Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

IoTで何かやってみよう(opencvで顔認識をして通知する)

833dff8fec12f6727237c815f50554b8?s=47 shinrinakamura
March 27, 2021
67

 IoTで何かやってみよう(opencvで顔認識をして通知する)

833dff8fec12f6727237c815f50554b8?s=128

shinrinakamura

March 27, 2021
Tweet

Transcript

  1. IoTで何かやってみよう shinfrom@1981 中村真理

  2. 中村 真理 Nakamura Shinri 株式会社 B&B La. ハードウェア開発 ファームウェア作成 IoTデバイス作成

    ・ハイパーンメディアフリーター ・診療放射線技師 経験 バーテンダー パチンコホール勤務 病院勤務 https://www.facebook.com/nakamura.shinri/
  3. 福岡とは http://www.officenetwork.co.jp/officebill/topics/fukuoka_toukei_2020.php 福岡といえばあまおう 福岡といえばうどん 福岡市で見れば人口は増加 している 賃金は安いという残念なところも

  4. 出身地 五島列島最北端 宇久島出身

  5. http://b-and-b-lab.jp

  6. 遠隔で操作できる加工機の作成 スマホから操作することも可能に

  7. オープンソースの利用 モデリング(加工データの作成) 3DCAD グラフィックデザインソフト 加工用のデータ(G-code)に変換 G-code sender 制御用基板 加工 G-codeを制御信号に変換

    B-CNC
  8. 最近行ったことと、その構成 園芸用の環境データを測定して、気温が閾値を超えたら、ファンを回して、 ファンが回ったことをラインで通知するというシステムを作成します。 有線LAN UDP OSSプロトコル UDP UDP 通知 確認・操作

    API UI
  9. 実験の状況の動画

  10. ※ハードウェア以外は基本的に無料で使用できる範囲で開発しています ArduinoIDE 実際に開発に使用したもの LINE Developper account Node-red enebular

  11. LINEを実装したフロー APIを使用することで、簡単にpush通 知を行うことができる 閾値の判定などはマイコン側で行え るように調整中である

  12. 取得した値をもとに使用するデータを算出 飽差の計算 少し面倒な計算が必要になるがnode-redで簡単に実装

  13. 今日やったこと Kinectが昨日届いたので kinectを利用してIoTぽいことをやってみよう

  14. 結果 30分くらい下調べ 間に合う気がしない 勇気ある撤退を (簡単な顔認識)

  15. 問題 時間との戦い

  16. 気合の入れ直し 一生懸命開発開始 14時

  17. 今回実際に行ったこと openCV Wi-Fi 顔認識

  18. ipodとPCの通信確認 IpodのカメラとPCとの接続の確認 ここはスマホアプリでサクッと接続

  19. ipodとPCの通信確認 顔認識したら通知をするプログラム サンプルなどをごにょごにょとしてサクッと作成

  20. マイコンとの接続 通信用のサーバーは普段使っているものを使用 マイコンのプログラムはサンプルを利用してごにょごにょ フリーのサービスを使用してもよい 顔を認識したらLEDが光る 開発環境はArduinoですので勢いでどうにかなります

  21. 結果 顔認識をするとLEDが光るというIoTぽいことができた 顔認識するとline通知するというところまでできました

  22. 考察 顔を認識したら通信するところまでは作成できた 再度認識したときに再送信するところまではできなかった 元気があれば何でもできる 備えあればうれいなし 自分がしょっちゅう使いそうな機能はライブラリ化していればいざという ときに便利です

  23. まとめ 勢いが大切!