Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Exadata Cloud@Customer X8M デプロイメント詳細

Oracle Exadata Cloud@Customer X8M デプロイメント詳細

oracle4engineer

September 08, 2020
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Gen 2 Exadata Cloud@Customer
    デプロイメント詳細
    ⽇本オラクル株式会社
    2020 年 9 ⽉ 8 ⽇

    View full-size slide

  2. Safe harbor statement
    以下の事項は、弊社の⼀般的な製品の⽅向性に関する概要を説明するものです。また、
    情報提供を唯⼀の⽬的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以
    下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買
    決定を⾏う際の判断材料になさらないで下さい。
    オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊
    社の裁量により決定され、変更される可能性があります。
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    2

    View full-size slide

  3. 3 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    1. Gen 2 ExaC@C お客様ネットワークへの接続
    2. OECA
    3. デプロイメント
    4. 例外申請
    5. デプロイメント・チェックリスト
    アジェンダ

    View full-size slide

  4. 4 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    • Gen 2 ExaC@C はお客様ネットワークに OSI レイヤ 2 で接続
    • コンピュート・サーバーの接続
    • それぞれのコンピュート・サーバーは 2 つのクライアント・ネットワーク・ポートと 2 つのバックアップ・ネットワー
    ク・ポートに対して active-passive ボンディングで構成
    • Quarter Rack 以上のシステムにおいては、コンピュート・サーバーには銅線または光のポートがあり、物
    理的にバックアップ・ネットワークとクライアント・ネットワークを分離して構成
    • Base System においてはコンピュート・サーバーは光のポートの接続を利⽤した場合にのみ、物理的に
    バックアップ・ネットワークとクライアント・ネットワークを分離して構成可能(ハードウエアを減らした構成の
    ため)
    • Control Plane サーバーの接続
    • Gen 2 では最も近い OCI リージョンへ、2 台のローカル Control Plane Server から TCP/IP 443
    番ポートのアウトバウンド接続が必要
    • Control Plane Server は銅線ないしは光で接続
    Gen 2 ExaC@C お客様ネットワークへの接続

    View full-size slide

  5. 要件
    • コンピュート・サーバー: お客様スイッチへの接続に対してサーバーあたり 4 ポート
    (バックアップ・ネットワークに 2 ポート、クライアント・ネットワークに 2 ポート)
    • Control Plane サーバー: サーバーあたり 2 ポート (2 台搭載のため計 4 ポート)
    Gen 2 ExaC@C お客様ネットワークへの接続
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    5
    Rack サイズ
    クライアント・ネットワーク・
    ポート数
    バックアップ・ネットワーク
    ポート数
    総ポート数
    Base 4 4 8
    Quarter 4 4 8
    Half 8 8 16
    Full 16 16 32
    サーバー・タイプ
    Oracle Public Cloud への TCP 443 番ポートの
    アウトバウンド 接続のためのポート数
    総ポート数
    Control Plane
    サーバー
    (全 Rack 共通)
    4
    (サーバーあたり 2)
    4

    View full-size slide

  6. 6 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    • ExaC@C へどのように接続するかはお客様次第です。お客様はクライアント・ネットワークとバックアップ・ネット
    ワーク両⽅を同じスイッチに接続することも選択できますし、クライアント・ネットワークとバックアップ・ネットワーク
    それぞれを冗⻑化されたスイッチへ接続することも可能です。
    • ExaC@C 上に構成されたそれぞれの VM は、お客様が⼀つの VM を作成した場合でも、タグ (VLAN
    ID) をアサインする必要があります(VLAN アクセスポートとして接続を構成することは許可されていません)。
    これはお客様が今後 VM を追加作成する際に VM を分離することを確保します。お客様はお客様スイッチ
    にこれらの VLAN タグを設定する必要があります。
    Gen 2 ExaC@C お客様ネットワークへの接続

    View full-size slide

  7. クライアントおよびバックアップ・ネットワーク の IP 要件
    • 将来的に Elastic Expansion がサポートされたときに⼗分な CIDR ブロックを確保しておくことが推奨
    • 現時点では Elastic Expansion は Gen 2 ExaC@C では未サポート
    Gen 2 ExaC@C お客様ネットワークへの接続
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    7
    Rack サイズ CIDR サイズ 将来的な拡張限界
    Base, Quarter, Half 推奨 /27 クライアント, /28 バックアップ Full Rack (8台のコンピュート・サーバー)
    最⼩ /28 クライアント, /29 バックアップ 5 台のコンピュート・サーバー
    Full 推奨 /26 クライアント, /27 バックアップ 2 台の Full Rack (16台のコンピュート・サーバー)
    最⼩ /27 クライアント, /28 バックアップ Full Rack (8台のコンピュート・サーバー)

    View full-size slide

  8. ExaC@C X8M コンピュート・サーバー (Quarter Rack 以上の Rack タイプ)
    Gen 2 ExaC@C お客様ネットワークへの接続
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    8
    ILOM
    (1G NET MGT)
    eth4 eth3
    2x QSFP28 HCA
    RoCE
    re1 re0
    HOST admin
    (1G NET 0)
    eth0
    eth5 eth6 eth7 eth8
    KEY
    クライアント: 10G RJ45 or 10/25G SFP28
    バックアップ: 10/25G SFP28
    バックアップ: 10G RJ45
    Oracle Quad Port 10GBase-T
    Adapter
    (4x RJ45 10G Ports)
    Fortpond (RJ45) Card
    2x SFP28
    10G/25G
    BCM57414
    Whitney (Fiber) Card
    RJ45 (Net 1/2) OR SFP28 (Net1/2)
    BCM57417 LOM
    Motherboard Ports
    eth1 eth2
    クライアント・ネットワークはマザーボードのポートのみ
    バックアップ・ネットワークはクライアントと同じタイプ(銅or光)を選択する必要があります

    View full-size slide

  9. ExaC@C X8M コンピュート・サーバー (Base System の場合)
    Gen 2 ExaC@C お客様ネットワークへの接続
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    9
    ILOM
    (1G NET MGT)
    eth4 eth3
    2x QSFP28 HCA
    RoCE
    re1 re0
    HOST admin
    (1G NET 0)
    eth0
    KEY
    クライアント: 10G RJ45 or 10/25G SFP28
    バックアップ: 10/25G SFP28
    2x SFP28
    10G/25G
    BCM57414
    Whitney (Fiber)
    Card
    RJ45 (Net 1/2) OR SFP28 (Net1/2)
    BCM57417 LOM
    Motherboard Ports
    eth1 eth2
    拡張不可
    CPU1 が搭載され
    ていないため
    クライアント・ネットワークはマザーボードのポートのみ
    クライアント・ネットワークがマザーボードの光のポート場合、バックアップ・ネットワークは Whitney カードの光のポートである必要があります
    クライアント・ネットワークにマザーボードの銅線を選択した場合は、バックアップ・ネットワークはマザーボードの銅線での共有化または Whitney カードの光が利⽤可能です

    View full-size slide

  10. ExaC@C X8M Control Plane Sever
    Gen 2 ExaC@C お客様ネットワークへの接続
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    10
    ILOM
    (1G NET MGT)
    eth4 eth3
    2x QSFP28 HCA
    RoCE
    re1 re0
    HOST admin
    (1G NET 0)
    eth0
    KEY
    VPN 接続向け
    10G RJ45 or 10/25G SFP28
    2x SFP28
    10G/25G
    BCM57414
    Whitney (Fiber) Card
    RJ45 (Net 1/2) OR SFP28 (Net1/2)
    BCM57417 LOM
    Motherboard Ports
    eth1 eth2
    拡張不可
    CPU1 が搭載され
    ていないため
    インターネット接続のお客様スイッチが銅線の場合、マザーボード上の eth1/eth2 の銅線ポートを利⽤してください
    お客様スイッチが光の場合はマザーボード上の eth1/eth2 の光のポートを利⽤してください
    • マザーボードの 10/25G SFP28 ポートには⼯場出荷時に最⼤
    100 m まで対応の Short Range トランシーバが搭載されます
    • CPS あたり銅線または光の 2 ポートを、インターネット接続可能なお客様スイッチへ接続する
    必要があります (1 ポートのみの接続は許可されていません)

    View full-size slide

  11. クライアントおよびバックアップ・ネットワーク接続マトリックス
    Gen 2 ExaC@C お客様ネットワークへの接続
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    11
    ExaC@C X8M Quarter Rack 以上の構成 (Fortpond カード(Quad Port 10GBase-T Adapter)搭載)
    クライアント・ネットワーク クライアント・ネットワークがマザーボード上の
    RJ45 ポート(銅線)
    クライアント・ネットワークがマザーボード上の
    SFP28 ポート(光)
    バックアップ・ネットワーク バックアップ・ネットワークは Fortpond カードの
    RJ45 ポート(銅線)
    バックアップ・ネットワークは Whitney カード上の
    SFP28 ポート(光)
    ExaC@C X8M Base System (Fortpond カード(Quad Port 10GBase-T Adapter)⾮搭載)
    クライアント・ネットワーク クライアント・ネットワークがマザーボード上の
    RJ45 ポート(銅線)
    クライアント・ネットワークがマザーボード上の
    SFP28 ポート(光)
    バックアップ・ネットワーク
    オプション 1
    バックアップ・ネットワークはマザーボード上の RJ45
    ポート(銅線)で共有
    バックアップ・ネットワークはマザーボード上の SFP28
    ポート(光)で共有
    バックアップ・ネットワーク
    オプション 2
    バックアップ・ネットワークは Whitneyカード上の
    SFP28ポート(光)
    バックアップ・ネットワークは Whitney カード上の
    SFP28 ポート(光)

    View full-size slide

  12. 12 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    • 各種諸元値が確認可能
    • OECA 2.6.5 より ExaC@C X8M に対応
    • OECA ダウンロード先
    https://www.oracle.com/database/technologies/oeca-download.html
    Oracle Exadata Configuration Assistant (OECA)

    View full-size slide

  13. 13 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    • お客様はデータ・センターの設置場所、ネットワーク・ケーブル、電源ケーブル、ネットワーク構成情報、IP アドレスを
    ⽤意します
    • お客様から上記情報提供後に ExaC@C システムが出荷されます
    • オラクルのエンジニアは現地にて以下を⾏います
    • ExaC@C のハードウェア、ソフトウェアのデプロイメント
    • ExaC@C システムのお客様ネットワークへの接続
    • お客様がローカル Control Plane Server をパブリック・クラウドの Control Plane に接続するための⽀援
    • お客様が ExaC@C をお客様のクラウド・アカウントに紐付けるための⽀援
    • お客様は Exadata ラック内の Control Plane Server から Oracle パブリック・クラウドへ TCP 443 番ポートのア
    ウトバウンド接続を⾏う必要があります
    • オラクルはエンド・ツーエンドのシステム妥当性確認をお客様にお引き渡しする前に実施します
    デプロイメント
    エンジニアのオンサイト後のデプロイメント期間は約 1 週間です

    View full-size slide

  14. 14 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    • 通常、適正な審査の後に例外申請が承認されます
    • PDU からの電源本数の削減
    • お客様ラックへのリラック
    • 例外申請は承認までに時間がかかります
    • 特別な要件あればすぐにプロセスを開始してください
    • オラクルは慎重に申請を確認して、それを承認するか決定します
    • 例外申請が必要な場合には弊社担当営業にご相談ください
    例外申請プロセス

    View full-size slide

  15. 15 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    デプロイメント・チェックリスト
    q お客様チームのデータ・センター担当者は ExaC@C Site Checklists を確認して、インストールに対す
    る要件をデータ・センターが満たすのか確認しましたか︖
    q お客様は本資料を確認して、ExaC@C の接続に必要なスイッチ、ケーブル、必要なポートについて同
    意していますか︖
    q お客様は Control Plane サーバーの接続要件を確認および理解し、本資料に記載された TCP 443
    番ポートのアウトバウンド接続を提供する準備が出来ていますか︖
    q お客様は Gen 2 ExaC@C Datasheet の最後に掲載されている環境要件を確認および同意してい
    ますか︖
    お客様へ︓このガイドに掲載されている要件に関するご質問は弊社担当営業にお問い合わせください

    View full-size slide

  16. Thank you
    ⽇本オラクル株式会社
    16 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide