Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

road-to-fargate-of-laravel-products

 road-to-fargate-of-laravel-products

自分は今、とある Laravel プロダクト2件で "Fargate 化" に取り組んでいます。
まだ完全なるリリースには至っていませんが、現時点でも数多くの壁とぶつかり、その度に乗り越えられたり躓いたりで一喜一憂を繰り返しています。

2021年3月時点での、この道のりで得たFargate化の意味や乗り越えてきた障壁を、共有したいと思います。

7e3cdbf62ad6e34cf379443678b1b378?s=128

Hisashi SOGA

March 28, 2021
Tweet

Transcript

  1. Laravel プロダクト Laravel プロダクト Fargate 化への道 Fargate 化への道 2021/03/28 LT

    @ @sogaoh https://phperkaigi.jp/2021/ 1 . 1 Laravel プロダクト Fargate 化への道 
  2. About Me About Me Work From Home '21 最近は AWS:6

    CI/CD:3 Laravel:1 ( 本業・副業1) 副業2 で NPO をサポート 世の中が少しずつ良くなるといいですね IT Engineer (subcontracting) '19 〜 バックエンド周りの⽅が得意 Web Engineer [PHP] '12 〜 Developper [C,Java] '99 〜 Hisashi SOGA STO(Social Technology O cer) 1 . 2 Laravel プロダクト Fargate 化への道 
  3. AGENDA AGENDA はじめに Fargate 化した構成 Fargate 化へのSteps おわりに 資料は公開してあります ->

    ダウンロードしたPDF ではリンクに⾶べるはずなので適宜ご利⽤ください ( オレンジになっててマウスオーバーするとカーソルが変わるところ) https://kutt.it/oOIBWg 1 . 3 Laravel プロダクト Fargate 化への道 
  4. はじめに Fargate 化した構成 Fargate 化へのSteps おわりに 2 . 1 Laravel

    プロダクト Fargate 化への道 
  5. 5 分で話しきるのは無理そうなので より詳細なところは記事に整理しました ( 画像もリンクになってます) https://zenn.dev/sogaoh/articles/21-03-27-def9b519527b3d417b4d 2 . 2 Laravel

    プロダクト Fargate 化への道 
  6. 3⽉は間違いなく本業副業で業務ピークが 来るだろうと予想していたので、 レギュラートークの準備時間は取れない だろうと思い LT を選択しておきました でも元気にやってます 個⼈事業としてはだいぶ安定してきました 普通の納税サイクル (*

    ↓) にようやく乗れそう based P.11 納付カレンダー N/A magazine 創刊号 2 . 3 Laravel プロダクト Fargate 化への道 
  7. はじめに Fargate 化した構成 Fargate 化へのSteps おわりに 3 . 1 Laravel

    プロダクト Fargate 化への道 
  8. 某2021 年3 ⽉リリース案件 3 . 2 Laravel プロダクト Fargate 化への道

  9. 某2019 年11 ⽉リリース案件 3 . 3 Laravel プロダクト Fargate 化への道

  10. はじめに Fargate 化した構成 Fargate 化へのSteps おわりに 4 . 1 Laravel

    プロダクト Fargate 化への道 
  11. Steps Steps 1. アプリケーションのimage 化 “local のファイル” からの脱却 2. image

    化したアプリケーションを local で動かす 3. Terraform でAWS にインフラ構築 (ECS は クラスター まで) 4. で ECS サービス・タスク定義構築 5. “ だれでも・どこからでもデプロイ” へ簡素化 CI/CD ⼯夫中 ecspresso 4 . 2 Laravel プロダクト Fargate 化への道 
  12. 特記事項 特記事項 Docker 系の作業は AWS Linux WorkSpaces で Docker for

    Mac の速度に我慢できない Vue.js の npm run production とのたたかい Laravel Mix の不可解な制約 環境変数を で適⽤ Terraform HCL の Module 化 “1 ⽇ Production” を実現 Fargate 1.4.0 対応 PrivateLink を使うには 443 を開ける direnv 4 . 3 Laravel プロダクト Fargate 化への道 
  13. これからなこと これからなこと ログ集約・エラー検知 バッチ処理制御 FARGATE_SPOT 利⽤とオートスケーリング は( たぶん) 完全に理解した(2 ⽇前)

    ブルーグリーンデプロイ ECS Exec 4 . 4 Laravel プロダクト Fargate 化への道 
  14. はじめに Fargate 化した構成 Fargate 化へのSteps おわりに 5 . 1 Laravel

    プロダクト Fargate 化への道 
  15. おわりに おわりに Fargate 化に取り組んだことで意識をサーバーか らコンテナに向き変えることが進んだと思う 次から次へと新機能が出てくるのは便利で素晴ら しいが、わりと⼼臓に悪い フリーランスな⾃分でも、⾒たエラーをSNS にこ ぼしては拾ってもらい、課題解決に取り組めてい

    ることを⼤事にして、これからも精進したい 5 . 2 Laravel プロダクト Fargate 化への道 
  16. End End お気づきの点あれば まで @sogaoh 5 . 3 Laravel プロダクト

    Fargate 化への道   