフォーマンス・スケーリング • Oracle Cloud VMware Solution • VMware ソフトウェアのインプレース・アップグレードが可能 に サービス・アップデート (続き) • Autonomous Database • Autonomous Data Guard SLA • Oracle Machine Learning for R (OML4R) • MySQL • スタンドアロンDBシステムのシェイプ変更が容易に • Other • [Data Flow] OCIロギングをサポート • [Operations Insights] データ・オブジェクト・エクスプロー ラーの視覚化とSQL検索機能の保存 • [Billing] Oracle Support Rewardsでリワードの償還履 歴が利⽤可能に • [Operations Insights] データベースCPUキャパシティ・プ ランニングの割り当て範囲 • [Cloud Advisor] 組織全体の推奨事項の表⽰ • [Functions] C# (.NET 6.0)のサポート 2022年9⽉度 アップデート・サマリー Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 3
  4. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート 6 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  5. Oracle Linux 9 がプラットフォーム・イメージ(Oracle提供イメージ)として提供開始 [Compute] プラットフォーム・イメージとしてOracle Linux 9 の提供開始 7

    機能拡張 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates [ブログ記事] Oracle Linux 9クラウド対応プラットフォーム・イメージがOCIで利⽤可能に
  6. OCVSテスト利⽤のための1ノードのSDDC環境が利⽤可能に シングル・ホストSDDCによって、低コストにOCVSをデプロイしてテスト利⽤することが可能 • シングル・ホストSDDCで本番ワークロードはサポートされない。また、SLAも定義されていない • HAなどの複数のホストを必要とする機能は動作しない シングル・ホスト SDDC のユースケース例 •

    学習⽤環境、PoCや事前検証、開発、ワークロードの動作確認など • 移⾏検証、VMware HCXやvMotionの検証など 課⾦︓時間課⾦か⽉次課⾦のみ選択可能 • 例)DenseIO.E4の32 OCPU 時間課⾦の場合。最低8時間利⽤ • ¥36.564 x 32 OCPU x 8時間 = ¥9,360 [OCVS] Oracle Cloud VMware Solutionのシングル・ホストSDDC 8 機能拡張 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates [ブログ記事] Oracle Cloud Infrastructureへの移⾏を迅速に追跡
  7. 9 [Block Volume] ブロックボリュームの動的パフォーマンス・スケーリング パフォーマンス・ベースの⾃動チューニングを有効にすることで、デフォルトVPU/GBと最⼤VPU/GBの間でパフォーマンスが ⾃動的に調整される • デフォルトVPU/GBは0、120を選択できない • 最⼤VPU/GBはデフォルトVPU/GBよりも少なくとも10

    VPU/GB⼤きい必要がある ⾃動チューニングを有効化することでパフォーマンスのスケーリングが可能に 機能拡張 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates [ブログ記事] OCI Block Storageの⾃動チューニングによる動的パフォーマンス・スケーリングの発表
  8. Infrastructure Service サービス・アップデート詳細 2022年8⽉ https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/categ ory/o4e-new-feature-highlights 10 Copyright © 2022,

    Oracle and/or its affiliates
  9. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/08 : 1) 11 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release

    Date Services 2022/8/2 OCVS Single host SDDCs now available for Oracle Cloud VMware Solution 2022/8/2 Cloud Shell Cloud Shell now offers Private Access 2022/8/2 MySQL Database MySQL HeatWave: Auto reload of data in HeatWave cluster after MySQL upgrade 2022/8/2 DevOps DevOps Facilitates Service Managed Build Runner Access to Private Resources 2022/8/2 Data Integration New Release for Data Integration (Bug fixes) 2022/8/2 Functions Support for Code Editor 2022/8/2 OKE CSI volume plugin is initial default for clusters running Kubernetes version 1.24 (or later) 2022/8/2 MySQL Database MySQL AutoPilot: Auto Error Recovery from MySQL failure 2022/8/2 Block Volume Block Volume scheduled backup limited to one per volume per day 2022/8/2 OKE Support for Kubernetes version 1.24.1 2022/8/2 Cloud Shell, Developer Tools Code Editor is now available 2022/8/2 Resource Manager Support for Code Editor ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  10. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/08 : 2) 12 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release

    Date Services 2022/8/3 Networking OCI now supports intra-VCN routing 2022/8/3 DevOps Additional features for the DevOps deployment specification file 2022/8/3 Networking OCI now supports using multiple IPv6 prefixes 2022/8/5 Data Science Accelerated Data Science 2.6.3 is released 2022/8/8 Compute Bare metal compute instances: reboot migration on demand and extend maintenance due date 2022/8/9 NoSQL Database Cloud Oracle NoSQL Database Cloud : Migrator updates 2022/8/9 NoSQL Database Cloud Oracle NoSQL Database Cloud : Availability of Child Tables 2022/8/9 Operations Insight Support for OCI Compute 2022/8/9 APM Synthetic Monitoring Enhancements 2022/8/9 Database Management Optimizer Statistics Monitoring in Database Management 2022/8/10 Java Management Java Management 5.0 is Now Available 2022/8/11 Integration Integration 3 2022/8/12 Speech New Languages Supported for Speech ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  11. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/08 : 3) 13 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release

    Date Services 2022/8/12 GoldenGate, Monitoring New metrics added for GoldenGate service 2022/8/15 Search Service with OpenSearch CLI, SDKs, and REST APIs now available for OCI Search Service with OpenSearch 2022/8/16 Block Volume New region pairings available for cross region replication of volumes 2022/8/16 Database Management New Release for Database Management 2022/8/17 Data Flow Data Flow now supports Oracle Cloud Infrastructure Logging 2022/8/17 OKE Support for setting the externalTrafficPolicy parameter and client IP address preservation independently of each other 2022/8/17 OKE Support for explicitly specifying the file system type (ext3, ext4, XFS) for block volumes when provisioning PVCs 2022/8/17 Compute Windows Defender Credential Guard for shielded instances 2022/8/17 Logging Analytics, SCH Logging Analytics as target for Streaming source 2022/8/17 Data Science Introducing Flexible Compute Shapes for Notebook Sessions and Jobs 2022/8/19 Java Management August 2022 Patch Release for Oracle Java SE 2022/8/22 Management Agent Management Agent Enhancement - Install Multiple Agents ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  12. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/08 : 4) 14 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release

    Date Services 2022/8/23 Operations Insight Data Object Explorer Visualizations and Save SQL Search Functionality 2022/8/23 Billing Rewards redemption history now available in Oracle Support Rewards 2022/8/23 Operations Insight Database CPU Capacity Planning Allocation Range 2022/8/23 Cloud Advisor Cloud Advisor: Viewing Recommendations across an Organization 2022/8/23 DevOps File Based Trigger Feature for DevOps Build Run 2022/8/25 MySQL Database MySQL Database Service: Easier to scale up or down 2022/8/26 Functions Support for C# (.NET 6.0) 2022/8/26 Compute Oracle Linux 9 now available as a platform image 2022/8/30 OCVS VMware Software In-Place Upgrade Now Available for Oracle Cloud Infrastructure VMware Solution 2022/8/30 Block Volume Dynamic performance scaling with autotuning for Block Volume service 2022/8/30 Data Integration New Release for Data Integration (Security fixes) 2022/8/30 Database Management Enhanced Integration with Database Management 2022/8/31 Compute Longer notification before preemptible compute instances are deleted ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  13. OCVSテスト利⽤のための1ノードのSDDC環境が利⽤可能に シングル・ホストSDDCによって、低コストにOCVSをデプロイしてテスト利⽤することが可能 • シングル・ホストSDDCで本番ワークロードはサポートされない。また、SLAも定義されていない。 • HAなどの複数のホストを必要とする機能は動作しない。 シングル・ホスト SDDC のユースケース例 •

    学習⽤環境、PoCや事前検証、開発、ワークロードの動作確認など • 移⾏検証、VMware HCXやvMotionの検証など 課⾦︓時間課⾦か⽉次課⾦のみ選択可能 • 例)DenseIO.E4の32 OCPU 時間課⾦の場合。最低8時間利⽤。 • ¥36.564 x 32 OCPU x 8時間 = ¥9,360 [OCVS] Oracle Cloud VMware Solutionのシングル・ホストSDDC 15 2022/8/2 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  14. プライベート・サブネット内のインスタンスにCloud Shellから接続 • OCIコンソールのクラウド・シェル・セッションでプライベート・ネットワークに接続できるようになった。 • トラフィックがパブリック・ネットワークを経由することなく、プライベート・ネットワーク内のリソースにアクセス可能 • ホーム・リージョン内のVCNおよびサブネットのみで使⽤可能。ホーム・リージョン以外のサブネットにアクセスする必要がある場合は、 プライベート・アクセスで使⽤されているサブネットからピアリングを使⽤する必要がある。 •

    ブログ︓プライベート・ネットワーク・アクセスを使⽤してOCI Cloud Shellからプライベート・リソースに安全にアクセス [Cloud Shell] クラウド・シェルのプライベート・アクセス 16 適切な権限を持ったユーザで、 「プライベート・ネットワーク設定」で 対象のVCN、サブネット(、NSG) を選択して接続を作成する。 2022/8/2 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  15. 使い慣れたlook & feelにより、すぐにコーディングを開始することが可能 コード・エディタでは、コンソールとローカル開発環境を切り替えることなく、コードを編集し、サービス・ワークフローとスクリプト を更新できる豊富なコンソール内編集環境を提供 また、コード・エディタを使⽤して、Resource Manager、Functions、および Data Science などの編集も可能

    ブログ︓Oracle Cloud Infrastructureでの開発は、OCI Code Editorで簡単になりました︕ [Code Editor] コード・エディタが利⽤可能に 17 2022/8/2 Java、Python、Docker(Dockerfile)、JSON、 YAML、Terraform などの 15 の⼀般的な⾔語で の構⽂の強調表⽰、コードの提案、カッコ合わせ、 静的解析、コードナビゲーションなどのインテリジェン トなコード編集機能を提供 Git と連携し、リポジトリのclone作成、コードの探索、 ファイルに加えられた変更の表⽰、リポジトリへの変 更のpushバックなど、Code Editorから直接コードの バージョン管理や変更を⾏うことも可能 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  16. コード・エディタを使⽤して、リソース・マネージャのスタックおよびジョブに関連付けられたTerraform構成を編集可能に。 コード・エディタ上で変更を⾏い、スタックへ変更をアップロードしたり、同時に計画アクション/適⽤アクションの実⾏も可能。 [Resource Manager] リソース・マネージャでコード・エディタをサポート 18 2022/8/2 Copyright © 2022,

    Oracle and/or its affiliates
  17. ブロック・ボリュームのバックアップポリシーは1⽇1回のみ⾏われる。 特定の⽇に複数のバックアップのスケジュールがされている場合、以下の優先度で1つのみ実⾏される。 1. 年次 2. ⽉次 3. 週次 4. ⽇次

    19 [Block Volume] スケジュールバックアップは1⽇1回のみ実⾏ 2022/8/2 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  18. ファイアウォールなどを経由させたルーティングが容易に可能 [Network] イントラVCNルーティング・GWイングレスルーティングがサポート 20 2022/8/3 ユースケースとして下記が挙げられる 1. VCN内でファイアウォールを経由させた通信が可能 2. IGW,

    NATGW, SGWにルートテーブルをアタッチし、ファイアウォールを経由させた通信が可能 3. OCVSでゲートウェイ使⽤時にNSXでNATをする必要がなくなった Web-Tier Subnet Route Table Destination Target 10.1.2.0/24 APP-Tier Subnet 10.1.1.99 FW Private IP App-Tier Subnet Route Table Destination Target 10.1.1.0/24 Web-Tier Subnet 10.1.1.99 FW Private IP z Application VCN(10.1.0.0/16) Web-Tier Subnet (10.1.1.0/24) Web- Tier LB / Instance App-Tier Subnet (10.1.2.0/24) App- Tier LB / Instance Firewall Subnet (10.1.0.0/24) Private IP: 10.1.1.99 Application VCN(10.1.0.0/16) Private IP: 10.1.1.99 Firewall Subnet (10.1.0.0/24) Private IP: 10.1.1.100 Public IP: x.x.x.x Web-Tier Subnet (10.1.1.0/24) Load Balancer / Instance Internet IGW Ingress Table Destination Target 10.1.1.0/24 (Web-Tier Subnet) 10.1.1.99 (FW Private IP) FW Subnet Route Table Destination Target 0.0.0.0/0 IGW Web-Tier Subnet Route Table Destination Target 0.0.0.0/0 10.1.1.99 (FW Private IP) IGW Public IPで アクセス 参考ドキュメント:https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/oci-intra-vcn-routing-and-vcn-gateway-ingress-routing-enhancements Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  19. オラクル割り当て、 BYOIP IPv6 、ULAからprefixを割り当て可能 [Network] 複数のIPv6 prefixをVCNまたはサブネットに割り当て可能に 21 2022/8/3 VCNに最⼤5つのprefixを含めることができ、

    次の3つの種類からprefixを割り当てることが可能 1. GUA(グローバル ユニキャスト アドレス) /56 ・・・オラクルが割り当てたprefix 2. GUA /64(最⼩) ・・・ユーザーが持ち込んだBYOIP IPv6 prefix 3. ULA(ユニークローカルユニキャストアドレス) /64(最⼩) ・・・(ULA≒プライベートIPアドレス)のprefix 参考ドキュメント:https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/ipv6-ula-multiple-prefix Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  20. • メンテナンス期⽇よりも前にユーザ側で任意のタイミングでインスタンスを再起動移⾏(Reboot Migration)すること で、強制的な再起動を回避することが可能に。 • BMインスタンスの場合、これまでは事前に⼿動移⾏することで強制的な再起動を回避する必要があった。 • 計画されているBMインスタンスの再起動移⾏を指定した⽇時へ変更することが可能。 • 最⼤の延⻑可能な⽇時はOracle側で定める

    • Standardシェイプでサポート • コンソール、APIの操作⼿順はドキュメントを参照 [Compute] BMインスタンス︓オンデマンドの再起動移⾏と再起動移⾏の延期が可能に 22 2022/8/8 参考ドキュメント︓ https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Compute/Tasks/movinganinstance.htm#extend- maintenance-due-date Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  21. 23 2022/8/16 [Block Volume] クロスリージョン・レプリケーションの新しいリージョンペア クロスリージョン・レプリケーションのターゲットリージョンが拡張された。 東京、⼤阪のターゲットリージョンは以下の通り。 • 東京リージョン →

    シドニー、⼤阪、シンガポール、ソウル、春川 • ⼤阪リージョン → 東京、ソウル、サンノゼ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  22. • Windows Defender Credential Guardは仮想化ベースのセキュリティを使⽤してシークレットを分離し、 権限のあるシステム・ソフトウェアのみがアクセスできるようにする機能。 • 「Windows Server 2016」、「Windows

    Server 2019」イメージのシールド・インスタンスでサポート。 • Windows Defender Credential Guardを有効化する⼿順︓ https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Compute/References/shielded- instances.htm#credential-guard [Compute] 保護インスタンスでWindows Defender Credential Guardを有効化 24 2022/8/17 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  23. 組織管理で管理されている⼦テナンシー全体にまたがった最適化に有⽤ 組織管理の親テナンシーの Cloud Advisor で、組織内の親テナンシー・レベルと⼦テナンシー・レベルの両⽅で推奨事 項を表⽰できるようになった。 [Cloud Advisor] 組織全体の推奨事項の表⽰ 25

    2022/8/17 フィルタで表⽰対象の テナンシを選択 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  24. Oracle Linux 9 がプラットフォーム・イメージ(Oracle提供イメージ)として提供開始。 [Compute] プラットフォーム・イメージとしてOracle Linux 9 の提供開始 26

    2022/8/26 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  25. Oracle Cloud VMware Solutionの バージョン 6.5, 6.7 から 7.0 へのアップグレードが可能

    OCVSでは現在vSphere 6.5, 6.7, 7.0を選択してプロビジョニングが可能。6.5, 6.7は2022/10/15でGeneral Support が終了予定。VMwareソフトウェアライフサイクル詳細はVMwareのサイトを参照のこと。 • VMwareのソフトウェアのライフサイクル • VMware Blog OCVS ソフトウェアのアップグレード・ワークフロー • SDDC および ESXi ホスト・ソフトウェアを 6.x から 7.x にアップグレードするためのステップバイステップのワークフロー。アップグレードされ た新しい SDDC とホストの作成の⾃動化 + 必要となる⼿動作業⼿順の提⽰。 • 新しいvSphere 7.0 SDDCとESXiホストがプロビジョニングされ、VMware HCXを介してワークロードが新しいSDDCに移⾏される アップグレードの注意点 • アップグレード・ワークフロー中、プロビジョニングと移⾏には2つの追加のVLANが必要。 • アップグレード中は新ホストは時間課⾦での課⾦が発⽣。 • アップグレードが完了したら旧ホストを削除すると、旧ホストの課⾦間隔を引き継ぐことができる。 [OCVS] VMware ソフトウェアのアップグレード 27 2022/8/30 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  26. 28 2022/8/30 [Block Volume] ブロックボリュームの動的パフォーマンス・スケーリング パフォーマンス・ベースの⾃動チューニングを有効にすることで、デフォルトVPU/GBと最⼤VPU/GBの間でパフォーマンスが ⾃動的に調整される。 • デフォルトVPU/GBは0、120を選択できない。 •

    最⼤VPU/GBはデフォルトVPU/GBよりも少なくとも10 VPU/GB⼤きい必要がある。 ⾃動チューニングを有効化することでパフォーマンスのスケーリングが可能に 参考ブログ︓https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-ann-dynamic-performance-scaling Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  27. イベント・サービスでプリエンプティブル・インスタンスの終了が始まる2分前に通知を受信可能に • プリエンプティブル・インスタンスはインスタンスの終了が始まる 2 分前にイベントを発⾏するようになった。 • このリリースで、30秒から2分に • イベント名︓instancepreemptionaction •

    イベント通知の作成⽅法︓ドキュメント ※プリンプティブル・インスタンスとはコンピュート容量が他の場所で必要な場合、OCIが短期間で削除できる為、オンデマン ド・インスタンスに⽐べ、50%割引で使えるインスタンス [Compute] プリエンプティブル・インスタンス削除前の通知時間が延⻑ 29 2022/8/31 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  28. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-new-feature-highlights よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい⽅は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。 隔週で新機能をご紹介しています。 Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 30
  29. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート 31 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  30. オプトインによる監視とサポート Diagnostic Events • Oracle Database、Data Guard Association、 Guest VM、DB

    Systemなどのリソースのステータス の更新を通知 Health Monitoring • Oracle Databaseの開始/停⽌、ディスクの使⽤量、 CPU使⽤率など、ヘルス・メトリックやイベントの情報 収集が可能 • クラウド・オペレーターがゲストVMの健全性を参照可 能 Incident Logs and Trace Files • オラクルサポートにゲストVMからログとトレースファイル を収集する権限を付与し、SRを起票する際のお客 様の負担を軽減 [BaseDB/ExaDB-D/ExaDB-C@C共通] Diagnostic Events, Health Monitoring, Incident Logs and Trace Files サービス名 Diagnostic Events Health Monitoring Incident Logs and Trace Files Base Database Service 利⽤可 - 利⽤可 Exadata Database Service on Dedicated Infrastructure 利⽤可 利⽤可 利⽤可 Exadata Database Service on Cloud@Customer 利⽤可 - - Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 32
  31. [BaseDB] Diagnostics Collection を無効→有効へ更新 Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates 33
  32. • 従来から利⽤できたタグに加えて、OCIの標準タグ(Standard Tag)が使えるようになりました • リソースにタグを付けることで、リソースをグループ化し、コストを管理し、リソースがどのように使⽤されているかを把握可 能に • オラクルは、リソースのタグ付けのベスト・プラクティスに沿った事前定義済タグのセットを提供 • Standard

    Tag 利⽤時はルートコンパートメントでimportが必要、その後リソース作成時に利⽤可能になる [ExaDB-C@C] Oracle Standard Tagging for Resources on Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 34
  33. Autonomous Database サービス・アップデート詳細 2022年8⽉ https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autono mous-database/adbsn/ 35 Copyright © 2022,

    Oracle and/or its affiliates
  34. Documentation Addition: Updated Python Connection Information ドキュメントの追加︓Pythonを利⽤した接続 PythonアプリケーションからのAutonmous Databaseへの接続についての記載が、他の⾔語とは別の項⽬として追加さ れ、詳細になりわかりやすくなりました。

    2022/8 Documentation: Connect Python Applications to Autonomous Database 36 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  35. Autonomous Data Guard SLA Autonomous Data Guard利⽤時のSLA Autonmous Data Guardを有効にしたAutonomous

    DatabaseのSLAは99.995%となりました • SLA99.995% = 1カ⽉あたり約2.19分未満のダウンタイム • NRX = No Ridiculous Exclusions(除外なし)):ハードウェア障害などの計画外のダウンタイムだけでなく、メンテナンス タスクなどの計画的なダウンタイムをも含む 2022/8 Documentation:Availability Service Level Agreement for Oracle Autonomous Database when deployed with Autonomous Data Guard 37 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  36. Oracle Machine Learning for R (OML4R) Oracle Machine Learning for

    R(OML4R)のサポート Oracle DatabaseでRを利⽤できるOML4Rがサポートされました。OML4Rを利⽤することで、データ移動の必要なく Autonomous Databaseの⾼性能を活かしたデータの準備、探索、モデリングなどを実⾏することができます。 • OML NotebookのRインタープリターから使⽤します 2022/8 Documentation: About Oracle Machine Learning for R ボックスプロットとヒストグラムのグラフィックス関数のノートブック例 38 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  37. Synchronization with Data Catalog Enhancements Data Catalogとの同期機能の強化 Data Catalogとの同期実⾏のログを参照できるビューDBMS_DCAT$SYNC_LOGが提供され、簡単にログを確認できるよう になりました。

    2022/8 Documentation: DBMS_DCAT SYNC_LOG View SQL> desc DBMS_DCAT$SYNC_LOG Name Null? Type ----------------------------------- -------- ------------------------ LOG_TIMESTAMP TIMESTAMP(6) -- タイムスタンプ LOG_LEVEL VARCHAR2(32) --ログの レベル(OFF、FATAL、ERROR、WARN、INFO、DEBUG、TRACE、ALL) LOG_DETAILS VARCHAR2(32767) -- ログメッセージ SQL> select * from DBMS_DCAT$SYNC_LOG; LOG_TIMESTAMP LOG_LEVEL --------------------------------------------------------------------------- -------------------------------- LOG_DETAILS --------------------------------------------------------------------------------------------------- 30-AUG-22 01.59.20.959625 AM INFO full sync 30-AUG-22 02.00.29.168449 AM INFO Executing get_entity for entity [f017d0f1-8feb-4c71-82db-f1fb33e89434] name [] asset: [b294f281-c384-44b0-a4d9-ff0a7a9b6cac] 30-AUG-22 02.00.30.560067 AM INFO Entity sales is not active, skip getting info. 30-AUG-22 02.00.30.561191 AM ERROR Error updating entity [f017d0f1-8feb-4c71-82db-f1fb33e89434,sales]:ORA-20011: null entity name 39 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  38. Regional average availability data metircs for ADB-S リージョン別の平均可⽤性メトリック ⽇次更新でリージョン別の平均可⽤性メトリックを表⽰するホームページが公開されました。 https://www.oracle.com/database/technologies/datawarehouse-bigdata/adb-availability-metrics.html

    2022/8 Documentation:Monitor Regional Availability of Autonomous Databases 40 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  39. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート 41 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  40. OCI Monitoringサービスを使⽤したOCI GoldenGateの監視について新たに監視メトリックが追加されました。 これまではOCPU使⽤率、メモリ使⽤率などデプロイメント関連のメトリックしか監視できませんでしたが、 今回の追加によりレプリケーション関連のメトリックも監視できるようになりました。 下記を始めとする新しく追加されたメトリックを使⽤し、 アラートを設定することでOCI GoldenGateの 監視がし易くなりました。 •

    ExtractLag • ReplicatLag • SwapSpaceUsage • FileSystemUsage メトリックの詳細に関してはマニュアルをご確認ください。 https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/goldengate-service/using/goldengate-metrics1.html#GUID- A817FFAC-9161-47F1-89DA-3ECBF49C7220 [OCI GoldenGate] 監視メトリックの追加 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 42
  41. Observability and Management サービス・アップデート詳細 2022年8⽉ 43 https://docs.oracle.com/en- us/iaas/releasenotes/ Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates
  42. ComputeのデフォルトイメージでCPU、メモリ監視が可能に 新機能 • OCI Computeのデフォルトオラクル提供VMイメージ にてOperation InsightのCPU、メモリ監視が可能に • VMイメージにデフォルトで組みこまれている「管理エージェ ント」をOnにするだけで監視開始

    • 容量計画 → ホストにてこれまでのリソース消費状況 をじれ系列で監視、将来のリソース負荷予想も実施 メリット • コンピュート・リソースの適切な割り当て • 「容量計画」メニューからこれまでの各コンピュート環境の CPUやメモリ消費記録が確認可能。機械学習による将 来の消費予測を⾏い適切なリソース配分に活⽤ • データ蓄積は25ヶ⽉ • 過去の稼働状況の⼗分なデータを元にした精度の⾼い 将来予測 O&M Operations InsightでComputeをサポート 44 コンピュートのクラウドエージェント管理画⾯ にて「管理エージェント」をOnにするだけ 蓄積されたデータから、任意のコンピュートがどのような CPU,メモリ消費を⾏うか機械学習で予想、アドバイス Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  43. Database Management内にてオプティマイザ統計が利⽤可能になりました Database Managementにて管理対象下のデータベー スにて統計の分析情報が取得可能になりました • ⾃動実⾏されている統計タスク参照 • ⼿動実⾏した統計タスク参照 •

    収集したオプティマイザ統計情報の詳細表⽰ • 上記結果に対するアドバイザ アドバイザの推奨事項はアドバイザ詳細画⾯から直接実 ⾏可能 • 実際のSQL⽂も確認できます Observability and Management Database Managementの機能拡張 45 オプティマイザ統計画⾯ 実施されている統計タスクの実施結果を確認 各統計タスクの詳細確認画⾯ ここから推奨事項の実⾏も可能 Database Management → フリートか ら各管理データベース詳細へ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  44. 合成モニタリング (Synthetic Monitoring、特定URLのレスポンス監視)の実⾏オプションの追加 複数の監視ポイントからの実⾏オプション • 複数のバンテージポイントからのHTTPリクエスト発信 を、ラウンドロビン、バッチラウンドロビンで実施すること が可能でした • ラウンドロビン:

    複数ポイントを順番に利⽤します • バッチラウンドロビン: 実⾏の間隔とサブ間隔を指定します。 ⼀回の実⾏間隔の中で起動されるサブ間隔の回数でバ ンテージポイントをグループ分けして、各グループを平⾏実 ⾏します モニターの即時実⾏ • 設定したモニターを定時実⾏だけではなく、即時実⾏ させることも可能になりました Observability and Management Application Performance Monitoring の機能拡張 46 バッチラウンドロビン: この例だと1サイクル10 分で4分間隔の監視を実⾏ = 2回 監視が ⾏われます。8カ所のバンテージポイントを4 ずつ、2グループに分けてバッチ実⾏します 作成したモニターの 即時実⾏ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  45. Cloud Native & Data Management サービス・アップデート詳細 2022年8⽉ 47 Oracle Container

    Engine for Kubernetes (OKE) DevOps NoSQL Database Cloud Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  46. OKE v1.24からCSIプラグインがデフォルト • OKE v1.23まではFlexVolumeプラグイン(“oci”)がデフォルトだったが、OKE v1.24からCSIプラグイン(“oci-bv”)がデフォ ルト • v1.23以下、およびv1.24にバージョンアップされたOKEクラスタについてはFlexVolumeプラグインがデフォルトのまま(本 アップデートによる影響はなし)

    • CSIプラグインではBlock Volumeの容量拡張やパフォーマンスの設定をManifestを利⽤してシームレスに設定可能な ため、今後はCSIプラグインの利⽤を推奨 [OKE] ストレージプラグインのデフォルトがFlexVolume => CSIに [opc@oci ~]$ kubectl get storageclass NAME PROVISIONER RECLAIMPOLICY VOLUMEBINDINGMODE ALLOWVOLUMEEXPANSION AGE oci oracle.com/oci Delete Immediate false 1d oci-bv (default) blockvolume.csi.oraclecloud.com Delete WaitForFirstConsumer true 1d Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 48
  47. OKE v1.24をサポート • v1.24のサポートに伴い、v1.21.5は2022/9/13で⾮サポート • 今後はv1.22/v1.23/v1.24をサポート • OKEv1.21.5以下のバージョンをお使いの場合はバージョンアップを推奨 [OKE] Kubernetes

    v1.24のサポート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 49
  48. OCI NLBでクライアントIPの保持をサポート • 以下の2つの設定値を利⽤してクライアントIPを保持(Proxy Protocolのサポート) • .spec.externalTrafficPolicy: Local • Cluster(デフォルト)の場合はIPは保持されない

    • この設定値の場合はルーティング先のWorker Nodeに対象Pod(コン テナ)が存在していることが必須 • 各種AffinityやNLBのバックエンドセットに含めるWorker Nodeを絞 ることで対応(ドキュメント参照) • .metadata.annotations.oci-network-load- balancer.oraclecloud.com/is-preserve-source: “true”(デ フォルト) • “false”の場合は保持されない • .spec.externalTrafficPolicy: Clusterに設定されている場合、このア ノテーションを指定するとOCI NLBの作成時にエラー • クライアントIPをPod側でログ出⼒したり、アクセス元を絞るな どのユースケース利⽤可能 [OKE] OCI NLBでのクライアントIPの保持 https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/ContEng/Tasks/contengcreatingloadbalancer.htm#contengcreatingnetworkloadbalancer_topic-Preserve_source_destination https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/ContEng/Tasks/contengcreatingloadbalancer.htm#contengcreatingnetworkloadbalancer_topic_Preserving_client_IP 関連ドキュメント https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/ContEng/Tasks/contengcreatingloadbalancer.htm#contengcreatingloadbalancer_topic-Selecting_worker_nodes_to_include_in_backend_sets Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 50
  49. StorageClassでファイルシステムタイプをサポート • CSIプラグイン(“oci-bv”)を利⽤してBlock Volumeを 作成する際にStorageClassでファイルシステムタイプを 指定可能 • 指定可能なファイルシステムタイプは以下 • ext4(デフォルト)

    => StorageClassの作成は不要 • ext3 • XFS =>複数の読取り/書込みスレッドと⼤きいファイルがあ るアプリケーションに適する • 右のManifest例はext3をファイルシステムタイプとして 利⽤する場合 関連ドキュメント https://docs.oracle.com/ja- jp/iaas/Content/ContEng/Tasks/contengcreatingpersistentvolumeclaim.htm#c ontengcreatingpersistentvolumeclaim_topic-Provisioning_PVCs_on_BV- PV_File-storage-types [OKE] ブロックボリュームのファイルシステムタイプのサポート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 51
  50. [DevOps] VCNからプライベート・エンドポイントを利⽤して、外部接続先のプライベー トリポジトリとのアクセスが可能 OCI DevOpsのビルド・パイプラインにおいて、VCNからプライベート・エンドポイントを利⽤して、外部接続からセルフホス ティングしているBitbucket、GitLabのリポジトリに接続可能。 FastConnectまたはその他のIPSec VPNピアリング・ソリューションを使⽤して、OCI DevOpsビルド・ランナーからオンプレミ ス・コード・リポジトリにアクセスするための接続を作成することも可能。

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 52
  51. [DevOps] デプロイメント構成ファイルに新パラメータの追加 追加内容 パラメータ 説明 Vault variables env: vaultVariables Vaultから取得したシークレットの値をデプロイメント仕様ファイル内のすべてのステップで環

    境変数として利⽤可能。 Multiline command steps: command 単⼀⾏コマンドと複数⾏コマンドの両⽅がサポート。 On failure support steps: onFailure デプロイ ステージを正常に終了するために、失敗時に実⾏する必要があるステップのリスト を指定可能。 Shell override at step level steps: shell デプロイメント構成ファイルのグローバルレベルでシェルを利⽤可能。また、この機能強化によ り、「ステップ」レベルで値の上書きが可能。 デプロイメント構成ファイル︓コンピュートにデプロイする際に定義するファイル Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 53
  52. NoSQL Database のテーブルを、親/⼦の階層に分けて整理 • RDBMSの親テーブル/⼦テーブルと似た、テーブル階層の機能をリリース • LEFT OUTER JOINが可能になり、より柔軟にデータモデルの設計が可能 •

    テーブル同⼠のデータ結合のためにアプリケーションで操作を⾏う必要がなく、NoSQLデータベース上で完結 • 親テーブル/⼦テーブルはそれぞれ独⽴してクエリ/APIの実⾏が可能 [NoSQL Database Cloud] ⼦テーブル(⼦表)機能のリリース Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 54
  53. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート 55 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  54. プレスリリース • マルチクラウド展開にまつわる既成概念を覆す • アルペン、Oracle Autonomous Data Warehouseでデータ・ドリブン経営基盤を実現 メディア記事 •

    マイクロサービスのための新製品「Oracle Transaction Manager for Microservices」を徹底解説 - CodeZine パートナー様発表 • [アシスト様] パルシステム⽣活協同組合連合会︓毎⽇2,500名が利⽤する「配送⽀援アプリ」のインフラをクラウド化。Oracle Cloud採⽤の決め⼿はコストとアシストの⽀援・サポート︕ • [CTC様] ファンケル︓マーケティング活動を⽀える分析基盤をOracle Cloud Infrastructureで刷新、システム停⽌1⽇未満の短期 移⾏や性能向上を実現 関連ニュース Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 56
  55. Oracle Autonomous Data Warehouseでデータ・ドリブン経営基盤を実現 システム概要 • 情報系システムの内製化のため、クラウド・サービスを積極的に活⽤ し、最適なサービスを組み合わせたマルチクラウド環境でシステムのコ スト最適化 •

    情報系システムの中核を担う統合データ基盤として導⼊され、900 万⼈の会員データを含む約400店舗およびECサイトの販売データの 集約、⾼速処理を実現 導⼊効果 • マルチクラウド接続環境で稼働する内製アプリケーションとAPI連携し、 販売システムからの全データを集約、整理し、統合的なデータ分析・ 利活⽤を推進 • これまでのオンプレミス環境と⽐較して、3倍の処理速度を実現。⼤ 量データ処理を夜間のみで実⾏し、⾃動スケーリングでリソースが⾃ 動的に縮退することで、システム運⽤に掛かるコストを10分の1まで削 減できる⾒込み • オンプレミスで稼働するレガシー・システムの全廃に向け、オンプレミス 環境にある基幹システムのADWへのデータ移⾏も進めており、2023 年末の完了を予定 利⽤サービス • Autonomous Data Warehouse 顧客事例︓アルペン様 https://www.oracle.com/jp/news/announcement/alpen-data-driven-business-autonomous-data-warehouse-2022-08-29/ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 57
  56. Oracle Cloud (PaaS/IaaS)︓セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-seminar 今後の開催予定 • 2022/9/14︓産官学連携による富良野市のスマートシティ戦略とは • 2022/9/14︓[BlockchainGIG]

    NFTのユースケースとHyperledger Fabricでの実装 • 2022/9/20︓ハンズオンWebinar - Oracle Cloud Infrastructureを使ってみよう [ハンズオン] • 2022/9/21︓⼀⽬瞭然︕Microsoft Azureから使える、新しいOracle DatabaseのPaaSサービスを使ってみよう︕ • 2022/9/27︓はじめてでもできる、ビジネス情報の活⽤! ⾃分で試すナットクの、データの収集と共有・分析、そしてAI活⽤へ [ハン ズオン] • 2022/9/28︓クラウドのセキュリティ事故原因は99%が設定ミス︖︕⼤⼿ゼネコンも導⼊するマルチクラウド時代のクラウドセキュリ ティ統合監視の重要性 • 2022/9/29︓[Oracle Database Technology Night] Autonomous Databaseのパフォーマンスのメリットと注意点 • 2022/10/5︓[Oracle Cloud Hangout Cafe6] GraalVM 最新事情 セミナー/イベント予定 “Oracle Cloud セミナー”で検索 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 58
  57. Oracle Cloud ウェビナーシリーズ 進化し続ける Oracle Cloud Infrastructure (IaaS & PaaS)

    や Oracle Database をはじめとする、さまざまな製品につい ての最新情報や活⽤事例および技術情報を業務部⾨からIT部⾨のエンジニアの⽅々までの幅広い皆様へ向けてウェビナーを通じ てお届けします。 さまざまなテーマや理解度レベルのコンテンツを取り揃えていますので、ぜひご活⽤ください。 毎週⽔曜⽇の開催となります。 『はじめてのOCI』 『Database関連テーマ』 『DXテーマ』 『時々の旬なテーマ、最新トピック』を中⼼にお伝えしていきます。 Oracle Cloud ウェビナー ハンズオン・トレーニング Oracle Cloudのご紹介とビジネス課題を解決したお 客様事例やその時々のホットなトピックをお届けします クラウドを活⽤したDX化をお客様と⼀緒に取り組む活動をしており、その 取り組みを広く知っていただくために、お客様のDX促進に役⽴つヒントとな る事例やノウハウを紹介します Oracle Cloudの使い⽅や活⽤イメージを実際に Oracle Cloudを操作していただきながら具体的にご 紹介します 開催スケジュール oracle.com/goto/ocws-jp DXシリーズ 2022年8⽉26⽇ (⾦) 15:00 - 17:00 ⼀歩進んだ分析でビジネスにチカラを!! 〜 あなたもデータ アナリスト〜 詳細/お申込はこちら 2022年8⽉30⽇ (⽕) 13:30 - 17:00 実践Kubernetesハンズオン 〜OKEで Kubernetesをバーチャル体験しよう〜 詳細/お申込はこちら 8⽉31⽇(⽔)15:00 - 16:00 【Sky × Oracle 特別ウェビナー開催】 新サービス"SKYDIV Desktop Client Remote Access Services"をOCIで実現 詳細/お申込はこちら 9⽉7⽇(⽔)15:00 - 16:00 【まずはここから】はじめてのOracle Cloud Infrastructure 詳細/お申込はこちら 9⽉14⽇(⽔)15:00 - 16:00 産官学連携による富良野市のスマー トシティ戦略とは 詳細/お申込はこちら
  58. Monthly DX オンラインセミナー 富良野市のスマートシティ 〜産官学連携による富良野市のスマートシティ戦略とは〜 2022 9.14 15:00-16:00 申し込みURL https://go.oracle.com/LP=129471

    ⽇本オラクル 公共営業本部 第⼆営業部 デジタルガバメント推進室 担当マネージャー 留岡 翼 ⽇本オラクル ソーシャルデザイン推進本部 ブランドマネージャー ⻤澤 美穂 富良野市 スマートシティ戦略室 スマートシティ戦略課 主幹 鵜飼 敏⾏
  59. Oracle Cloud サービス概要 • https://www.oracle.com/jp/ Oracle Cloud Free Tier (Always

    Free&無償トライアル) • https://www.oracle.com/cloud/free/ マニュアル • 英語 / ⽇本語 リージョン毎のサービス提供情報 • https://www.oracle.com/cloud/data- regions.html#apac 東京/⼤阪リージョン最新情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-tokyo-osaka サービス・アップデート • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術情報 • 活⽤資料集 / チュートリアル 活⽤事例 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-customer-reference セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-seminar Oracle Cloud Infrastructure: 参考資料 61 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  60. Oracle Cloudにサインナップいただくと、両⽅が利⽤可能です • https://www.oracle.com/jp/cloud/free/ Oracle Cloud Free Tier: Always Free&無償トライアル

    Always Free 時間制限なく 特定サービスを利⽤可能 Free Trial 30⽇間 300ドル フリー・クレジット + 62 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  61. None