Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

#WACATE 2018冬 夜の分科会「テストの困りごとを ぱいんとみんなで答える会」

61cd8af33de206c39c875e3321e9c225?s=47 ぱいん
December 15, 2018

#WACATE 2018冬 夜の分科会「テストの困りごとを ぱいんとみんなで答える会」

61cd8af33de206c39c875e3321e9c225?s=128

ぱいん

December 15, 2018
Tweet

Transcript

  1. WACATE 2018冬 夜の分科会 「テストの困りごとを ぱいんとみんなで答える会」(公開用) ぱいん @PINEAPPLECANDY 2018/12/14 WACATE2018冬 @マホロバマインズ

    1
  2. サマリ 1. 対象  ソフトウェアテスト、その他開発、業務などでの困りごと、悩みを相談したい人  今日のやったワーク、レクチャでモヤモヤがある人  困った人を助けたい人 

    自分ならどうしたいか一緒に考えたい人 2. この会が終わったあとにどうなっていてほしいか  次の一歩がわかる  踏み出す勇気が出る 3. 注意事項  ぱいん目線でのお悩み相談  ぱいんだけが答えるではない、みんなで考える  「よくある質問」も準備しています! 2 1日ワークが終わって、考えるのって、 もう疲れたよって思いませんか?
  3. 参加者特典! ぱいんさん分科会 参加者限定 パインアメ 食べ放題 3

  4. 時間構成(だいたい)  21:20-21:25 イントロ  21:25-21:30 自己紹介  21:30-22:15 前半(15m

    * 3セット)  22:15-22:20 席替え & レコーディングタイム  21:20-22:50 後半(15m * 2セット)  22:50-23:00 まとめ 4
  5. 最初に  数ある分科会の中から、お選びいただき、 ありがとうございます!  (パインアメ配布タイム)  自己紹介タイム(1人30秒程度)  名前(ハンドルネーム可)

     WACATE参加回数  今日のWACATEの感想  今日話したいこと (あれば) 5
  6. 自己紹介  ぱいん (奥村哲郎) @pineapplecandy  WACATE3回目 (2017冬、2018夏、イマココ  お仕事:テストアーキテクト@検証会社

     業務経験  テスト分析、設計、実行  テストチームリーダー  テスト自動化(Web系、組込系)  やったこと:  2016 年に「ソフトウェアテスト アドベントカレンダー」を始める  Selenium Conf Tokyo 2019 実行委員  趣味:  イベントで実況中継をすること
  7. おやくそく 1. 会社名、個人名など個人特定に関わる情報は、 この場限りとしてください(常識レベルでの大人の対応を) 2. 可能な限り、 たくさんのトピックで話ができるように協力お願いします 7

  8. Q1. PFDどういうところを作ったの?  必要な成果物からつくった  あるべき予想から引算して、必要なものを作った  わからないところはどこ?  テスト準備に必要な情報がわかっていない

    ⇒JSTQBの教科書を読み直してみては、どうかな? 8
  9. Q2. テスト設計って何をすること  方向性、観点を決める  開発とテストの体制がわかれていて、開発もテストは作っている前提。開発の人で不 安なところを聞き、何をするか考える  観点を出す、技法を出して洗い出して展開する 

    結合テストをしてきた。仕様を満たすから入っていく、以上系はそのあとで  テスト技法を突っ込む ⇒各会社、対象システム、開発手法によって異なるので正解はない。ただ、知られて いるテスト技法として、VSTeP, ゆもつよメソッド、HAYST法(PDF)あたりは参考にな るかも 9
  10. Q.4 テスト設計技法を学んでも、実践で きない  テスコンは結構敷居が高いと感じている ⇒理想と現実の差分をさぐってみては?(あるべき姿と、今の姿を並べてみる) 10

  11. Q5. 組織を超えたテスト管理  前提:自動テスト  自分のチームはテストケース管理ツールを使いたいが、向こうのチームは使って くれない  一度トライしたが進まなかった 

    技術的な課題がありそう ⇒困っているって技術的な問題、組織の問題? それって他のツールで解決できないのかな? 組織の問題だったら管理職を通して調整、技術的なものであれば、打破できる ツールが導入できないか検討してみてはいかが? 11
  12. おまけ  事前に準備したリンク集 12

  13. ぱいんの偏見で選ぶおススメ本 1. ソフトウェアテストの教科書  おススメ記事: https://tonono.hatenablog.com/entry/2018/12/14/ac14 2. ソフトウェアテスト293の鉄則 http://amzn.asia/d/5aVCFtX 3.

    知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト http://amzn.asia/d/7ClVksW 4. 初めての自動テスト ―Webシステムのための自動テスト基礎 http://amzn.asia/d/eS33cFh 13
  14. おススメイベント、勉強会  参考:マツコの知らないテスト勉強会の世界 http://nihonbuson.hatenadiary.jp/entry/2018/12/03/235718  初心者向け勉強会イチオシ: Ques (5月/11月)  気軽な飲み会イチオシ:

    テスト酒場(毎月)  お金を出してでも行くべき: 各種JaSST 14
  15. おススメスライド  テストの極みを目指して ~さあ、理想に近づくための一歩を踏み出そう!~ by 山崎崇氏(2代目WACATE実行委員長) https://www.slideshare.net/takashiyamasaki378/ss-76369234  ソフトウェアテスト・品質勉強会 by

    B氏 https://speakerdeck.com/nihonbuson/software-test-and-quality- study-presentation 15
  16. おススメTwitterアカウント  ポジションペーパーp.56 参照 16