祝 東日本リージョン一般提供! Azure Application Insights 基礎と実践

祝 東日本リージョン一般提供! Azure Application Insights 基礎と実践

73c174b34dafaea64f2824eb008a6559?s=128

Tatsuro Shibamura

May 29, 2019
Tweet

Transcript

  1. de:code 2019 DT05 祝 東日本リージョン一般提供! Azure Application Insights 基礎と実践 日本マイクロソフト株式会社

    武田正樹 フリーランス / Microsoft MVP for Microsoft Azure 芝村達郎
  2. Agenda

  3. Application Insights とは?

  4. Application Insights について

  5. [参考] Application Insights の主な対象 * コミュニティサポート

  6. Application Insights を使うモチベーション

  7. Azure Monitor

  8. Azure Monitor との関係

  9. 基本編

  10. モニタリングでの失敗例

  11. インフラ側は Azure Monitor で取れる

  12. Application Insights で出来ること

  13. Windows では高度な機能も

  14. Azure Portal Status Monitor Status Monitor v2 NEW AKS Service

    Mesh NEW OSS SDK Visual Studio IDE Azure Pipelines DevOps Projects ARM/PowerShell/ CLI 主なエントリーポイント
  15. Demo App Service での設定

  16. Demo Visual Studio での設定

  17. 運用における注意点

  18. 実践編 シチュエーションベースでの見方

  19. 例:アプリケーションのクラッシュ

  20. 例:パフォーマンスの悪化

  21. 例:Kusto (KQL) を使った解析

  22. 実践向け Tips 集

  23. モニタリングしたい単位で App Insights を作る

  24. 独自のメトリクス・イベントを送信 public class HomeController : Controller { public HomeController(TelemetryClient telemetryClient)

    { _telemetryClient = telemetryClient; } private readonly TelemetryClient _telemetryClient; public IActionResult Index() { _telemetryClient.TrackEvent("Executing Index action."); return View(); } }
  25. ノイズとなる情報を減らす public class CustomTelemetryProcessor : ITelemetryProcessor { public CustomTelemetryProcessor(ITelemetryProcessor next)

    { _next = next; } private readonly ITelemetryProcessor _next; public void Process(ITelemetry item) { var dependency = item as DependencyTelemetry; if (dependency != null && dependency.ResultCode == "404") { return; } _next.Process(item); } }
  26. Workbooks / Troubleshooting guides

  27. まとめ

  28. まとめ

  29. © 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 © 2019

    Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、de:code 2019 開催日 (2019年5月29~30日) 時点のものであり、予告なく変更される場合があります。 本コンテンツの著作権、および本コンテンツ中に出てくる商標権、団体名、ロゴ、製品、サービスなどはそれぞれ、各権利保有者に帰属します。