Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

_Airレジ_ハンディ_セルフオーダー_のプロトタイプから製品版までの開発で大切にしてきたこと_.pdf

85da685d91fda190e2e3162d0de248a4?s=47 Recruit
November 05, 2021

 _Airレジ_ハンディ_セルフオーダー_のプロトタイプから製品版までの開発で大切にしてきたこと_.pdf

2021-09-22
RECRUIT TECH MEETUP登壇時の資料です

85da685d91fda190e2e3162d0de248a4?s=128

Recruit

November 05, 2021
Tweet

Transcript

  1. マスタ タイトルの書式設定
 1 株式会社リクルート
 プロダクト統括本部
 飲食プロダクト開発G
 早川 浩平
 『Airレジ ハンディ

    セルフオーダー』の
 プロトタイプから製品版までの開発で
 大切にしてきたこと
 (C) Recruit Co., Ltd. All rights reserved.
  2. 株式会社リクルート
 『Airレジ ハンディ セルフオーダー』 開発L
 早川 浩平
 2016年 株式会社リクルート新卒入社 


    • 海外向け Airレジ の iOS アプリ開発 
 • 『Airレジ ハンディ』のサーバサイド開発とフロントエンド
 の立ち上げ 
 • 『Airレジ ハンディ セルフオーダー』の立ち上げと推進
 好きな技術
 2 自己紹介

  3. 3 本日お話しすること
 導入期
 成長期
 成熟期
 衰退期
 プロトタイプ
 MVP
 製品版
 MVP:

    Minimum Viable Product 
 プロダクトの3つのフェーズごとにエンジニアとして大切にしてきたこと 
 製品版
 製品版

  4. 
 料理の注文、スマホで完了
 • 飲食店でQRコードをスマホで読み取って、 
 忙しい店員さんを待つことなく好きなタイミングで注文 
 • 業務負荷の削減、客単価の向上 


    • ニーズが高まる感染症対策支援のためにリリースを前倒し 
 2020年7月より提供開始*2
 
 4 『Airレジ ハンディ セルフオーダー』*1 とは?
 *1https://airregi.jp/handy/selforder/
 *2https://www.recruit.co.jp/newsroom/2020/0730_18770.html

  5. 1. 課題・価値定義・検証設計
 2. プロトタイプ 開発・検証
 3. MVP 開発・検証
 4. 製品版

    開発・リリース
 5 製品版リリースまでのフェーズ
 https://www.slideshare.net/RecruitLifestyle/air-239172001 
 価値検証の詳細は →

  6. • 今ある資産をフル活用する
 • なるべく新しいことを始めない
 • 時には人力に頼る
 • 作ったものは捨てる前提
 • テストは書かない


    • 社食や協力店舗での短期実験
 プロトタイプ開発
 プロトタイプ
 MVP
 製品版
 MAX MIN スコープ MAX MIN 予算 MAX MIN 時間 MAX MIN 品質 6
  7. • 技術はメンバーのスキルセットと
 社内実績で AWS と React を採用
 • サーバサイドは作らない「人間API」
 ◦

    注文を受けるフロントエンドは開発 
 ◦ 受けた注文をスプレッドシートへ連携 
 ◦ 人間が注文をお店へ飛ばす 
 • 注文履歴などもない最低限の機能
 ◦ QRを読み取り、メニューを見て、注文 
 プロトタイプ開発
 7
  8. • 製品版を見据えた技術選定
 • 大事なのは素早い改善と機能追加
 • テストは書く
 • 規模はまだ小さく複雑ではない
 (マンパワーでなんとかなる) 


    • 社食や協力店舗での中期検証
 MVP開発
 プロトタイプ
 MVP
 製品版
 MAX MIN スコープ MAX MIN 予算 MAX MIN 時間 MAX MIN 品質 8
  9. • 後から直しにくいところは固める
 ◦ 製品版時に書き直しはない 
 ◦ 安全な言語を採用 (Kotlin , TypeScript)

    
 ◦ kubernetes(GKE)を採用して asCode
 ◦ ↑のような新しい技術にチャレンジ 
 • アーキテクチャは(モジュラー)モノリス
 • モニタリングは力を入れる
 ◦ ダッシュボードをデイリースクラムで確認 
 ◦ 早く異変に気づいて改善する 
 ◦ 使われてる実感でモチベーションもUP! 
 MVP開発
 9
  10. • 長く安定稼働させるための技術
 • 品質最優先
 • 規模も大きく複雑になってくる
 (マンパワーが厳しくなってくる )
 製品版開発
 プロトタイプ


    MVP
 製品版
 MAX MIN スコープ MAX MIN 予算 MAX MIN 時間 MAX MIN 品質 10
  11. • スケールしつつ高品質な安定稼働
 ◦ マイクロサービス化を進める 
 ◦ Gateway サーバの構築 
 ◦

    Terraform で asCode を始める 
 ◦ prop drilling をやめる 
 ◦ Redux Toolkit に移行する 
 ◦ TestCafe Studio による E2E テスト 
 製品版開発
 11 Spring Cloud
 Gateway

  12. 技術
 アーキ
 テクチャ
 
 
 
 
 システム + 人間


    モノリス (フロントエンド + サーバサイド) 
 
 
 
 マイクロサービス
 大切に
 したこと
 今いるメンバーで
 最速でプロダクトの
 価値を検証する スピードと品質を
 両立させつつ
 製品版へ繋げる. 
 新しい技術へ挑戦
 さらに品質、
 柔軟性、拡張性を高める. 
 新しい技術へ挑戦
 1枚でまとめると
 プロトタイプ
 MVP
 製品版
 12 Spring Cloud 
 Gateway

  13. おわりに
 13 プロダクトのフェーズに最適な技術を採用してきました!
 アーキテクチャも絶えず進化させています!
 新しい技術へのチャレンジを続けています!
 *今回紹介した内容はあくまでセルフオーダーにフィットした事例なので 
 プロダクトやビジネスの特性によって方法は変わると思っています