OUCC クソコラ制作勉強会

OUCC クソコラ制作勉強会

author: @spring_raining

42ba906dc35ef460ffcb1b7c3307ef45?s=128

spring_raining

April 27, 2014
Tweet

Transcript

  1. OUCCクソコラ制作勉強会 2014/4/27 はるさめ(@spring_raining)

  2. (宣伝)AfterEffects勉強会のお知らせ 5月10, 11, 17, 18日 於部室 or Skype

  3. Photoshopを 使うメリット そしてPhotoshopを 使うことによるその効果。

  4. • 合成、お絵かき、効果追加など
 画像編集に関することなら何でもできる • ゲーム制作やWebサイト制作に
 必要になるかも • レポートの図作成に重宝する
 (※個人の感想です)

  5. 代替ソフトはある • GIMP (Win/Mac/Linux)
 無料ソフト最有力候補 重い • Paint.NET (Win)
 シンプルに使える無料ソフト •

    SAI (Win)
 ペイント特化ソフト 5,400円 • Pixelmator (Mac)
 とても使いやすいらしい 1,500円
  6. Photoshopを起動しよう

  7. None
  8. オプションパネル ツールパネル パネルグループ

  9. オプションパネル ツールパネル パネルグループ メニューバー

  10. メニューバーのウィンドウから パネルを表示させることができる パネルを動かしすぎて収拾がつかなくなったら ウィンドウ>ワークスペース>〜をリセット

  11. 環境設定は重要 個人が使いやすいように設定しておく

  12. おすすめ環境設定 暗めにするとカッコイイ メニュー>環境設定>インターフェース

  13. メニュー>環境設定>パフォーマンス おすすめ環境設定

  14. メニュー>環境設定>単位・定規 おすすめ環境設定

  15. 編集>キーボードショートカット おすすめ環境設定

  16. GIMPの場合は ウィンドウ>シングルウィンドウモードで Photoshopに近いUIになる

  17. まずは新規作成

  18. ファイル>新規 (⌘+N)

  19. 素材の読み込みは普通にコピペでOK

  20. 拡大・縮小・回転・変形とかは 編集>自由変形 (⌘+T)

  21. ⌘を押しながら角をつかむと 他の角を固定したまま移動できる

  22. 変形を決定させるには ここをクリック(Enterキー)

  23. レイヤー = 1枚のフィルムのようなもの 上段のレイヤーが上に重なっている

  24. レイヤーの作成はレイヤーパネルのここ もしくはレイヤー>新規>レイヤー (⌘+Shift+N)

  25. クソコラの基本 〜切り抜き〜 切り抜きを制する者はクソコラを制す

  26. 低解像度の素材は 切り抜き前に解像度を上げておく イメージ>画面解像度 高解像度の素材を使うに越したことはない

  27. 最強ツール「クイック選択ツール」 ツールパネルからクイック選択ツール(Wキー) 選択したいところをドラッグすると 自動で付近の領域を選択してくれる

  28. これだけでは毛先などは 選択できていない・・・

  29. 人によってやり方は変わるが、 個人的にはクイックマスクモードで 直接選択範囲を描く ツールパネルから クイックマスクモードを選択(Qキー)

  30. 単色が塗られている場所 = マスクされている(選択していない)範囲 この緑の領域の輪郭を ブラシや消しゴムで描いていく

  31. ブラシツール(Bキー) 消しゴムツール(Eキー)

  32. オプションパネルやブラシパネルで ブラシや消しゴムの形を変更

  33. ]or[キーで筆の大きさ }or{キーで筆の硬さ 筆の硬さは他の輪郭に 合わせるようにする

  34. クイックマスクモード終了後 選択範囲>境界線を調節(⌘+alt+R)で 全体の境界線を調節 「エッジを調節」で いい感じにしていく

  35. 切り抜いた素材を組み合わせて 完成 切り抜き方は十人十色 気に入ったやり方を見つけよう

  36. 実写人物の切り抜き

  37. 切り抜くのが難しい髪の毛

  38. ひとまずクイック選択ツールで 選択する

  39. 選択範囲>境界線を調節 (⌘+Alt+R)

  40. 表示モードを「白黒」に スマート半径をチェックし 任意の半径にする 境界線周辺の細かな輪郭を 自動で検出してくれる

  41. 髪の毛の一部の輪郭が 切り抜かれていない・・・ 肩の輪郭が 半透明になっている・・・

  42. 2つの調節ツールを使い 輪郭を検出したいところ したくないところを指定

  43. 切り抜き成功 やったぜ。

  44. 文字ツール

  45. 文字を入れたい

  46. 横(縦)書き文字ツールを選択(Tキー) 任意の場所をクリックし 文字を入力

  47. オプションパネルや文字パネルで 文字組みを調節

  48. 文字は単独のレイヤーで あることに注目 レイヤーにはそれぞれ レイヤー効果(後述)を加えられる

  49. レイヤー効果

  50. レイヤーを用意

  51. 右クリック>レイヤー効果で 様々な効果を加えられる

  52. 右クリック>テキストをラスタライズで 文字レイヤーを普通のレイヤーに変換

  53. 色調補正

  54. コラはできたが 違和感がある

  55. イメージ>色調補正>トーンカーブ (⌘+M) この明るさの色が この明るさに 変換される

  56. イメージ>色調補正>カラーバランス (⌘+B) 色調補正ツールはたくさんある 自分に向いたアプローチを探そう

  57. まだまだあるぞPhotoshopの機能 • レイヤーの描画モード • ブラシオプション • 修復ブラシ・コピースタンプ • フィルター •

    アクションの記録・再生 • アニメーション・GIF出力 • 3Dレイヤー(CS6から)
  58. None