Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

新サービスのプロジェクト推進に向けた、トライ&エラー / 20221109_kawasaki

Rakus_Dev
November 10, 2022

新サービスのプロジェクト推進に向けた、トライ&エラー / 20221109_kawasaki

Rakus_Dev

November 10, 2022
Tweet

More Decks by Rakus_Dev

Other Decks in Technology

Transcript

  1. #RAKUSMeetup
    ©2022 RAKUS Co., Ltd.
    新サービスのプロジェクト推進
    に向けた、トライ&エラー
    株式会社ラクス
    川﨑智彦

    View full-size slide

  2. #RAKUSMeetup
    目次
    - 自己紹介
    - 楽楽電子保存サービス概要
    - 楽楽電子保存の課題と施策
    - まとめ

    View full-size slide

  3. #RAKUSMeetup
    自己紹介
    - 川﨑 智彦 / Tomohiko Kawasaki
    - 経歴
    - 2007年~ : ソフトハウスで受託開発
    - 2022年~ : 株式会社ラクス入社
    - 現在
    - 楽楽電子保存開発に従事
    - サーバーサイド開発チームリーダー

    View full-size slide

  4. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存サービス概要
    まずは楽楽明細について...
     楽楽明細は、帳票の作成&発行を行うサービスです。

    View full-size slide

  5. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存サービス概要
    楽楽電子保存は、楽楽明細で受け取った電子請求書等の帳票を
    電子保存・一元管理できるサービスです。
    2022年1月からの改正電子帳簿保存法の要件(検索や、訂正削除に関する要件等)
    にも対応しています。

    View full-size slide

  6. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策
    楽楽電子保存は2022年1月にローンチされ
    た、まだ新しいプロダクトです。
    楽楽電子保存は楽楽明細開発メンバーにて開
    発が進められましたが、楽楽明細とは異なる
    アーキテクチャを採用しました。
    デザイナーやオフショアの参画、フロントエンド
    とサーバーエンドの役割分担などの新たな試み
    に課題も生まれており、プロジェクト全体で改
    善を試みています。
    2022/01 楽楽電子保存ローンチ
    現在
    楽楽電子保存開発
    2022/04 組織変更
    2022/06 オフショア開発開始

    View full-size slide

  7. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策
    <本日のトピック>
    ①フロントエンド/バックエンド/デザイナーの役割分担
    ②チーム間のコミュニケーション
    ③タスク管理、進捗管理
    ④オフショアチームとの作業分担

    View full-size slide

  8. #RAKUSMeetup
    <開発のステークホルダー>
    ・作業の担当範囲は?
    ・各ステークホルダーの責任範囲は?
    ・各ドキュメントの記載レベルは?
    楽楽電子保存の課題と施策①
    ➢ フロントエンド/バックエンド/デザイナーの役割
    バックエンド フロントエンド
    デザイナー

    View full-size slide

  9. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策①
    ➢ フロントエンド/バックエンド/デザイナーの役割
    上流工程(要件定義、概要設計)において、各ステークホルダーの役割が
    不明確のまま作業を進めたため、仕様検討漏れが発生。
    実装工程や試験工程で、仕様検討から対応することに。
    バック
    エンド
    デザイナー
    フロント
    エンド

    View full-size slide

  10. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策①
    ➢ フロントエンド/バックエンド/デザイナーの役割
    プロジェクトの進め方、役割分担を改善
    ● 開発プロセスを整備
    ● ドキュメントフォーマットの見直し
    ● 各工程のドキュメント記載レベルを明確化
    ● 各ステークホルダーの担当範囲を明確化
    得意分野の作業に注力できるようになり、
    開発がスムーズに!

    View full-size slide

  11. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策②
    ➢ チーム間のコミュニケーション
    下流工程(実装、単体試験)では、バックエンドとフロントエンドで
    技術要素や担当範囲が異なるため、作業を分担して開発を実施。
    バックエンド
    Java
    SQL
    フロントエンド
    HTML
    JavaScript
    CSS
    API
    API
    DB

    View full-size slide

  12. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策②
    ➢ チーム間のコミュニケーション
    楽楽電子保存のシステム開発は、2チーム構成となっている。
    << サーバーチーム >>
    バックエンド開発メンバー
    << フロントチーム >>
    フロントエンド開発メンバー
    デザイナー

    View full-size slide

  13. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策②
    ➢ チーム間のコミュニケーション
    それぞれのチームで開発を進めるが、チーム間のコミュニケーション不足で
    互いのチームの状況やプロジェクト全体の状況が分かりにくい状態になっていた。
    また、仕様に関する認識齟齬で不具合が発生してしまうこともあった。
    サーバーチーム
    タスク管理
    進捗管理
    定例MTG
    フロントチーム
    タスク管理
    進捗管理
    定例MTG

    View full-size slide

  14. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策②
    ➢ チーム間のコミュニケーション
    コミュニケーションルール改正・策定
    ● サーバーチームのデイリーMTGにフロントチーム代表者が参加し、
    その日の進捗状況や課題を共有する。
    ● 一部のメンバーしか参加しないMTGがあった場合は、
    概要や議事録を全体に共有する。
    まだまだ改善の余地はあるが、一定の成果あり!
    引き続き改善アクションを行っていく。

    View full-size slide

  15. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策③
    ➢ タスク管理、進捗管理
    タスクが複数のファイルで管理されており、
    全容を把握するのも作業実績を入力するのも大変。。。
    ● 開発アイテム
    ● 課題
    ● 改善項目   など
    タスクが管理しにくいため進捗状況の把握も難しく、
    漠然とした不安が募る。

    View full-size slide

  16. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策③
    ➢ タスク管理、進捗管理
    プロジェクト管理ツールであるClickUpを試験導入
    タスク管理を一元化。
    作業実績の入力も容易になり、
    各タスクの進捗状況も把握しやすくなった!
    ただ、全体の進捗状況は未だ見えにくく、
    こちらも継続して改善していく。

    View full-size slide

  17. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策④
    ➢ オフショアチームとの作業分担
    2022年6月から、オフショアチーム(ラクスベトナムメンバー)が本格的に参画。

    View full-size slide

  18. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策④
    ➢ オフショアチームとの作業分担
    体制や作業分担を考えるも、不明点も多く
    国内メンバーからはオフショア開発に不安を抱える声も聞こえた。
    ・スキルレベルは?
    ・仕様理解度は?
    ・対応可能な工程は?
    ・成果物受け入れ態勢は?

    View full-size slide

  19. #RAKUSMeetup
    楽楽電子保存の課題と施策④
    ➢ オフショアチームとの作業分担
    BrSE(ブリッジSE)を含むオフショア担当国内メンバーにて、
    開発案件の役割分担設定、仕様説明、受け入れ窓口などを担当。
    定例MTGや日々の仕様確認など、密にコミュニケーションを取り開発体制を整える。
    オフショア開発で高い生産性を実現!
    オフショアチームの立ち上がりが早かったため、
    作業分担を円滑に行うことができている。

    View full-size slide

  20. #RAKUSMeetup
    まとめ
    ラクスには課題を解決するためにチャレンジできる環境が整っており、
    誰でも意見を発信して行動に繋げることができます。
    まだまだ課題はあるものの、トライ&エラーを繰り返しながら
    今後も成長を続けていきます!
    開発本部の行動指針
    1. 本質にフォーカスする
    2. 自分事として取り組む
    3. 失敗を恐れず挑戦する
    4. チームで成果を出す
    5. 誠意をもって人と接する
    6. 一つ上の視座を持つ
    7. 学習し成長し続ける
    8. 楽しんで楽にする

    View full-size slide

  21. #RAKUSMeetup
    ご清聴ありがとうございました

    View full-size slide