Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

金曜のLINE_DCさんとのコラボイベントで使うSORACOM Beamの活用ポイントを先に解説するよ

7cd783377515bdf8207062840b7b2f4e?s=47 SORACOM
PRO
January 25, 2022

金曜のLINE_DCさんとのコラボイベントで使うSORACOM Beamの活用ポイントを先に解説するよ

2022年1月25日にSORACOM UG Online #9 ~新春LT祭り~で、ソラコム テクノロジー・エバンジェリストの松下享平(max)が発表した「金曜のLINE DCさんとのコラボイベントで使う「SORACOM Beam」の活用ポイントを先に解説するよ」の資料です。

7cd783377515bdf8207062840b7b2f4e?s=128

SORACOM
PRO

January 25, 2022
Tweet

More Decks by SORACOM

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 金曜のLINE DCさんとのコラボイベントで使う 「SORACOM Beam」の活用ポイントを先行解説 Jan. 25, 2022 SORACOM UG Online

    #9 「新春 LT 大会」回 株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト 松下 享平 (Max / @ma2shita)
  2. 自己紹介 株式会社ソラコム / テクノロジー・エバンジェリスト 松下 享平 (まつした こうへい) “Max” 静岡県民

    🗻 新幹線通勤族 🚅 経歴: 東証二部ハードウェア・メーカーで情シス部門 EC事業責任者、IoT事業開発を経て現職 講演や執筆を中心に活動、登壇回数400以上/累計 AWS ヒーロー (IoT 部門 2020年受賞) 好きな言葉「論よりコード」 好きな SORACOM サービス • SORACOM Air メタデータサービス • SORACOM Funnel • soracom-cli Twitter: @ma2shita フォローはお気軽に!
  3. https://blog.soracom.com/ja-jp/2022/01/25/how-to-avoiding-power-outages-and-keeping-network-connectivity/ https://monoist.itmedia.co.jp/mn/articles/2201/24/news006.html 同一人物が、書いております。 最近の動向

  4. 今週の金曜 19:00~ https://soracomug-tokyo.connpass.com/event/236349/

  5. Wio LTE (通信入り IoT マイコン) AWS IoT Core SORACOM Beam

    MQTT(S) お手元の LINE Max の自宅にある 回転体 AWS Lambda Amazon API Gateway LINE Messaging API
  6. IoT デバイスから見た、クラウド活用の 3 つの課題 • •

  7. SORACOM Funk SORACOM Beam / Funnel / Funk による デバイス開発の工数削減

    デバイス セキュア&クラウドネイティブな プロトコル • メガクラウド PaaS / SaaS • パートナー ソリューション SORACOM Beam SORACOM Funnel プリミティブな プロトコル • SIM を鍵としてクラウドの認証情報との紐づけ • クラウド向けプロトコルへ変換 HTTP, MQTT, TCP, UDP HTTPS(+JSON), MQTTS, TCPS SDK や認証情報をデバイスから取り払ってシンプル化 デバイス開発の工数や 運用の手間を削減 ▪
  8. データ転送支援 SORACOM Beam 対応プロトコル AWS IoT Core Google Cloud IoT

    Core PubNub MQTT Mosquitto (Standard MQTT ブローカー) HTTP • HTTP → HTTP(S) L4 プロトコル • TCP → HTTP(S) • UDP → HTTP(S) • TCP → TCP(S) Amazon MQ Azure IoT Hub • MQTT → MQTT(S) LPWA (LoRaWAN, Sigfox) • LPWA → HTTP(S) IBM Watson IoT Platform SORACOM Inventory • Observe → HTTP(S) Amazon API Gateway Azure Functions 《 webhook + API 》 変換後の HTTP(S) 連携先システムの例 Google Cloud Functions 《 HTTP トリガー 》 ※ 2021年9月現在 独自 HTTP サーバ
  9. 世界中のヒトとモノをつなげ 共鳴する社会へ