Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

stand.fmのTypeScriptへの移行と活用/migrating-to-typescript-standfm

15bd11f2c2c5e3dd854153d03a102b0d?s=47 stand.fm
November 10, 2021

 stand.fmのTypeScriptへの移行と活用/migrating-to-typescript-standfm

15bd11f2c2c5e3dd854153d03a102b0d?s=128

stand.fm

November 10, 2021
Tweet

More Decks by stand.fm

Other Decks in Technology

Transcript

  1. stand.fmのTypeScriptへの 移行と活用 株式会社stand.fm エンジニア 外松 俊尚 2021/11/10 TECH STAND #6 TypeScript

  2. 外松 俊尚
 stand.fm エンジニア
 React NativeやNode.jsでプロダクト開発
 愛媛からフルリモート
 @toshi__toma


  3. stand.fmは誰でもかんたんに
 アプリで収録・LIVE配信ができる音声 プラットフォーム
 


  4. いまの stand.fm プロジェクト • アプリ、Web、サーバーサイド全てJavaScript ◦ React Native, React(React Native

    for Web), Node.js ◦ メインはFlow、一部はTypeScript • Monorepo (npm パッケージ) • プロジェクトごとにTypeScriptへの移行を開始 ◦ 新しくプロジェクトを作る時はTypeScript
  5. TypeScriptへの移行


  6. TypeScript移行のモチベーション • ライブラリの型定義 • TypeScriptが得意なメンバーが増えた印象 • 標準の組み込み関数の型推論 • Monorepo内で依存してるパッケージの型定義 •

    開発体験 • etc
  7. 移行の調査 • 定期的にFlow辛い・TypeScript移行するのどうだろ って話はあったけど、なかなか進まなかった ◦ どれくらい大変なのか分からない ◦ 実際何が必要なのか分からない • 3日間という期間を決めて調査してみた

  8. 移行の調査 • 一番難しそうなプロジェクト(アプリとメインのapiサーバー)で実験 ◦ お試しで移行作業してみたり、必要なタスクを整理してドキュメ ントにまとめる • Flowでの型定義はある程度ちゃんと書いてあったので、比較的ス ムーズにできそう(strict: true)

    • ある程度やることの見通しがたったので、移行を開始
  9. flow to TypeScript 1. 周辺ツールやビルド設定 2. flowtsでTSに変換 3. 型エラーを修正 •

    検討した移行ツール ◦ flowts: https://github.com/zxbodya/flowts ◦ flow-to-ts: https://github.com/Khan/flow-to-ts
  10. 型エラーリストの作成 • メインは型エラーの対応 • どんな種類の型エラーがどれくらいでるのか? • tscのデフォルトの出力だと厳しい

  11. 型エラーリストの作成 • @aivenio/tsc-output-parser ◦ tscの出力をJSON形式に ◦ https://github.com/aiven/tsc-output-parser • JSONを集計 ◦

    ファイル単位のエラー数 ◦ エラーの種類ごとの数 • どんな種類のエラーがどれくらいでるのか見通しがたった
  12. Typeカバレッジ • FlowからTypeScriptへ移行して型付けのカバレッジがどうなるか 気になった • 型推論される箇所が増えそうなイメージはあった

  13. Typeカバレッジ • カバレッジの変化を確認 ◦ flow-coverage-report ▪ https://github.com/rpl/flow-coverage-report ◦ typescript-coverage-report ▪

    https://github.com/alexcanessa/typescript-coverage-report • flowtsでTS化するだけでカバレッジが上がった ◦ 最大で30%ほど上がったプロジェクトがあった
  14. TypeScriptの活用


  15. ライブラリの型定義 • Flow Project: ライブラリの型定義が用意されてない場合 ◦ any or TypeScriptの型定義からFlowの型定義に変換 (flowgen)

    ◦ 不完全 & 追従が手間 • TS Project: ライブラリ本体で型定義が用意されてない場合は DefinitelyTypedからインストール • 移行時: 足りない@typesパッケージをまとめてインストール
  16. ライブラリの型定義ファイルのバージョン • typesync ◦ packge.jsonのtypes, typingsが無い & @types/packageが ある パッケージをインストール

    • インストールするバージョン ◦ typesyncはライブラリ本体のパッケージのsemverを尊重 ◦ もちろん、semverが揃ってないものもある ▪ 個別に型定義ファイルのヘッダーをチェックしたり ▪ 可能な限り対応するバージョンは揃えた
  17. Monorepo内での依存とビルド • Flow Project: Babelでビルド ◦ build時は依存しているパッケージもビルドが必要 • 依存関係を管理 ◦

    ビルドコマンドに依存するプロジェクトのビルドを追加 ▪ 全部ビルドするのにも時間がかかる ◦ 新しく依存するプロジェクトが増えた時にもれやすい
  18. Project References • Project Referencesを活用 ◦ references: [], composite: true,

    declaration: true • tsc --buildで依存しているプロジェクトも含めて適切な順番でビル ド(incremental build) • Babelのままだと使えないので、TS化のタイミングでビルドをtscに 移行
  19. Monorepo内のパッケージの型定義 • Flow Project: 依存してるプロジェクトの型定義はanyだった • --declaration ◦ ビルド時に型定義ファイルを出力 •

    package.json > typings or typesを設定 • より型安全になった
  20. エラーハンドリング • 関数で発生しうるエラーも型で宣言して適切にハンドリングしたい • Either型 ◦ type Either<T, U> =

    <Left<T> | Right<U>> ◦ 成功時・失敗時の型を表現 • 特に異常系が発生しやすい層では、Either型を返すように ◦ DBアクセスなど
  21. Either型 • fp-ts: https://github.com/gcanti/fp-ts ◦ TSで関数型プログラミング ◦ isRight, isLeft, tryCatch,

    etc
  22. まとめ • stand.fmはFlowからTypeScriptへの移行中 • 移行は始まったばかりなので、やることは大量にある • TypeScriptの機能を活用して、開発体験や型安全性を高めていき たい

  23. We are hiring! エンジニア積極的に募集中です https://corp.stand.fm/recruit 詳細はこちら • CTO候補 • VPoE候補

    • クライアントエンジニア • バックエンドエンジニア • 機械学習エンジニア • 配信基盤エンジニア • QAエンジニア • エンジニアリングマネージャー • UI/UXデザイナー 積極募集しているプロダクト開発メンバー
  24. None