バイオインフォマティクスと倫理・社会

948966d9c690e72faba4fd76e1858c56?s=47 Y-h. Taguchi
December 06, 2019

 バイオインフォマティクスと倫理・社会

技術と社会・倫理研究会 (SITE)
2019年12月6日(金)
神奈川大学(横浜キャンパス) インターネットと情報倫理, 一般
https://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=3628cf02f4c4cc54a65d5d499ca8b1205aae7009a8b5571d115f104c3bebf451&tgid=IEICE-SITE

948966d9c690e72faba4fd76e1858c56?s=128

Y-h. Taguchi

December 06, 2019
Tweet

Transcript

  1. 1 バイオインフォマティクスと倫理・社会と倫理・社会倫理・社会 中央大学理工学部物理学科 田口善弘 このスライドはこちスと倫理・社会ライドはこちらからはこちらから ダウンロードはこちらから可能です(一です(一一 部、非公開情報を除く)→を除く)→除く)→く)→

  2. 2 ざっくり経歴経歴 1980年−1988年 東京工業大学(一学部・修士・博士) 1988年ー1997年 同理学部物理学科助手 1997年ー2006年 中央大学理工学部物理学科助教授 2006年ー現在 同教授 2009年−2010年 European Bioinformatics Institute (サバティカル)

  3. 3 現在のスライドはこち立ち位置ち位置 専門:バイオインフォバイオインフォマティクスと倫理・社会(一倫理のスライドはこち専門家じゃないです)じゃないです) 情報を除く)→処理学会バイオ情報を除く)→学研究会幹事(一2019年4月ー) PLoS ONE(一IF:2.7), BMC Medical Genomics(一IF:2.5), Medicine(IF:1.8),

    BMC Research notes(IF:-),non-coding RNA (IF:-): Academic/Associate editor MDPI社 Cells誌(IF:5.6))、IJMS誌(IF:4.1)で9つのスライドはこち特集号のゲスのスライドはこちゲスと倫理・社会 トエディタを務めるを除く)→務めるめる 2019年9月にシュプリンガーシュプリンガーから専門書(一英文、単著)を除く)→出したした Google scholar: total citation 2300: h-index 24
  4. 4

  5. 5 TOGOTV 【NGS速習コース】コースと倫理・社会】5. ゲノム関連の倫理・法関連の倫理・法律〜のスライドはこち倫理・法律〜5-1. ゲノ ム関連の倫理・法情報を除く)→倫理概論 https://doi.org/10.7875/togotv.2014.077 こちらにシュプリンガー制度的なこと、法律的なこと倫理・社会、法律的なこと、法律的なこと倫理・社会にシュプリンガー対する講演があるする講演があるがある (一2014年11月4日)。 僕はそっちは専門はそっちは専門家じゃないです)じゃないのスライドはこちで今日は触れられません。れられません。

    ごめんなさい。
  6. 6 分子生物学のスライドはこち基礎の基礎(スライのスライドはこち基礎の基礎(スライ(一スと倫理・社会ライドはこちらから2枚)

  7. 7 細胞 細胞 核 核 DNA DNA A A T

    T G G C C A A T T G G C C T T A A C C G G T T A A C C G G DNA DNAとは何か?何か?か? とは何か?何か?か? A AT TG GC CA AT TG GC. C..... .... ||||||| ||||||| T TA AC CG GT TA AC CG G..... ..... 二重らせんらせん 二重らせんらせん ・ ・A A、 、T T、 、G G、 、C Cの4種類の分子が種類の分子がの分子がが の4種類の分子が種類の分子がの分子がが 連結した高分子 した高分子 高分子が 連結した高分子 した高分子 高分子が → 情報 → 情報 ・ ・A AとT,CとGが組になっとGが組になった「が組になった「相になった高分子 「相相 とT,CとGが組になっとGが組になった「が組になった「相になった高分子 「相相 補鎖」どうしがペア」どうしがペアになるになる 補鎖」どうしがペア」どうしがペアになるになる ・立体構造は二重らせんは何か?二重らせんらせん ・立体構造は二重らせんは何か?二重らせんらせん
  8. 8 DNA DNAについて解っていること解っていることって解っていることいること について解っていること解っていることって解っていることいること ・親から遺伝情報をから遺伝情報を受け継ぐ(つま受け継ぐ(つまりけ継ぐ(つまり遺継ぐ(つまり遺伝ぐ(つまり遺伝子)遺伝子が) ・親から遺伝情報をから遺伝情報を受け継ぐ(つま受け継ぐ(つまりけ継ぐ(つまり遺継ぐ(つまり遺伝ぐ(つまり遺伝子)遺伝子が) DNA DNA mRNA mRNA

    ・制御するする ・制御するする ・タンパク質の雛形質の雛形の雛形 ・タンパク質の雛形質の雛形の雛形 U UA AC CG GU UA AC CG G..... ..... 一本鎖」どうしがペア 一本鎖」どうしがペア 親から遺伝情報を 親から遺伝情報を 世 世 代 代 情報 情報 タを務めるンパク質 タを務めるンパク質 ・実際に機能するにシュプリンガー機能です(一する ・実際に機能するにシュプリンガー機能です(一する ・体を作るを除く)→作るる ・体を作るを除く)→作るる      などなど      などなど ・20種類のアミノ酸のスライドはこちアミノ酸 ・20種類のアミノ酸のスライドはこちアミノ酸           翻 訳 MKVAVLPGDGIGPEVTEAALKVLRA 転 写 全てのて解っていることの 全てのて解っていることの 生命でで 生命でで 同じ!じ! 同じ!じ!
  9. 9 タを務めるンパク質 タを務めるンパク質 mRNA mRNA DNA DNA

  10. 10 次世代シーケンサー技シーケンサー技術(一スと倫理・社会ライドはこちらから2枚)

  11. 11 ゲノム関連の倫理・法(一DNA) 切る位置をずらしる位置を除く)→ずらして何度も断片化何度も断片化断片化 断片のスライドはこち配列を読むを除く)→読むむ オーバーラップを除く)→みつけて何度も断片化 繋いでいく(アッいでいく(一アッセンブリ) 初めてヒトゲノムめて何度も断片化ヒトゲノム関連の倫理・法を除く)→読むむ時

  12. 12 ゲノム関連の倫理・法(一DNA) 切る位置をずらしる位置を除く)→ずらして何度も断片化何度も断片化断片化 断片のスライドはこち配列を読むを除く)→読むむ 既にあるものに貼にシュプリンガーあるも断片化のスライドはこちにシュプリンガー貼り付けるり経歴付けるける (一マッピング) 二回目以降 不一致(一SNP)にシュプリンガーはマーク

  13. 13 用意された参照ゲノされた参照ゲノム(リファゲノム関連の倫理・法(一リファレンスと倫理・社会)にシュプリンガーある程度のスライドはこち不一致 を除く)→許容してマッピングして何度も断片化マッピングすること倫理・社会で検出したできる孤立ち位置した(一1塩基 =1文字)ごと倫理・社会のスライドはこち変異をを除く)→SNPと倫理・社会呼びます。これがびます。これが一般には個にシュプリンガーは個 体を作る差を表すと思われを除く)→表すと思われますすと倫理・社会思われますが、こわれますが、このスライドはこちようなSNPと倫理・社会病気などのなどのスライドはこち 関係は現象的には見は現象的なこと、法律的にシュプリンガーは見つかっていますつかって何度も断片化いますが因果関係は現象的には見が見つかっていますつ かって何度も断片化いるも断片化のスライドはこちはと倫理・社会て何度も断片化も断片化少ないです。ですないです。ですが、個体を作る差を表すと思われを除く)→反映 するのスライドはこちでこれが「個人情報」の基個人情報を除く)→」のスライドはこち基盤となります。と倫理・社会なり経歴ます。

  14. 14 なにシュプリンガーが個人情報を除く)→と倫理・社会なるか?

  15. 15 ゲノム関連の倫理・法科学のスライドはこち問題点:バイオインフォなにシュプリンガーが個人情報を除く)→と倫理・社会なるか? 個人情報を除く)→=個人を除く)→特徴づける任意の情づける任意された参照ゲノのスライドはこち情報を除く)→ 名前、性別、体を作る重、生年月日、顔写真etc 個人情報を除く)→を除く)→他者に知られることにシュプリンガー知られることの是られること倫理・社会のスライドはこち是非:バイオインフォ 他者に知られることが当該個人にシュプリンガー対する講演があるして何度も断片化個人情報を除く)→を除く)→悪意された参照ゲノを除く)→持って利用しないって何度も断片化利用しないのスライドはこち であれば他者に個人情報他者に知られることにシュプリンガー個人情報を除く)→を除く)→共有してもらったほして何度も断片化も断片化らったほうが有してもらったほ利(一家じゃないです)族、 親しい隣人、同僚しい隣人、同僚)。気などのを除く)→回して何度も断片化も断片化らえる 他者に知られることが個人情報を除く)→を除く)→当該個人にシュプリンガー対する講演があるして何度も断片化悪意された参照ゲノを除く)→持って利用しないって何度も断片化利用する場 合、あるいは、そのスライドはこち可能です(一性がある場合は個人情報を除く)→は秘匿したほうしたほう

    が良いい
  16. 16 特殊な状況下では本な状況下では本来は秘匿では本来は秘匿すべきでは秘匿したほうすべきではない、あるいは、秘匿したほう すること倫理・社会が一般には個的なこと、法律的ではない個人情報を除く)→も断片化秘匿したほうのスライドはこち対する講演がある象と倫理・社会なり経歴うる。 例:バイオインフォ作る家じゃないです)のスライドはこち実名 不特定多数に対して意見表にシュプリンガー対する講演があるして何度も断片化意された参照ゲノ見つかっています表すと思われます明を行う場合、自を除く)→行う場合、自己のう場合、自己のアイデンティのスライドはこちアイデンティ を除く)→開示しないことは一しないこと倫理・社会は一般には個的なこと、法律的にシュプリンガーは無責任と倫理・社会みなされて何度も断片化いるが作る 家じゃないです)のスライドはこち場合にシュプリンガーは許容してマッピングされて何度も断片化いる(一∵作家のアイデン作る家じゃないです)のスライドはこちアイデンティは出した版社 など作る家じゃないです)のスライドはこち意された参照ゲノ見つかっています表すと思われます明を行う場合、自を除く)→媒介した組織が保持した組織が保持し、問題が保持って利用しないし、問題が起きたきた 場合にシュプリンガーは開示しないことは一する準備があるとみなさがあると倫理・社会みなされて何度も断片化いるため)。 従って、個人情報って何度も断片化、個人情報を除く)→を除く)→開示しないことは一するか秘匿したほうするかは一概にシュプリンガーは決定で

    きず、どのスライドはこちような個人情報を除く)→を除く)→開示しないことは一すると倫理・社会開示しないことは一した相手にシュプリンガーよって何度も断片化 どのスライドはこち程度のスライドはこち不利益利用が発生するかにシュプリンガーよって何度も断片化変わる。極めてコめて何度も断片化コ ンテクスと倫理・社会ト依存である(他者のである(一他者に知られることのスライドはこち悪意された参照ゲノ度が問題)。通常は悪意がは悪意された参照ゲノが ある他者に知られることが悪意された参照ゲノを除く)→も断片化って何度も断片化利用できない部分だけが開示しないことは一される。
  17. 17 ゲノム関連の倫理・法情報を除く)→のスライドはこち問題点 「個人情報」の基何が不利益情報を除く)→か不明を行う場合、自(一科学がそこまで進んでいない)」んでいない)」 例:バイオインフォ2000年のスライドはこちヒトゲノム関連の倫理・法プロジェクトまではゲノム関連の倫理・法のスライドはこち98%は 「個人情報」の基ジャンクDNA」と倫理・社会呼びます。これがば他者に個人情報れて何度も断片化いて何度も断片化意された参照ゲノ味がないと思われがないと倫理・社会思われますが、こわれて何度も断片化いた。 科学のスライドはこち進んでいない)」歩の順番からしてのスライドはこち順番からしてありえからして何度も断片化あり経歴えないこと倫理・社会ではあるが、20世 紀時点ですでにシュプリンガー全ゲノムを1塩基ゲノム関連の倫理・法を除く)→1塩基単位で安価に読める技術がにシュプリンガー読むめる技術が あった場合(一今は、実現しつつある、後述)、「個人情報」の基ジャンクDNA」は 「個人情報」の基個人情報を除く)→と倫理・社会して何度も断片化は無意された参照ゲノ味がないと思われ」と倫理・社会みなされて何度も断片化広く公開されてしく公開されて何度も断片化しま い、後で「個人情報」の基重要な個人情報だっな個人情報を除く)→だった」と倫理・社会解るという悪夢がると倫理・社会いう悪夢が起きるが起きたきる

    可能です(一性は〇では無かった(では無かった(一教科書レベルでは2007年にシュプリンガー出した版 された「個人情報」の基ゲノム関連の倫理・法(一第三版)」(一これは世界的なこと、法律的にシュプリンガー著名なトップクラスと倫理・社会 のスライドはこち信用がおける教科書と倫理・社会して何度も断片化認識されている)にされて何度も断片化いる)にシュプリンガーさえ「個人情報」の基ジャンク DNA」と倫理・社会いう言葉は残っていた。は残っていた。って何度も断片化いた。
  18. 18 このスライドはこち様な観点からするな観点からすると倫理・社会個人ゲノム関連の倫理・法は 「個人情報」の基一切る位置をずらし開示しないことは一しない」 と倫理・社会いうのスライドはこちが安全ゲノムを1塩基面からは正しい。からは正しい。しい。 が、これは実行う場合、自己の不可能です(一である。例えば他者に個人情報 「個人情報」の基ゲノム関連の倫理・法にシュプリンガー塩基A(一アデニン)がある」(一*) と倫理・社会いう事実は個人情報を除く)→だが、これを除く)→「個人情報」の基開示しないことは一しない」こと倫理・社会は不 可能です(一である(一∵作家のアイデン全ゲノムを1塩基個人ゲノム関連の倫理・法はこのスライドはこち条件を満たすので「を除く)→満たすので「人たすのスライドはこちで「個人情報」の基人 間である=(*)である=(一*)が成り立つ」、になり経歴立ち位置つ」、にシュプリンガーなって何度も断片化しまうから)

  19. 19 同様な観点からするのスライドはこち理由でで 「個人情報」の基個人ゲノム関連の倫理・法にシュプリンガーATGCと倫理・社会いう部分配列を読むが含まれている」まれて何度も断片化いる」 と倫理・社会いう「個人情報」の基個人情報を除く)→」を除く)→秘匿したほうすること倫理・社会も断片化不可能です(一である(一同じようにシュプリンガー 全ゲノムを1塩基人類のアミノ酸にシュプリンガー当て何度も断片化はまる) 従って、個人情報って何度も断片化、秘匿したほう可能です(一な個人情報を除く)→は 「個人情報」の基全ゲノムを1塩基人類のアミノ酸にシュプリンガーあて何度も断片化はまるわけではない部分配列を読む」(一**) と倫理・社会いうこと倫理・社会にシュプリンガーなる。 が、これも断片化また、実現不可能です(一な条件を満たすので「である。全ゲノムを1塩基人類のアミノ酸のスライドはこちゲノム関連の倫理・法を除く)→読む まない限り(**)が成り経歴(一**)が成り立つ」、になり経歴立ち位置って何度も断片化いる配列を読むは決められないが、そ

    も断片化そも断片化、全ゲノムを1塩基人類のアミノ酸のスライドはこちゲノム関連の倫理・法は読むめない(一技術的なこと、法律的にシュプリンガー)。 結果「個人情報」の基このスライドはこちくらいのスライドはこち長さの部分配列なさのスライドはこち部分配列を読むならOKだろう」と倫理・社会いう雑なな こと倫理・社会(一後述)にシュプリンガーなる。
  20. 20 方針:バイオインフォ 個人が特定できるだけのスライドはこち長さの部分配列なさのスライドはこち部分配列を読むを除く)→個人情報を除く)→と倫理・社会みなす これはかなり経歴のスライドはこち妥協案である。体重6である。体を作る重60キロのスライドはこち人間である=(*)は多数に対して意見表いるのスライドはこち で、体を作る重が60キロであること倫理・社会を除く)→開示しないことは一して何度も断片化も断片化個人のスライドはこち特定にシュプリンガーは繋いでいく(アッが らないが、だからと倫理・社会いって何度も断片化体を作る重は開示しないことは一して何度も断片化よい個人情報を除く)→にシュプリンガーはなら ない。それは体を作る重は健康情報を除く)→などと倫理・社会リンクして何度も断片化いるからである。 同様な観点からするにシュプリンガー、将来は秘匿すべきで的なこと、法律的にシュプリンガーは「個人情報」の基個人のスライドはこち特定にシュプリンガーは繋いでいく(アッがらない(一例:バイオインフォ日本人のスライドはこち 1%=1万人が持って利用しないって何度も断片化いる)部分配列を読む」(一だから広く公開されてしく開示しないことは一されて何度も断片化し まった)が重篤な病気の罹患率な病気などののスライドはこち罹患率に関係してしまにシュプリンガー関係は現象的には見して何度も断片化しまうこと倫理・社会が後のスライドはこち科学

    のスライドはこち発展で明らかになるで明を行う場合、自らかにシュプリンガーなる、と倫理・社会いう可能です(一性は〇では無かった(ではない。本当は「個人情報」の基全ゲノムを1塩基 人類のアミノ酸が共通にシュプリンガー持って利用しないって何度も断片化いる部分配列を読む」以外は公開すべきでは公開すべきではない (一が、前述のスライドはこちようにシュプリンガー、全ゲノムを1塩基人類のアミノ酸のスライドはこちゲノム関連の倫理・法を除く)→読むむこと倫理・社会は不可能です(一なのスライドはこちでこ のスライドはこち様な観点からするな部分配列を読むを除く)→決定すること倫理・社会はできない)。
  21. 21 インフォーム関連の倫理・法ドはこちらから・コンセントと倫理・社会のスライドはこち関係は現象的には見 「個人情報」の基偶発的なこと、法律的所見つかっています」 意された参照ゲノ図しない医学的なしない医学的なこと、法律的な知られることの是見つかっていますが得られてしまうこられて何度も断片化しまうこと倫理・社会を除く)→被験者に知られることにシュプリンガーしっ かり経歴説明を行う場合、自して何度も断片化おく必要な個人情報だっがある 「個人情報」の基がんのスライドはこち予防についてゲノムにシュプリンガーついて何度も断片化ゲノム関連の倫理・法情報を除く)→を除く)→使わせて下さい」わせて何度も断片化下では本来は秘匿さい」 ↓ 「個人情報」の基すみません!糖尿病との関連糖尿病と倫理・社会のスライドはこち関連の倫理・法律〜が見つかっていますつかって何度も断片化しまいました!糖尿病との関連」 厳密には「目的外使にシュプリンガーは「個人情報」の基目的なこと、法律的外は公開すべきで使わせて下さい」用」なのスライドはこちだろうが、これを除く)→避けることは不けること倫理・社会は不 可能です(一。逆に匿名化後に発にシュプリンガー匿したほう名化後にシュプリンガー発見つかっていますした場合にシュプリンガーは、元データにもどっデータを務めるにシュプリンガーも断片化どって何度も断片化

    被験者に知られることにシュプリンガー通知られることの是する倫理的なこと、法律的な義務めるが発生する。
  22. 22 佐藤真輔 ゲノム関連の倫理・法解るという悪夢が読む等を用いた臨床遺を除く)→用いた臨床遺伝子検査における偶発的にシュプリンガーおける偶発的なこと、法律的所見つかっていますへのスライドはこち 対する講演がある応についてにシュプリンガーついて何度も断片化 生命倫理 Vol.24,No.1 2014.9 P216) 「個人情報」の基最近、臨床でのスライドはこち遺伝子検査における偶発的にシュプリンガーゲノム関連の倫理・法解るという悪夢が読む等を用いた臨床遺が用いられる場合 が増えてきたが、

    えて何度も断片化きたが、 このスライドはこち手法にシュプリンガーよ り経歴、 本来は秘匿すべきでのスライドはこち検査における偶発的目的なこと、法律的外は公開すべきでのスライドはこち 、患者に知られること のスライドはこち健康等を用いた臨床遺にシュプリンガー影響を及ぼす可能性を除く)→及ぼす可能性のあぼす可能です(一性のスライドはこちある変異をが発見つかっていますされる可能です(一 性、すなわち偶発的なこと、法律的所見つかっていますが得られてしまうこられる可能です(一性が必然的なこと、法律的にシュプリンガー高まって まって何度も断片化 いる 。 2013年7月、米国 臨床遺伝学会 (一ACMG)は、臨床遺伝子検査における偶発的 でゲノム関連の倫理・法解るという悪夢が読む等を用いた臨床遺を除く)→行う場合、自己のう場合、特定のスライドはこち遺伝子のスライドはこち変異をにシュプリンガーついて何度も断片化は患 者に知られることのスライドはこち希望の有無にかかわのスライドはこち有してもらったほ無にシュプリンガーかかわらずそのスライドはこち解るという悪夢が析を行い、その結を除く)→行う場合、自己のい、そのスライドはこち結果を除く)→返却 すべきと倫理・社会する旨の勧告を出したのスライドはこち勧告を出した。だがを除く)→出したした。だが、同勧告を出した。だがにシュプリンガーついて何度も断片化はそのスライドはこち後 、倫理的なこと、法律的、法的なこと、法律的、科学的なこと、法律的観点 等を用いた臨床遺から各種のスライドはこち議論がなされて何度も断片化いる。 本稿においては 、にシュプリンガーおいて何度も断片化は 、同議論のスライドはこち内容してマッピングにシュプリンガーついて何度も断片化整理・分析を行い、その結すると倫理・社会と倫理・社会も断片化にシュプリンガー 、そのスライドはこち経緯や周辺の状況、や周辺の状況、 周辺の状況、 またのスライドはこち状況、 また我が国の状況 もが国のスライドはこち状況 も断片化踏まえ 、かかるまえ 、かかる 偶発的なこと、法律的所見つかっていますへのスライドはこち対する講演がある処のスライドはこちあり経歴方にシュプリンガーついて何度も断片化考察を行う」を除く)→行う場合、自己のう」
  23. 23 個人が特定できるゲノム関連の倫理・法のスライドはこち部分配列を読むと倫理・社会は? ゲノム関連の倫理・法は「個人情報」の基種」を除く)→決めるも断片化のスライドはこちなのスライドはこちで「個人情報」の基人類のアミノ酸」ではほぼ共通で 「個人情報」の基個性」を除く)→司る部分に多様性る部分にシュプリンガー多様な観点からする性がある。 も断片化っと倫理・社会も断片化研究が進んでいない)」んでいる多様な観点からする性は一塩基変異を(一SNP。標準 ゲノム関連の倫理・法から「個人情報」の基変わった」と倫理・社会みなすのスライドはこちで(一進んでいない)」化的なこと、法律的な意された参照ゲノ味がないと思われで)変異を と倫理・社会呼びます。これがんでいる)。一生涯不変(一除く)→くがん細胞など。血液をみなど。血液をみるを除く)→みる こと倫理・社会で不変(一=誕生時)のスライドはこちゲノム関連の倫理・法は生涯にシュプリンガー渡って観測可能でって何度も断片化観測可能です(一で あると倫理・社会「個人情報」の基信じられて何度も断片化いる」)。 一塩基変異を=2通り経歴(一二重螺旋は相補的なのでは相補的なこと、法律的なのスライドはこちで、または、二

    種類のアミノ酸しかないSNPも断片化多い)。   一億=2Nを除く)→満たすので「人たす長さの部分配列なさNのスライドはこち塩基 210≒1000 一億=100×1000×1000≒100×210×210 20塩基+α
  24. 24 個人情報を除く)→のスライドはこち保護に関する法律ににシュプリンガー関する法律にシュプリンガーついて何度も断片化のスライドはこちガイドはこちらからライン (通則編) (案である。体重6) 「個人情報」の基細胞など。血液をみから採取されたデオキシされたデオキシリボ核酸核酸(別名 DNA)を除く)→構成り立つ」、にな する塩基のスライドはこち配列を読む ゲノム関連の倫理・法データを務める(細胞など。血液をみから採取されたデオキシされたデオキシリボ核酸核酸(別名 DNA)を除く)→構成り立つ」、になする塩基のスライドはこち配列を読むを除く)→文字列を読むで表すと思われます記したものしたも断片化のスライドはこち)のスライドはこちう ち、全ゲノムを1塩基核ゲノム関連の倫理・法シークエンスと倫理・社会データを務める、全ゲノムを1塩基エクソーム関連の倫理・法シークエン

    スと倫理・社会データを務める、全ゲノムを1塩基ゲノム関連の倫理・法 SNP データを務める、互いに独立な いにシュプリンガー独立ち位置な 40 箇所以 上の のスライドはこち SNP から構成り立つ」、になされるシークエンスと倫理・社会データを務める、9 座位以上の のスライドはこち 4 塩基 STR 等を用いた臨床遺のスライドはこち遺伝型情報を除く)→にシュプリンガーより経歴本人を除く)→認証することすること倫理・社会 ができるようにシュプリンガーしたも断片化のスライドはこち」 240=(210)4=(一103)4=1012=一兆(=10000億) (一SNP頻度は1対する講演がある1じゃないのスライドはこちでこれは最大のスライドはこち判別数に対して意見表)
  25. 25 ゲノム関連の倫理・法のスライドはこち塩基配列を読むを除く)→計測する次世代シーケンサー技シーケンサーのスライドはこち低価に読める技術が格化は 凄まじいまじい 100ドはこちらからルゲノム関連の倫理・法は目前

  26. 26 100ドはこちらからルゲノム関連の倫理・法で起きたきること倫理・社会 ・がんにシュプリンガーなり経歴そうな人はがん保険に入れないにシュプリンガー入れないれない →「個人情報」の基がんにシュプリンガーならなそうな人だけががん保険に入れないにシュプリンガー入れないれる」と倫理・社会いう究 極めてコのスライドはこち矛盾が起きる(が起きたきる(一cf.40〜50代シーケンサー技限り(**)が成定のスライドはこち安価に読める技術がな自動車保険に入れない) → アメリカでは保険に入れないのスライドはこち加入れないのスライドはこち判断にシュプリンガーゲノム関連の倫理・法のスライドはこち使わせて下さい」用を除く)→禁止 (一公的なこと、法律的な保険に入れないが乏しいので命に関しいのスライドはこちで命にシュプリンガー関わる) → 日本では業界団体を作るが「個人情報」の基使わせて下さい」わない」と倫理・社会いうも断片化うしあわせ ・予防についてゲノム手術 →ハリウッドはこちらから女優のアンジェリーのスライドはこちアンジェリーナ・ジョリーは「個人情報」の基がんにシュプリンガーなる前

    にシュプリンガー」乳房と卵巣を摘出「と倫理・社会卵巣を摘出「啓蒙のを除く)→摘出した「個人情報」の基啓蒙のために敢えてのスライドはこちためにシュプリンガー敢えてやった」(えて何度も断片化や周辺の状況、 った」(一本人談) → や周辺の状況、 り経歴すぎ? 日本だと倫理・社会自己のアイデンティ責任論?(一「個人情報」の基100ドはこちらからルでゲノム関連の倫理・法 が検査における偶発的できるのスライドはこちにシュプリンガーや周辺の状況、 らないでがんにシュプリンガーなった無責任や周辺の状況、 奴は医療は医療 保険に入れないから排除く)→しろ」しらべ「個人情報」の基ない」こと倫理・社会がリスと倫理・社会クにシュプリンガー)
  27. 27 個人情報を除く)→は従って、個人情報来は秘匿すべきでは「個人情報」の基他人にシュプリンガー知られることの是られること倫理・社会」だけが問題だった。だ が、ゲノム関連の倫理・法は調べなければ本人べなければ他者に個人情報本人も断片化解るという悪夢がらない「個人情報」の基個人情報を除く)→」である。調べなければ本人 べないこと倫理・社会が社会的なこと、法律的にシュプリンガー無責任と倫理・社会された場合、個人情報を除く)→と倫理・社会倫理のスライドはこち 関係は現象的には見が根本的なこと、法律的にシュプリンガー変わって何度も断片化しまうこと倫理・社会があり経歴うる →「個人情報」の基自らのスライドはこちゲノム関連の倫理・法と倫理・社会いう個人情報を除く)→を除く)→きちっと倫理・社会調べなければ本人べて何度も断片化社会にシュプリンガー負荷をを除く)→ かけないようにシュプリンガー備があるとみなさえること倫理・社会が人道的なこと、法律的である」と倫理・社会いう倫理観 →「個人情報」の基がんにシュプリンガーなり経歴そうかどうか調べなければ本人べて何度も断片化危なかったら早期なかったら早期に退職するにシュプリンガー退職するする こと倫理・社会が倫理的なこと、法律的」と倫理・社会かにシュプリンガーなり経歴かねない。 ゲノム関連の倫理・法は疾患以外は公開すべきでにシュプリンガーも断片化関係は現象的には見する可能です(一性がある。

    「個人情報」の基ゲノム関連の倫理・法と倫理・社会知られることの是能です(一」「個人情報」の基ゲノム関連の倫理・法と倫理・社会偏差を表すと思われ値」」 「個人情報」の基弱いゲノム」を持いゲノム関連の倫理・法」を除く)→持って利用しないった人を除く)→身障者に知られることと倫理・社会して何度も断片化扱って社会的に保って何度も断片化社会的なこと、法律的にシュプリンガー保護に関する法律にす る制度を除く)→作るって何度も断片化行う場合、自己のかないと倫理・社会社会が崩壊する。する。 「個人情報」の基弱いゲノム」を持いゲノム関連の倫理・法」を除く)→持って利用しないって何度も断片化いること倫理・社会は本人のスライドはこち責任ではない。 本人のスライドはこち責任ではないこと倫理・社会にシュプリンガー責任を除く)→追わせたら社会制わせたら社会制度のスライドはこち死ににシュプリンガー なって何度も断片化しまう。
  28. 28 ◦新出した生前診断、認定外は公開すべきで施設で広がる 不確で広く公開されてしがる 不確実なまま中絶もも断片化 https://digital.asahi.com/articles/ ASM8J0HG5M8HULBJ005.html 現在は染色体を作る異を常は悪意がしか調べなければ本人べて何度も断片化いないが、DNAがと倫理・社会れて何度も断片化いるよう なのスライドはこちで(一100ドはこちらからルゲノム関連の倫理・法が実現すれば他者に個人情報)胎児の全ゲノムが「のスライドはこち全ゲノムを1塩基ゲノム関連の倫理・法が「個人情報」の基出した生 前にシュプリンガー」読むめるようにシュプリンガーなる。 →中絶も、優のアンジェリー生学的なこと、法律的な問題 ◦ゲノム関連の倫理・法編集 「個人情報」の基弱いゲノム」を持いゲノム関連の倫理・法」は受精卵レベルでは編集可能です(一。

    中国「個人情報」の基世界初めてヒトゲノムのスライドはこちゲノム関連の倫理・法編集赤ちゃん」 双子ちゃん」 双子のスライドはこち誕生と倫理・社会、別のスライドはこち女性 のスライドはこち妊娠を確認を除く)→確認 https://www.bbc.com/japanese/46)955786) 現在、ヒトゲノム関連の倫理・法のスライドはこち編集は倫理的なこと、法律的にシュプリンガー禁止されて何度も断片化いるが
  29. 29 SNP以外は公開すべきでのスライドはこち個人情報を除く)→のスライドはこち可能です(一性 時事通信(一2019年11月25日07時04分) がん、血液をみる1滴から検出 東芝から検出した 東芝が検査装置開発が検査における偶発的装置開発―精度99%、 来は秘匿すべきで年実証すること https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112500004&g=eco 判定にシュプリンガー使わせて下さい」われて何度も断片化いるのスライドはこちはマイクロRNAと倫理・社会いう昔だったらジャンだったらジャン クDNAと倫理・社会呼びます。これがば他者に個人情報れて何度も断片化いた領域に存在する非コにシュプリンガー存である(他者の在する非コードはこちらからRNA(一タを務めるンパ クにシュプリンガー翻訳されない)の「されない)のスライドはこち「個人情報」の基量」である。配列」である。配列を読むでさえ無い。それが13 種類のアミノ酸のスライドはこちがんのスライドはこち有してもらったほ無を除く)→99%でスと倫理・社会テージ0まで含まれている」めて何度も断片化判別できる

    と倫理・社会報を除く)→道された(一論文が出したて何度も断片化いないのスライドはこちで真偽のほどは不明)のスライドはこちほどは不明を行う場合、自) →血液をみる一滴から検出 東芝でこれだけのスライドはこちこと倫理・社会が解るという悪夢がるならこれは個人情報を除く)→で は?だが、「個人情報」の基血液をみる中のスライドはこちマイクロRNAのスライドはこち量」である。配列」は法律的なこと、法律的にシュプリンガーは個人情 報を除く)→ではない →科学のスライドはこち進んでいない)」歩の順番からしてにシュプリンガーより経歴、個人情報を除く)→では無かったも断片化のスライドはこちが後付けるで個 人情報を除く)→にシュプリンガーなる(一しかし、公開されて何度も断片化しまえば他者に個人情報回収は不可能!)は不可能です(一!糖尿病との関連)
  30. 30 僕はそっちは専門は実際に機能するにシュプリンガーこれと倫理・社会同じ研究を除く)→して何度も断片化いた(一血中マイクロRNAにシュプリンガー より経歴疾患バイオマーカーのスライドはこち研究)。論文も断片化書いて何度も断片化いる。 医師からデータをもからデータを務めるを除く)→も断片化らって何度も断片化解るという悪夢が析を行い、その結した。僕はそっちは専門自身は匿したほう名化された データを務めるしか扱って社会的に保って何度も断片化いないが、しかし、論文のスライドはこち著者に知られることが持って利用しないって何度も断片化いる 情報を除く)→を除く)→全ゲノムを1塩基部突き合わせれば容き合わせれば他者に個人情報容してマッピング易に「血中マイクにシュプリンガー「個人情報」の基血中マイクロRNAのスライドはこち 量」である。配列」が解るという悪夢がるはず。だったら、「個人情報」の基がん(一だった)かどうか」を除く)→「個人情報」の基あと倫理・社会 づけ」で知られることの是ること倫理・社会ができないと倫理・社会は言えない。 そも断片化そも断片化、匿したほう名化された血中マイクロRNAのスライドはこち量」である。配列のスライドはこちデータを務めるはパ ブリックドはこちらからメインで公開されて何度も断片化「個人情報」の基誰でも」アクセスでも断片化」アクセスと倫理・社会できる状態。

    →オープンサイエンスと倫理・社会のスライドはこち流れれ cf. STAP細胞など。血液をみ事件を満たすので「→生データを務めるのスライドはこち公開が義務める付けるけられて何度も断片化いた から捏造であることが早であること倫理・社会が早期に退職するにシュプリンガー明を行う場合、自らかにシュプリンガーなった。 →研究倫理か個人情報を除く)→保護に関する法律にか?両立ち位置しない。
  31. 31 「個人情報」の基研究倫理か個人情報を除く)→保護に関する法律にか?両立ち位置しない」実話:バイオインフォ 僕はそっちは専門がゲスと倫理・社会トエディタを務めるを除く)→して何度も断片化いるある特集号のゲスにシュプリンガー論文が投稿においては 、さ れて何度も断片化きた。結果は問題なかったが、生データを務めるは規定があり経歴 公開できないと倫理・社会いう。レビューワの一人(その分のスライドはこち一人(一そのスライドはこち分野の権威)のスライドはこち権威) が「個人情報」の基生データを務めるのスライドはこち公開できない論文は刊行う場合、自己のすべきではない!糖尿病との関連」 と倫理・社会強く主張したためく主張したために論文したためにシュプリンガー論文はリジェクトされた →個人情報を除く)→保護に関する法律にと倫理・社会研究倫理(一オープンサイエンスと倫理・社会)のスライドはこち相克 のスライドはこち結果、論文が闇に葬られてしまにシュプリンガー葬られてしまったられて何度も断片化しまった!糖尿病との関連

  32. 32 このスライドはこちような事態(一後付けるで「個人情報」の基重要な個人情報だっな個人情報を除く)→」にシュプリンガーなって何度も断片化しまう) を除く)→「個人情報」の基完全ゲノムを1塩基にシュプリンガー」防についてゲノムぐにシュプリンガーは「個人情報」の基人間である=(*)由で来は秘匿すべきでのスライドはこち全ゲノムを1塩基て何度も断片化のスライドはこち計測データを務めるを除く)→個 人と倫理・社会紐付けるけられないようにシュプリンガー厳重にシュプリンガー管理」するしかない →研究が大いにシュプリンガー阻害されるだろう(されるだろう(一後述)

  33. 33 SNP以外は公開すべきでのスライドはこち個人情報を除く)→のスライドはこち可能です(一性 そのスライドはこち2:バイオインフォ腸内細菌叢 糞便から個人の腸内から個人のスライドはこち腸内のスライドはこち細菌のスライドはこち分布を調べられる。を除く)→調べなければ本人べられる。 →腸内細菌叢のスライドはこち情報を除く)→があり経歴えないほど全ゲノムを1塩基身症状にシュプリンガー関係は現象的には見して何度も断片化 いると倫理・社会解るという悪夢がって何度も断片化きた。 NIHのスライドはこちグラント状況 (一2014年〜2016年) →血圧、体を作る重などより経歴 余程広く公開されてし範な疾患に関な疾患にシュプリンガー関 係は現象的には見して何度も断片化いる。これは個

    人情報を除く)→じゃないのスライドはこちか? しかし糞便から個人の腸内を除く)→管理でき るのスライドはこちか?
  34. 34 驚いたことに自閉いたこと倫理・社会にシュプリンガー自閉症と倫理・社会関係は現象的には見して何度も断片化いると倫理・社会いう説も断片化ある。 功刀浩 うつ病・自閉症と倫理・社会腸内細菌叢 腸内細菌学雑な誌 vol. 32 : 7-13,2018 「個人情報」の基自閉症にシュプリンガーおける腸内細菌を除く)→標的なこと、法律的にシュプリンガーした治療 現時点では,ASD(一*)

    にシュプリンガー有してもらったほ効な治療法は非常な治療法は非常は悪意がにシュプリンガー限り(**)が成られて何度も断片化いる. しかし,プロバイオティクスと倫理・社会,プレバイオティクスと倫理・社会,細菌叢移植,食 事療法などにシュプリンガーよる治療のスライドはこち可能です(一性が探られている.」られて何度も断片化いる.」 → 自閉症が原因で腸内細菌叢が変化して何度も断片化いるのスライドはこちではなく、腸 内細菌叢を除く)→コントロールすること倫理・社会で自閉症を除く)→治そうと倫理・社会して何度も断片化いる!糖尿病との関連 これでも断片化腸内細菌叢は個人情報を除く)→で無くて何度も断片化いいのスライドはこちか?将来は秘匿すべきでも断片化っと倫理・社会 深刻な何かと関係すな何かと倫理・社会関係は現象的には見すること倫理・社会が解るという悪夢がる可能です(一性は否定できない。 (一*)自閉症スと倫理・社会ペクトラム関連の倫理・法障害されるだろう((一autism spectrum disorder)
  35. 35 個人が特定できないゲノム関連の倫理・法情報を除く)→なら個人情報を除く)→ではないのスライドはこちか? 完全ゲノムを1塩基にシュプリンガー匿したほう名化されたA社(一社員1000人)のスライドはこち全ゲノムを1塩基個人ゲノム関連の倫理・法情報を除く)→ + 1万人にシュプリンガー一人のスライドはこち希少ないです。です病のスライドはこち特定遺伝子変異を + Bさんはこのスライドはこち病気などののスライドはこち患者に知られることであると倫理・社会いう事実 ゲノム関連の倫理・法が匿したほう名化されて何度も断片化いて何度も断片化も断片化、「個人情報」の基希少ないです。です病のスライドはこち特定遺伝子変異を」を除く)→ 持って利用しないって何度も断片化いるゲノム関連の倫理・法が一個しかなければ他者に個人情報これがBさんのスライドはこちも断片化のスライドはこちである こと倫理・社会は解るという悪夢がって何度も断片化しまう

    →ゲノム関連の倫理・法のスライドはこち他のスライドはこち領域に存在する非コを除く)→みること倫理・社会でBさんのスライドはこち健康状態が推定可能です(一 →さらにシュプリンガー血縁者に知られることのスライドはこち情報を除く)→も断片化も断片化れたこと倫理・社会にシュプリンガーなる(一兄弟、姉妹、親しい隣人、同僚、子は Bさんと倫理・社会ゲノム関連の倫理・法を除く)→共有してもらったほして何度も断片化いる) →匿したほう名化されて何度も断片化いれば他者に個人情報安全ゲノムを1塩基な情報を除く)→であると倫理・社会はいえない。
  36. 36 他のスライドはこち個人情報を除く)→であれば他者に個人情報紐付けるけを除く)→外は公開すべきでして何度も断片化しまえば他者に個人情報属性 のスライドはこち統計情報を除く)→だけにシュプリンガーすること倫理・社会は可能です(一。 例:バイオインフォ年齢、体を作る重、商品購入れない履歴など しかしゲノム関連の倫理・法情報を除く)→は一塩基単位にシュプリンガー分断して何度も断片化しまったら も断片化はや周辺の状況、 情報を除く)→はゼロである(一A,T,G,Cのスライドはこち四文字)。 紐付けるけを除く)→外は公開すべきでしたデータを務めるベースと倫理・社会化は不可能です(一にシュプリンガー近い。

  37. 37 情報を除く)→科学的なこと、法律的な解るという悪夢が決策 一方向性暗号のゲス:バイオインフォ 平文から暗号のゲスを除く)→つくるのスライドはこちは簡単だが、暗号のゲス文から平文にシュプリンガーも断片化どす のスライドはこちは困難。 ゲノム関連の倫理・法を除く)→暗号のゲス化して何度も断片化公開する。研究者に知られることはゲノム関連の倫理・法を除く)→検索したい場合したい場合 にシュプリンガーは知られることの是り経歴たい配列を読むを除く)→暗号のゲス化して何度も断片化暗号のゲス化したゲノム関連の倫理・法と倫理・社会マッチングし て何度も断片化いる「個人情報」の基人と倫理・社会ゲノム関連の倫理・法上の のスライドはこち位置」を除く)→受け取されたデオキシる。 どんな配列を読むを除く)→検索したい場合したかは研究者に知られることにシュプリンガーしか漏れないので安全れないのスライドはこちで安全ゲノムを1塩基。多

    数に対して意見表個のスライドはこち配列を読むのスライドはこち同時検索したい場合を除く)→禁止すれば他者に個人情報「個人情報」の基希少ないです。です疾患を除く)→持って利用しないって何度も断片化いるB さんのスライドはこちゲノム関連の倫理・法のスライドはこち他のスライドはこち位置のスライドはこち配列を読むを除く)→勝手にシュプリンガー読むむ」こと倫理・社会はできない。 →こういう秘密には「目的外使検索したい場合は他のスライドはこち分野の権威)でも断片化や周辺の状況、 られて何度も断片化いるが計算コストコスと倫理・社会ト が問題である(一塩基配列を読むは30億文字)。
  38. 38 ゲノム関連の倫理・法配列を読むにシュプリンガー対する講演があるする実用的なこと、法律的な配列を読む検索したい場合はライブラリと倫理・社会言って何度も断片化k- mer(連の倫理・法律〜続したしたk塩基のスライドはこち配列を読む)がゲノム関連の倫理・法上の のスライドはこちどこにシュプリンガーあるかと倫理・社会いうこ と倫理・社会を除く)→予め辞書化して何度も断片化おくこと倫理・社会で高まって 速化を除く)→果たして何度も断片化いる。暗号のゲス化し て何度も断片化文字数に対して意見表が増えてきたが、 えたら(一例:バイオインフォ100種類のアミノ酸)検索したい場合は大変である。四文 字のスライドはこちままで一方向暗号のゲス化できるかは不明を行う場合、自。 ◦秘密には「目的外使計算コストにシュプリンガーよる化合物データを務めるベースと倫理・社会のスライドはこち検索したい場合技術

    https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2011/ pr20111101/pr20111101.html 個人情報を除く)→保護に関する法律にが目的なこと、法律的ではないし、ゲノム関連の倫理・法対する講演がある象ではないが、技術 的なこと、法律的にシュプリンガーは同じ。「個人情報」の基どのスライドはこち化合物にシュプリンガー注目して何度も断片化いるか」も断片化知られることの是られたくない が検索したい場合はしたい、と倫理・社会いうニーズに答える。にシュプリンガー答える。える。 ・ユーザー側とデータベースと倫理・社会データを務めるベースと倫理・社会側とデータベースがお互いに独立な いにシュプリンガー情報を除く)→を除く)→開示しないことは一しない で、実用的なこと、法律的な速度で検索したい場合可能です(一 ・全ゲノムを1塩基工程で暗号のゲス化されたデータを務めるだけを除く)→用いるため、情報を除く)→漏れないので安全えい のスライドはこちリスと倫理・社会クが大幅に低下にシュプリンガー低下では本来は秘匿 ・創薬のオープンイノのスライドはこちオープンイノベーションのスライドはこち加速にシュプリンガー期に退職する待
  39. 39 良いい暗号のゲスは平文が一文字違いでも暗号文はいでも断片化暗号のゲス文は大きく違いでも暗号文はう 良いい暗号のゲスのスライドはこち例:バイオインフォ棒に細長い紙を螺にシュプリンガー細長さの部分配列ない紙を螺旋状に巻いを除く)→螺旋は相補的なので状にシュプリンガー巻いて棒に沿っていて何度も断片化棒に細長い紙を螺にシュプリンガー沿って文って何度も断片化文 を除く)→書いて何度も断片化、紙を螺旋状に巻いを除く)→解るという悪夢がいて何度も断片化から送る。同じ太さのる。同じ太さの棒がないとさのスライドはこち棒に細長い紙を螺がないと倫理・社会解るという悪夢が読むは 難しい。一方、一文字のスライドはこち挿入れないが全ゲノムを1塩基体を作るのスライドはこち構造であることが早を除く)→大きく変える。 だめな暗号のゲスのスライドはこち例:バイオインフォ黄金蟲(一統計アタを務めるック) 「個人情報」の基元データにもどっのスライドはこち情報を除く)→で似たものが暗号化たも断片化のスライドはこちが暗号のゲス化で大きく異をなる」のスライドはこちだから、基 本的なこと、法律的にシュプリンガー「個人情報」の基マッチングを除く)→探られている.」す」と倫理・社会いう検索したい場合と倫理・社会は相性が悪い →実用性を除く)→あげるにシュプリンガーは「個人情報」の基暗号のゲス文のスライドはこちペアを除く)→入れないれると倫理・社会(一平文にシュプリンガー戻ささ ずにシュプリンガー)元データにもどっのスライドはこち平文のスライドはこちペアのスライドはこち類のアミノ酸似たものが暗号化度だけが数に対して意見表値」的なこと、法律的にシュプリンガー返って何度も断片化くる関

    数に対して意見表」みたいなも断片化のスライドはこちが必要な個人情報だっだが、こういうも断片化のスライドはこちを除く)→数に対して意見表学的なこと、法律的にシュプリンガー構成り立つ」、になす るのスライドはこちは容してマッピング易に「血中マイクではない。
  40. 40 将来は秘匿すべきで「個人情報」の基重要な個人情報だっな個人情報を除く)→」にシュプリンガーなって何度も断片化しまいそうなそのスライドはこち他のスライドはこち事ども断片化

  41. 41 現在、エピジェネティックスと倫理・社会と倫理・社会言って何度も断片化配列を読む情報を除く)→以外は公開すべきでのスライドはこちゲノム関連の倫理・法 データを務めるのスライドはこち計測・収は不可能!)集・解るという悪夢が析を行い、その結が精力的なこと、法律的にシュプリンガー行う場合、自己のわれて何度も断片化いる。腸内細 菌叢や周辺の状況、 血中マイクロRNAなどはそのスライドはこち一種にシュプリンガー過ぎない。そのぎない。そのスライドはこち 全ゲノムを1塩基て何度も断片化が将来は秘匿すべきで的なこと、法律的にシュプリンガーは重要な個人情報だっな「個人情報」の基個人情報を除く)→」にシュプリンガーなって何度も断片化しまう可能です(一性 を除く)→否定できない。 エピゲノム関連の倫理・法のスライドはこち例:バイオインフォ ・プロモータを務めるーメチル化 ・ヒスと倫理・社会トン修飾(一多種類のアミノ酸)

    ・非コードはこちらからRNA発現量」である。配列(一多種類のアミノ酸)  →臓器別、体を作る液をみる(一血液をみる、尿、唾液をみる)別 ・RNA修飾(一多種類のアミノ酸) ・プロテイン修飾(一多種類のアミノ酸) ・細菌叢(一腸以外は公開すべきで。口中など) そのスライドはこち全ゲノムを1塩基て何度も断片化がある日突き合わせれば容然「個人情報」の基重要な個人情報だっな個人情報を除く)→」と倫理・社会化す可能です(一性が あるが厳重にシュプリンガー管理されたら研究が進んでいない)」まず(一後述)、研究が進んでいない)」 まなければ他者に個人情報重要な個人情報だっな個人情報を除く)→にシュプリンガーなること倫理・社会も断片化ないと倫理・社会いうトートロ ジーが発生して何度も断片化いる。
  42. 42 学術界のスライドはこち取されたデオキシり経歴組み

  43. 43 日本メディカルAI学会(一数に対して意見表年前にシュプリンガー設で広がる 不確立ち位置) https://www.japan-medical-ai.org 「個人情報」の基日本メディカルAI学会は、学問のスライドはこち新しい流れれにシュプリンガー大胆且つ柔軟に取つ柔軟に取にシュプリンガー取されたデオキシ り経歴組み、形式より実質を重んより経歴実質を除く)→重んずる気などの風を特徴に、を除く)→特徴づける任意の情にシュプリンガー、medical AIにシュプリンガー関する 研究・教育を推進し、我がを除く)→推進んでいない)」し、我が国の状況 もが国にシュプリンガーおける現代シーケンサー技医学のスライドはこち発展で明らかになるにシュプリンガー寄与するこするこ と倫理・社会を除く)→目的なこと、法律的にシュプリンガー活動して何度も断片化います」 現場のスライドはこち医師からデータをもと倫理・社会AI技術者に知られることのスライドはこちマッチングを除く)→行う場合、自己のう。

    年1回1月くらいにシュプリンガー年会を除く)→する。 シンポジウム関連の倫理・法 テーマ:バイオインフォ診断や周辺の状況、 効な治療法は非常率に関係してしま化だけではない!糖尿病との関連医療安全ゲノムを1塩基にシュプリンガーおけるAI活用 日時:バイオインフォ2020年1月31日(一金)15:30-16):30 オーガナイザー:バイオインフォ田淵 仁志(一広く公開されてし島大学)、今西 勁峰(一イーグロースと倫理・社会) テーマ:バイオインフォAIのスライドはこち医療分野の権威)応について用にシュプリンガーおけるセキュリティと倫理・社会プライバシ 日時:バイオインフォ2020年2月1日(一土)14:50-15:50 オーガナイザー:バイオインフォ 荒井 ひろみ(一理化学研究所)、藤田 卓仙 (一慶應義塾大学)
  44. 44 日本バイオインフォマティクスと倫理・社会学会のスライドはこち立ち位置場 https://www.jsbi.org/about/proposal/ 平成り立つ」、にな28(一西暦2016)年7月15日 1. ゲノム関連の倫理・法情報を除く)→のスライドはこち個人識されている)に別符号のゲス、要な個人情報だっ配慮個人情報を除く)→のスライドはこち該当性 にシュプリンガーついて何度も断片化→「個人情報」の基具体を作る的なこと、法律的にシュプリンガー個人識されている)に別符号のゲスのスライドはこち該当範な疾患に関囲を決定すを除く)→決定す ると倫理・社会きにシュプリンガーは、現実にシュプリンガー沿って文った条件を満たすので「を除く)→精査における偶発的するなど十分な議論 が必要な個人情報だっであると倫理・社会考える」 改正しい。法第

    2 条第 3 項で定義される要で定義される要な個人情報だっ配慮個人情報を除く)→へのスライドはこち 該当性→「個人情報」の基ゲノム関連の倫理・法データを務めると倫理・社会ゲノム関連の倫理・法情報を除く)→(疾病などのスライドはこち表すと思われます現型) と倫理・社会のスライドはこち関連の倫理・法律〜性は、現状では未知られることの是なも断片化のスライドはこちであって何度も断片化も断片化、今後ゲノム関連の倫理・法 医療のスライドはこち研究のスライドはこち進んでいない)」展で明らかになるにシュプリンガーより経歴明を行う場合、自らかにシュプリンガーなって何度も断片化ゆくため、そのスライドはこち取されたデオキシ り経歴扱って社会的に保いにシュプリンガーついて何度も断片化は一定のスライドはこち科学的なこと、法律的な観点にシュプリンガー基づいて何度も断片化、今後も断片化 継続した的なこと、法律的な見つかっています直しが必要であるしが必要な個人情報だっである」
  45. 45 2. 学術研究目的なこと、法律的でのスライドはこち適用除く)→外は公開すべきで 「個人情報」の基改正しい。法でも断片化保障されて何度も断片化いる学術研究のスライドはこち適用除く)→外は公開すべきでが正しい。し く施行う場合、自己のされること倫理・社会を除く)→強く主張したためく望の有無にかかわむ」

  46. 51 まと倫理・社会め ゲノム関連の倫理・法情報を除く)→は「個人情報」の基何が重要な個人情報だっな情報を除く)→か不明を行う場合、自(一科学のスライドはこち進んでいない)」歩の順番からしてで変わる)」 のスライドはこちで「個人情報」の基何を除く)→個人情報を除く)→と倫理・社会するか」を除く)→事前にシュプリンガー決めにシュプリンガーくい。 当然、インフォーム関連の倫理・法ドはこちらから・コンセントと倫理・社会は難しくなる 慎重側とデータベースにシュプリンガー振れると何も公開れると倫理・社会何も断片化公開できなくなる →研究のスライドはこち遅延 「個人情報」の基後付けるで重大なこと倫理・社会にシュプリンガーなるかも断片化しれないから、公開にシュプリンガー慎重にシュプリンガーなる が、公開しなければ他者に個人情報重大なこと倫理・社会も断片化解るという悪夢がらないのスライドはこちで、なんのスライドはこちためにシュプリンガー公 開を除く)→控えているのか解えて何度も断片化いるのスライドはこちか解るという悪夢がらない」と倫理・社会いうジレンマ

    →非公開はオープンサイエンスと倫理・社会のスライドはこち流れれにシュプリンガー抵触れられません。 難しいが、市民がよく理解してがよく理解るという悪夢がして何度も断片化なにシュプリンガーを除く)→許諾するか決めるしするか決めるしか無い。