$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

リーダー&マネージャーのためのモブプログラミング / Mobprogramming for managers and leaders

TAKAKING22
February 22, 2023

リーダー&マネージャーのためのモブプログラミング / Mobprogramming for managers and leaders

お問い合わせはこちらまで!
https://agile-monster.com/service/

TAKAKING22

February 22, 2023
Tweet

More Decks by TAKAKING22

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 及部敬雄 (@TAKAKING22)


    リーダー&マネージャーのためのチームの生産性をあげるモブプログラミング入門
    リーダー&マネージャーのための


    モブプログラミング

    View Slide

  2. モブプログラミングを学ぶことについて
    成人教育の要素が色濃い


    自分たちの学習について計画と評価に直接関わる(自己概念と学習への動機づけ)


    失敗も含めた経験が学習活動の基盤になる(経験学習)


    仕事や暮らしに関わるテーマについて学ぶことに関心を示す(学習へのレディネス)


    学習内容中心型ではなく問題中心型である(学習への方向づけ)


    体験することでわかることが多いし、

    実際に現場導入を考えることで理解が深まりやすい

    View Slide

  3. モブプロをやってみることは簡単だが、


    そこで起きていることを受け止めるのが難しい

    View Slide

  4. モブプログラミングの受け身のとり方

    View Slide

  5. 今日のお話
    モブプログラミングの構造を理解する


    モブプログラミングを現場に導入する


    モブプログラミングの受け身のとり方

    View Slide

  6. 今日のお話
    モブプログラミングの構造を理解する


    モブプログラミングを現場に導入する


    モブプログラミングの受け身のとり方

    View Slide

  7. Photo by rawpixel on Unsplash
    Photo by Marvin Meyer on Unsplash
    VS
    分担作業 モブプログラミング

    View Slide

  8. 分担作業
    ex.


    レビュー、承認、引き継ぎ..
    ex.


    タスク分割、設計、キックオフ..
    分担作業の前後に


    同期する作業が必要になる

    View Slide

  9. ミスコミュニケーションによって


    手戻りする可能性もある
    分担作業

    View Slide

  10. モブプログラミング
    ex.


    設計、レビュー、ノウハウ共有
    同期していないではなくて


    常に同期している

    View Slide

  11. リソース効率とフロー効率
    リソース効率
    フロー効率
    ಓ࿏ΛंͰຒΊΔ͜ͱ

    Λॏࢹ͢Δ
    ंͷྲྀΕΛॏࢹ͢Δ

    View Slide

  12. モブプログラミングとフロー効率
    分担作業はリソース効率を重視しているのに対し、

    モブプログラミングはフロー効率を重視している


    モブプログラミングは究極の1個流し


    チームとして完成した状態を1つずつ確実に積み重ねていく

    View Slide

  13. モブプログラミングと生産性
    生産性の議論は基本的に無意味なのでできるだけ避ける


    アウトプットとアウトカムのどちらの議論なのか


    アウトプット=生産されるもの自体


    アウトカム=アウトプットによって生まれた価値


    アウトプットが多いのは分散作業


    アウトカムの多さは仕事の質やチームの状況などに依るので

    どちらが多くなるかは簡単には判断できない

    View Slide

  14. モブプログラミングと教育
    知識のジャストインタイム


    わからないタイミングで必要な知識を注ぐことができる


    参加者全員に同時に知識伝達することができる


    共通体験を積み重ねることで、

    形式知だけでなく暗黙知も共有できる

    View Slide

  15. SECIモデル
    共同化 表出化
    内面化 結合化
    暗黙知
    形式知
    形式知
    暗黙知

    View Slide

  16. SECIモデル
    共同化 表出化
    内面化 結合化
    暗黙知
    形式知
    形式知
    暗黙知 モブプログラミング

    View Slide

  17. モブプログラミングとSECIモデル
    プロダクト開発における暗黙知になりやすい部分


    ドキュメントの読まれ方や使われ方


    ドキュメント(形式知)に至るまでの議論の内容


    ツールやショートカットの使い方


    コードの組み立て方


    問題の発見のしかたと問題解決のプロセス


    大変だったところはどこなのか


    プロダクト開発における暗黙知の価値

    View Slide

  18. 分担作業とモブプログラミング
    分担作業 モブプログラミング
    イメージ
    特徴 リソース効率重視 フロー効率重視
    生産性 チーム全体で見たときに


    生産される量が多い
    チームとして完成したものだけ
    が確実に生産されていく
    問題解決 個人の経験知に依存する チーム全員の経験知に依存する
    学習 個人に貯まる チームに貯まる
    向いている仕事の質 単純作業


    他者への依存度が低い仕事
    問題解決をする仕事


    得られた学習が重要な仕事

    View Slide

  19. 今日のお話
    モブプログラミングの構造を理解する


    モブプログラミングを現場に導入する


    モブプログラミングの受け身のとり方

    View Slide

  20. Q. モブプロをやるべきでしょうか?

    View Slide

  21. やるかやらないかのような二元論で考えない
    Photo by Tingey Injury Law Firm on Unsplash

    View Slide

  22. 分担作業とモブプログラミング
    分担作業 モブプログラミング
    イメージ
    特徴 リソース効率重視 フロー効率重視
    生産性 チーム全体で見たときに


    生産される量が多い
    チームとして完成したものだけ
    が確実に生産されていく
    問題解決 個人の経験知に依存する チーム全員の経験知に依存する
    学習 個人に貯まる チームに貯まる
    向いている仕事の質 単純作業


    他者への依存度が低い仕事
    問題解決をする仕事


    得られた学習が重要な仕事

    View Slide

  23. モブプログラミングの中身
    チームをブーストするモブプロ 仕事をドライブするモブプロ
    教育、オンボーディング、


    スキルトランスファー…
    スウォーミング、問題解決、


    フロー効率、1個流し…

    View Slide

  24. チームの成熟度とモブプログラミング

    View Slide

  25. タックマンモデルとモブプログラミング

    View Slide

  26. Photo by rawpixel on Unsplash
    Photo by Marvin Meyer on Unsplash
    分担作業 モブプログラミング
    仕事の質やチームの状況に合わせて


    選択できるチームは強い

    View Slide

  27. Photo by Bogdan Kozlovskyi on Unsplash

    View Slide

  28. Photo by Bogdan Kozlovskyi on Unsplash
    目の前の仕事
    未来のチームや組織

    View Slide

  29. リーダー&マネージャー視点でのモブプロ
    仕事の質とチームの状況というインプット


    目の前の仕事と未来のチームや組織のあり方の2つの視点


    いまどうするとよさそうか

    View Slide

  30. 組み合わせの例
    初期 チームの型ができてきたら
    モブプロ中心に進めて


    知識移転をしながら


    チームの文化を醸成する
    ソロ、ペアを組み合わせて


    スピードを上げる
    定期的なモブプロによって


    属人化を防ぎ


    チームの文化を育てていく

    View Slide

  31. ワークショップ形式とゲリラ形式
    ワークショップ形式


    モブプログラミングするタイミングを予め決めておく


    仕事をするリズムをつかみやすい


    一部のメンバーが受け身であっても進められる


    ゲリラ形式


    必要なタイミングでモブプログラミングを実施する


    分単位で状況に合わせて最適な方法を選択できる


    チーム全員が能動的でないとうまく機能しない

    View Slide

  32. 例:いつでも声かけられるようにしておく
    コミュニケーションツールに常につないでおく


    全員がそれぞれ画面共有し、ミュート状態で分担作業をすすめる


    こまったときや誰かと仕事をしたくなったときに声をかけて

    モブプログラミングをはじめる

    View Slide

  33. 例:常にモブプログラミング
    モブ=チーム
    基本モブプロで仕事を進めて、


    仕事の質や状況に応じて分担作業に切り替える

    View Slide

  34. 仕事の進め方を自分たちで選択できるチームへ
    Image by David Mark from Pixabay

    View Slide

  35. 今日のお話
    モブプログラミングの構造を理解する


    モブプログラミングを現場に導入する


    モブプログラミングの受け身のとり方

    View Slide

  36. モブプログラミングはチームのリトマス試験紙

    View Slide

  37. モブプログラミングとふりかえり
    モブプログラミングとふりかえりはセットがおすすめ


    チームワークの縮図なので、

    チームの進め方を改善するチャンス


    全員が共通体験をした状態でふりかえりを行うので、

    お互いのメンタルモデルを共有し合うチャンス

    View Slide

  38. SECIモデル
    共同化 表出化
    内面化 結合化
    暗黙知
    形式知
    形式知
    暗黙知 モブプログラミング

    View Slide

  39. SECIモデル
    共同化 表出化
    内面化 結合化
    暗黙知
    形式知
    形式知
    暗黙知 モブプログラミング
    ふりかえり

    View Slide

  40. SECIモデル
    共同化 表出化
    内面化 結合化
    暗黙知
    形式知
    形式知
    暗黙知 モブプログラミング
    ふりかえり

    View Slide

  41. ふりかえりで出てくる内容の例
    モブプロをしていてなんとなく雰囲気が悪かった


    なんとなく居心地が悪いと感じた


    議論がなかなか終わらずに仕事がなかなか進まなかった


    一部のメンバーが一方的に教える時間になってしまった

    View Slide

  42. ふりかえりで出てくる内容の例
    モブプロをしていてなんとなく雰囲気が悪かった


    なんとなく居心地が悪いと感じた


    議論がなかなか終わらずに仕事がなかなか進まなかった


    一部のメンバーが一方的に教える時間になってしまった
    モブプロ(方法)の問題ではなく、


    チームが抱える問題であることが多い

    View Slide

  43. 「認知」して「反映」する
    起きたこと・共有された内容をどう認知したのか


    問題がいっぱい出たからモブプロは自分たちに合っていなかったのでは


    モブプロをやったことによってチームの問題がたくさん見つかってよかった


    認知した内容を場に反映することで、

    受け止め方の選択肢をチームで共有することができる


    経験者が率先して選択肢を増やすとよい

    View Slide

  44. 危険な兆候を察知する
    コミュニケーション密度が高まるので

    メンバー間の関係性の問題が色濃く反映してしまう可能性


    別々に働いているときはどうにか我慢できたことでも、

    モブプロをするとつらくなってしまうかもしれません


    モブプロをすることは避けて、

    別の方法で問題解決を図る必要がある場合もあります

    View Slide

  45. ただそれだけ
    “一緒に働く”
    Photo by Štefan Štefančík on Unsplash

    View Slide

  46. 似たような経験
    トラブル対応


    友達の家に集まってゲーム
    ● 問題を寄ってたかってフルボッコ


    ● 問題 対 私達


    ● チームの考えを集めて最善のアウトプット
    普段の仕事に応用したのがモブプログラミング
    Photo by rawpixel on Unsplash

    View Slide

  47. 戦略的に仕事に取り入れる
    “一緒に働く”
    Photo by Štefan Štefančík on Unsplash

    View Slide